名言DB

9419 人 / 110788 名言

アンドルー・グローヴ(アンディ・グローブ)の名言

twitter Facebook はてブ

アンドルー・グローヴ(アンディ・グローブ)のプロフィール

アンドルー・グローヴ。アンドルー・スティーヴン・グローヴ。アンドリュー・グローブ。ハンガリー生まれの経営者。インテルの会長。ハンガリー動乱時に渡米。ニューヨーク市立大学、カリフォルニア大学バークレー校を卒業。その後、半導体メーカーのフェアチャイルドセミコンダクターに就職。インテル創立準備の情報を聞きつけその日のうちに辞表を書きインテルに入り設立者の一人となる。毒舌家としても知られ、ジョージ・ブッシュ・シニア政権の無策ぶりに怒り、当時の行政管理予算局長に「暇でしょうからこれでも練習してください」とバイオリンを送りつけたというエピソードがある

アンドルー・グローヴ(アンディ・グローブ)の名言 一覧

シリコンバレーで成功するのはパラノイア(偏執狂)だけだ。


悪い知らせであるほど、それを伝えるには努力が必要だ。
【覚書き|1994年に発生したペンティアム不良品出荷事件のときの発言。新製品に欠陥が見つかるも、社員が見てみぬふりをし出荷をしてしまい大クレームが発生した。当時CEOだったグローブは迅速に全品リコールを発表した】


アンドルー・グローヴ(アンディ・グローブ)の経歴・略歴

アンドルー・グローヴ。アンドルー・スティーヴン・グローヴ。アンドリュー・グローブ。ハンガリー生まれの経営者。インテルの会長。ハンガリー動乱時に渡米。ニューヨーク市立大学、カリフォルニア大学バークレー校を卒業。その後、半導体メーカーのフェアチャイルドセミコンダクターに就職。インテル創立準備の情報を聞きつけその日のうちに辞表を書きインテルに入り設立者の一人となる。毒舌家としても知られ、ジョージ・ブッシュ・シニア政権の無策ぶりに怒り、当時の行政管理予算局長に「暇でしょうからこれでも練習してください」とバイオリンを送りつけたというエピソードがある

他の記事も読んでみる

矢野博丈

会社を大きくしたいとか、店をたくさん出したい、事業を大きくしたいと思ったことはありません。


錣山矩幸(元関脇・寺尾)

部屋は若い衆がいるからこそ成り立つもの。大切な彼らがそれぞれ持っている資質を伸ばせるように見ています。


森本千賀子

会社に出勤する前に、前日の仕事をチェックして、そこで自分のやるべき仕事とアシスタントに任せる仕事を振り分けたり、その日に自分がやらなければならない「TODO」をリストアップしたりしています。それをするのとしないのとでは、1日の仕事の効率がまったく違ってきます。


宮崎富夫(宮﨑富夫)

私や女将が率先してシステムを使い、スタッフが積極的に使えるような雰囲気を意識的に作る努力をしました。見積書の承認や発注・修理依頼など各種書類の決裁を社内チャットでしか受け付けないような運用に変えたほか、会社の経営方針などを紙で配付するようなこともやめました。とくに一番効いたのは勤怠管理ですね。これをしなければお金がもらえないわけですから、高齢者でも一生懸命やり方を覚えます。


林文子

いま100年に一度といわれる不況だからこそ、既成概念を捨てて知恵を絞って、お客様が何を必要としているかをとことん考える機会にするといいでしょう。


大田弘子

変化の中で企業が伸びる社会にするためには、不要な規制をなくし、消費者の選択肢が広がることが必要。規制で栄えた産業はない。


遠藤健(経営者)

損害保険会社がなぜ介護事業をやるのかと、よく言われます。でも、施設の整備のような場面では、資本力を生かすことができるし、IT活用など仕事の効率を上げるノウハウも使えます。独立系の多い従来の介護会社とは異なる力を持ち込めると思っています。


細谷功

知らず知らずのうちに視野が狭くなっていることは多いもの。そんなときは、「他人に気づかせてもらう」のが一番。周りの人に積極的にアドバイスを求めましょう。より広い視点を得るには、自分は何も知らないという謙虚な姿勢、いわゆる無知の知を持って問題と向き合うのが第一歩だからです。


ひろゆき(西村博之)

インターネット上のサービスは、技術を多少勉強して作り上げるか、サービスそのものを買い取ることで、運営が可能になります。その運営するサービスをどのようなものにするか、というセンスが成功の秘訣だと考えられます。


菅下清廣

「投資にいくら使うか」を決めること。投資を始めるにはタネ銭が必要ですが、生活費を確保したうえで始めるのが鉄則です。間違っても、なけなしの預金をパーにするわけにはいきません。生活費として、年収の1~2年分くらいの貯蓄があるのが理想ですが、ない場合でも、失敗しても致命傷にならない範囲に投資額を収めてください。たとえば夫婦で相談して、ボーナスの半分なら半分と、きっちり決めて臨みましょう。