名言DB

9425 人 / 110833 名言

アンドレ・モーロワの名言

twitter Facebook はてブ

アンドレ・モーロワのプロフィール

アンドレ・モロワ。フランスの小説家、伝記作家。ノルマンディ地方出身。ルーアンのコルネイユ高等学校卒業後、アランに学ぶ。第一次大戦に英語通訳官として従軍。処女作の『ブランブル大佐の沈黙』が認められ、その後小説家として活躍。主な著書に『気候』『血筋のめぐり』『ディズレーリ伝』『シェリィ伝』『英国史』『米国史』『フランス史』など。

アンドレ・モーロワの名言 一覧

仕事は退屈と悪事と貧乏とを遠ざける。


忘却なくして幸福はあり得ない。


老年は男女間の友情には最も適した時代である。


アンドレ・モーロワの経歴・略歴

アンドレ・モロワ。フランスの小説家、伝記作家。ノルマンディ地方出身。ルーアンのコルネイユ高等学校卒業後、アランに学ぶ。第一次大戦に英語通訳官として従軍。処女作の『ブランブル大佐の沈黙』が認められ、その後小説家として活躍。主な著書に『気候』『血筋のめぐり』『ディズレーリ伝』『シェリィ伝』『英国史』『米国史』『フランス史』など。

他の記事も読んでみる

山西健一郎

正しいかどうかは別にして、抵抗勢力が改善に反対するのには、それなりの理由がある。現場が反対する理由を考慮せず、トップダウンで方針を押し付けてもうまくいかない。


枡野俊明

今やらなければならないことに没頭することが、成果に結びつく。


遠藤功

米国ではリーダーは「仕事」になっています。自分がこのミッションを遂行することがリーダーの仕事だと考えるわけです。日本ではリーダーは単なる「役割」だと思っている。みんなでやっている中で、「たまたま俺はまとめ役で、何でも自分が決めるわけではない」と思って主観を出してはいけないと考えている。若い時からリーダーは「仕事」だということを教えないと、うまくいきません。リーダーは「役割」という考えに染まった人に、リーダーの概念を教えても受け止めきれないでしょう。


津谷正明

判断の確からしさを高めるには、後継者の選定、そして指名のプロセスを後継計画として社外取締役が監督すべき。


草刈貴弘

成功モデルを作ることが一番の教科書。


小林幸雄(経営者)

80歳を超えた今、当時(冷戦時代に社会主義国を飛び回っていた頃)を振り返ると、よくそんな所へ行っていたなと思います。若い頃というのは、リスクを考えて尻込みするより、チャレンジする精神が勝るものなのです。


伊藤有壱

密度を高めて完成度を高くすればするほど、肩の凝らない自然な作品になる。でもそこには無意識に見ている人に訴える「何か」が生まれる気がします。


田中愼一(田中慎一)

言語と非言語のメッセージが一致していないと相手は不信感を抱きます。そうなると、人は非言語の方を信じます。「彼はあんなことを言っているが、目つきがおかしい。本心は違うぞ」となるわけです。


西恵正(西惠正)

私自身は、営業、運用部門の「フロントオフィス」から、売買した商品の記録などを行う事務部門である「バックオフィス」まで幅広く経験してきました。いろんな立場から市場を見てきたわけです。その経験を生かし、変化する環境の中でお客様にしっかり報いていきたい。


佐藤肇(スター精密)

この先、会社をどうかじ取りしていこうかと悩んだ時、思い出したのが父親(創業者・佐藤誠一)の教えでした。「絶対に大企業のマネをするな」「規模を追わず身の丈を考えろ」と何度も言われていたのです。