名言DB

9413 人 / 110706 名言

アンリ・ドゥ・キャストゥルの名言

twitter Facebook はてブ

アンリ・ドゥ・キャストゥルのプロフィール

アンリ・ドゥ・キャストゥル。フランス人経営者。保険会社「アクサ」会長兼CEO(最高経営責任者)。フランスの名門校・HEC経営大学院、フランスのエリート養成学校・国立行政学院(ENA)をそれぞれ卒業。フランス経済財務省を経てアクサグループに入社。マネジメント・ボードチェアマンなどを経て会長に就任。

アンリ・ドゥ・キャストゥルの名言 一覧

成功したいと思えば、お客様を見ることから始めなければならない。


夢と価値観を共有することができれば、とても力強い何かを生み出すことができる。


利回りを確保するためには、取りたくないリスクを取らなければいけないこともある。


結果を出すためにに必要なことは「共通の夢と価値を持つ」そして、「とにかく一生懸命頑張る」ことではないでしょうか。


日本での成功の秘訣は、まず忍耐力、そして学ぶということです。日本に進出して約20年になりますが、14年前に日本団体生命保険を買収し、喜びや、苦労を重ねてきました。


ミスをすべて避けるのが大事なのではなく、ミスを犯した場合には、そこから何を学んで次の段階に進むかということが重要。


失敗もしましたが、そこから多くを学びました。当社の成功の背景にはこの市場から学んできたということ、そしてもうひとつは日本市場と日本の人々を信頼してきたことです。


どのくらいミスをしたかと言えば枚挙にいとまがない(笑)。本当に正直なビジネスマンであれば、ミスをしたことがないという人などいないでしょう。


高齢化は顧客ニーズに変化をもたらし、新たなビジネス機会を生み出します。また、若い世代においてもニーズの変化があるでしょう。日本もほかの国もそうですが、技術が進化する中で、ビッグデータの活用やデジタル化が新たな領域を切り開いていく。この分野にはいまだ確立されたポジションがない状態です。これは脅威でもあり、チャンスでもある。そこへより積極的に投資していきます。


ダイバーシティーが「無秩序」になってはいけません。ダイバーシティーを推進しつつ、同時に極めて明確なゴールを持つべきです。


40歳以上の男性だけでは世の中が成り立つはずはありません。社会と同じく、企業もまた多様化しなければならない。


アクサの成功事例を分析するならば、やはり多様性をいち早く認めたことにあるのではないかと思います。グローバルに事業を展開する中で、価値観や精神、他人を敬う心を共有し、日々精進して意義のある事業を成し遂げよういう強い意志を共有する。これが大前提です。文化や育ってきた背景の違い、また人生における嗜好の違いは「成功の助け」となるのです。


保険会社のビジネスは、まず様々なデータを収集し、その中からどのようなリスクがあるかを特定することから始まります。そのリスクを理解した上で、リスクに対して対価を決めてお客様に商品やサービスを提供していきます。


アクサは非常に規模の大きいグローバル企業ですから、リスクを分散できます。少ない資本でも同じ規模のビジネスが、あるいは同じ資本であればより幅広くビジネスが可能になる。


事業展開している国や地域のマーケット特性に合わせ、またそのマ一ケットの成長率やお客様のニーズに合わせて販売する商品は替えます。戦略を例えるなら、ピアノを弾くようなものとでも言いましょうか。同じピアノを弾くにしても、どのような場所でどのような時間にどのようなメロディーを弾くか。相手によってかなり違いが出てくるでしょう。


アンリ・ドゥ・キャストゥルの経歴・略歴

アンリ・ドゥ・キャストゥル。フランス人経営者。保険会社「アクサ」会長兼CEO(最高経営責任者)。フランスの名門校・HEC経営大学院、フランスのエリート養成学校・国立行政学院(ENA)をそれぞれ卒業。フランス経済財務省を経てアクサグループに入社。マネジメント・ボードチェアマンなどを経て会長に就任。

他の記事も読んでみる

内村航平

いまは団体総合で金メダルを取ること。それしか考えていません。団体は皆で補い合って戦う。全員がまとまるチームが優勝すると思っています。


森本千賀子

経営者の皆さんが「最大の財産」だと口をそろえるのが人脈です。困った時に採算度外視で助けてくれる本物の人脈は、すぐにはできません。若いうちに、社内外に切磋琢磨できる同志を作りましょう。


リチャード・カールソン

私たちの不安や悩みの多くは「次は何だ?」おたえずめまぐるしく考え続けることからきている。たとえ一分でもぼんやりするなんてとんでもないと感じているかのように。体と同じように頭もたまには休めなくてはいけない。頭をからっぽにしてやれば、前よりもっと強くシャープにクリエイティブになって復活する。


