イアン・ソープの名言

イアン・ソープのプロフィール

イアン・ジェイムズ・ソープ。オーストラリアの水泳選手。シドニー出身。15歳で史上最年少オーストラリア水泳男子代表となる。その後、オリンピックで5つの金メダルを獲得。数々の種目で新記録を更新した。競技種目は100m、200m、400m、800m 自由形、100m 背泳ぎ、200m 個人メドレー。魚雷をもじったソーピードという愛称で呼ばれた。

イアン・ソープの名言 一覧

スポーツは、まさに人生そのものだ。努力した分だけ自分に返ってくる。


イアン・ソープの経歴・略歴

イアン・ジェイムズ・ソープ。オーストラリアの水泳選手。シドニー出身。15歳で史上最年少オーストラリア水泳男子代表となる。その後、オリンピックで5つの金メダルを獲得。数々の種目で新記録を更新した。競技種目は100m、200m、400m、800m 自由形、100m 背泳ぎ、200m 個人メドレー。魚雷をもじったソーピードという愛称で呼ばれた。

他の記事も読んでみる

佐藤智恵(コンサルタント)

誰でも失敗すれば落ち込みます。でも、その時間は何も生まず、事態は悪化するだけ。可能な限り素早く、できる限りの手立てをするのが最優先。一時的に評価は下がるでしょう。でも、誠実に対応すれば次のチャンスは必ず巡ってきます。


藤森義明

ビジョンに合った新しいチームをつくるときに重要なのは、部下であってもリーダーの自分を追い越していけるほどの力を持ったメンバーを、どれだけ集められるかです。いいチームを持てば必ず成功します。自分の言うことを聞く人間ばかり集めても駄目です。


寺田和正

うちの会社は女性の社員が多く、彼女たちが働き続けられる環境をどう整えていくのかというのは、これからの大きな課題のひとつです。子供の生活時間に合わせて働ける環境は、ぜひつくらないといけないと感じてます。


榊原定征

企業が競争力を失い、同時に生活が豊かになるということはあり得ません。みんな同じ船に乗っているんですよ、ということをしっかりと示したい。


藤井清孝(経営者)

論理力は基礎体力として身につけておくべきものです。ただし、それだけでは何の価値もありません。論理力を使って人を動かし、ビジネスが興り、世の中がよくなって初めて意味があるものです。ですから、論理力は敵をつくるためではなく、仲間を増やすために使って欲しいと思います。


岡野雅行(岡野工業)

腕がいいのは当たり前。黙ってちゃ誰も評価してくれない。


マーク・ベニオフ

日本の経営者と話すとよく、日本には起業家のカルチャーがないという話を聞く。しかし、私はそれが真実ではないと思っている。楽天の三木谷浩史社長は起業家ではないのだろうか。グリーの田中良和社長は、ファーストリテイリングの柳井正社長はどうだろう。盛田昭夫氏は、最も偉大な起業家の1人だった。日本には起業家精神がないと言うよりは、起業家たちが高い評価を受けていないとする方が正確かもしれない。では、それはなぜだろう。答えはシンプルだ。彼らは既成概念を覆すからだ。


酒巻久

“全力投球”の中身は年代ごとにそれぞれ違ってきます。20代は専門分野の基礎技術をしっかりと身につける。30代は、20代で学んだことを人に伝える能力を磨く。40代は、人を使う力をつける。そして50代は、事業全体を見渡し、経営に必要な判断ができる人間になる。年代ごとに、その都度、必要な全力投球の仕方があるのです。


樋口武男

人というのは、直に会って話をしないと分からないものです。客観的な材料だけでは分かりません。


伊藤謙介

日本はそんなに弱い国ではありません。日本人は、昔から強い精神力を持っています。「ものづくり」にしても、日本にはよい伝統があります。DNAとして我々の身体の中に宿っているはずなのです。ですから我々はもっと明るく、元気でいなければいけません。


吉田忠裕

他人に依存して「商売しやすい環境をつくって欲しい」と言ってどうにかなるものではない。


依田宣夫

家計の管理とは、資産と負債の内容、資産の支払い能力と負債のバランスをコントロールすることを意味します。その点でいうと、優秀な家庭経営者は優秀なビジネスパーソンでもある。


高田明(ジャパネットたかた)

当社にライバルはいません。強いて言えば、自分たちの中にあるといえます。


米濱和英(米浜和英)

危機的な状況から回復を遂げましたが、ここで立ち止まってはいけません。さらなる成長のために新たな施策が必要です。


立川敬二

規制機関は昔はきわめて慎重だったでしょう。独占ということは失敗が許されないわけだから、入れるにあたっては、本当に石橋を叩いて渡らなければいけなかったんです。そういう時代背景もあります。規制機関は、だめでも自分たちの責任にならないからいい。だけど、いまは競争でしょう?出してダメならつぶれるだけ。業者が勝手にやって、利用者からウケなければなくなるだけ。選別要素が利用者側にできてしまった。自由に発想できるようになったと言えます。


ページの先頭へ