名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アーチボルド・ルシアス・ダグラスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アーチボルド・ルシアス・ダグラスのプロフィール

アーチボルド・ルシアス・ダグラス。イギリスの軍人。海軍中将、北米艦隊司令長官、マギル大学の名誉法学博士。日本に駐在していたこともある。日本駐在中、海軍兵学校の前身である海軍兵学寮でサッカーを教えたため、日本へサッカーを伝えた人物とされている。

アーチボルド・ルシアス・ダグラスの名言 一覧

士官である前に、まず紳士であれ。


アーチボルド・ルシアス・ダグラスの経歴・略歴

アーチボルド・ルシアス・ダグラス。イギリスの軍人。海軍中将、北米艦隊司令長官、マギル大学の名誉法学博士。日本に駐在していたこともある。日本駐在中、海軍兵学校の前身である海軍兵学寮でサッカーを教えたため、日本へサッカーを伝えた人物とされている。

他の記事も読んでみる

福地茂雄

これまで経営者として大きな決断をいくつか下し、実行してきましたが、それらは私1人では不可能でした。どんな成功者も、「天の時、地の利、人の和」に恵まれたから成功できたということを忘れてはいけません。


前原金一

いまの学生たちは大企業ばかりを志望する傾向にありますが、中堅・中小企業にも有望な企業はたくさんあります。重要なことは、自分にとって、やり甲斐のある仕事・企業に巡りあうこと。


小林佳雄

表現する力を磨け。自分がどんなに優れた人格や能力を持っていて、情熱に溢れていても、相手に届かなければ持っていないのと一緒。


塚田正由記(塚田正之)

私は昨日までと同じことが好きではない性分です。今日を新たにし、明日また何か新しい生き方をしたいと思っています。


安斎隆

トラブル発生を恐れて組織を締め付けるのではなく、発生後にいかに適切に対応するかが肝心。


高村正彦

父は私にとって尊敬すべき師です。サイパン島が玉砕する直前、内務省国土局総務課長を務めていた父は、物資が不足する窮状を憂慮し、内務相宛てに「救国の決断を」と記した(終戦を促す)上申書を提出するに至りました。その後は、憲兵の尾行がつく生活を余儀なくされています。父の衆院議員としての選挙戦績は2勝5敗、政務次官しか経験していません。しかし父には「信者」と呼べる支持者がいました。12連勝した私には「ファン」はたくさんいましたが、信者がいたとは思えません。今でも父に追いつけたとは思いません。


横澤夏子

番組では、とんねるずさんをはじめ、みなさんのお世話になりましたが、審査員の関根勤さんが「すごいねぇ!」「面白い!」と、特にほめちぎってくださって。大きな勇気と自信になりました。関根さんは、その後もお会いするたびに「いいねえ」「お肌もキレイになってきたねえ」と、ほめてくださって。ありがたすぎます。


佐藤文男(人材コンサルタント)

会社に不満があるという理由で、安易に転職や起業を考えるのは危険。不満を払拭するには、今の会社でできることをやり尽くすことが鉄則。


内藤誼人

マスターして欲しいのが「最大級のごますり」。ごまをするといえば、一般的に悪いイメージがありますが、それは「ごますり」が悪いのではなく、すり方が下手だから。たとえば、仕事のできる上司(できなくてもよいのですが……)を褒めるとき何と言うか? 「○○さんて、仕事ができますよね」。それではありきたりで、上司も返答に困ってしまいます。それに、「そんなことない」と否定するのも上司としてはおかしな話。しかし、「日本一仕事ができる」と言われれば……。きっと上司は「調子いいやつだなぁ」と思わず笑って気を許してしまうはず。最大級の形容をプラスして、ごますりを笑いに転化、しらじらしさをも払拭する。これは「最大級」だからこその効果! なんとなく調子がよすぎるようですが、ごまをするのはビジネスマンに必須の能力です。周囲をちょっと見回してみてください。いわゆる出世している人=仕事のできる人ではないのでは? 上司に引き立てられ、同僚や部下に慕われる。これが出世するための第一条件。


リスト・シラスマ

ノキアの経営陣は徹底的に議論しました。その結果、リスクはゼロではないが、コントロールはできる、という結論に至った。


為末大

未知の領域で挑戦するからこそ、失敗の確率が高いのは当たり前で、サイコロを振るような話と同じです。勝率は低いと認識しながら挑戦し、失敗しても自分なりに完了して、次の挑戦に向かえる人。それが、挫けない人なのだと思う。


山下孝一

人間として正しいか正しくないかを経営判断としています。出来れば、これを皆さんの生き方の基本にして欲しい。