名言DB

9412 人 / 110637 名言

アンドリュー・リバリス(アンドルー・リバリス)の名言

twitter Facebook はてブ

アンドリュー・リバリス(アンドルー・リバリス)のプロフィール

アンドリュー・リバリス(アンドルー・リバリス)。経営者。オーストラリア人経営者。「米ダウ・ケミカル」会長兼CEO(最高経営責任者)。オーストラリア・ダーウィン出身。クイーンズランド大学卒業後、ダウ・オーストラリアに入社。ダウ・ケミカル・パシフィック社長、ダウ米国本社副社長、などを経て米国本社社長に就任。

アンドリュー・リバリス(アンドルー・リバリス)の名言 一覧

重要なのは企業の文化、風土を変えるということ。


CEO(最高経営責任者)は楽観的でなければ続かない。


私がCEOに就任した当時、我々には、ポートフォリオを変えて生き残るしか選択肢がありませんでした。あるいは、死を待つかです。


新しいことを学ぶ機会になるので、オープンに、外部から異なる視点を取り入れることは重要。


オープンな形で、株主も含めて、あらゆる人たちの声を聞かなければならない。


何かの意思決定をする時には株主の声にも耳を傾ける必要がある。株式会社のお金はもともと株主のものなので、株主の権利を守るのは経営陣の役割の一つでもあります。


私は長年にわたりCEOを務めていますが、3年前の私とも、5年前や8年前、10年前の自分自身とも全く違います。常に自分の姿を作り直していますし、今もその最中です。CEOとして、いつも新しいことを学ぼうとしています。


CEOは勇敢でなければならないし、レジリアンス(耐久性)も必要です。議論を重ねた後、最後に決断を下すのはCEOですし、命をかけて意思決定をする必要がある。


私は「ペースを設定する」ことを自分の仕事にした。それによって、他の人たちのやる気を引き出す。とても単純なルールがあるんですよ。私に会う時に、問題点だけを提起して解決策を持ってこない従業員がいたならば、その人にはもう、二度と会うことはない。もう一つのルールは会議をできる限り、短くすることです。行動せずにしゃべりすぎる人が多いですから。個別の打ち合わせなら15分。週1回のチームミーティングであっても、長くて1時間までです。ペースを決めることはとても大切です。


前から、我々には規模という強みがありました。巨大企業なのでリソースはふんだんにある。でも、図体が大きいがゆえに動きが遅いという弱みも抱えていました。中小企業のように素早く動くことができなかった。だから、規模を活用しながらいかに速く動くかということを、ダウは様々な変革を進めながら学んできました。


地政学的な要因しかり、為替しかり、今の世の中は変動要因が多い。しかも、変動する幅も大きい。収益性はもはや一つの要因だけに影響を受けるわけではありません。例えば5つの事業を持っているとして、原油価格が低い時は3つの収益性が良くなり、2つは悪くなるかもしれない。原油が高くなれば影響の受け方は変わります。だからこそ、リスクを回避するために、多様なポートフォリオが必要なのです。


8年前と比べると、ダウはもう、別の会社になっています。新しい技術を使って原油価格に依存しない製品を生み出してきたからです。この8年の間に、原油の価格動向にあまり左右されない製品ポートフォリオに作り替えてきた。


アンドリュー・リバリス(アンドルー・リバリス)の経歴・略歴

アンドリュー・リバリス(アンドルー・リバリス)。経営者。オーストラリア人経営者。「米ダウ・ケミカル」会長兼CEO(最高経営責任者)。オーストラリア・ダーウィン出身。クイーンズランド大学卒業後、ダウ・オーストラリアに入社。ダウ・ケミカル・パシフィック社長、ダウ米国本社副社長、などを経て米国本社社長に就任。

他の記事も読んでみる

森功(医師)

診断過誤の背景には、自分のわかる範囲で病名を決めてしまったり、自分がわからないことを隠して病名をつけてしまう「決めつけ診断」があります。医師としての知識・技術の未熟さと独善性が背後に潜んでいるわけです。過誤があったと鑑定したケースの9割以上について、こうした問題点が認められました。


米山公啓

10代や20代の若い頃は脳が進化し続けるけれども、年齢を重ねると脳は進化しなくなる、と一般的には思われているようですが、医学的には正しくありません。脳は年齢に関係なく進化し続けるというのが、今の脳科学の考え方です。もちろん、子供の脳のほうが大きく変化するのは間違いありません。歳を取ると脳細胞が減り、変化しづらくなるというのも事実です。しかし、死ぬまで脳は変わり続けます。


