名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

アール・ウォーレンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アール・ウォーレンのプロフィール

アール・ウォーレン。アメリカの政治家、弁護士。カリフォルニア州知事。カリフォルニア州出身。カリフォルニア大学バークレー校、カリフォルニア大学ロー・スクールを卒業後、法律事務所勤務、地方検事、カリフォルニア州司法長官、カリフォルニア州知事、連邦最高裁判所長官などを務めた。

アール・ウォーレンの名言 一覧

電気を発見したのはベンジャミン・フランクリンだが、電気で金を儲けたのはメーターを発明した人だ。


アール・ウォーレンの経歴・略歴

アール・ウォーレン。アメリカの政治家、弁護士。カリフォルニア州知事。カリフォルニア州出身。カリフォルニア大学バークレー校、カリフォルニア大学ロー・スクールを卒業後、法律事務所勤務、地方検事、カリフォルニア州司法長官、カリフォルニア州知事、連邦最高裁判所長官などを務めた。

他の記事も読んでみる

廣瀬禎彦

「ああしろ」「こうしろ」といちいち部下に指示することが、上司の仕事ではありません。上司に求められるのは「段取り力」です。段取り力というのは、部下に仕事の目的を明確に示して、それを具体的なタスクにブレイクダウンしていき、段取りをつける能力のことです。つまり、上司には目的と現状をつなぐ論理を構築できることが必須なのです。


中山和義

経営方針を転換した当初、自分だけが苦労していると感じていました。そんなときに出会った言葉が、ある方の「他人や過去は変えられない。変えられるのは、自分と未来だけ」という言葉でした。この言葉が私を変えてくれたおかげで、スタッフとの関係が改善されました。それ以来、私の思考は180度変わりました。


秋山進

仕事の権限を委譲した結果、困った事態が生じるのを上司が恐れている場合、たとえば、あなたは優秀だから権限を分け与えると自分の居場所がなくなるのではないかとか、リスクの高い仕事に手を付け、失敗した場合、自分が尻拭い役になるだけで面倒だと考えているのもしれません。


成毛眞

私が一刻も早く捨てたほうが良いと思うのは「持ち家信仰」です。「家を持ってこそ一人前」と考えているのか、迷わずに家を買う人は少なくありません。この考え方は今の時代、非常に危険です。少なくとも、40代で20年も30年もの高額なローンを組むのはあり得ません。将来、家計が破たんするリスクが高いからです。「いざとなったら売って、安い家を借りればいい」と考えるかもしれませんが、残念ながら、大半の家は売れません。人口減によって、家が余りに余っているからです。そうこうしているうちに、貯金が底をつき、夫婦どちらかが要介護状態になれば、地獄が待っています。自分は大丈夫と思っていませんか。そんな悲劇を招きたくなければ、今のうちに持ち家を売ってしまい、賃貸に変えることをお勧めします。「持ち家がないと不安」というなら、郊外で激安の家を買いましょう。


川本信彦

「変な人」というのは変な言い方ですが、日本人同士で隣にいる価値観や個性の異なる変な人をちゃんと受け入れることからしか、日本人のグローバリゼーションは始まらないのではないでしょうか。


中村獅童(二代目)

チャンスって、みんなに平等に巡ってくるものだと思う。チャンスが巡ってきた時に、いかにパッとつかむかが大切。才能がなかったり勘が悪かったりすると、チャンスを逃しちゃうんですよ。「おまえこれチャンスだよ」っていう大事な時、才能のある奴はパッとつかんで自分のものにする。でもボーッとしてると、チャンスを逃がしてしまうよね。そのための準備と言えるかどうか分からないけど、僕はアンテナは常に張り巡らせてました。


田村潤

事態は最悪だった。しかし、底を打ったらあとは跳ねるだけ。


冨田和成

仕事のキャリアにつながる知識・スキル、健康な身体、様々なネットワークを生む人脈、自分自身のブランド力とも言い換えられる信用。これらは、個人が備えられる普遍的な能力で、これからの時代どんどん価値が高まっていきます。こうした能力を向上させることに時間とお金を費やすことが、長期的に見てお金に困らないために重要だと思います。


上野和典

2009年の夏、東京お台場に登場した実物大のガンダムが話題を呼びました。動員は415万人。目標は150万人でしたから、予想を超えたヒットイベントでした。成功した理由を後付けで説明することはできます。しかし、それを事前に説明することはできません。というのも、お台場ガンダムは直感でひらめいた企画だったからです。発案当初の企画書にはもっともらしいことを書きましたが、本当は企画趣旨をロジカルに説明することすら難しかったのです。


本田宗一郎

飛行機は飛び立つときより着地が難しい。人生も同じだよ。


木村達哉

手帳には1日の歩数、飲酒の有無、その日の評価(○△×)を書き込んでいます。調子が落ちていると感じたら、「自己採点」と「飲酒」の記録を数日分、チェックします。自己採点で△や×が続いている時は、「怠け心」に負けているということ。飲み会が続いている時は、著述者として必要な取材やリサーチができていないことが多い。記録を通してダメな自分を直視し、その瞬間から「怠けたらアカンで!」と厳しいノルマを課します。例えば、頼まれていないのに出版社の編集者に「○日までに2章分の原稿を出します」と連絡する(笑)。精神論的な話に聞こえますが、気の緩みには強引さが効果的です。


松本晃(経営者)

原点は、松下幸之助さんの教えですよ。ある部下が新しい事業を立ち上げたいと提案してきたとき、幸之助さんは3つだけ質問したというんです。

  1. 「それは世のためになりまっか?」
  2. 「その仕事やって、あんたウキウキしまっか?」
  3. 「その仕事、儲かりまっか?」

この3つでおしまい。僕は幸之助さんみたいに頭が良くないんで、2番目は省略させてもらっていますが、要するにビジネスで本当に重要なのは、この3つだけなんですよ。