名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アーヴィング・フィッシャーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アーヴィング・フィッシャーのプロフィール

アーヴィング・フィッシャー、米国の経済学者。新古典派経済学。貨幣数量説を軸に物価指数を普及させた。カード索引のローロデックスを発明し財産を築いた発明家でもある。現在は生前よりも高い評価を受けている

アーヴィング・フィッシャーの名言 一覧

貨幣数量説は究極的には、あらゆる人間の財の中でお金だけが持っている根本的な特異性に依存している。つまりそれがそれ自体では人間の欲望を満たすことはなく、欲望を満たすようなモノを買う力しかない、ということだ。


『貨幣数量説』は移行期には厳密にも絶対的にも成立しない。


アメリカは「どこまでも高くそびえたつ高原」を行進している。(覚書き|奇しくもこの発言後に株式バブルがはじけ「ブラックサーズデー」「ブラックフライデー」「ブラックマンデー」「ブラックチューズデー」が発生。世界恐慌へと突入していく)


アーヴィング・フィッシャーの経歴・略歴

アーヴィング・フィッシャー、米国の経済学者。新古典派経済学。貨幣数量説を軸に物価指数を普及させた。カード索引のローロデックスを発明し財産を築いた発明家でもある。現在は生前よりも高い評価を受けている

他の記事も読んでみる

郷ひろみ

つまずいたときこそ学べる。これは40年の芸能生活で実感したこと。


佐藤卓(グラフィックデザイナー)

大学が東京芸大だったせいか、まわりには作家性の強い人がたくさんいて、早い時期から有名になるのはそういういわゆる個性的な人ばかりでした。僕にはなかなか作家性が見えなかったので焦りもしたけど、そのうち「まあ、全員が自己表現をする必要なんてないよな」と吹っ切れました。そう思えたのは、作家性がなくても仕事は現場でちゃんと機能してるじゃないかと気づけたからです。それに、仕事をしていれば、どうしたって個性は出てしまう。だから無理に個性的になろうとする必要はないと考えるようにもなりました。むしろ、企業との話しあいのプロセスの中にこそ仕事がある、と思えるようになっていったんです。


室伏広治

アテネ五輪を終えてから体の疲労が抜けきれず、今までのように自分を追い込む練習ができなくなっていました。アスリートは30歳前後が引退するか迷う時期かと思いますが、38歳で自己記録を更新した父の影響もあって、競技を継続したい気持ちはありました。でも、すでに29歳だったので年齢との戦いにもなる。目標設定をどうすればいいか、正直迷いました。そんな時、尊敬する先生が「君の対戦相手は、無限の蒼空と不動の大地だ」という言葉をくださった。これはライバルに勝って金メダルを獲るとか、世界記録を出すとか、そんな小さくてくだらないことを目標にするのはやめなさい。不動の大地と広い大空を相手にハンマーを投げる喜びを追求しなさいというメッセージでした。はっとして、肩にのしかかっていた重荷がすっと落ちたような気がしました。視点ががらりと変わって自分の考えの小ささに気づいたあの瞬間は、その後10年以上、世界のトップで戦い続けられることになった、まさしく私のターニングポイントでした。


中條高徳

組織のコンセンサス(合意形成)の強さは、リーダーの信念の強さと正比例する。


アイスキュロス

幸福なる状態において、その生命を終えし者のみを幸福なりというべし。


ゲーテ

身分不相応の生活をする者は、ぼろが出る。


白石康次郎

何より大事なのは平常心。体のちょっとした傷口から雑菌が入り込むように、心もほころびがあると、そこから不安や油断が広がって、正しい判断ができなくなります。だから、激しい嵐の中でも、まったく風が吹かない凪のときも、普段どおりやるべきことをやる。そうして1マイル1マイル積み重ねた先に、ゴールがあるんです。


西多昌規

「着手時」と「期限」に比べ、折り返し地点のイメージを描く人は少ないものです。マラソンを思い浮かべた場合でも、スタートやゴールに比べると、折り返し地点の印象は薄いものです。しかし、折り返し地点はもっとも仕事が「乗っている」時期でもあります。そのときの自分をイメージすれば、モチベーションは上がるでしょう。


守屋淳

歴史・古典に学ぶことは少なくない。古今の動乱期にはまさに生きた知恵が集約されているし、マインドが卓越した人物が数多く活躍している。現代人の悩みの多くは、すでにそんな先人たちの通った道なのだ。


山崎元

私は人付き合いに関しては「3分の1ルール」というものを自分の中につくっていました。一緒に飲んだり遊んだりする人のうち、社会の人の割合が3分の1を割り込むと世間が狭くなるし、同じように社内の割合が3分の1を切ると、会社の中で浮く存在になります。そんなふうにバランスをとっていました。


古川裕倫

上司に勝とうとしてはいけない。会社に属している以上、部下が上司に従う指揮系統は、組織の「原理原則」として変えられない。


寺尾玄

自分の可能性に気づいて、それを使え。可能性というものは使うモノ。我々の持ち物の中で最もや貴重なモノ。それこそが「可能性」。せっかく持っているのに、使わなければ価値がない。