名言DB

9412 人 / 110637 名言

アーノルド・ベネットの名言

twitter Facebook はてブ

アーノルド・ベネットのプロフィール

アーノルド・ベネット。イギリスの小説家、劇作家、評論家。イングランド・スタッフォードシャー出身。20世紀初頭の人気作家。著書に『二人の女の物語』。

アーノルド・ベネットの名言 一覧

朝目覚める。すると、不思議なことに、あなたの財布にはまっさらな24時間がぎっしりと詰まっているのだ。そして、それがすべてあなたのものなのだ。これこそ最も貴重な財産である。


アーノルド・ベネットの経歴・略歴

アーノルド・ベネット。イギリスの小説家、劇作家、評論家。イングランド・スタッフォードシャー出身。20世紀初頭の人気作家。著書に『二人の女の物語』。

他の記事も読んでみる

中島武

42歳で飲食業に飛び込んで、焦りはまったく考えていませんでした。人より遅いという意識は、周りと比較して生まれるものです。でも、本当に自分がやりたいことが見つかったら、周りを気にする余裕はないですよ。


ジェイ・エイブラハム

いかに内容的には素晴らしい経営理念であっても、人びとの心を魅了するものでなければならない。


日下隆史

新しい方々と出会うことは、私にとって非常に刺激になります。そのために、いくつかの交流会に参加しています。こういう交流会では、我々不動産業界の人だけではなく、様々な業種の方々が集まってこられているので、これまで知らなかった各分野のお話しをいろいろうかがうことができます。業種が違うだけで、仕事に対するアプローチの仕方、将来に対する見方等々が違ってくるので、とても勉強になります。こうした場にいると、自分がこれまで悩んでいたことがとても小さく見えたりして、ある面でマインドリセットすることができるのです。


清水正孝

学歴が能力と関係ないことは、うちの役員の出身校を見てもらえばわかります。もう、社長は東大法科という時代ではありません。出身部門も関係ありません。そんなことにこだわっていたら、生き残れません。


山田昭男

どこの会社でも「報・連・相」、つまり報告、連絡、相談をするよう指導されている。私の会社ではこれを禁止した。なぜなら、儲かっていない会社が必ずやっていることは、ウチではやめなければいけないからだ。もちろん、役所や大企業なら、組織を束ねるために「報・連・相」を行わなければならないだろう。しかし我々のような中小企業でそんなことをする必要はない。むしろ時間や労力や経費のムダになる。いちいち上司や社長に報告などしなくても、現場を一番知っている社員に判断を任せればいい。そのおかげで、ウチでは社員が自主的に考えて動くようになった。


深澤真紀

人に教えることは、実は習うことよりもずっと面白いし楽しいのです。教えるためには習ったこと以上の勉強が必要ですし、教える相手によって反応が違うことも面白い。奥の深い世界です。ずっと教わってばかりでは上達しないだけでなく、その楽しみも知らないままになってしまうのですから、本当にもったいないのです。


大塚寿

ある一定のレベルに到達するには、地道な基礎練習の積み重ねが不可欠。そのために、場数が少なくてはキャリア形成の致命傷になりかねません。


荒川詔四

ブリヂストンの社長に就任してから、「ナショナルイングリッシュ」を共通語にする方針を打ち出しました。米国や英国の英語ではなく、世界各国の社員がそれぞれの国で学んだ英語を指す造語です。最初は「社長は何を言っているんだろう」とみんなぽかんとしていましたが、だんだん私の意図を理解してもらえるようになりました。「発音が悪くても、語彙が少なくてもいい。自分が育った国で学んだ英語を使って、単語を並べてでも堂々と話そう」「ジャパニーズイングリッシュでもシンガポールなまりのシングリッシュでもいい」。こう説明すると、非英語圏の人は歓迎してくれましたね。ブロークン英語でも、バカにされないなら話そうと思う人が増えました。


西山昭彦

根回しは日本の会社特有の悪弊のように受け止められる一面もあります。たしかに会議の前に出席者全員に根回しが済んでいて結論も出ており、会議では説明を繰り返して採決するだけというやり方は時間の無駄でしかありません。しかし、会議の最大の意思決定者に話を通しておくことは企画を通すうえで必要なことです。


笹沢竜市

会社の朝礼のときでも、私はほとんどしゃべらず、社員にしゃべってもらいます。最後に「社長、何かありますか?」と聞かれますが「ない」って答えています。


森澤篤

最初に立てたプランが成功するとは限らない。新しいことに挑戦するほど失敗も増える。その失敗をPDCAサイクルのチェックの過程で不成功の烙印を押して、封印してしまうと、企業の成長力の源泉であるアイデアの井戸を枯渇させることになる。


関戸正実

事業を多角化していたからこそ、経営環境が悪化した家電量販事業を手放すことが可能になったとも言えます。効率化のために今回、事業を「選択と集中」するわけですが、新規事業に挑戦することの重要性を忘れることがあってはいけません。事業を絞り込んだがゆえに、変化に対応することが難しくなってしまえば、いつかは行き詰まります。ある一時点での判断が、いつまでも正しいとは限らないわけですから。


小川淳司

人の言葉には間違いはないし、逆にこれが正解ということもない。


冨山和彦

好奇心をわき上がらせるコツは、お金と時間を惜しまずに、なるべくナマで実物に触れること。いまはネットで何でも見られるかもしれませんが、平面になると、100表現されているうちの10くらいしか伝わってこない。ナマで観ると100のまま伝わりますから衝撃も大きい。それが好奇心を刺激して、もっと知りたいという欲望につながっていきます。


町田精孝

中国や北米などこれまでの海外市場は、それぞれの市場規模が大きいため、効率的な営業ができました。しかし、今後、展開していく新興国は、市場が多様で、それぞれの市場規模が小さく、従来の手法では市場を獲得できません。そこで、開発力をブランド力ヘと転化する必要があります。