名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アンネ・フランクの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アンネ・フランクのプロフィール

アンネ・フランク。アンネの日記の著者。ユダヤ人。ナチスドイツの迫害から逃れ、オランダのアムステルダムに移住。ドイツのオランダ占領により隠れ家での生活を余儀なくされる。2年間の潜伏生活ののち、ナチスに捕まりベルゲン・ベルゼン強制収容所へ送られ処刑された。

アンネ・フランクの名言 一覧

私は理想を捨てません。どんなことがあっても、人は本当に素晴らしい心を持っていると今でも信じているからです。私たちの人生は一人一人違うけれど、皆同じなのです。私たちは皆、幸せになることを目的に生きています。


アンネ・フランクの経歴・略歴

アンネ・フランク。アンネの日記の著者。ユダヤ人。ナチスドイツの迫害から逃れ、オランダのアムステルダムに移住。ドイツのオランダ占領により隠れ家での生活を余儀なくされる。2年間の潜伏生活ののち、ナチスに捕まりベルゲン・ベルゼン強制収容所へ送られ処刑された。

他の記事も読んでみる

石川康晴

当社が駅ビルに進出し始めた頃、当時は駅ビル開発が盛んではなく、「駅ナカ」という言葉もありませんでしたから、アパレル業界からは変人扱いされましたよ。安物のイメージが強い駅ビルなんかをどうして攻めるのかと2年くらい言われ続けました。その後、彼らは今度は「やっぱり駅ビルだよね」と言い出した(笑)。


山口智充

僕は天才じゃないし、努力家でもありません。ただ、自分が好きでやっていることに対して人一倍こだわりが強いことは否定しません。プライベートで友達とカラオケに行くと、僕は決まってモノマネをします。「ぐっさん、カメラ回ってないから、無理してモノマネしなくていいよ」と友人は言います。でも、「ちゃうねん、俺は、お金をもらっても、もらわなくても、人前でモノマネするのが好きやねん。でも、やること自体、まず自分が楽しいから」という具合ですね。


黒鉄ヒロシ

目の前にギャンブルをする男とまったくやらない男がいたとしたら、信用できるのはギャンブリングを知っている男。世の中には酒も飲まない、お姉さんたちにも賭け事にも興味がない男もいる。それでいいヤツであることもありますが、本音を言えば、少し怖さを感じる。ギャンブルを通して、自ら事故に遭いに行く。その経験が言語外言語となって、ふたりの間に特別な関係をつくってくれる。


玉塚元一

ビジネスはやってみないとわかりません。もちろん、過去の事例から学んだり、本質的な課題は何かを考えることも重要ですが、机上で考えているだけでは前に進まないし、何も生み出しません。仮説を立てたら実行して検証してみる作業がとても大事です。


飯塚悟志

結局は追い込まれないと駄目だよね。だから、どこまで自分を追い込めるかにかかっているのかな、集中力って。いくら集中力のない僕だって、単独ライブがあって明日が初日となったら、絶対に集中しますもん。


名越康文

継続を目的にするなら、意欲を使い切らず、翌日のために少し残しておくべきです。たとえば本を一章読むのではなく、わざと数ページを読み残したり、逆に2章の最初のページまで読む。あえて中途半端な状態にしておくことで、翌日の入りがスムーズになります。


マーク・ハフェル

UBSでは、よく分散されたポートフォリオを組むことをいつも推奨している。それが資産を守りながら増やすベストの投資法だからだ。最もエキサイティングな投資ではないかもしれないが、長期的にリスクとリターンのバランスを取るには最良の投資法であることが長年の研究で実証されている。


植田統

大切なのは、現在の仮説に見切りをつける条件を明確にしておくこと。目標が明確なのであれば、基準も自ずと明確になるはず。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

小さなミスを最大限に活かすことが大切。私が携わる医療の現場は、ミスが患者の命に直結するシビアな世界です。当然、ミスは許されません。しかし残念ながら、ほかのすべての職場と同じで、ミスの発生をゼロにすることはできない。そこで大事な姿勢は、小さなミスをその場限りの反省で終えず、積極的に活用すること。予防に役立ち、重大なミス(インシデント)の発生につながるかもしれない流れを断ち切れる。


成瀬隆章

私がやることは一人一人と面接して、どうすれば売れる営業マンになるかを徹底的に教えることです。売れている人を真似するのではなく、自分の強みを知ってコツコツと努力すれば絶対に人は変わります。


江見朗

何よりも重要なのは、人間にとって「大切なこと」を実践すること。人は悪いことをやるとき、隠れてやりますね。唐揚げのつまみ食いしたときも、「こんなにたくさんあるんだからいいじゃないか」と屁理屈を言ったりしますが、隠れてやっている時点で「これは悪いこと」だと分かっているんです。逆もまた然りで、人間は「大切なこと」も分かっています。だって普遍的なテーマの映画は、みんな感動するでしょう。大切なことに触れたら、人は心惹かれるんです。従業員が増えると、人生観も多様になりますから、いろいろな自我がぶつかります。でも、経営者が「大切なこと」を分かって行動に移せば、どんな従業員もいずれは共感してくれるはずです。だから私は、人間にとって大切なことである「感謝」をして生きています。


金杉恭三

社員に「脳の筋トレをしろ」と言っています。難題にチャレンジして、悩み苦しみ、時には失敗する。その痛みが脳を強くし人を成長させます。これは筋肉を作る理屈と同じです。もちろんアウトプットで失敗すればお客様にご迷惑をかけるので避けるべきですが、そこに至るまではアグレッシブに挑むべきです。