アンリ・ドゥ・キャストゥルの名言

アンリ・ドゥ・キャストゥルのプロフィール

アンリ・ドゥ・キャストゥル。フランス人経営者。保険会社「アクサ」会長兼CEO(最高経営責任者)。フランスの名門校・HEC経営大学院、フランスのエリート養成学校・国立行政学院(ENA)をそれぞれ卒業。フランス経済財務省を経てアクサグループに入社。マネジメント・ボードチェアマンなどを経て会長に就任。

アンリ・ドゥ・キャストゥルの名言 一覧

成功したいと思えば、お客様を見ることから始めなければならない。


夢と価値観を共有することができれば、とても力強い何かを生み出すことができる。


利回りを確保するためには、取りたくないリスクを取らなければいけないこともある。


結果を出すためにに必要なことは「共通の夢と価値を持つ」そして、「とにかく一生懸命頑張る」ことではないでしょうか。


日本での成功の秘訣は、まず忍耐力、そして学ぶということです。日本に進出して約20年になりますが、14年前に日本団体生命保険を買収し、喜びや、苦労を重ねてきました。


ミスをすべて避けるのが大事なのではなく、ミスを犯した場合には、そこから何を学んで次の段階に進むかということが重要。


失敗もしましたが、そこから多くを学びました。当社の成功の背景にはこの市場から学んできたということ、そしてもうひとつは日本市場と日本の人々を信頼してきたことです。


どのくらいミスをしたかと言えば枚挙にいとまがない(笑)。本当に正直なビジネスマンであれば、ミスをしたことがないという人などいないでしょう。


高齢化は顧客ニーズに変化をもたらし、新たなビジネス機会を生み出します。また、若い世代においてもニーズの変化があるでしょう。日本もほかの国もそうですが、技術が進化する中で、ビッグデータの活用やデジタル化が新たな領域を切り開いていく。この分野にはいまだ確立されたポジションがない状態です。これは脅威でもあり、チャンスでもある。そこへより積極的に投資していきます。


ダイバーシティーが「無秩序」になってはいけません。ダイバーシティーを推進しつつ、同時に極めて明確なゴールを持つべきです。


40歳以上の男性だけでは世の中が成り立つはずはありません。社会と同じく、企業もまた多様化しなければならない。


アクサの成功事例を分析するならば、やはり多様性をいち早く認めたことにあるのではないかと思います。グローバルに事業を展開する中で、価値観や精神、他人を敬う心を共有し、日々精進して意義のある事業を成し遂げよういう強い意志を共有する。これが大前提です。文化や育ってきた背景の違い、また人生における嗜好の違いは「成功の助け」となるのです。


保険会社のビジネスは、まず様々なデータを収集し、その中からどのようなリスクがあるかを特定することから始まります。そのリスクを理解した上で、リスクに対して対価を決めてお客様に商品やサービスを提供していきます。


アクサは非常に規模の大きいグローバル企業ですから、リスクを分散できます。少ない資本でも同じ規模のビジネスが、あるいは同じ資本であればより幅広くビジネスが可能になる。


事業展開している国や地域のマーケット特性に合わせ、またそのマ一ケットの成長率やお客様のニーズに合わせて販売する商品は替えます。戦略を例えるなら、ピアノを弾くようなものとでも言いましょうか。同じピアノを弾くにしても、どのような場所でどのような時間にどのようなメロディーを弾くか。相手によってかなり違いが出てくるでしょう。


アンリ・ドゥ・キャストゥルの経歴・略歴

アンリ・ドゥ・キャストゥル。フランス人経営者。保険会社「アクサ」会長兼CEO(最高経営責任者)。フランスの名門校・HEC経営大学院、フランスのエリート養成学校・国立行政学院(ENA)をそれぞれ卒業。フランス経済財務省を経てアクサグループに入社。マネジメント・ボードチェアマンなどを経て会長に就任。

他の記事も読んでみる

峯島忠昭

不動産投資のポイントは、「具体的な目標設定」「勉強して学んだ不動産投資手法」「優良物件を見つけたらすぐに買い入れするスピード」です。そのポイントをふまえたうえで必要になってくるコミュニケーション能力も大事。結局は人と人とのつき合いですから。


箭内道彦

アイデアというと、何か特別な完成されたものと思われがちですが、そんなことはない。言い方を変えて「思いつき」と言えば、誰にとってもハードルが下がるんじゃないですか。


