名言DB

9412 人 / 110637 名言

アーヴィング・フィッシャーの名言

twitter Facebook はてブ

アーヴィング・フィッシャーのプロフィール

アーヴィング・フィッシャー、米国の経済学者。新古典派経済学。貨幣数量説を軸に物価指数を普及させた。カード索引のローロデックスを発明し財産を築いた発明家でもある。現在は生前よりも高い評価を受けている

アーヴィング・フィッシャーの名言 一覧

貨幣数量説は究極的には、あらゆる人間の財の中でお金だけが持っている根本的な特異性に依存している。つまりそれがそれ自体では人間の欲望を満たすことはなく、欲望を満たすようなモノを買う力しかない、ということだ。


『貨幣数量説』は移行期には厳密にも絶対的にも成立しない。


アメリカは「どこまでも高くそびえたつ高原」を行進している。(覚書き|奇しくもこの発言後に株式バブルがはじけ「ブラックサーズデー」「ブラックフライデー」「ブラックマンデー」「ブラックチューズデー」が発生。世界恐慌へと突入していく)


アーヴィング・フィッシャーの経歴・略歴

アーヴィング・フィッシャー、米国の経済学者。新古典派経済学。貨幣数量説を軸に物価指数を普及させた。カード索引のローロデックスを発明し財産を築いた発明家でもある。現在は生前よりも高い評価を受けている

他の記事も読んでみる

三谷幸喜

お客さんが入らなかったらという不安は常にあります。でも、自分の笑いを信じてやっていくしかない。


山田敏夫

何とかお金を工面し、工場に満額を支払ったことで、私に対する工場からの信用が一気に跳ね上がりました。とにもかくにも「お金の信用」を守ったことで、他の工場も、「あの工場が動いたのなら、うちも」と、前向きに検討してくれるようになった。その後、契約工場の開拓はとても進めやすくなりました。


望月弘一

当社が体制やソリューションをどんなに強化したとしても、1社でお客様のすべてのご要望をカバーできるわけではありません。そこで最近では、ヴイエムウェアやマイクロソフトといった、これまで市場においてレッドハットとは競合関係と認識されていた企業とも戦略的な提携も推進しています。


熊谷正寿

GMOでは、社員全員が同じシステム手帳を持っています。思考のツールを共通化することで、組織の結束が強くなる。


菊池誠一(投資)

受け取った配当や分配金は、使わずに必ず再投資する。配当が配当を生み、複利効果を得られるからね。4%で運用し続けた場合、手数料や税金を無視して考えると、20年間で当初の資金が2倍になる。退職しても無駄遣いせずに利殖に努めることが肝心。


原田泳幸

自ら変わらない限り、生き残れない。


新井紀子(数学者)

困ったことに、数学の力を使えば、どんなにでたらめなデータにも、法則性を見つけられるんです。座標軸上に適当に点を打ち、コンピューターに計算させれば、もっともらしい関数はいくらでも作れます。ただ、その関数が正しく将来を予測しているかは、全く別の話。だから、次々に新しい株価予測の手法が出てきては、信じた人が損するわけです。


松岡利昌

毎日同じメンバーとばかり交流していると、イノベーションは生まれにくい。社員が自由に働く場所を変えれば、自然といろいろな人と顔を合わせることができる。


速水もこみち

初めのころに比べたら、気持ちの面で余裕は出てきたと思いますが、だからといって慣れてはいけない気がするんです。


小林浩(経営者)

品質ナンバーワン経営の定着と進化を掲げている日本ハムグループは、現場に行き、現物を見て、現実を確認して施策を打つ「三現主義」を大切にしています。


嶋津良智

20代は目の前のことにベストを尽くすクセをつける時期だと思います。嫌な仕事だろうが、苦手な仕事だろうが、何かの縁でその会社に入り、取り組むことになったのだから、まずそれに打込むことです。20代で額に汗して働いた経験は、30代、40代になって活きてきます。


服部真二

セイコーの創業者・服部金太郎の「常に時代の一歩先を行く」という現在の企業理念ともなっている言葉があります。セイコーの伝統は革新の連続であり、たえず先進技術を追い求めてきた。


藤沢久美

経営者を見ていると、性格の違う家族を温かく見守って、いざというときは自ら行動する人が多いので。経営者に求められるものが、父性から母性へと移っているような気がするんです。


加賀見俊夫

「東京ディズニーランドや東京ディズニーシーの顧客満足度が高いのは、従業員のマニュアルがしっかりしているからだ」。そんなイメージを持たれる方がいらっしやるかもしれませんが、実際は違います。もちろんディズニーの理念や、現場で守るべき4原則の「SCSE(安全、礼儀正しさ、お客様を楽しませる姿勢、効率)」はきちんと教育しています。その上で、「あなたの家族や友達を連れてきたとしたら、どんなサービスをしてあげたいと思いますか」という視点で働くよう求めています。またそういった働き方を実現させるために、準社員といえども、現場の一人ひとりに正社員とほぼ同じような権限を与えています。


安達洋

情報収集のために英語を読むということは、英語初心者でも今日からできます。単語の意味が解らなければ、電子辞書で調べればいいですし、文章を完ぺきに理解する必要もまったくありません。1日5分、英語のサイトを見て、なんとなく世界の雰囲気をつかむだけでも情報感度は高くなります。