名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アンネ・フランクの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アンネ・フランクのプロフィール

アンネ・フランク。アンネの日記の著者。ユダヤ人。ナチスドイツの迫害から逃れ、オランダのアムステルダムに移住。ドイツのオランダ占領により隠れ家での生活を余儀なくされる。2年間の潜伏生活ののち、ナチスに捕まりベルゲン・ベルゼン強制収容所へ送られ処刑された。

アンネ・フランクの名言 一覧

私は理想を捨てません。どんなことがあっても、人は本当に素晴らしい心を持っていると今でも信じているからです。私たちの人生は一人一人違うけれど、皆同じなのです。私たちは皆、幸せになることを目的に生きています。


アンネ・フランクの経歴・略歴

アンネ・フランク。アンネの日記の著者。ユダヤ人。ナチスドイツの迫害から逃れ、オランダのアムステルダムに移住。ドイツのオランダ占領により隠れ家での生活を余儀なくされる。2年間の潜伏生活ののち、ナチスに捕まりベルゲン・ベルゼン強制収容所へ送られ処刑された。

他の記事も読んでみる

松本晃(経営者)

企業経営というものは、「この指とまれ!」で同志を募り、集まった人たちと夢を語り、それを創り、皆で実現し、その実現が世の為、人の為となり、すべてのステークホルダーを喜ばせるというシンプルなこと。


野田一夫

アメリカでピーター・ドラッカーと一緒に山歩きをしていたとき、彼が疲れたと言うのでひと休みしていると、彼は私の前にしゃがんで小枝で地面に「○」と、その真ん中に点を描き、「これは何だと思う」と聞いてきました。分かるはずがないので、私が笑いながら首を振ると、彼は内側にもう一度○を描きながら、「これは会社だ」と、そしてその中心を突き刺して、「これが経営者なんだ」と叫ぶように言い、そして続けました。「山の上はとても景色がいい。したがって、下界がよく見えるように思うけれど、下界の実情は実はよく見えていないのだ。組織図も山型をしているだろう? あれは、経営者に危険な幻想を与える。経営者は、組織図の頂点ではなく、厚い壁の中に閉じ込められているという自戒の気持ちを忘れてはいけない」。


西野浩輝

段取りを上手くするには「やることを減らす」ことが大切です。単に仕事を減らすのではなく、やらなくても影響のない仕事を見極めることです。仕事に追われている人の多くは、本来しなくてもいい仕事に翻弄されています。


吉野俊昭

私が入社した当時の社長はよく「ロートの人はどこか違う。そう言われる人間になってほしい」と話していました。奇をてらうだけではなく、「自分たちを支えてくれる自然や社会、人間に感謝の気持ちを持ち、他にはない製品を送り出すことで、世の中に新しい価値を提案できる会社であれ」という意味です。


永井浩二(経営者)

一発勝負で成功すればいいが、もし失敗して格付けがあと1ノッチ(格付けの最小単位)下がれば、この会社はどうなるか。海外から全面撤退して、ドメスティック(国内だけ)な証券会社に戻らないといけなくなる。そんなリスクは取れない。
【覚書き|「再建計画の期間が長すぎるのでは?」と問われての発言】


西加奈子

私、作家として、本当に自由にさせていただいて。だから、ずっと自由に、書きたいことを書きたいように書いてきました。『おまじない』は、自分からあえて書く自由の中に枷を作りました。これまでにないしんどさもありましたが、すごく濃い気がしたんですね。枷があるうえでの自由って。


新浪剛史

私はよく「経営はサイエンスだが、アートでもある」と言っています。ロジカルな思考は当然重要なのですが、最終的な判断を決めるのは知見に基づく直感なのです。


菱田雅生

覚える量に圧倒されてやる気や自信を失いがちなときは「ハードルを下げる」といいでしょう。たとえば、覚えなくてはならないものが1000あるとして、「今日は5つだけ覚えればいい」というくらいまでハードルを下げてしまえば、毎日少しずつ達成感を得ながら記憶することができるはず。そして、楽しく覚えるうちに気がついたら1000すべてを記憶していた、となっているはずです。大きな物事を成し遂げることができる人は、「自分の小さな成功を喜ぶ」ことができる人なのです。


藤本篤志

経験を積んだ人ならともかく、20代の若い社員が、早々と「自己の確立」をすることはあまり感心できません。それは、成長を阻害する最大の原因になるからです。というのも、自己の確立を目指すと、我流で仕事をするようになります。上司がアドバイスをしても、「この指示はナンセンス」などと取捨選択を始める。たとえば、営業なら「飛び込み営業なんて時代遅れ」「1日テレアポ20件の意味が分からない」といって避けたりします。しかし、知識も実績もない若手が、正しく取捨選択できるはずがありません。


森田正光

将来が先まで見える気象協会に残るか、行く末の「予報」のしようもない外の世界に飛び出すか……。1年ほど迷った末、42歳の僕は独立する道を選びました。背中を押してくれた助言の1つが、「森田さんは天気解説者として表に出るだけじゃなく、様々な切り口で天気をコンテンツにできるプロとしての強みを持っているから、裏方でもいけますよ」という放送作家さんの言葉です。倉嶋(厚)さんに憧れて本を読みまくったことがそのベースになったんです。


荒木香織

周囲の期待はコントロールできませんが、期待の受け止め方はコントロールできるはず。今まで培ってきたことを全力で出し切るチャンスだと捉えればプレッシャーにはなりません。


樋口知之

ビジネスにつなげて付加価値を生んでこそのデータだと忘れてはいけない。