名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

アンドレア・ボチェッリの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アンドレア・ボチェッリのプロフィール

アンドレア・ボチェッリ。イタリアのテノール歌手。6歳からピアノを始めるも、12歳時の事故で失明してしまう。その後努力の末、法学博士号を取得し弁護士として活躍。幼少時の歌手になる夢を忘れられず36歳でデビュー。3枚目に発売したベストアルバム「VIAGGIO ITALIANO」がヨーロッパ中で大ヒットとなる。イタリアを代表するテノール歌手となった。

アンドレア・ボチェッリの名言 一覧

人生で大切なことは意志を持つことだ。


アンドレア・ボチェッリの経歴・略歴

アンドレア・ボチェッリ。イタリアのテノール歌手。6歳からピアノを始めるも、12歳時の事故で失明してしまう。その後努力の末、法学博士号を取得し弁護士として活躍。幼少時の歌手になる夢を忘れられず36歳でデビュー。3枚目に発売したベストアルバム「VIAGGIO ITALIANO」がヨーロッパ中で大ヒットとなる。イタリアを代表するテノール歌手となった。

他の記事も読んでみる

奥義光

確かに東京も人口減少に転じる。それでも東京の魅力的な場所を発信することで、一人あたりの乗車回数を増やせば、まだまだ成長の余地は大きい。


濱田純一

グローバル化に対応し、多様性を生む新たな教育を確立すること。それが教育改革の本質です。大学で知識を開発する手法が変われば、社会に大きな影響を及ぼします。そのため、大学改革は東大だけではなく、社会全体で考える問題です。秋入学は、その第一歩。だから諦めませんし、嫌がられても耳の痛い話をし続けるつもりです。


清水克彦(報道キャスター)

上司はダテに上司をやっているわけではなく、何か実績があるからこそ今の職位にいると考えるべきだ。より大きな仕事を任され、成果を出したいと考えるなら、どんな上司だろうと、冷たくしていいことは何一つない。


北城恪太郎

社長に就任し、すぐに直面した課題は「撤退」でした。大型コンピュータなど主にハードウェアを売る会社から、コンピュータを動かすシステムの提案などソフトウェア、サービスを中心とした会社への事業構造を抜本的に変えるために、いくつかの事業から撤退することを決めました。撤退は負の異動なども伴う一番難しい決断なのですが、「自分は全力を尽くして最善の決断をした。その先は神様が用意されている」と思えたことで、心の平安が守られました。


小林昌裕

副業といっても様々です。もちろん、自分がやりたいものをやればいいと思います。私がお勧めするのが「どんな副業をするにせよ、まずは不動産投資から始める」というモデルなのです。「最初の副業」として不動産投資が最適な理由はいくつかありますが、一つはその安全性。「不動産」は国家が認めている資産です。たとえば株式は素晴らしい投資手段ですし、私自身も実践しておりますが、購入した会社が上場廃止になれば、価値はゼロになってしまいます。けれども不動産は、建物は築年数により価値が目減りしますが、土地の価格がゼロになることはまずありません。もう一つは利回りの高さです。家賃収入から経費などを差し引いて、実際に手元に残る利益を指す「ネット利回り」は、うまくやれば都心で4~8%、地方なら8~11%は狙えます。現在、国際的な基準とされている米国債の金利が2~3%ですから、いかに高い利回りかがわかると思います。


新井平伊

最近、一番多いのがうつ病による物忘れです。うつ病は仮性認知症ともいわれ、認知症と似た症状を示します。うつ病が原因で思考の流れが遅くなり、思い出せない、うまくまとまらない、判断が鈍る、というようなことがたび重なると認知症と似たような状態に陥るわけです。


神岡真司

意図的に対応を変えて繰り返せば、人格や気質は後天的に変えることができる。


三枝匡

当社には「がらがらポン」という制度があります。2年に1度、自分で手を上げて行きたい職場に異動する制度です。もちろん、受け入れ先のリーダーが取ってくれる場合ですが、第4希望まで受け付け、面接を行い決定します。最終的には全体の2割程度が異動します。


小川仁志

理性だけに頼らず感性を研ぎ澄ませていると、言葉を介してメッセージを受けなくても相手の行動から様々な情報を読み取れます。特に共同作業をするとき、スムーズに物事を進めることができる。


徳重徹

私が心がけている習慣、それは「常に次のアクションにつなげる」ことです。たとえば、ある国の市場をリサーチしたとして、それを報告書にまとめただけでは、次の行動につながりません。大事なのはそのリサーチをもとに、「次、どうするか」です。


田原総一朗

僕はサラリーマンの給料というのは、「我慢料」ではないかと思っているんですよ。やりたくもない仕事をやっている対価として、給料をもらっている。もちろん、なかには好きな仕事を楽しくやっていて、そのうえ給料までもらっているという人もいるだろうけど、それはごく少数。その状況は、昔もいまも、基本的には変わっていないと思うんですね。


土川健之

私の経験で言えば、仕事をやらされるよりも、自分がやりたいと思うことを仕事にしてしまったほうが楽です。なぜなら、自分に嘘をつかずに仕事をしている時、人間は非常に大きな力を発揮できるからです。