名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

アンリ・ドゥ・キャストゥルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アンリ・ドゥ・キャストゥルのプロフィール

アンリ・ドゥ・キャストゥル。フランス人経営者。保険会社「アクサ」会長兼CEO(最高経営責任者)。フランスの名門校・HEC経営大学院、フランスのエリート養成学校・国立行政学院(ENA)をそれぞれ卒業。フランス経済財務省を経てアクサグループに入社。マネジメント・ボードチェアマンなどを経て会長に就任。

アンリ・ドゥ・キャストゥルの名言 一覧

成功したいと思えば、お客様を見ることから始めなければならない。


夢と価値観を共有することができれば、とても力強い何かを生み出すことができる。


利回りを確保するためには、取りたくないリスクを取らなければいけないこともある。


結果を出すためにに必要なことは「共通の夢と価値を持つ」そして、「とにかく一生懸命頑張る」ことではないでしょうか。


日本での成功の秘訣は、まず忍耐力、そして学ぶということです。日本に進出して約20年になりますが、14年前に日本団体生命保険を買収し、喜びや、苦労を重ねてきました。


ミスをすべて避けるのが大事なのではなく、ミスを犯した場合には、そこから何を学んで次の段階に進むかということが重要。


失敗もしましたが、そこから多くを学びました。当社の成功の背景にはこの市場から学んできたということ、そしてもうひとつは日本市場と日本の人々を信頼してきたことです。


どのくらいミスをしたかと言えば枚挙にいとまがない(笑)。本当に正直なビジネスマンであれば、ミスをしたことがないという人などいないでしょう。


高齢化は顧客ニーズに変化をもたらし、新たなビジネス機会を生み出します。また、若い世代においてもニーズの変化があるでしょう。日本もほかの国もそうですが、技術が進化する中で、ビッグデータの活用やデジタル化が新たな領域を切り開いていく。この分野にはいまだ確立されたポジションがない状態です。これは脅威でもあり、チャンスでもある。そこへより積極的に投資していきます。


ダイバーシティーが「無秩序」になってはいけません。ダイバーシティーを推進しつつ、同時に極めて明確なゴールを持つべきです。


40歳以上の男性だけでは世の中が成り立つはずはありません。社会と同じく、企業もまた多様化しなければならない。


アクサの成功事例を分析するならば、やはり多様性をいち早く認めたことにあるのではないかと思います。グローバルに事業を展開する中で、価値観や精神、他人を敬う心を共有し、日々精進して意義のある事業を成し遂げよういう強い意志を共有する。これが大前提です。文化や育ってきた背景の違い、また人生における嗜好の違いは「成功の助け」となるのです。


保険会社のビジネスは、まず様々なデータを収集し、その中からどのようなリスクがあるかを特定することから始まります。そのリスクを理解した上で、リスクに対して対価を決めてお客様に商品やサービスを提供していきます。


アクサは非常に規模の大きいグローバル企業ですから、リスクを分散できます。少ない資本でも同じ規模のビジネスが、あるいは同じ資本であればより幅広くビジネスが可能になる。


事業展開している国や地域のマーケット特性に合わせ、またそのマ一ケットの成長率やお客様のニーズに合わせて販売する商品は替えます。戦略を例えるなら、ピアノを弾くようなものとでも言いましょうか。同じピアノを弾くにしても、どのような場所でどのような時間にどのようなメロディーを弾くか。相手によってかなり違いが出てくるでしょう。


アンリ・ドゥ・キャストゥルの経歴・略歴

アンリ・ドゥ・キャストゥル。フランス人経営者。保険会社「アクサ」会長兼CEO(最高経営責任者)。フランスの名門校・HEC経営大学院、フランスのエリート養成学校・国立行政学院(ENA)をそれぞれ卒業。フランス経済財務省を経てアクサグループに入社。マネジメント・ボードチェアマンなどを経て会長に就任。

他の記事も読んでみる

桐山一憲

トップが変わっても文化や仕組みといった根本のところは変わっていません。何が変わるかというと、ビジネスのどの部分に焦点を当てるかとかいうことは、リーダーの考えで決まっていきます。ゴールのために何をやるか、何を捨てるかを決めた段階で、次のアクションプランが変わってきます。


田中史朗

個人能力が高い選手もいますが、それだけでは世界で勝てません。ですが一人一人仕事が決まっていますので、その仕事をきっちりできれば良いトライが取れます。ですからチームワークで最終的なトライにまで結び付けるところを見ていただきたいですね。


岡林理

世の中の切なる願いに貢献できる喜びが、弊社を動かす原動力。


鶴岡公二

交渉とは互いにギリギリのところで合意に至る共同作業。その意味では交渉相手はともに成果を導き出す同志でもある。そのため、「寝食を共にする」というわけではないが、会合の場を離れ、相手の交渉官を誘って食事に連れ出すこともあった。


三ツ井創太郎

儲かっていない飲食店は99%は「人」が原因。人の悩みは、仕組みで解決できます。理念浸透や人材採用、人件費の抑制、社長の右腕人材育成。まずは1つでも出来るところからでいいので取っ掛かりにしてもらえたら嬉しいです。


坂尾晃司

組織内における役割が明確になっていないと、求められる役割が曖昧なので、どのような働き方が会社全体の利益に貢献するのかがわからない。しかし、経営陣は「数字」だけは求めてくる。すると、自部署の短期的な売上げばかりに注力するといった「部分最適」のみ意識した働き方が定着してしまう。


ダン・ケネディー

反感を買うことを恐れてはいけない。胸に抱く野望が大きければ、それだけ反感を買う可能性も大きくなる。どの程度有意義なことをなし遂げられるかは、どの程度他人を怒らせる勇気があるかに比例する。はた目には傲慢な態度に見えても、それは成功を収めるために不可欠な自信や自己アピールや押し出しの強さの表れなのかもしれない。それに、傲慢な態度は人を遠ざけるどころか、むしろ人を引きつける。誰だって、自信にあふれた人とビジネスをしたい。


徳重徹

エリートほど、新しいことをするときに失敗を恐れる人が多いのですが、失敗しても良いのです。失敗しても学ぶことは多く、経験値となることがほとんどです。また、挫折感や屈辱感が、飛躍するためのエネルギーにもなります。


宗次徳二

私もたくさん見誤りました。人は基本的には分からないものと実感しています。


間塚道義

意地でもやり抜く。
【覚書き|スーパーコンピュータ「京」の予算が事業仕分けで削られ、存亡の危機に瀕したときの発言】


新宅祐太郎

心も脳も肉体の一部であって、独立したものではない。


安永竜夫

収益基盤が資源エネルギーに偏ってきたことは否めない。だからこそ危機感を持ち、非資源の収益力を強化していく。