名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

アーヴィング・フィッシャーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アーヴィング・フィッシャーのプロフィール

アーヴィング・フィッシャー、米国の経済学者。新古典派経済学。貨幣数量説を軸に物価指数を普及させた。カード索引のローロデックスを発明し財産を築いた発明家でもある。現在は生前よりも高い評価を受けている

アーヴィング・フィッシャーの名言 一覧

貨幣数量説は究極的には、あらゆる人間の財の中でお金だけが持っている根本的な特異性に依存している。つまりそれがそれ自体では人間の欲望を満たすことはなく、欲望を満たすようなモノを買う力しかない、ということだ。


『貨幣数量説』は移行期には厳密にも絶対的にも成立しない。


アメリカは「どこまでも高くそびえたつ高原」を行進している。(覚書き|奇しくもこの発言後に株式バブルがはじけ「ブラックサーズデー」「ブラックフライデー」「ブラックマンデー」「ブラックチューズデー」が発生。世界恐慌へと突入していく)


アーヴィング・フィッシャーの経歴・略歴

アーヴィング・フィッシャー、米国の経済学者。新古典派経済学。貨幣数量説を軸に物価指数を普及させた。カード索引のローロデックスを発明し財産を築いた発明家でもある。現在は生前よりも高い評価を受けている

他の記事も読んでみる

スタニスラブ・ベセラ

成熟していても当社が高シェアを持っている分野で、革新的な製品を生み出し、新たな価値を提供することが重要。高付加価値品によって、金額ベースの売り上げを伸ばせます。


アリストテレス

欲望は満たされないことが自然であり、多くの者はそれを満たすためのみで生きる。


新田信行

私は世間から異色と言われますが、「王道」の金融しかやっていません。奇をてらうようなことは何一つやっていないのです。決算書だけ見て、お客様に会わず、工場も見ずでは人や事業を見た貸し出しはできません。審査判断をしようと思ったら、社長に会い、1時間、2時間話をして、工場を見て、倉庫を見て、業界の人に評判を聞いてでなければできません。ありとあらゆる情報を集めて、必死になって考えて、預金者の顔を思い浮かべながら信用供与するのが金融です。


古森重隆

人材育成はスパルタかな。やはりビシバシ鍛えないとダメです。気をつけるのは、決して突き放さないことです。「お前に期待している。だから頑張れよ」という気持ちをこっちが持っていれば、相手は応えてくれます。


北条氏綱

無道の働きをもって名利を得た者は、天罰を避けることはできないと知るべきだ。


杉江理

私自身は、もうWHILLに人生をコミットしているといっていい。自分で考え、チームと働き、ユーザーを喜ばせる。非常にシンプルですよね。楽しいも苦しいも特に考えていないゾーンにはまり込んでいる。


大山健太郎

仕事では辛辣なことも言うが、(兄弟)みんな分をわきまえて我慢している。一番は信頼でしょう。信頼の絆は血でしょう。
【覚書き|兄弟で経営を頑張ってきたことについて語った言葉】


松沢卓二

いま日米経済摩擦の中で、日本の許認可行政が非関税障壁としてやり玉にあげられているのも、明治以来、日本企業が受けている多くの規制上のゆがみが指摘されているのだと思えます。21世紀に向けて、日本が国際社会の仲間入りを本当に果たしたいと願うならば、こうした「はじめに許認可ありき」といった規制体質を打破していかなくてはならないだろう。


出井伸之

私自身はすぐに組織に限界を感じて働きたくなってしまう性分で、これまでも三年に一回は動くという主義でやってきました。三年過ぎたらポジションをかわる、それを三回やったら次は全く違うところへ行くという具合に、どんどん動いてきましたね。


三浦将

メンタルコーチングで一番大事な質問は、「本当にやりたいことは何ですか?」。それを自分に問いかけるのです。「家族と時間を共有したい」だったら、逆算して「朝に時間をつくるため早起きする」と習慣を見つけていく。自分の軸がわかると継続力が生まれるし、やらなくていいことの断捨離ができて、節約した時間を大切なことに注げます。


小笹芳央

山に登る時に、頂上ばかり見ていたら気持ちが折れてしまうので、まず足元をしっかり見る。つまり、成果に結びつくキーを1つに絞った方がいいのです。とはいえ、足元ばかり見ていたら、いつまでも同じことを繰り返しているように感じる。そんな時はもう一度、頂上を見てみる。魚が川の上流と下流を交互に見渡すように状況に応じて時間軸の視点を「今」と「将来」に切り替えるのです。


佐々木かをり

アメリカでMBAを勉強している仲間に質問や相談のファックスを送ったり情報交換したりして、経営判断に役立てました。これがとてもよかったんですね。共同経営や役員を雇った場合、考え方が合わなくなっても途中でやめることは難しいですが、お金を払って雇っているコンサルタントならいくらでも相談できるし、役割分担が明確で最後の判断は自分でできますから、ずいぶん助かりました。