岡本太郎

人生、即、芸術。


サン=テグジュペリ

生きているということは、徐々に生まれることである。


和田裕美

私は空気を読むことで結果を出してきました。営業成績で世界ナンバー2になったのもいわばそのおかげ。けれど上司になった時、この空気を読む特技が仇となったんです。部下に好かれようと、叱咤するより手取足取り指導しました。結果、やる気を失くして辞める人が何人かいて……。これはまずい、でも、性格は変えられない。そこで、演技をすることにしたんです。演技なら、厳しい上司を演じることはできますから。「成果のため何ができる?」「やりきると約束して!」とビシビシと演じた。すると部下は奮起。「和田は厳しい」という評判と共に「育て上手」の評価も得ました。もし本当に嫌われたとしても、厳しい上司の役が一時的に嫌われただけ。成長できた部下は厳しさの理由に後で必ず気づきます。厳しさは優しさです。


奥山清行

イタリア人は、議論の最中はかなりきつい言葉でやり合っても、休憩時間になると何事もなかったように一緒にコーヒーを飲みに行く。そしてまた戻ってくると侃々諤々の議論をやる。なぜ彼らがそんなことをしているのかというと、自分が潜在的にしか考えていなかったことを、自分の言葉の中から探し出したり、相手の発言の中から、本人も気付いていないアイデアを引き抜いてきたりするといった作業を、議論の最中に行っているからです。


永瀬昭幸

フロンティアスピリットにあふれた人材こそが国の再生の源になる。


田島弓子

部下個々人の能力や適性を見極め、本人の得意な仕事を任せるようにしました。そのとき「こういう仕事なら君に頼むのが一番でしょ?」など、部下の意欲を刺激する一言を添えていました。


泉谷直木

雑談にはメリットがある。それは、「雑談的に伝える」ことができるということだ。社長室に呼びつけて指示、命令を伝えるのと、こちらから相談する、あるいは相手の相談を受けるような形で伝えるのでは、結果として指示、命令に近い形になったとしても相手の受け止め方は違ってくるだろう。雑談なら「そうは言いますが……」と相手も意見を言いやすい。しっかり考えている人と雑談していると、よい意味でだんだん議論に発展していく。「それ、おもしろいな」「もう少し突っ込んでみよう」とプラスの話に発展していくのだ。それが新しい企画につながっていくこともある。


岩崎裕美子

社員満足度の向上に注力したいという想いは変わりません。私が会社を強くけん引するあまり、社員たちが萎縮し、社内が暗くなってしまった失敗を繰り返したくない。社員が挑戦できる風土を作り、どんどん権限委譲していきました。会社が明るくなっただけでなく、私が全てを管理しなくなったタイミングで新製品が次々と生まれました。


金究武正

納期を守って製品をお届けしたことで、信頼関係が生まれ、後の事業拡大につながっていった。


八代元行

お客様にも分かるような指標とは何かを考えたとき、やはり説得力があるのは第三者による評価です。そこで目をつけたのが、「ISO9001」と「プライバシーマーク」でした。ISO9001取得によって、当社の顧客サービスの品質の高さ、透明性、および公平性が国際基準で認められたことになります。ちょうどそのころ、個人情報保護法が施行され、顧客情報の管理が企業に厳しく問われる時勢になりました。保険代理店は、すべての情報が個人情報と言ってもいいくらいです。それを、「社員全員、漏れないようにちゃんと管理しています」と口で言うだけでは、お客様に証明することにはなりません。そこで、これも第三者機関に証明してもらう形で「プライバシーマーク」を取得したのです。保険専業代理店で、ISOとPマークの両方を取得しているところは、まだほとんどないのではないでしょうか。


マハトマ・ガンジー

道徳と進歩と改善とは、つねに離れることのできない関係にある。


西田文郎

たとえ99パーセントの人が無理だと思うようなことでも、平然と「できる!」と思える人はできちゃうんです。


吉田たかよし

相手の仕事の状況を理解するために、1年、1か月の流れを書き出す。次に、いつどうやって自分が相手にアプローチしたのか。その結果、相手はどう反応し、どんな結果になったのかを書き出す。そして、失敗したら次はどうやってアプローチをするか記入する。書いて「見える化」することで、より学習効果が高まる。


ページの先頭へ