名言DB

9413 人 / 110706 名言

アール・S・国元の名言

twitter Facebook はてブ

アール・S・国元のプロフィール

アール・S・国元。日系アメリカ人経営者。「SAEマグネティクス」社長。

アール・S・国元の名言 一覧

ビジネスは攻めが大事。早く決めれば間違っても修正できる。


なぜ待つ。待てば正しい結論が出る確率が高まるのか。


右か左か、イエスかノーか、今すぐ決めろ。
【覚え書き|部下が結論を先延ばししようとしたときの発言】


アール・S・国元の経歴・略歴

アール・S・国元。日系アメリカ人経営者。「SAEマグネティクス」社長。

他の記事も読んでみる

大橋未歩

私が誰かの役に立とうとすれば、たとえ結果が失敗に終わったとしても、二人の間の信頼関係は残ります。次の機会には、きっとまた声をかけてくれるはずです。自分が組織の一員であることを自覚し、チームワークを大切にしていれば、成功も失敗も次につなげていけると信じています。


村上太一

現在、リブセンスは主に3つの事業を進めていますが、基本的にはすべて事業責任者に任せています。転職口コミサイト「転職会議」の責任者は入社2年目の社員です。立ち上げを任せたのは、彼が入社前のインターンの頃でした。


小池利和

売上高に占める開発費の割合は8%。企業たるもの、ある程度は新規事業に開発投資をするのは当たり前だと考えています。悪く言えば贅肉かもしれないが、それがないと先行きが真っ暗になっちゃう。負のスパイラルに陥らないようにするため、新規事業開発費は増やすぐらいのつもりでやっています。


江田憲司

総理(橋本龍太郎)とは一心同体でした。怒られたことも、怒鳴られたことも1回もなくて、僕のほうがズケズケ言いたいことを言う。ただ、1つだけ肝に銘じていたのは、秘書官というのはいろんな人がいる前で大臣を批判しちゃいかん、2人きりになった時に、耳の痛いことを言うのが僕の仕事だと思っていました。大臣秘書官、首相秘書官を合計して、橋本さんとは4年1か月のお付き合いでしたが、関係はずっと良かったですよ。


内藤忍

私がお勧めするのは、服をまとめ買いをして、お店の店員と仲良くなることです。多くの人は、一回の買い物で一着だけを買うことが多いと思います。しかし、そうやって買っていくと、好きな色の洋服ばかり買うことになり、結果的に洋服ダンスに同じような色の服が並ぶことになります。気に入ったお店の気に入った店員を見つけたら、その人を指名して、すべての服をその人から購入し、管理までお願いしてしまう。つまり、店員を自分のスタイリストにしてしまうのです。まとめ買いは、一見高くつきそうですが、ムダな洋服を買わなくなり、結局はお得。大切なお得意さんとして、踏み込んだアドバイスもしてもらえるし、一石二鳥です。とくに、洋服を選ぶのが苦手な人や、センスに自信がないという人は、店員を上手に活用すると良いでしょう。


大倉治彦

今の時代は単なる情報や事件であればネットで十分です。情報をどれだけ集めるかよりも整理するほうが大切でしょう。私に言わせれば、新聞でもこの情報はそもそも伝える必要があるのだろうかと疑問に思うものが多い。


吉岡喜一

人生には道草ということも大事だ。


野部剛

トップ営業マンは、事前準備で成約の8判が決まることを知っている。


築山節

生物の進化や人間の成長過程を見てもわかるように、人間の脳には思考系以前に感情系や運動系の機能が存在しています。人間は二足歩行をして、手を自由に操り、口を使って言葉を話すことができるようになって、はじめて高度な思考力を発揮させてきました。一日の過程も同じで、まず運動系の機能を十分に動かすことが、思考系の活性化に役立つのです。


鎌田浩毅

私は「好きなことよりできること」を自分の標語にしています。岡目八目(おかめはちもく)で、自分自身よりも他人のほうが自分の能力を的確に評価していると思っています。自分では興味がなかったり、苦手だなと思っていることも、人に言われて誘われたままにやってみると、意外と自分にぴたっとはまることもあります。得てして、そういう場合は成功する確率も高いものです。


勝俣恒久

公正・公平のルールのもとで、フェアプレイの精神で闘う。事業の効率化だけでなく、安定供給の確保などの公益的な課題の両立も考えることが大切です。


安倍晋三

ただスローガンを重ねるだけでは、社会を変えることはできない。具体的な政策なくして、そのスローガンを現実のものとすることはできない。具体的な政策を提案し、実行し、そして結果を出していく決意だ。


福原義春

まず、私たちが美しくなろう。お客様が支持してくださるのはそのときです。


松橋良紀

雑談をとおして「この人は信頼できそうだな」と顧客に感じてもらえて初めて、本気で話を聞いてもらえるのです。売れる営業マンは、商談の前だけでなく、契約がとれたあとにも雑談をして、人間関係を強固にしているもの。そうして解約を抑えるとともに、リピートにもつなげているのです。


中村維夫

広告宣伝だけを変えようということではありません。いろんな形で、いままでの流れを打ち破っていこう、という考えからでした。しかし、あまりに反響が大きくて……。我々は、あまりに反響が大きくて……。我々は、変わります、一歩先へという意識を内外に強く表明したかったんです。だから、反撃というよりも一歩先へというべきだったのかもしれません。もう「反撃」だなんてことは口にしません(笑)。
【覚書き|「そろそろ反撃してもいいですか?」というテレビコマーシャルが不評だったことについて聞かれたときのコメント】