名言DB

9413 人 / 110706 名言

アンドレア・ボチェッリの名言

twitter Facebook はてブ

アンドレア・ボチェッリのプロフィール

アンドレア・ボチェッリ。イタリアのテノール歌手。6歳からピアノを始めるも、12歳時の事故で失明してしまう。その後努力の末、法学博士号を取得し弁護士として活躍。幼少時の歌手になる夢を忘れられず36歳でデビュー。3枚目に発売したベストアルバム「VIAGGIO ITALIANO」がヨーロッパ中で大ヒットとなる。イタリアを代表するテノール歌手となった。

アンドレア・ボチェッリの名言 一覧

人生で大切なことは意志を持つことだ。


アンドレア・ボチェッリの経歴・略歴

アンドレア・ボチェッリ。イタリアのテノール歌手。6歳からピアノを始めるも、12歳時の事故で失明してしまう。その後努力の末、法学博士号を取得し弁護士として活躍。幼少時の歌手になる夢を忘れられず36歳でデビュー。3枚目に発売したベストアルバム「VIAGGIO ITALIANO」がヨーロッパ中で大ヒットとなる。イタリアを代表するテノール歌手となった。

他の記事も読んでみる

磯崎功典

「皆さんは会社が潰れないという前提で働いていませんか。会社は潰れるものです。形があるものだから」と対話集会では話しています。イーストマン・コダック、ゼネラル・モーターズ、日本航空など、かっての優良企業が現実に破綻しました。バドワイザーで知られるアンハイザー・ブッシュにしてもインベブに買収されて、いまはありません。


木村清

考えたらすぐに始めないと商売ではない。寿司ネタと同様に、アイデアにも鮮度がある。


三宅占二

経済全体の成長の中で、過去の成功体験を引き継げば、社員も会社も成長できる時代はとうに終わっています。現在は高度な専門性を持ち、自分に合った専門性ののばし方を、会社から与えられるのではなく、自分で勉強する気概を持たないといけません。


二宮雅也

内も外も嵐のような環境の中で考えたのは「今、最も重要なことに焦点を合わせる」ということ。最も大事なことは何か。それを考え続けていくと、難題もおのずと解ける。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

人から直接聞く話は加工されていない生きた情報だから、荒削りだけれど新鮮な魅力に満ちあふれている。


目床明彦

マスコミで報じられる様々な健康法は、一時的なブームにはなっても効果はあやふやですぐに廃れてしまいがちです。まずは健康に関する正しい知識を提供しながら、一過性のブームに終わらない本当に良い製品の開発・販売に取り組んでいます。


北島素幸

ガタガタの店を満席にできた原因は、情熱ですよね。「やるんだ」という心で、店ってよくなるんです。


鈴木三郎助(三代目)

人よりほんの少し多くの苦労、人よりほんの少し多くの努力で、その結果は大きく違ってくる。


滝野一征

産業用ロボットは凄まじい重厚長大の世界ですから、我慢もパワーもいりますし、リスクを取らねばなりません。しかし、こうした製造業の泥臭い仕事こそ、現代日本の屋台骨を支えているのです。日本はGDP世界第3位などと豪語していますが、実際にはトヨタを始めとした製造企業が世界中で外貨を稼いでいるから成り立っている。しかし、残念ながらそうした業界には若い人材が行かないのが現状です。だからこそ、まずは私たちが成功して、製造業もカッコいいというところを見せたいと思います。


塩原研治

セイコーの研修センターでは訓練を「やらされている」という印象は全然ありませんでした。それは指導員が素晴らしかったからだと思います。研修センターの先生は、1967年に、スイスの天文台が主催する時計コンクールの「ニューシャテル」において、機械式時計の精度を1日5秒以内どころか0.03秒以内の誤差にまで高めた、当時で間違いなく世界最高の水準に達していた時計職人でした。「後輩が先輩を越えていくのは当然」というのが基本的な姿勢で、つまり先生のやり方を押しつけることがないんです。教えることをしない。「この修理は最初にここから」なんて説明はいっさいありません。修理の順番も方法もこちらが自分で考え、必要な道具についてもそれぞれで改良していくんです。


永守重信

経営者は本来、会社を良くし、成長させるために全力を尽くすべき存在なのだから、健康に留意するのは当然。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

多くのお金持ちも教育については熱心ですが、普通の人と違うのは、意識しているかいないかは別として、子供たちが将来お金に不自由しないように教育をする傾向があることです。そして、そのための投資は惜しみません。


アンジェロ・ボナーティ

不必要に悲観的にならず、あえてリスクをとりながら対策を打っていく。それが企業家というものでしょう。


竹内一郎

私はコミュニケーションの専門家として、化粧品、保険、不動産など、さまざまな分野のセールスのプロに講演をさせていただくことがよくあります。そこでいつも感じることですが、売っている人ほどしゃべらない。ペラペラしゃべるよりも、お客様をしっかり観察して、話を聞いて、何を求めているかを受信することのほうが大事だということを知っているからでしょう。


渡邉英二

仲間を信じ、自分を信じて仕事をしてきたことが本当に大きな力の源になった。