名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アーセン・ベンゲルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アーセン・ベンゲルのプロフィール

アーセン・ベンゲル。プロサッカー選手(MF)、監督。フランス・アルザス地域圏バ=ラン県ストラスブール出身。ロベール・シューマン大学(のちのストラスブール大学)卒業。RCストラスブールでプレイしたのち引退。ASナンシー、ASモナコ、名古屋グランパスエイト、アーセナルFCなどで監督を務めた。

アーセン・ベンゲルの名言 一覧

代表監督はマゾヒストでなければ務まらない。


アーセン・ベンゲルの経歴・略歴

アーセン・ベンゲル。プロサッカー選手(MF)、監督。フランス・アルザス地域圏バ=ラン県ストラスブール出身。ロベール・シューマン大学(のちのストラスブール大学)卒業。RCストラスブールでプレイしたのち引退。ASナンシー、ASモナコ、名古屋グランパスエイト、アーセナルFCなどで監督を務めた。

他の記事も読んでみる

曽山哲人

日頃から管理職には、部下の強みを伸ばすことに重点を置いた指導を心がけてもらっています。その施策の一つとして、上司と部下とで「月イチ面談」を実施するよう推奨しています。この面談では、部下の直近の成果や業務の進め方というような具体的な仕事の話だけでなく、将来のキャリアについて相談に乗ったり、部下の強みについてフィードバックを行なうことを意図しています。これを続けていくと、上司と部下の間に相互理解が生まれます。そして、部下の得意なこと、強みが見つけやすくなるのです。


ジョン・カーワン

現役時代、プレッシャーからうつになりました。自分が誰なのか、鏡を見ても分からなかった。恐ろしかった。精神科医に相談し、「これは誰もがかかる可能性があり、治る病気である」と分かって気持ちが楽になった。誰かに相談してください。愛する人、医者など誰でもいい。相談した人が分かってくれなければ、理解してくれる人が現れるまで相談し続けてください。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

投資を始めるなら小さくコツコツと。人生は長いのですから、「待つのも投資」と考えることも必要です。


ジェイ・エイブラハム

ビジネスを大きくする方法は、たった3つしかありません。

  1. クライアントの数を増やす(顧客数増加)。
  2. クライアントあたりの取引の数を増やす(平均購入額増加)。
  3. クライアントの購買の頻度を増やす(平均購入回数増加)。

このことだけにポイントを絞ればいいのです。私はこの3つのポイントに対して、異業種からの手法を応用してクライアントを成功させてきました。


島田義彦

強みをつくることも重視しています。この分野は東武がすごいよ、他店には絶対に負けないよ、という特徴をつけたい。


田中裕輔

失敗とちゃんと向き合わないと絶対に成功しません。むしろ失敗しないのはもったいない。


小久保裕紀

印象深かった王(貞治)さんの言葉は「その年の型のフォームを作るんだ」という言葉。打てなくなった時、僕は過去のベストな時のフォームに戻そうと、ビデオを何度も見直していたんです。でも、その言葉を聞いて、はっとした。対戦相手も戦略も、自分の筋肉も経験値もすべて同じ時はない。2000年なら2000年型のフォームを作らなければいけない。成功体験はそこで完了と捉え、次へ進まなければいけないんです。


遠山正道

当社にも社員がやらなければならない決まり事はたくさんあります。ときには上司が新人を厳しく指導する必要もあるでしょう。ただ、こうした基礎的な知識習得の先に、新人が自分で学ぶ喜びが用意されていることが理想だと思っています。


杉原博茂

変革しないと、どんな企業も倒産する。


秋元久雄

うちも最初は静岡県の沼津から始まったけど、今では神奈川県や東京都にも事業所を広げることができた。売上げ的にも右肩上がりの成長を続けていて、創業以来25年連続で増収を継続している。でもだからといって需要の拡大に合わせて急に社員を増やしたら、会社はダメになるよね。能力だけではなくて、価値観が合った人を厳選して採用することが大切だから。それに一人の職人が一人前になるまでには、10年、20年かかるのがこの世界。無理やり促成栽培しようとしたって育つものではないから、育ったぶんしか売上げは上がらない。そこはもう辛抱強くやっていくしかない。


マザー・テレサ

あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。ですが、気にすることなく、善を行いなさい。


山西健一郎

企業として利益を出して、従業員、株主、顧客、ひいては社会に還元していく。それこそが仕事の最終目的なのです。考えてみれば当然のことなのですが、現実には、自分が関わる狭い分野での能力を突き詰めていけばいいのだと考えてしまう社員は少なからずいるものです。