名言DB

9412 人 / 110637 名言

アーチボルド・ルシアス・ダグラスの名言

twitter Facebook はてブ

アーチボルド・ルシアス・ダグラスのプロフィール

アーチボルド・ルシアス・ダグラス。イギリスの軍人。海軍中将、北米艦隊司令長官、マギル大学の名誉法学博士。日本に駐在していたこともある。日本駐在中、海軍兵学校の前身である海軍兵学寮でサッカーを教えたため、日本へサッカーを伝えた人物とされている。

アーチボルド・ルシアス・ダグラスの名言 一覧

士官である前に、まず紳士であれ。


アーチボルド・ルシアス・ダグラスの経歴・略歴

アーチボルド・ルシアス・ダグラス。イギリスの軍人。海軍中将、北米艦隊司令長官、マギル大学の名誉法学博士。日本に駐在していたこともある。日本駐在中、海軍兵学校の前身である海軍兵学寮でサッカーを教えたため、日本へサッカーを伝えた人物とされている。

他の記事も読んでみる

齋藤知久(斎藤知久)

特に、私が一番力を入れていきたいのは「マーケティング力」です。私はメーカー出身ですが、メーカーはマーケティング、すなわち「開発」から始まります。まず「開発」があり、いかにコストを抑えて合理的に作れるかという「生産」が絡み、最後に「販売」が絡んできます。この3つをトータルして「マーケティング活動」と言い、いかに利益を出していくかということになってきます。我々はここを強化していきたいと思っています。すなわち、メーカーで言う「開発」にあたるテレビ局の企画部門と制作の手前の段階で、しっかりリサーチした上で編成し、制作陣が番組を作っていく。


榎本博明

失敗を恐れないためには、「減点法」をやめて、「加点法」の思考に切り替えるといいでしょう。イチロー選手は、打率にはこだわらず、ヒット数にこだわることを明言していますが、それは失敗してもヒット数が減ることはないからです。打率は失敗すれば下がりますが、ヒット数なら失敗してもプラスマイナスはゼロで、成功するたびに一本ずつ増えていきます。だからイチロー選手は「もし失敗したら」と気持ちが萎縮することなく、打席で伸び伸びとチャレンジができる。このように、「失敗は0、成功はプラス1」という加点法の思考を習慣づければ、「0と1なら、やってみるしかない」と考えるようになるはずです。


北方謙三

一芸に秀でてみろと昔から言ってきたけど。男を磨くっていうのは、一芸に秀でることしかない。どんな仕事でも、自分なりの方法論を一途に開拓していけば、それなりの生き方になっていく。


福沢諭吉

自活の道を知らない者は、独立した男子ではない。


テリー伊藤

私の周りにいる成功者と呼ばれるような人たちや日本の各分野を動かしてきた人たちを見ると、やはり、一様に40代で大きな転機を迎え、大きなチャンスをつかんでいる。


佐々木明子

会話は言葉を交わす前から始まっています。相手が部屋に入ってきたときのたたずまいや最初の挨拶は、まさしく情報の宝庫。フレンドリーな方なのか、厳格な方なのか。こちらの目を見ないのは、緊張しているからなのか、そもそもシャイな方だからなのか。そういった見極めができれば、相手のタイプに合わせてアプローチを変えることができます。


江上治

プロフィールは、単なる自分の経歴や趣味をなぞるのではなく、そこに「意志」と「志向」を入れ、「自分の価値、社会における存在価値、自分の職業的な強み」に内容を絞り込むようなものでなければ、人にアピールする内容にはならない。言葉を変えれば、自分がどんな専門分野で、人々や社会に役立ったのか、事実をもってアピールしたものであるということだ。


御手洗冨士夫

M&Aは機密性が大切です。また急ぐことも多く、社外の弁護士だけに頼っていては機動性を欠いてしまいます。したがって、弁護士が社内にいたほうがスムーズに事を進めやすくなります。ただ、法律問題は毎日あるわけではなく単発的なので、常勤ではなく、社外役員という立場で十分だと判断したわけです。


米山公啓

10代や20代の若い頃は脳が進化し続けるけれども、年齢を重ねると脳は進化しなくなる、と一般的には思われているようですが、医学的には正しくありません。脳は年齢に関係なく進化し続けるというのが、今の脳科学の考え方です。もちろん、子供の脳のほうが大きく変化するのは間違いありません。歳を取ると脳細胞が減り、変化しづらくなるというのも事実です。しかし、死ぬまで脳は変わり続けます。


大西慎也

アイデアは私の発案のみならず、提案があれば、担当店舗での実施、好評なら拡大するなど、従業員の声を吸い上げています。


浅田次郎

仕事は一生懸命やるものだ。だが、人生それだけでは寂しい。休みのときは何もかも忘れて、ブチ切れて、人格が変わるぐらいの道楽をしないといけない。


久恒啓一

どういう順番にみればよいのかがわからない図は、いい図解とはいえません。本来はみる人が自然に読みたくなるように、読み方の強制をしないことがベターですが、あまりにゴチャゴチャしていたり、情報量が多すぎる図では、見る人も読む気をなくしてしまいます。複雑な構成にせざるを得ない場合は、読む順番がわかるように、①、②、③……と補助的な番号を振ってもいい。番号は、時間の経過など性格に表現したい場合にも有効です。


宮沢文彦

日本には100年以上続いている企業が約3万社あります。この数は世界の100年企業総数の約7割に当たります。実は、彼らは本業だけで生き残ったわけではありません。大半の企業が不動産による賃料収入を得ることで生き残ったのです。


杉江和男

日本の行く末に危機感を持っているという声をよく耳にしますが、私はそこまで悲観的ではありません。もともと日本には「匠の技」と「おもてなし」という二つの強みがあります。問題は、その強さを発揮させる環境づくりと人づくりです。


斎藤広達

限りなく思いつきに近い初期仮説は、検証を経て進化させるべきもの。一つの仮説に固執せず、幅広く様々な可能性を検討しよう。このプロセスで手を抜くと、本当のところが見えてこない。