名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

アンリ・ドゥ・キャストゥルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アンリ・ドゥ・キャストゥルのプロフィール

アンリ・ドゥ・キャストゥル。フランス人経営者。保険会社「アクサ」会長兼CEO(最高経営責任者)。フランスの名門校・HEC経営大学院、フランスのエリート養成学校・国立行政学院(ENA)をそれぞれ卒業。フランス経済財務省を経てアクサグループに入社。マネジメント・ボードチェアマンなどを経て会長に就任。

アンリ・ドゥ・キャストゥルの名言 一覧

成功したいと思えば、お客様を見ることから始めなければならない。


夢と価値観を共有することができれば、とても力強い何かを生み出すことができる。


利回りを確保するためには、取りたくないリスクを取らなければいけないこともある。


結果を出すためにに必要なことは「共通の夢と価値を持つ」そして、「とにかく一生懸命頑張る」ことではないでしょうか。


日本での成功の秘訣は、まず忍耐力、そして学ぶということです。日本に進出して約20年になりますが、14年前に日本団体生命保険を買収し、喜びや、苦労を重ねてきました。


ミスをすべて避けるのが大事なのではなく、ミスを犯した場合には、そこから何を学んで次の段階に進むかということが重要。


失敗もしましたが、そこから多くを学びました。当社の成功の背景にはこの市場から学んできたということ、そしてもうひとつは日本市場と日本の人々を信頼してきたことです。


どのくらいミスをしたかと言えば枚挙にいとまがない(笑)。本当に正直なビジネスマンであれば、ミスをしたことがないという人などいないでしょう。


高齢化は顧客ニーズに変化をもたらし、新たなビジネス機会を生み出します。また、若い世代においてもニーズの変化があるでしょう。日本もほかの国もそうですが、技術が進化する中で、ビッグデータの活用やデジタル化が新たな領域を切り開いていく。この分野にはいまだ確立されたポジションがない状態です。これは脅威でもあり、チャンスでもある。そこへより積極的に投資していきます。


ダイバーシティーが「無秩序」になってはいけません。ダイバーシティーを推進しつつ、同時に極めて明確なゴールを持つべきです。


40歳以上の男性だけでは世の中が成り立つはずはありません。社会と同じく、企業もまた多様化しなければならない。


アクサの成功事例を分析するならば、やはり多様性をいち早く認めたことにあるのではないかと思います。グローバルに事業を展開する中で、価値観や精神、他人を敬う心を共有し、日々精進して意義のある事業を成し遂げよういう強い意志を共有する。これが大前提です。文化や育ってきた背景の違い、また人生における嗜好の違いは「成功の助け」となるのです。


保険会社のビジネスは、まず様々なデータを収集し、その中からどのようなリスクがあるかを特定することから始まります。そのリスクを理解した上で、リスクに対して対価を決めてお客様に商品やサービスを提供していきます。


アクサは非常に規模の大きいグローバル企業ですから、リスクを分散できます。少ない資本でも同じ規模のビジネスが、あるいは同じ資本であればより幅広くビジネスが可能になる。


事業展開している国や地域のマーケット特性に合わせ、またそのマ一ケットの成長率やお客様のニーズに合わせて販売する商品は替えます。戦略を例えるなら、ピアノを弾くようなものとでも言いましょうか。同じピアノを弾くにしても、どのような場所でどのような時間にどのようなメロディーを弾くか。相手によってかなり違いが出てくるでしょう。


アンリ・ドゥ・キャストゥルの経歴・略歴

アンリ・ドゥ・キャストゥル。フランス人経営者。保険会社「アクサ」会長兼CEO(最高経営責任者)。フランスの名門校・HEC経営大学院、フランスのエリート養成学校・国立行政学院(ENA)をそれぞれ卒業。フランス経済財務省を経てアクサグループに入社。マネジメント・ボードチェアマンなどを経て会長に就任。

他の記事も読んでみる

野坂英吾

起業したからには永続する会社を作りたいと思っています。なぜ300年を目指すかというと、「徳川幕府を超えたい」という想いがひとつです。また短期より長期の視点で経営判断するほうが成功する可能性が高いと感じています。いかに永続して発展していくか、その想いを持って企業作りをしていきたいですね。


能町光香

まずは相手に興味を持ち、「なぜ、この人はこういうことを言うのだろうか」と観察し、考える癖をつける。それを踏まえ、接し方を変えてみましょう。たとえば、部下の失敗に対し、「なぜそんなことをしたんだ!」と頭ごなしに叱ってしまっていたとしたら、「その選択をした理由はなんだったの?」と聞くようにする。前者は一見、原因を聞いているように思えますが、実際には頭ごなしに叱責しているだけ。そうではなく、「なぜ部下は失敗してしまったのだろうか」と本当に興味を持って聞いてみることが大事。


原晋

走ることが楽しくなるような「動機」を考えることが大事。「毎日10km、走る」という目標では、面白くない。「モテたい」「あの細身のスーツを着こなしたい」という自分がワクワクするような欲望をそのまま目標にした方が、やる気が出ます。


小笹芳央

様々な判断・決断はある意味賭け。その決断を繰り返した人ほどカリスマ性があると思います。


奥野宣之

「新書を3冊まとめて買い、一気に読む」。この方法で、あるテーマについて自分なりの意見を持てるレベルまで即座に到達できる。


常盤文克

売れているからといって、いつまでも喜んでいると、持っていることがかえってマイナスになります。
【覚書き:大ヒット商品も頻繁に大きな改良を行った】


泉谷しげる

仕事を遊びだと思っているんだったら、さっさと辞めて、ぶらぶらすればいい。プロなら、レベルを上げなきゃいけないよ。ロックの歴史だってよくよく考えてみると、売れている人たちほど追求しているからね。


田崎正巳

自分の強みがわからない若いうちは、むしろいろいろなことに手を出したほうがいい。私が見るかぎり、成功する人は20代でさまざまな仕事にチャレンジしています。そのなかで自分の強みを見つけているわけですね。たとえばメーカーに勤めているなら、営業、開発、マーケティングと、さまざまな職種に携わるチャンスがあるはず。それが自分のやりたかった仕事でなくても、積極的に手を挙げて挑戦してみるべきです。


ポーウェン・リー

客家(はっか。東洋のユダヤ人と呼ばれる客家民族のこと)は商売の世界で、手元でソロバンをはじきながら、頭の後ろにもうひとつソロバンを持っているといわれます。目の前にいる商売相手が何を考えているか常に観察しているからです。


臼井由妃

ちょっとした失敗談や勘違いは、盛り上がるための格好のネタになります。失敗とはいっても仕事上の失敗ではなく、日常における他愛ない失敗がいいでしょう。これらの話は相手に微笑ましく感じてもらえるかもしれません。失敗や勘違いは自分でも覚えていますし、雑談のネタとしても面白いですね。


藤田伝三郎

人は真面目でなければならない。


岡野雅行(岡野工業)

大切なのは会社を大きくすることじゃない。いい仕事をして、結果的にお金が後から入ってくる。世の中、そういうもんだろ。