名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アンドレ・アガシの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アンドレ・アガシのプロフィール

アンドレ・アガシ。米国生まれのプロテニス選手。ランキング自己最高2位、アトランタ五輪シングルス金メダル、その他米国テニス界で輝かしい成績を残す。

アンドレ・アガシの名言 一覧

僕はいつだって強くなればなるほど、一生懸命やればやるほど、向上する部分はさらに広がるものだと思っている。僕はもっと強いサーブが打てる。もっといい動きができる。もっとアグレッシブなショットを打てる。


アンドレ・アガシの経歴・略歴

アンドレ・アガシ。米国生まれのプロテニス選手。ランキング自己最高2位、アトランタ五輪シングルス金メダル、その他米国テニス界で輝かしい成績を残す。

他の記事も読んでみる

松本晃(経営者)

充実した私生活を送っている人は、知識や教養が増えて魅力的になります。魅力的な人はいい仕事をして、それが会社の利益につながる。私は、会社とは「魅力的な人間を作る場所」であるべきだと思います。


富田浩安

アメリカ留学時代、日本と違ったスピード感をニューヨークの街で感じながら勉強してきました。どちらかというと、当時の日本の場合は、経済が順調で、毎年売り上げが伸びていたせいか、変化に対して敏感というよりは、現状維持していけば生きていけるといった保守的な風潮が強かったと思います。ところがアメリカの場合は現状を維持していたら潰れてしまうかもしれないという危機感があります。この発想が私の事業の基礎になっていきました。


豊田圭一

私は25歳で会社を辞め、独立して以降、才能とセンスで生きていけるという自信は見事に覆されました。そして、幾度も壁にぶち当たり、もがくことになりました。しかし、乗り越えた壁が増えるにつれ、経験は深まり、広がっていきました。


漆紫穂子

昨年のプロジェクトでCM制作を行ったとき、広告代理店のCMプランナーの方がある生徒について、「あの子にはくだらないことを次々と思いつく才能がある」とおっしゃったんです。それって才能なのかなと思いましたが、その方が言うには、「僕は広告代理店に入ったときに、それを上司がとても評価してくれたからいまがある。彼女の才能を大事にしてください」と。


橋都浩平

自分自身をよく知ることが、人とコミュニケーションするうえでプラスになった。


山田真哉

日常で接する数字に対して、常にその裏側を読み解く意識を持つことも重要です。プレゼンで使う数字のセンスが磨かれるだけでなく、誇大広告やいい加減な記事に騙されることがなくなります。


俣野成敏

一般的に、立場が上がれば上がるほど給料が上がり、その分高い成果が求められます。にもかかわらず、部下でもできるような作業に取り組むことは、会社全体の生産性を考えれば大きなマイナス。自分の給料を時給換算して「これは本当に自分でやるべき仕事だろうか」と考えるクセをつけ、すべきでないと判断したら誰かに任せてしまう。これだけでも負担は大きく減るはずです。


谷口恒

技術の追求も大事ですが、ビジネスとしては先に実装したほうが勝ち。


渡瀬謙

相手に話してもらうには、相手に話してもらえる話題を準備していくことが重要です。相手のよく知っている話題や相手に近い話題を出すのです。相手のオフィスを訪問する場合、私はいつも早めに現地に到着してその会社が入っているビルの中や周辺を歩くようにしています。そして、見聞きしたことや体験したことを最初の話題として振ってみるのです。そのビルや周辺のことについては、当然相手の方が詳しい。ですから、こういう話題、会話の糸口さえ提供すれば相手は自分の知っていることを話してくれます。


波多野聖(藤原敬之)

外国人といってもいろいろいます。金融系の外資系企業では、大体米国人か英国人のいずれかがトップに就いているので、私はそれぞれ対処法を変えていました。砕いて言うと「たらしこみ方」を使い分けていたのです。まず米国人は、金融に関する知識や実績はすさまじい半面、教養的な面でコンプレックスを持っている人が多い。籠絡するなら、相手の弱みを突くのが鉄則です。古典文学を引用したり、クラシック音楽やアートなどの話をしたりすることで、「こいつはすごいな」と思わせることができるのです。逆に、英国人は教養やリベラルアーツに関しては徹底的に学んでいるので、付け焼き刃の知識を披露すると墓穴を掘ることにもなりかねません。しかし、英国人はなぜか数学に弱い人が多い。あのアイザック・ニュートンを生んだ国なのに、不思議ですよね(笑)。だから、ちょっとした説明をするときにも、意図的に総和記号のシグマや積分のインテグラルなどを用いて、数式を使って話をする。そうすると、彼らは「こいつ天才か」というような顔でこちらを見てきます。欧米人は基本的に日本人に対して上から見てくるので、最初になめられたら終わりです。第一印象でいかに「こいつ違うな」と思わせられるかが大切なのです。


柳井正

僕は頑張った人がもっと報われるような社会にすべきだと思っています。間違った平等主義を掲げているのは世界中で日本だけです。人と違うことを評価しないし、リスクを取るとか、決断する勇気とかを評価しないですから。


山東理二

南米チリの三菱商事現地法人社長時代に学んだのは、マクロな視点で物事を見ることの重要性。しっかりと流れを読めば、ライバルよりも早くニーズを捉えられます。受け身ではなく、先行者利益を狙えるわけです。