太田垣士郎

四分の危険があっても、六分の可能性があれば私はやる。


吉田松陰

学 ゆるむべからず、一日をゆるめば、まさに大機を失せん。


山上徹

おもてなしの心に基づく営業は、これまでホスピタリティがあまり重要視されてこなかった業界でも効果を上げている。あるガス会社では、家庭用LPガスを設置する男性スタッフにマナー教育を実施。結果、家庭の台所で応対する主婦層に「礼儀正しい」と好感をもって迎えられるようになり、ガス器具など付随する商品の販売額を大幅に伸ばした。同様のマナー教育は大手宅配事業者でも行われており、ドライバーの応対の好感度が、ライバル企業に差をつけるポイントになっている。


三津田信三

幽霊の外見は、あまり詳しく書きこまないようにしています。まだ誰も見たことのないビジュアルを思いついたのならいいけど、そうでない場合、大抵は描写すればするほど怖くなくなる。さらっと描くくらいがちょうどいい。拙作のホラーで影のような幽霊がよく出るのは、そのせいです。


横田雅俊

営業の現場では「売りたい」と思っている人は意外なほど少ない。もちろんノルマが達成できるくらいは売りたいと思っているが、「一番になりたい」「ダントツの成績をあげたい」と念じているような人はほとんどいない。最近は、一番になることよりも趣味の方が大事だと公言する営業マンも少なくない。そういう人たちを、一番になりたいと思うように開眼させていくのが何よりも大切だといっていい。


俣野成敏

空腹時こそ最大のパワーが出るタイミングです。肉食動物は空腹時に狩りをし、満腹のときは寝転がっていますね。人間も同じで、空腹状態でこそバリバリ働き、満腹時は休んで消化に集中するのが自然なあり方なのです。


村口和孝

技術が商品にまでならない、という大きなリスクが存在することを忘れてはならない。技術が商品化されるためには、安いコストで商品を生産できる時代の状況が整う必要がある。


レイ・クロック

職権は仕事とともにあるべきだ。たしかに間違った決断もおかしてしまうだろうが、それが人々を企業とともに成長させる唯一の方法なのだ。抑え付けようとすれば、息が詰まってしまい、良い人材は他へ流れていくだろう。


齋藤孝(教育学者)

タイトルは、文章を書いたあとに改めて付け直したほうがいいでしょう。文章を書いていくと、内容が広がりすぎて、当初の目的から外れた要素が入り込むことがあります。それを削ぎ落してシャープな文章にするためには、タイトルとなるような問いをもう一度立て直す必要があります。文章の目的が明確になれば、不要な部分をカットしたり、構成を直すこともできます。


高汐巴

タカラジェンヌになった後も、1つの舞台を作り上げるためには稽古が不可欠です。ダンスができないと、全員の前でひとりで踊らされるようなこともありました。悔しいと思うことで、さらに勉強するんです。泣いて済まされるような場所ではありませんでしたし、あの時に強靱な精神力が身に付きました。


佐川隼人

私どもが目指しているのは、お客様の「ストックビジネス化の支援」です。例えば、ネットでパンを販売している事業者さんの場合、売れ残りが出ると、パンは腐ってしまいます。でも、毎週買って下さる固定客が100人いたら、100個つくれば100個必ず売れていきます。そうなれば、廃棄が減り、利益率も上がり、安定して継続的な収益を得ることができます。購入する側にとっても、その都度注文しなくても、定期的に商品を届けてくれるので便利だし、割安で購入できるからお得になります。つまり、定期購入は、売り手、買い手、双方がメリットを得られる素晴らしい仕組みなのです。


安藤広大

本当の「良い社長」「良い上司」とは、今従業員に良いと思われるのではなく、自分や会社の成長を実感した未来に感謝される社長、上司。


岡本行夫

まず、コンサルタントになろうと思ったんですが、私が入り込むスペースは日本のビジネス界にはないとすぐに分かりました。日本には商社や銀行など、ビジネスのプロジェクトにつなげるために情報をダダで提供する大組織があり、競争しても勝てない。だから僕は、主に国際情勢分析とビジネス情報を提供する小さなシンクタンクに衣替えをしていきました。それがいかに売り上げにつながろうと、会費収入だけでやっていくというモデルでやってきました。