名言DB

9429 人 / 110879 名言

アンドレ・マルローの名言

twitter Facebook はてブ

アンドレ・マルローのプロフィール

アンドレ・マルロー。フランスの作家、冒険家、軍人、ド・ゴール政権で文化相を務めた政治家。スペイン内乱時に空軍パイロットとして共和国派義勇兵として参加。第二次世界大戦中はフランス軍に入隊。ナチスドイツのフランス占領下でレジスタンスとして戦う。戦中にシャルル・ド・ゴール将軍と出会い、戦後に情報相、文化相を任された。

アンドレ・マルローの名言 一覧

勇気というやつは生き物なんだ。ひとつの組織体なんだ。だから鉄砲の手入れをするのと同じ理屈で勇気も手入れをしなくてはならないんだ。


アンドレ・マルローの経歴・略歴

アンドレ・マルロー。フランスの作家、冒険家、軍人、ド・ゴール政権で文化相を務めた政治家。スペイン内乱時に空軍パイロットとして共和国派義勇兵として参加。第二次世界大戦中はフランス軍に入隊。ナチスドイツのフランス占領下でレジスタンスとして戦う。戦中にシャルル・ド・ゴール将軍と出会い、戦後に情報相、文化相を任された。

他の記事も読んでみる

河野裕(小説家)

小説のジャンルを無視したものを書きたいという思いは強く持っています。なんだかよくわからなくて特定のジャンルにカテゴライズできない小説を書きたいんですよ。小説をジャンルで区別することは「会議室的な思考」でパッケージングすることだと思うんです。もちろん、それも大事なことだとわかっていますが、小説は「ひとり」というもっとも少ないマンパワーで作ることができるものなので、だからこそ作家個人の一番奥にある「素」を出すべきものだし、それはジャンルと関係なく、自分をただ作品にぶつけることでしか出てこない。それってジャンル分けと、どうしても矛盾してしまうんですよ。


大竹美喜

日本でアフラックを創業したのは35歳のときです。それまでは、世のため人のために役立つ仕事がしたいとは考えていましたが、その仕事が何かわからず、職を転々とし続けました。農業指導者を志し、アメリカに留学した際は、宣教師になろうと決心しました。その夢が挫折すると、帰国して教師に。その後も、政治家秘書、保険のセールスマン、会社経営と20代は様々な職業を経験しました。


メンタリストDaiGo

迷う時間、モノを探す時間、管理する時間を減らして、そのぶん自分がやりたいことを実現できるようにする。これが片づけの本当の目的なのです。部屋の中が整ったように見えても、片づけが成功したとはいえません。自由な時間が増えなかったり、かえってメンテナンスのための時間や労力が増してしまったりするような片づけに意味はないのです。


臼井健一郎

もともと「とんかつ屋」と差別化しようという発想はない。むしろ無いものを作りたいというのが当社の根本にあるので、それを作ったのが「かつや」なのです。ですから今でも常にほかにない業態を開発しています。


松本大

信頼関係によって、同じことを書いても受け止め方が違って来ます。どんなにメールでこちらの想いを伝えようが、叱咤激励しようが、空振りに終わってしまうし、何のフィードバックもありません。


永守重信

中央モーター基礎技術研究所の開設を計画したときに知り合いの大企業経営者21人に「御社の中央研究所をどう思っているか」と聞いて回りました。すると、18人もの経営者が「カネばかり使って効果がない」「研究者は好きなことばかりやっている」と嘆くのです。でも、よく話を聞いているうちに気がつきました。中央研究所も「経営」しなければいけないのだと。研究所の成果が上がらないという企業は、研究者を学歴だけで採用して、大まかな担当だけ決めてあとは放任しているのではないでしょうか。それでは駄目です。


むらかみかずこ

気が利いた文面が書けない、自分の字が汚いという理由で躊躇して礼状を書かない人は多いですが、非常にもったいない。なぜなら、礼状は情報ではなく、気持ちを伝えるもの。書く内容や字の巧拙よりも、相手は自分のためにかけてくれた手間に喜ぶからです。


松井秀喜

日本に帰ってプレーする可能性はゼロじゃないと思います。たとえば、プレーを続けたいけど、メジャーの球団はどこも雇ってくれない。で、日本で契約してくれるチームがあり、なおかつ、僕がプレーを続行したいという意思があれば可能性はあります。もちろん、現時点では考えていませんが、将来的にはまったくないということはないような気がします。


田中裕輔

若い世代には、景気があまりよくない時期に、安定性を重視して会社を選んだ人が多くいます。しかし、いまでは大企業だから安定しているとは決して言えなくなっています。本来、こういう時代には若い人も攻めに出ないといけないのに、逆に守りに入ってしまっているように思います。


粟田貴也

結果がみえるまでのあいだは、つねに問題意識を頭のなかにおいて、シミュレーションをしています。万全とはいえませんが、備えができるので、何もしないよりはしておいたほうがいい。