アンリ・ポアンカレの名言

アンリ・ポアンカレのプロフィール

アンリ・ポアンカレ。フランスの数学者。フランス帝国ロレーヌ地域圏ナンシー出身。数学、数理物理学、天体力学などの重要な基本原理を確立した。

アンリ・ポアンカレの名言 一覧

まず第一に注意をひくことは、突然天啓が下った如くに考えのひらけて来ることであって、これは、これにさきだって長いあいだ無意識に活動していたことを歴々と示すものである。


アンリ・ポアンカレの経歴・略歴

アンリ・ポアンカレ。フランスの数学者。フランス帝国ロレーヌ地域圏ナンシー出身。数学、数理物理学、天体力学などの重要な基本原理を確立した。

他の記事も読んでみる

村井史郎

価格だけを考えると、人件費の安いところでつくるべきで、もしそこの人件費が高くなれば工場を移転する。そういう考えの会社もたくさんあります。でも当社は違います。日本国内もそうですが、海外でも工場を自社所有するとともに、終身雇用を基本としています。会社と従業員が信頼し合えば、取引先も信頼してくれる。そういう人間関係ができれば、価格競争にも巻き込まれなくてすむわけです。


見城徹

圧倒的努力さえすれば、結果は必ず自分の人生を良くします。でも、やらないでしょう、ほとんどの人は。でもそれでいいんです。そういう人がいないと差がつかないからね(笑)。


逢坂ユリ

私の場合は、人が少ない早朝のオフィスで情報収集したり、お昼休みは会議室にこもって勉強していました。同僚の中には朝三時に起きて本を一冊読んでから出社する人もいました。


加谷珪一

起業に生かしたいという夫のノウハウを、まず奥さん(の趣味)の事業化で試すのも一案。自分のスキルが会社外で役立つかどうかの試金石にもなり、一石二鳥です。


酒巻久

リーダーシップを発揮すべき際に重要なポイントは、明確で具体的でなければならない。「分かりやすいビジョンを示す」「ビジョンを実現するために、多くの人の心をつかみ、共感を呼ぶ」「日々起きる様々な課題について決断する力を持つ」という3点が重要。これを踏まえ、最後までやり抜く、と。


尾崎元規

タイやインドネシアなどでは洗濯機用より、安価な手洗い洗剤が主流です。いまの研究者たちにとって、手洗い洗剤など過去の遺物でしかありません。気乗りしない様子の彼らを「答えが出るまで帰ってくるな」とばかりに送り出しました。現地のアパートに住みこんで、手洗い現場を朝から晩まで見続け、大変な思いをしたようです。しかし、手洗いの苦労を実感して自分で工夫を凝らして商品を開発し、それを使った現地のお母さんたちの笑顔や喜びの声に接しているうちに、仕事の面白さや使命感に目覚めたようです。帰国したたびに彼らが自信とやる気に満ちてくるのを感じました。


カルロス・ゴーン

フランソワ・ミシュラン(フランスの大手タイヤメーカーミシュランの社主)は人間志向の強い人です。でも、その人間とは群衆や集団としての人間ではありません。まず何よりも個人としての人間です。それから、もうひとつ、経営者としてあの人が大切にしているのは真実と現実です。あの人のこういった考え方は、社内に深く浸透しています。その結果ミシュランという会社は、人材と品質にこだわりを持ち、タブーや先入観に左右されないという特徴を持つに至ったのです。


大村浩次

他社との最大の違いは賃貸物件のデータベースの量と質です。1999年にアパマンを創業するときに、複数の管理業者の物件情報を統合し、30万件のデータベースを作りました。早期に「プラットフォーム」を確立できたのが、強力な武器になりました。全国の詳しい物件情報が簡単にわかる。そこが重要でした。加えて、賃貸生活に必要なサービスや商品を提供することで、新たなビジネスが生まれることも考えていました。ですから、会社設立時から1000店舗必要だと考えていたのです。


安部譲二

よくサラリーマンを辞めて喫茶店やそば屋を経営する人がいるけど、大抵は失敗するな。自分もできるように感じるかもしれないが、客として見ているのはうわべだけだ。気楽そうだからという理由で第2の人生を選ぶのではなく、自分に合っているものを時間がかかっても探さなきゃダメだよ。


山口一朗

企業経営の目的は永続していくこと。


飯沼正樹

名古屋には名古屋の良さがある。情報の氾濫している東京から距離を置くことで、じっくりと腰を据え、集中してモノづくりに励むことができる。


和田秀樹

40歳以降、立場が上になっても伸びている人って基本的に腰が低い。自分に自信のある人ほど「頭をたれる」。自信のない人ほど地位や肩書を逆手に取って下に尊大に振る舞う。


小宮一慶

私は顧問を務める建設関係の会社の若手社員に、こう言っています。「日常業務に直接関係がなくても、電気工学や建物の構造力学といった知識まで知ると将来が違ってくるよ」と。


鈴木喬(経営者)

商品数が多ければ、1つが見込み通り売れなくても、別のものでリカバーする余地があるので、リスクは小さいでしょう。しかし品数が多いと、宣伝や営業にかける資金や人的資源が分散してしまい、結果として、どれも売れなくなる恐れがあります。私はリスクを負ってでも、特定の商品に経営資源を集中させて、ヒットを狙うべきだと考えます。


大塚周一

コスト競争力という観点では、日本人の今までのやり方だけでは勝てない。


ページの先頭へ