イェンス・ブテナントの名言

イェンス・ブテナントのプロフィール

イェンス・ブテナント。140年以上の歴史を持つドイツのテュフズード社の日本法人であるテュフズードジャパンの社長。ドイツ生まれ、スイス連邦工科大学大学院卒、自然科学の博士号を持つ。大学院卒業後テュフズードプロダクトサービスに入社。非能動医療機器開発所所長、体外診断薬部部長を経てテュフズードジャパンに移籍。医療機器事業本部長、医療機器事業アジア製造部門長を経て同社社長に就任

イェンス・ブテナントの名言 一覧

今後はニーズの高まりが予測される高齢者向けの製品やサービス業者向けの認証、企業が独自に行っているプラントの監査などにも積極的に参入していきたいと考えています。


当社のような第三者認証機関が関わることによって、不幸な事故が起きる可能性を減らすことができるでしょう。私たちの使命は、安全・品質基準への適合性を審査することによって製品の事故をなくし、安全で暮らしやすい社会づくりに貢献することです。


ときとして口うるさい嫌われ者になりながら、それでもお客様との緊密なパートナーシップを築いていかなければならない。これは正直申し上げて、決して容易なことではありません。しかし、このようにお互いオープンにして深く話し合える関係を築くことが私どものビジネスにおいて一番大切なのです。


イェンス・ブテナントの経歴・略歴

イェンス・ブテナント。140年以上の歴史を持つドイツのテュフズード社の日本法人であるテュフズードジャパンの社長。ドイツ生まれ、スイス連邦工科大学大学院卒、自然科学の博士号を持つ。大学院卒業後テュフズードプロダクトサービスに入社。非能動医療機器開発所所長、体外診断薬部部長を経てテュフズードジャパンに移籍。医療機器事業本部長、医療機器事業アジア製造部門長を経て同社社長に就任

他の記事も読んでみる

布施孝之

47都道府県の一番搾りをスタートさせました。これはお客様の「地元愛」に応えるビールです。このビールにはベースがあって、もともと全国にある9工場で「地元に合うビールはどんなものだろうか」と考え、開発したところ、お客様に大変よろこばれました。地元をよく知っている方たちに人の気質や食文化などを教えてもらいながらつくり上げました。


村上隆男

ビール製造部門のトップ就任のときに、以前から進んでいた省エネ目標があったのですが、なかなか成果が出ていなかった。そこで3年で10%のエネルギーコスト削減という目標だけを与えたプロジェクトを組成しました。品質さえ下げなければ何をやってもいい、と。結果から言うと、1年で30%のエネルギーコストの削減ができました。70億円掛かっていたコストが50億円になったんです。それもたった3人のメンバーで、設備投資もしなかったのです。ただ、3人で1つの工場に行って、細かいところまで徹底してチェックして改善案を提案していっただけです。それを社内の情報共有サイトに報告し続けました。すると、最初は冷ややかに見ていた人たちが、「うちの工場でもやってくれ」と3人が引っぱりだこになったんです。推進する3人に権限を与えてチャレンジさせ、それを知らしめる。そして、実行する機会を公平に準備する。こういう環境作りが大切だと言うことです。


高橋荒太郎

松下が台湾で商売をするのは金儲けのためではない。台湾の社会に松下流のビジネスの仕方を定着させ、台湾の皆さんに幸せになってもらうためだ。


常盤文克

売れているからといって、いつまでも喜んでいると、持っていることがかえってマイナスになります。「評価してもらっているのだから」と思えば、次の開発が遅れてしまうのです。しかし、すべてのものに青天井なんてありえません。必ず、寿命があるわけだから、いつかは売れ行きが低下します。


町田勝彦

亀山工場では、生産技術のブラックボックス化を行った。かねてより生産技術が海外流出していることに懸念を抱いていた私は、亀山工場を建設するにあたり、生産技術の要となる部分を、外からでは見えないようにした。


三池崇史

僕も含めて、いろんな経歴と経験を持つ人たちが集まって、それぞれが自分のやってきたものを活かしながら、それ以上でもなくそれ以下でもなくただ「侍」「刺客」というものを演じる。そこから何が生まれるかはわからないけれど、それが面白いんだと思います。
【覚書き|映画『13人の刺客』を撮影したときのコメント】


久野康成

より会社を良くしたいのであれば、誰の価値観に合わせるかではなく、顧客や社会にとって何が正しいのかという観点で企業のベクトルを統一することが良い。より多くの共感者をつくることが、企業成長の要と言えます。


天谷直弘

日本人、日本企業、日本政府に共通していることは、国際社会から「テイク」することに関心が強すぎて、「ギブ」することへの熱意が不足していることである。換言すれば利己主義過大、利他主義過小シンドロームと名付けることができよう。


海老一染之助

この三味線はお袋が使っていたもので、これしか残っていないんです。三味線としての価値はごく普通の三味線ですが、弾くたびにお袋の供養をしているような気持ちになってきます。


新川義弘

全面禁煙にするのも分煙にするのも、背景にあるのはそれぞれの企業の考え方やフィロソフィーです。たとえば私たちはこう考えます。レストランという業態で、私たちはいったい何を売っているのか。それは、街の人たちがレストランで快適な時間を過ごすということですし、お酒を飲むことや、ランチやディナーの時間に食事をするということです。そういったことを通じて、私たちはレストランを「街の資産」にしたいと考えています。だとしたら、タバコを吸う方を一律に排除するだけでいいのかという疑問も出てきます。


畑中好彦

一人一人の社員がアンテナを高くし、感度を高め、ネットワークを広げていく。そして新たな価値につながる可能性をキャッチし、既存の枠を超えたコラボレーションで結果を出していく。このような社員のオーナーシップが我々の事業活動の駆動力だと、私は思っています。


小池百合子

人が嫉妬する裏には、自分がないがしろにされているという思いがあります。そういう人が相手の場合は、その人を自分に取り込んで、巻き込むくらいの度量を持つということが大事でしょう。


ロバート・キヨサキ

私はインフレを心配していない。インフレを想定して投資をしているからだ。インフレヘッジできる資産、つまり、インフレのときにそのリスクを回避できる資産に投資するのが最善の策だと、私は信じている。実際、そのように投資しているので、むしろインフレを楽しみにしている。ますます金持ちになるために、インフレをどのように活用すればいいかがわかっているからだ。


青木功

もしうまくいかないことがあったら、それはゴルフの神様が「お前はまだ下手だからもう一回やれ」と言ってくれているんだと思う。


山本真司

お金や人脈はあえて目標にする必要はありません。これらは仕事で成果をあげれば自然についてくるものです。


ページの先頭へ