名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アーノルド・ベネットの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アーノルド・ベネットのプロフィール

アーノルド・ベネット。イギリスの小説家、劇作家、評論家。イングランド・スタッフォードシャー出身。20世紀初頭の人気作家。著書に『二人の女の物語』。

アーノルド・ベネットの名言 一覧

朝目覚める。すると、不思議なことに、あなたの財布にはまっさらな24時間がぎっしりと詰まっているのだ。そして、それがすべてあなたのものなのだ。これこそ最も貴重な財産である。


アーノルド・ベネットの経歴・略歴

アーノルド・ベネット。イギリスの小説家、劇作家、評論家。イングランド・スタッフォードシャー出身。20世紀初頭の人気作家。著書に『二人の女の物語』。

他の記事も読んでみる

柄澤康喜

的確な情報を集めるには、組織全体で課題や問題意識を共有していることが大前提です。まず、問われるのは関係者に等しく情報を開示して行っているかどうかです。社員に対して、経営陣が何を考えているか、いま経営上どんなことが問題になっているかを可能な限りディスクローズすることだと考えています。情報を公開するリスクより、公開しないデメリットの方がはるかに大きいからです。


奥寺康彦

大言壮語になるかもしれないけれど、目指しているのはFCバルセロナとかレアルマドリードかな。うちのクラブメンバーは、まだ3000人、向こうは10万人規模。でも、常に高いところを目指して頑張っていきたい。


ジョン・リディング

電子版の立ち上げによって、世界中の辺鄙なところに住んでいる読者にもフィナンシャルタイムズを届けられるようになった。これは紙の新聞ではできなかったことだ。加えてビデオやポッドキャスト、ライブブログ、フェイスブックやツイッターといったソーシャルメディア経由など、様々な形でニュースを多面的に伝えることが可能になった。


イチロー(鈴木一朗)

大事にしているのが、ゲーム後から寝るまでの2、3時間です。この時間のうちにその日のことを振り返って結論を出さないと、確実に引きずってしまいます。本来は、その日起きたことは、できるだけクラブハウスで整理する。それが理想です。


坂根正弘

知行合一で学べる者が最後は勝ち抜く。みんなが当たり前と思っているところから問い直してみることです。


江見朗

ショッピングセンターの中にサンドイッチ店を出店したのが当社の始まりです。最初の1年か1年半くらいは全く売り上げが伸びませんでした。このままでは赤字が積み重なるだけ。そう考えて、追い込まれた時に、お店で待っていても売れないのであれば、自分から外に出て売るしかないと考えたのです。そこでサンドイッチを台車に積んで、岐阜市内の商店街に売りに行きました。そうすると、飛ぶように売れていく。店の1日の売上分が、わずか2時間で売れていきました。


林修

僕は仕事が調子よくいっている時には萎縮なんてせず、押していく。特に意識しているのが、初めての仕事を振られた時です。「今でしょ」のフレーズが話題になって、TV番組に講演、執筆と予備校講師以外の仕事依頼がたくさん入るようになりました。あえて挑戦して、危ない橋を渡る必要も、新しい仕事という重荷を背負う必要もありません。それでも僕は依頼がきたら即受けました。躊躇なんてしません。なぜかって? できると思って依頼された以上、できますよ(笑)。謙遜して「できるかな」とか、やる前から「ムリですよ」なんて言う人は今すぐ改めるべきです。だって、これは絶対に逃してはならない、「やりなさい」というタイミングだからです。


澤田秀雄

私はこのようにたとえるようにしています。「Pressure is my Lunch」「Problem is my Breakfast」と。トラブルやプレッシャーは自分の栄養であると。問題が起きたら朝食と思えばいいのですよ。その経験は、自分の血となり肉となり、力となります。次の仕事の強みとなるのです。


堀史朗

なぜ心の問題が身体の不調につながるのでしょうか。人間の行動は脳の頭頂葉によって司られており、ここに脳内伝達物質が正常に循環していれば問題ないのですが、ストレスなどで脳内伝達物質が減ると、身体を動かす働きが鈍くなります。その結果、体が重くなる、あるいは頭痛や肩こりといった症状が出てくるのです。初期は「なんとなく疲れやすいな」くらいですが、中期になると肩こりや耳鳴り、頭痛など具体的な症状が表われ出し、睡眠にも支障が出てきます。そして末期になるとパニック障害やうつ病、最悪の場合過労死にも至ります。


金究武正

大手との差別化を図るため、設計から製作までは短納期で対応しています。大手にはないきめ細かい顧客の要望にお応えすることでここまで来ることが出来た。


梅原大吾

介護の世界では、貴重な体験を得ました。今も僕の行動指針になっているのが、「やるか、やらないか、迷ったら”やる”を選ぶ」ということです。介護の現場で配属されたのが重篤な患者が入院している病棟でした。5分前に食べたものも覚えていない、走ることも歩くこともできない患者に寄り添ううちに、介護の大切さを知る一方で、「いつか日常的な動作ができなくなる日が来る」。そう思うと、迷った時は迷わず本当にやりたいことを選ぶべきだ、と考えるようになりました。


秋沢淳子

私はアナウンサーって、一種の職人だと思っているんです。フリーの方々の場合は、技術に加えて個性が重視されると思うのですが、私はいちアナウンサーとして、どんな要望にも応えられるような技術を持った存在でありたいと思っているんです。