名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アーネスト・M・比嘉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アーネスト・M・比嘉のプロフィール

アーネスト・M・比嘉、あーねすと・まつお・ひが。ハワイ出身の経営者。「ヒガ・インダストリーズ」社長・会長。日系3世。米国コロンビア大学大学院でMBAを取得。ドミノ・ピザ、ウェンディーズなどを日本上陸させた。

アーネスト・M・比嘉の名言 一覧

困難や壁にぶつかったときは「Can Do(必ずできる)」の精神で立ち向かわなくてはいけない。


経営者にとって、会社を経営していく上で健康は大事な要素。フィジカルな面だけでなく、メンタルな面でも健康は大事。


自分で事業を興すときには、事業の先行きにはたくさんのリスクが付き物であり、チャレンジングな出来事が必ず待ち受けています。だから、その際には、ポジティブシンキングを持っていなくては、なかなかそれを乗り越えることが難しい。


私は週2・3回、朝6時15分から7時まで会社近くにあるフィットネスクラブでトレーニングをしています。これで精神面ではストレス解消になると共に、フィジカルな面でも体力アップが図れています。トレーニングはそれほど激しいものはしません。無理をせず継続することが大事です。


アーネスト・M・比嘉の経歴・略歴

アーネスト・M・比嘉、あーねすと・まつお・ひが。ハワイ出身の経営者。「ヒガ・インダストリーズ」社長・会長。日系3世。米国コロンビア大学大学院でMBAを取得。ドミノ・ピザ、ウェンディーズなどを日本上陸させた。

他の記事も読んでみる

和田博(ヴァリアント社長)

よく僕のキャディの人と話すんですが。結局、何でもそうなんだけど、上達するには頭と身体が同調するしかないって言うんですよ。トレーニングしてない身体は、頭で思い描いた通りに動かないんですよ。大抵は。僕が言う「アタマ」っていうのは思い描いたイメージそのもののことです。そのイメージと、身体の動きが違うってことなんですよ。意外に思われるかもしれませんが、イメージの方が常に正しいんですよ。そのイメージに身体がついてこ れてないだけで。


石川和男(税理士)

朝に覚えたことは、その日のうちにもう一度おさらいしましょう。通勤の時間は、大いに有効活用できそうですね。通勤は、時間のリミットが決まっているのもよいところ。あと10分で電車を降りなくては、というプレッシャーが集中力を高めます。その意味では、勉強の際はいつも「10分」「30分」「1時間」といった時間制限を設けると良いでしょう。


こざき亜衣

出来事の連なりだけで、主人公がひたすら活躍して「イェーイ、強~い」ってなるものも読者として読んでいるぶんには気持ちいいんですけど、自分で描きたいのはそれだけじゃなくって。あなたは勝って嬉しいかもしれないけど、裏で負けた人が泣いていること忘れるなよ、と。主人の周りの人の気持ちも丁寧に考えていくと、勝ち負けだけじゃない喜びとか、勝っても悲しいとか、そういう感情がどんどん見つかってくるんですよね。そこが一番、マンガを描いていて面白いと思っているところなんです。


木村沙織

チームスポーツは数字にできない部分が勝利に貢献することも多々あります。ボールに触れていない時の動きや、チームの雰囲気を高めるための声がけも大事。仲間への思いやりがないと、いいスパイクにつながるトスも上げられません。一人ひとりの良いプレーや思いが積み重なるほど、チーム力は強固になります。


小林一雅(小林製薬)

当社には「LA&LA(ルッキング・アラウンド&リスニング・アラウンド)」という制度があります。全国に散らばる工場や研究所などの現場を含め、会長や副会長、社長が1年中飛び回り、現場の不満を徹底的に聞きまくるのです。年に10回以上、様々な場所を回ります。


石田宏樹

ユーザーの声を聞くためのしっかりした仕組み、そして、フィードバックに対する確固たる意思決定者(リーダー)の存在は、良質な製品を生み出す上で不可欠。


井上康生

勝負の世界は非情。腹を決め、覚悟を持たなければ苦しい日々の連続に打ち勝てない。


ヒデ(お笑い芸人)

よく企画採用率が高いといわれまますが、実際はどうですかね。打席に立つ回数が多いだけで打率は低いかも(笑)。


乙武洋匡

すべてを一人で克服することは、強くてカッコ良いようでいて、見方を変えれば、「他者を必要としない生き方」とも言える。それよりも、他人に支えられ、他者を必要として生きていくほうが、「豊かで良い人生だった」と思えるのではないか。少なくとも、私はそう考えています。


野路國夫(野路国夫)

タイ工場で生産した油圧ショベルの輸出先を米国から新興国へ素早く切り替えられたのは、国や地域ごとの建機の需要を精緻に予測しているからにほかなりません。コマツでは以前から建機の需要を科学的に予測するためにいろいろな方法に取り組んできました。


高橋淳(経営者)

社員については、階層別に「あるべき姿」を決め、徹底的に研修します。たとえば全社員を対象に年二回、肉の加工についての技術検定を課しています。一番高い等級は「マイスタークラス」と称しています。


孫正義

M&Aというと日本ではいかがわしいマネーゲームを連想する人がまだ多いと思いますがそうではありません。日本のM&Aのイメージは創業者が経営に失敗して手放すという負け犬か、業績が伸びている会社に対する敵対的M&A、乗っ取りです。アメリカにはその種の負のイメージはなくて会社は生き物であるという意識が強いのです。健全に継続して育てていかなければいけないという