名言DB

9412 人 / 110637 名言

イアン・ソープの名言

twitter Facebook はてブ

イアン・ソープのプロフィール

イアン・ジェイムズ・ソープ。オーストラリアの水泳選手。シドニー出身。15歳で史上最年少オーストラリア水泳男子代表となる。その後、オリンピックで5つの金メダルを獲得。数々の種目で新記録を更新した。競技種目は100m、200m、400m、800m 自由形、100m 背泳ぎ、200m 個人メドレー。魚雷をもじったソーピードという愛称で呼ばれた。

イアン・ソープの名言 一覧

スポーツは、まさに人生そのものだ。努力した分だけ自分に返ってくる。


イアン・ソープの経歴・略歴

イアン・ジェイムズ・ソープ。オーストラリアの水泳選手。シドニー出身。15歳で史上最年少オーストラリア水泳男子代表となる。その後、オリンピックで5つの金メダルを獲得。数々の種目で新記録を更新した。競技種目は100m、200m、400m、800m 自由形、100m 背泳ぎ、200m 個人メドレー。魚雷をもじったソーピードという愛称で呼ばれた。

他の記事も読んでみる

喜多あおい

自分で体感したこと、深く調べたことであれば、プレゼンなどで相手に伝えるときに説得力が出る。


野中郁次郎

衆知は勝手に集まってくるものではありません。「衆知を集めたい」という強い気持ちがあり、それがその人の態度や物腰に現れて、ようやく衆知が集まってきます。


松本大

好きな仕事を探すより、目の前の仕事を好きになるほうがずっと簡単で現実的だと思います。「自分の好きな仕事は何だろう?」といくら考えてもわからないし、仮に「これだ」と思っても、それが実現できる保証はありませんから。


脇若英治

個人の希望と会社の都合という2つのベクトルが合っていなければ、お互いにハッピーになれません。この2つをマッチングさせるのが人事の仕事。だから、当社のモットーは「good for you, good for BP」なのです。


新将命

信頼を得るには、「言行一致」「約束を守る」「嘘をつかない」という人としての基本を貫きましょう。役職が上がり責任と権限が大きくなるほど、この「基本」が厳しく問われる場面が増えます。


鬼塚喜八郎

志あるところに道は開かれ、求めるところに師は現れる。


細谷英二

りそなのトップ就任当初から「普通の会社になろう」「サービス業としての自覚を持とう」と呼びかけてきました。お客様の目線に立って改革を実行しなければ再生できないと。そのためには「世の中のいいものを謙虚に学び、とり入れていこう」と繰り返してきました。


山田進太郎

メルカリはインターネットを使ったCtoC取引に将来性を感じたからこそ始めたサービスですから、市場は大きくなると思っていました。ただ、事業の拡大とともに思い描いていた以上にサービスの広がりが出てきましたね。やればやるほど、「あ、こういうこともできるんだ」と、可能性が広がり続けています。CtoCという事業領域を選んだのは、ある意味、ラッキーでした。


野矢茂樹

本当は八方ふさがりじゃなくてどこかに隙間があるかもしれない。それを「八方ふさがり」と言い切ってしまうことで、その隙間を探そうという姿勢が断ち切られる。一方の言い分と他方の言い分にはどこか妥協できるラインがあるかもしれないのに、「板ばさみ」と言い切ってしまうことで、妥協の可能性に目が向かなくなってしまう。


児玉光雄

目標は達成するためではなく、記録を伸ばすために設定すべきだといえます。


トニー・ブザン

脳はカラフルなモノを見る方がよく働く。


大崎真孝

NVIDIAは個性的な会社の1つですが、私たちはモノを売っているのではなく市場を創り上げているというビジョンを掲げています。その一環として、並列コンピューティング用のツールソフト「CUDA(クーダ)」を無償で提供したり、大学、研究機関、スタートアップ企業などをサポートしています。


清水正孝

電力自由化とは、当社にとって、規制産業だったものが市場のメカニズムによって競争するようになるということです。そのため仕事を徹底的に見直す必要がありました。自由化に向かう時期、私は資材部長として発電所施設の部品・部材の一品一品の価格や調達方法まで徹底的に調べる方向に舵を切り、コスト削減を図りました。それまでは必要なコストを積み上げてから利潤を上乗せして料金設定してたので、コスト削減といっても従来とは内容が違います。


山元賢治

他人への嫉妬が気分を悪くしていることも多いでしょう。そういうときは、こう考えてみてください。「あの人も、自分の知らないところで、大変なことを抱えているんだろうな」。おそらく、実際、そのとおりでしょう。そのことに気づけば、嫉妬も消えるのではないでしょうか。


バート・ヴォーフラム

自動車業界は激動期に入りました。非常に困難でエキサイティングな時代といえます。公平さを忘れなければ可能性は開けていくと信じています。