名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

アンドレイ・ズビャギンツェフの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アンドレイ・ズビャギンツェフのプロフィール

アンドレイ・ペトローヴィチ・ズビャギンツェフ。ロシアの映画監督、脚本家、俳優。ソビエト連邦ノヴォシビルスク出身。ロシア演劇大学卒業後、舞台俳優を経て監督デビュー。カンヌ国際映画祭審査員賞、同脚本賞、同ある視点部門審査員特別賞、ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞、同ルイジ・デ・ラウレンティス賞、ゴールデングローブ賞外国語映画賞、そのほか多数の賞を受賞。

アンドレイ・ズビャギンツェフの名言 一覧

映画を含めたアートとは、観客に答えを与えるものではなく考えさせるものです。登場人物の行動に自身を重ねて、実体験を振り返ったり倫理観に疑いをもったり、考えるきっかけにしてもらうことが重要。私はこれを「頭の栄養」と呼んでいます。自らを見つめ直して理解を深め、自分をより良く変えるための頭の栄養になることが願いです。


イングマール・ベルイマン監督の『ある結婚の風景』に、まずインスピレーションを受けました。また私のプライベートでの出来事から夫婦関係の崩壊をテーマに撮りたいと何年も切望していたところ、ロシアに実在する捜索救助団体「リーザ・アラート」の活動を詳しく知る機会があったのです。失踪した子供の捜索と、夫婦関係の崩壊・離婚。両テーマが火花を散らし合い、今作へと結実しました。

【覚え書き|映画『ラブレス』について】


じつはジェーニャと母親のエピソードを入れたことを後悔しています。重要なエピソードであると同時に、目を逸らしたくなるシーンですよね。しかもこのシーンによって、ジェーニャの行為の責任を母親にとらせることになる。けれどジェーニャはもう32歳なのだから、それでは余りに未熟で無責任です。キリスト教的な考え方かもしれませんが、人間には良心を持つ者と持たない者がいます。前者は自分のなかに善悪の境界線を引く人。一方、後者は自分と他者とのあいだに引くわけです。

【覚え書き|映画『ラブレス』について】


アンドレイ・ズビャギンツェフの経歴・略歴

アンドレイ・ペトローヴィチ・ズビャギンツェフ。ロシアの映画監督、脚本家、俳優。ソビエト連邦ノヴォシビルスク出身。ロシア演劇大学卒業後、舞台俳優を経て監督デビュー。カンヌ国際映画祭審査員賞、同脚本賞、同ある視点部門審査員特別賞、ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞、同ルイジ・デ・ラウレンティス賞、ゴールデングローブ賞外国語映画賞、そのほか多数の賞を受賞。

他の記事も読んでみる

前澤友作

ウサイン・ボルト(短距離走金メダリスト)がどんなに足が速いといったって、100メートル9秒台は切れません。逆に足が遅い人でも、15秒あれば走れてしまう。その差はわずか6秒。つまり、人間の能力にはそれほど差はないのです。


石田忠正

JR貨物は140年以上の長い歴史や国鉄以来の独特の企業風土を持っており、そこへ外部の人間がやってきて、突然あれが悪いこれが悪いと言ったところで、何を言っているんだということになるだけです。できない理由はいくらでも並べ立てられます。そこで、最初に行ったのは経営幹部35人全員を集めての集中合宿です。深夜にも及ぶ2日間の白熱した議論の結果は数十枚の模造紙に整理され、発表されました。宿の発表は素晴らしい内容で、事実その後の中期経営計画の土台になりました。しかし、もっと大事な成果は議論のプロセスの中にあったのです。腹を割った大議論を通じ、自らの古い体質への気付きや反省が生まれ、確信となり、全員に共有されました。そうなると新しい集団規範が生まれ、変化への行動が起こります。合宿を終えた後、全員が晴れ晴れとした実にいい顔をしていました。翌週から経営会議の雰囲気がガラリと変わりました。


川上量生

うちのエンジニアチームが崩壊したことがありました。マネジメントをきちんとやっていなかったから、人がどんどん辞めてしまったんです。それでニコ動のサービスをつくっていた現場の人たちから、「メンテナンスだけで手一杯。向こう2年は新サービスをつくれない」と悲鳴が上がった。2年間も新サービスを出せなければ、ニコ動は終わってしまう。何か延命させる方法はないかと試しにイベント(ニコニコ超会議)をやってみたら、これがうまくいった。


堀義人

当時ビルゲイツは30代前半くらいで、すでに世界一の大金持ちになっていたんです。そこで自分と彼を比較するわけですよ。彼はなぜ世界一の大金持ちになれたのか、また若造じゃないかと。自分がいる現実と、彼が成功している現実とのギャップを考えて、何が違うのかということをずっと見ていたんです。【覚書|ハーバード大学留学中にビル・ゲイツの講演会に参加した時を振り返った発言】


笹氣健治

仕事と自分を一致させないことが非常に大切です。「他人は私を喜ばせるために生きているのではない」と、ことあるごとに3回唱えます。アポイントの電話を断られたりすると、まるで自分が否定されたように感じますが、そもそも相手は自分を喜ばせるために存在しているのではないと気づけば、傷つく必要はありません。


土川健之

本当はこれがやりたいけれど上が何か言うから、周りが何か言うからやらないというのは、自分に嘘をついているわけです。自分に嘘をつくのをやめて、自分がやりたいことをやりたいようにやる。すべて自己責任でやるようにすれば、結果はすべて自分の糧になりますから、アンラッキーということ自体が存在しなくなるのです。


野田亨

英会話学校や西友などの経営に携わってきました。その中で分かったのは、自分の意見を持ちつつ現場の人の意見を聞くことの重要性でした。


松方弘樹

当たり前の努力を自力でやったヤツの周りには、生き様に見合ったいい仲間が何人か現れる。困ったときは手を差し伸べてくれて、ときにはキツいことも言ってくれるような。


荻原博子

会社がサラリーマンを使い捨ての歯車としか思っていないのなら、サラリーマンの方も会社に忠誠心など持たず、腰掛だと割り切ることです。あるいは、給料をもらいながらスキルを磨いたり知識を習得したりする場所なのだと思って働く。とくに、その会社だけでなくどこへ行っても通用する技術を身につけることです。


三谷幸喜

なにかを決める時、一種の賭けに出るのは必要なこと。


小林一雅(小林製薬)

「本業とのシナジー(相乗効果)があるか」。買収の際によく聞く言葉です。もちろん、本業との相乗効果が大事です。ただ、それだけをモノサシにして買収相手を決めてはいけません。事業や企業を売る、買う。その目的は、売上や利益を単純に足すのでは意味がありません。強みを生かして事業を磨き、どれだけ成長させていけるかが醍醐味です。そのためには、トップが会社の未来を長い視点で見て針路を決める覚悟が必要不可欠です。


張琴

研修をうまく活用すれば、企業が直面している課題が何なのかを、トップから一般社員まで全社員で共有し、さらに解決のための考え方や姿勢、知識や情報、技術などを、すみやかに組織全体に行き渡らせることが可能になります。