名言DB

9413 人 / 110706 名言

アンドリュー・リバリス(アンドルー・リバリス)の名言

twitter Facebook はてブ

アンドリュー・リバリス(アンドルー・リバリス)のプロフィール

アンドリュー・リバリス(アンドルー・リバリス)。経営者。オーストラリア人経営者。「米ダウ・ケミカル」会長兼CEO(最高経営責任者)。オーストラリア・ダーウィン出身。クイーンズランド大学卒業後、ダウ・オーストラリアに入社。ダウ・ケミカル・パシフィック社長、ダウ米国本社副社長、などを経て米国本社社長に就任。

アンドリュー・リバリス(アンドルー・リバリス)の名言 一覧

重要なのは企業の文化、風土を変えるということ。


CEO(最高経営責任者)は楽観的でなければ続かない。


私がCEOに就任した当時、我々には、ポートフォリオを変えて生き残るしか選択肢がありませんでした。あるいは、死を待つかです。


新しいことを学ぶ機会になるので、オープンに、外部から異なる視点を取り入れることは重要。


オープンな形で、株主も含めて、あらゆる人たちの声を聞かなければならない。


何かの意思決定をする時には株主の声にも耳を傾ける必要がある。株式会社のお金はもともと株主のものなので、株主の権利を守るのは経営陣の役割の一つでもあります。


私は長年にわたりCEOを務めていますが、3年前の私とも、5年前や8年前、10年前の自分自身とも全く違います。常に自分の姿を作り直していますし、今もその最中です。CEOとして、いつも新しいことを学ぼうとしています。


CEOは勇敢でなければならないし、レジリアンス(耐久性)も必要です。議論を重ねた後、最後に決断を下すのはCEOですし、命をかけて意思決定をする必要がある。


私は「ペースを設定する」ことを自分の仕事にした。それによって、他の人たちのやる気を引き出す。とても単純なルールがあるんですよ。私に会う時に、問題点だけを提起して解決策を持ってこない従業員がいたならば、その人にはもう、二度と会うことはない。もう一つのルールは会議をできる限り、短くすることです。行動せずにしゃべりすぎる人が多いですから。個別の打ち合わせなら15分。週1回のチームミーティングであっても、長くて1時間までです。ペースを決めることはとても大切です。


前から、我々には規模という強みがありました。巨大企業なのでリソースはふんだんにある。でも、図体が大きいがゆえに動きが遅いという弱みも抱えていました。中小企業のように素早く動くことができなかった。だから、規模を活用しながらいかに速く動くかということを、ダウは様々な変革を進めながら学んできました。


地政学的な要因しかり、為替しかり、今の世の中は変動要因が多い。しかも、変動する幅も大きい。収益性はもはや一つの要因だけに影響を受けるわけではありません。例えば5つの事業を持っているとして、原油価格が低い時は3つの収益性が良くなり、2つは悪くなるかもしれない。原油が高くなれば影響の受け方は変わります。だからこそ、リスクを回避するために、多様なポートフォリオが必要なのです。


8年前と比べると、ダウはもう、別の会社になっています。新しい技術を使って原油価格に依存しない製品を生み出してきたからです。この8年の間に、原油の価格動向にあまり左右されない製品ポートフォリオに作り替えてきた。


アンドリュー・リバリス(アンドルー・リバリス)の経歴・略歴

アンドリュー・リバリス(アンドルー・リバリス)。経営者。オーストラリア人経営者。「米ダウ・ケミカル」会長兼CEO(最高経営責任者)。オーストラリア・ダーウィン出身。クイーンズランド大学卒業後、ダウ・オーストラリアに入社。ダウ・ケミカル・パシフィック社長、ダウ米国本社副社長、などを経て米国本社社長に就任。

他の記事も読んでみる

小田豊(経営者)

無理に会社を大きくしてしまうと、今度はおかしくなった時に会社が潰れるという怖さがつきまといます。手を広げすぎると、品質を管理するのも難しくなります。ですから店舗や商品の数をむやみに増やそうとは思っていません。


御手洗冨士夫

成長しなければ雇用も生み出せませんし、賃金を上げることもできません。また配当をすることも、社会貢献をしていくこともできません。従って、いかなる条件の中でも、企業は成長を求めるしかないのです。


山田淳

成長とは、いまの自分の否定から始まります。「現状から何ができるか」を考えるのではなく、「いま何をしなければならないか」を考えるのです。


深町秋生

私はろくに古典とか読んでいないんですけど、それでもシェイクスピアの悲劇が好きで、常にそうした人間の葛藤を描きたいと思っているんです。己の、欲望のままに突き進むか、それとも法律や掟を守って生きるか、そういう話に惹かれる。


法華津寛

計画は練りますが、計画そのものにはこだわりません。経過を見ながら、予定通り進まなかったり、あるいは予定よりも早く上達した場合には、その都度、計画や目標を修正します。


大木優紀

バラエティ番組「くりぃむナントカ」にアシスタントとして出演させていただいたこと。これは、私にとって、ものすごく大きな転機になりました。肩の力を抜いて、仕事を楽しんでいるからこそ、良い仕事ができる。私はまだまだですが、その大切さを、この番組を通じて教えていただいた気がします。


北川邦弘

目標やビジョンがあるかどうかがポイント。目指すべき目標があれば、我慢もできるし、対策も取れる。その意味でも、資産運用はまず、自らの将来像をできるだけ具体的に想像することから始めてほしい。


入山章栄

私は、社会人としての成人は30歳くらいだと思っています。20代は全力で働いて自分の能力を開発し、30歳あたりで自分の進む道を見極め、次のフィールドに身を移せばいい。


富野由悠季

新しい才能は、年寄りの博学者からは生まれていない。


山本忠人

これまでも当然、お客様を訪問していましたが、工場や事務所の片隅にある複写機だけに関心を払っていました。お客様が最も解決したいと思っている経営課題にまでは目が向いていなかったのです。例えば「図面」です。従来はいかに美しく複写し、出力するかだけを考えていました。しかし、お客様が海外に新しい工場を建てるとき、気にするのはその図面をいかにセキュリティを担保した上で電子配信するか、商品作りの中で活用するかです。そうした課題を解決するというビジネスがそこにはある。そうした期待に応えようと考えたのです。


小泉文明

「とりあえず、全員参加で開かれた会議」は、全く意味がない。情報共有のためだけに時間をかけ、何も発言せずにただ参加しているだけの出席者が多い会議はムダ。大事なのは活発な議論です。当社は、参加者が10人以上で情報共有が前提になっている会議を廃止しました。様々な意見を徹底的に戦わせているかどうかがポイントで、経営会議も激しい言い合いです。外から見たら、ケンカしているように思われるかもしれません。でも議論を尽くしますから、会議室を出た瞬間に合意内容の実現に向かって全員が手を取り合っていける。「あの意思決定、実は納得してなくてさ……」といった不満を漏らすメンバーはいない。


横田雅俊

顧客との関係性を築こうとすれば、数カ月で結果が出るものではない。すぐに結果につながらなくても、粘り強くアプローチを続けていく。それが好成績につながる。


橘玲

突出した何かを持っている人は出世ラインから外れても、周囲から一目置かれる存在になり、自分のペースで仕事ができる。これも組織の中で生き残る一つの方法。


岡崎富夢

新しい釣り堀に来て、これまでの釣り方でうまくいかないからやめるという筋はない。


堀場厚

今、グループ従業員数は約5500名。そのうちの約6割、3000人が外国人です。私たちは決して、安価な労働力を求めて海外進出したのではなく、海外の優秀な人財を求めて進出していった結果がこのようになっているのです。