アンドレア・ボチェッリの名言

アンドレア・ボチェッリのプロフィール

アンドレア・ボチェッリ。イタリアのテノール歌手。6歳からピアノを始めるも、12歳時の事故で失明してしまう。その後努力の末、法学博士号を取得し弁護士として活躍。幼少時の歌手になる夢を忘れられず36歳でデビュー。3枚目に発売したベストアルバム「VIAGGIO ITALIANO」がヨーロッパ中で大ヒットとなる。イタリアを代表するテノール歌手となった。

アンドレア・ボチェッリの名言 一覧

人生で大切なことは意志を持つことだ。


アンドレア・ボチェッリの経歴・略歴

アンドレア・ボチェッリ。イタリアのテノール歌手。6歳からピアノを始めるも、12歳時の事故で失明してしまう。その後努力の末、法学博士号を取得し弁護士として活躍。幼少時の歌手になる夢を忘れられず36歳でデビュー。3枚目に発売したベストアルバム「VIAGGIO ITALIANO」がヨーロッパ中で大ヒットとなる。イタリアを代表するテノール歌手となった。

他の記事も読んでみる

白洲次郎

国際感覚を国民に持たせるという問題だが、日本は北欧の人みたいに、地理的の条件に恵まれてないから、これを養成するにはやはり勉強するよりほかにしょうがない。意識的に、日本というものは、世界の国の一国であるということを考えるように教育することだ。昔の教育勅語のようにそれをしつこく頭に入れることだ。そういう方法で、ある程度出来る。


邱永漢

よく稼ぐ人でもほとんどの人がお金を半製品で終わらせてしまいます。私に言わせると、お金は使って初めて完成品になるのに、大抵の人が親子二代でこれをやるのです。僕は一代で完成品にしようと主張してきました。


知識賢治

一番大事なのは、相手の良いところから先に話すこと。たとえば「君はやっぱりこういうところが優れていると思う。だけど、実はこういうところは課題だと思っている」と言う。この順番を間違えると、感情的に受け入れてもらえないケースが多い。


大川隆法

会社が一定以上の大きさになったならば、「怖さ」というか、「恐ろしさ」を感じなくてはいけない。「はたして自分の能力がついていけるかどうか」ということに対する怖さを感じ始めたら、経営者としては本物。


山田昭男

世の中には、「適任者がいない」「人材が足りない」などと嘆く経営者がいると聞くが、よく周りを見てほしい。目の前にいるじゃないか。猿ならいざ知らず、人間なら自らの立場に応じて仕事ができる。一度そう信じて会社の人事を手掛けてみたらどうだろうか。


柳弘之

私自身も海外経験が長く、日本的な「あうんの呼吸」が通用しない職場で、外国人の部下に自分の考えをどう説明するか知恵を絞ってきました。例えば、フランス現地法人の社長時代には、個人主義の意識が強い現地社員にチームワークの大切さを説明するために、サッカーを引き合いに出しました。サッカーで得点を求められるフォワードは、会社の営業チームや生産現場に当たります。だから、彼らには実績を上げるように求めました。また、サッカーでフォワードにいいパスを出すのが中盤の選手ですが、会社では生産管理担当者や技術者がその役割を担います。そして、財務・法務部門などはディフェンダーで、会社の守りをしっかり固めてくれと説明しました。


藤岡頼光

万遍なく英語力を身につけようとすれば、時間が足りないと思います。しかし、40代には、これまでに培ったキャリアと専門性があります。仕事で求められるのは、その専門分野で英語を使うことでしょう。自分に必要な英語だけを集中的に学習すれば、短期間で習得することができます。


佐藤章(経営者)

若いころから反骨精神が強く、営業現場でゴリラとかブルドーザーとか呼ばれていたが、これからも常にフロントライン(最前線)にいるつもりだ。


アルバート・アインシュタイン

人は海のようなものである。あるときは穏やかで友好的。あるときはしけて、悪意に満ちている。ここで知っておかなければならないのは、人間もほとんどが水で構成されているということです。


杉野正

僕みたいに、黒船のようにやってきて、いままでのやり方を根底から変えるためには結果を出すしかありません。結果を出せば、社員も認めざるを得なくなります。好かれるかどうかは別にして、認めざるを得ないところまで結果を出せば、社員たちも僕に従わざるを得なくなります。


デビッド・テイラー(経営者)

イノベーション、ブランド力、市場戦略という3つの点で見て、我々の強みを十分に生かせないカテゴリーはそぎ落とし(撤退し)ました。まずはイノベーションが成功すれば、そのカテゴリーの市場自体が伸びるかどうか。2つ目は、ブランドが消費者に信頼されているかどうか。3つ目は、特別な販路ではなく一般的な販路を生かせるかどうか。専門店など特別な販路が必要なものではなく、P&Gの強みが生きる販路で売れるものであることが重要。


斎藤広達

自分の長所、とがりを鍛え上げるためには、まず自らの強みと弱みを把握しておくことが必要です。そうはいっても、強みと弱みなど、自分ではなかなかわからないものです。そこでお勧めなのが、他人に聞いてみることです。気の置けない親友に聞く、あるいはキャリア・アドバイザーやヘッドハンターといった人材のプロに聞くのも手です。彼らは、ビジネスマンの市場価値を見極めるのが仕事です。実際、できるビジネスマンの多くは、自分の長所・短所を見極めるために、ヘッドハンターと親しく付き合って、定期的に接触しています。プロに聞けば、忌憚のない意見もぶつけてくれるからです。


吉田たかよし

大事なのは上司が自分の脳を部下に押し付けないこと。脳はみんな違うのですから、それを見極めたうえで上手に付き合うのが大原則。職場というのは異脳種交流の場なのです。


トマス・J・スタンリー

アメリカの億万長者のほとんどは、一代で資産を築き上げている。ごくふつうの人が、なぜ一代で億万長者になれたのだろう?世の中のほとんどの人は、たいした資産も持てずに一生を終るのに。この違いはなんだろう?億万長者になるのは、自分の能力に自信を持つ人々だ。


岩田松雄

私は研修で話す際、従業員に「必ずひとつ質問をしろ」と求めていました。そうすれば同じ話でも懸命に聞くからです。ピント外れの質問をすれば恥をかくので、どうすれば的確に相手の意図を捉えられるか考えもするでしょう。意識を変えるだけで、得られる効果は劇的に変わるものです。


ページの先頭へ