アンドレ・モーロワの名言

アンドレ・モーロワのプロフィール

アンドレ・モロワ。フランスの小説家、伝記作家。ノルマンディ地方出身。ルーアンのコルネイユ高等学校卒業後、アランに学ぶ。第一次大戦に英語通訳官として従軍。処女作の『ブランブル大佐の沈黙』が認められ、その後小説家として活躍。主な著書に『気候』『血筋のめぐり』『ディズレーリ伝』『シェリィ伝』『英国史』『米国史』『フランス史』など。

アンドレ・モーロワの名言 一覧

仕事は退屈と悪事と貧乏とを遠ざける。


忘却なくして幸福はあり得ない。


老年は男女間の友情には最も適した時代である。


アンドレ・モーロワの経歴・略歴

アンドレ・モロワ。フランスの小説家、伝記作家。ノルマンディ地方出身。ルーアンのコルネイユ高等学校卒業後、アランに学ぶ。第一次大戦に英語通訳官として従軍。処女作の『ブランブル大佐の沈黙』が認められ、その後小説家として活躍。主な著書に『気候』『血筋のめぐり』『ディズレーリ伝』『シェリィ伝』『英国史』『米国史』『フランス史』など。

他の記事も読んでみる

小松易

先日、ある税理士さんから「読まずに溜まってしまった新聞をどうしたらいいか」と相談を受けました。事務所におうかがいすると、確かに新聞が積みあがっています。「片づけないといけないですね」「いや、まだ読んでいないんです」「どのくらいですか?」「一ヶ月くらいです」「一度捨てませんか?」「いい記事があるので、あとで読もうと思っているんです」こんな具合で、なかなか捨てられません。そこで、「いったんリセットするのも方法です。新聞を解約して、その代わりネットから情報をとるように切り替えてみてはどうでしょう」とアドバイスしました。


枡野俊明

初めにいい縁を結ぶと成長しやすくなる。いい縁が向こうから来るのです。これを「縁起がいい」と言います。最初の縁を大事にし、どのように結ぶかが肝心です。最初の縁を大事にしなかった人は、縁が悪い方へ転がっていきます。自分で縁起を悪くしているのです。


長谷川博己

運が味方してくれてチャンスをつかんだこともたくさんありました。といっても、自分がイメージしたものがないと、運も巡ってこないと思うんですよ。僕は自分がこうなりたい、こんな作品をやりたい、ということをずっと思い続けていました。こうなりたいと思っていると、無意識のうちに自分でもそうなるように行動しているんじゃないでしょうか。


井原勝美

私は自分のゴルフスタイルを「アスリートゴルフ」と呼んでいます。プレーを楽しむ一方、スコアにもこだわる。「競技」としてのゴルフが好きなんですね。1カ月に3回程度はコースを回りますが、メンバーより1時間半ほど早く到着して真剣に練習をしているので、よくあきれられてしまいます。


大嶋啓介

どんな環境であろうと、習慣を変えて心に夢を持ったら、自分で環境も変えられる。自分でもできるんだということを知ってほしい。


柳井正

終点はありません。企業は満足したらそれで終わりです。


中島厚志

我々日本人は金儲けを汚いものだと考えずに、もっと正面から向き合うべきです。日本の国益という観点で、きちんとそしてより多く稼ぐことがいかに大事なことであるか。海外からの収益の国内分配ということを含めて、稼ぐということを、我々はもっと正面から議論するべきだと思います。


富岡一幸

事実の捉え方が大事。同じ状況に置かれても孤独と感じる人とそうでない人がいるのは、価値観が違うから。


藤田紘一郎

現代人は我慢をしすぎなのではないでしょうか。ストレスは腸内環境の悪化の非常に大きな要因。それを避けるためには何より「我慢しない」こと。これがこのストレスの多い社会で元気に生きる秘訣。


縣俊貴

Cacooがヒットしたのは、僕たちが技術者的発想とは反対の考え方をしたからです。だから、一般のビジネスパーソンの支持を得られた。


坂根正弘

私の場合、複数の事業を抱え、グループ全体で連結対象200社以上、総従業員数4万人の組織のトップという立場上、思考の範囲は多岐にわたります。思いついたそばから前の記憶が消えてしまう可能性があるので、発想がわいたらすぐに手帳を開き、実行日の欄に短いキーワードで書き込んでいきます。


松井忠三

会社があるのはひと言で言えば、社会に貢献するためです。これは間違いない。そうでないと会社は発展しない。


佐藤優

意外に参考になるのが、第二の人生を楽しく、幸せに暮らしている人。キャリアコースを進んで出世する人はごく一握りに過ぎません。大多数ははじかれます。会社のトップを目指すような価値観から外れた世界で、自分の場所と生きがいを見つけていかなければいけない。ですからビジネスで大成功したとか、社長になったという人物をメンターにするより、もっと身近な人物のなかに本当に自分の人生の参考になる人がいる。


鍵山秀三郎

自分の意にならない、そんなつらいときにこそ成功する。自分の都合のいい条件でやっても成功はない。なぜなら、これをこうすればとか、こうなればとか、さらにいい条件を期待してしまう。そうなれば、すべてに甘えが出て絶対に成功しなくなるのです。


佐藤東里

「このままでは会社がつぶれてしまう」。5年前、日立マクセルの社長に就任したときの率直な感想でした。主力製品の成熟化で業績が低迷しており、会社全体に活力がなく、閉塞感が漂っていたのです。これではまずい、何とかしなければと、気がついたら改革に乗り出していました。


ページの先頭へ