山尾幸弘

社会人1年目にして生意気にも「サラリーマンで一生終わる気はない」と独立を考えていました。大学時代から演出家や脚本家を目指して劇団などに出入りしていたこともあり、何か新しいものを創造・創出することに興味を持っていました。しかし、一介のサラリーマンでは、そういった夢を叶えることは難しいと思っていました。


藤野清治

豆腐づくりは、毎朝午前3時から始まります。特に京の冬は厳しい寒さで、とてもつらいもの。ある日、お取引先のスーパーの店頭で特売品として家の豆腐が安値で売られているのを見ました。両親が身を粉にしてつくった豆腐が、激安の値段。悲しいというより、怒りがこみ上げました。その時、「丹精込めてつくった豆腐を、自分で値段をつけて自分で売る」と、心に決めたのです。そのためには、自社の豆腐の付加価値を高め、ブランド化する必要がありました。


朝倉千恵子

相手に成長してほしいと強く思うからこそ、厳しくしたり叱ったりしたくなる。本気で向き合っていたら、褒めるだけというわけにはいきません。


程近智

いま脚光を浴びているのが「サーキュラー・エコノミー」。これまで捨てていたものに価値を見いだし、資源を循環させることを目指す考え方です。この動きは、日本にとってチャンスです。島国なのでリサイクルは得意ですし、シンプルさを美として好む国民性がある。欧米勢とは異なる、新たな成長モデルを作れるでしょう。日本企業が当たり前のようにやってきたことを、改めて見直すべきだと思います。


和田秀樹

うつ病を完全に予防する手段は確立されていませんが、予防に効果のある方法は明らかになっています。たとえば、心のバランスを整える作用のある神経伝達物質であるセロトニンは、トリプトファンという物質から作られますが、これは肉類に多く含まれています。ですから、肉類を定期的に食べるのは効果的です。また、うつ病は光に大きな関係のある病気です。欧米で冬場にうつ病が多いのは、部屋が薄暗いことが関係しているのではないかと私は考えています。ですから、昼間に外に出て散歩したり、できるだけ明るい所で仕事をしたりするのも有効な予防法です。そして、夜更かしをせず、なるべく自然のリズムに近い生活を心がけましょう。そして、完全主義やグレーなものを認めない「二分割思考」といった思考パターンを変えるのも大切なことです。完璧を求めすぎてしまうと、自分をうつ病へと追い詰めることになります。どんな物事に対してもほかの可能性や選択肢を想定するオルタナティブな考え方をするよう心がけることは、うつ病の予防だけでなく、仕事の能力を上げていくうえでも、メリットがあると思います。


宗岡正二

私が柔道を通じて身に付いたと感じるのは、物事に諦めずに取り組むこと、ピンチに慌てないこと。


小山昇

みんな話し上手というと、立て板に水のごとくしゃべれる人を想像しがちですが、実際には、やたらと弁の立つ営業マンというのは、うまいこと言いくるめられ、高いものを買わされるかもしれないという警戒感を相手に抱かせるので、それほど成績は上がらないのです。


本田宗一郎

金なんかなくたって、心が豊かで、誰にも迷惑をかけずに、好きなことをやっていけたら、これが一番幸せな人生なんだろうな。俺は若いころから好きなこととなると無我夢中になった。だって、嫌いなことを無理してやったって仕方がないだろう。人間「得手に帆あげて」生きるのが一番良いからね。ただし、俺が好きなことばかりやってこれたのも、会社でも家庭でもいいパートナーがいたからなんだ。


徳岡邦夫

料亭だからといって「これが最高の味です」といって押し付けるのは間違いだと思います。店の都合ではなく、お客様に美味しいと感じていただける料理こそが、いい料理なのですから。


星野佳路

リゾートを訪れるお客様がニーズを持っているかというと、そうでないこともあります。旅先でどんな体験をしたいのか、必ずしも明確な目的を持たずにいらっしゃる方も、多いものです。お客様のニーズが明確でないなら、私たちは何を提供するのか。自分たちのこだわりを提供するしかありません。お客様にとっては、それが外れることもあれば、予想以上の驚きや発見を生むこともあるのです。


浅川有基

ぬるま湯につかり、老化のスイッチがオンになれば老いは一気に加速する。はじめから人生にリタイアを設定しない生き方のほうが賢明ではないでしょうか。


池田清彦

聞く耳を持たない人の典型は、自分の思い込みが激しい人。自分が考えているもの以外の概念が世の中には存在する、ってわからない人がいるんだよ。例えば、「犬」や「猫」みたいに単純な言葉なら、誤解もなくお互いに理解できる。それが「正義」だとか抽象的な言葉になると、人によって考え方は千差万別だろ。にもかかわらず、話が聞けない人はみんなが自分と同じように考えている、と思い込んでいる。多様性が受け入れられないんだな。