名言DB

9429 人 / 110879 名言

アンドリュー・トーンの名言

twitter Facebook はてブ

アンドリュー・トーンのプロフィール

アンドリュー・トーン、アンドリュー・ウィリアム・トーン。「ラッシュジャパン」社長。

アンドリュー・トーンの名言 一覧

商品が良いのは当たり前。それ以外に様々な価値観を取り入れて、どんな人にでも「ここが好き」と言えるような商品を作っています。


化粧品はパッケージや広告にお金をかけますが、一番大切なのは中身。ラッシュはパッケージにはお金をかけません。容器を共通化してコストを抑えるなど、パッケージにはお金をかけず、宣伝や広告も行わない。


アンドリュー・トーンの経歴・略歴

アンドリュー・トーン、アンドリュー・ウィリアム・トーン。「ラッシュジャパン」社長。

他の記事も読んでみる

横山信弘

本当に必要な会議とは、PDCAサイクルの「A」、つまり改善について話し合うことです。計画(P)に対して社員それぞれが実行した仕事(D)を、資料を通じて検証(C)してから、具体的にどう改善すべきか(A)を議論することが本来の目的なのです。そのためには、まず会議の目的を一つに絞ること。その目的を果たすことだけに集中し、他は議論しません。出席者も議題に関係ある人だけに絞り込みます。中身のある議論をしたいなら、人数は5人が限度でしょう。また、資料は前日までに配付し、考えをまとめてもらったうえで会議に臨みます。すると会議における時間を短縮できるだけでなく、本当に議論すべき議題に集中することができるのです。


佐藤義雄

本格的に育成に力を入れ始めてから、営業職員の定着率は飛躍的に向上しています。


長島徹

モノづくりやサービスづくりの基盤はカメがつくりますが、時間を買うためにウサギにもお世話になります。技術革新はときにウサギのようにジャンプします。それを追いかけると非常に時間がかかるのなら、小さなベンチャーの買収のようなM&Aやアライアンス(提携)の手を打つ必要があるでしょう。でも、基本はカメです。


松岡修造

プロになったばかりのころ、僕はボレー(ノーバウンドのボールを直接相手のコートに返すショット)が下手でした。でも、とにかく自分で褒めようと思い、ボレーを決めたときは「ナイスボレー、修造!」と叫んでいました。観客は笑っていましたが、人から笑われようが、「アホか」と思われようが、自分にプラスになることなので気にしませんでした。自分で褒めていくうちに、「俺はボレーが上手いんじゃないかな」と自信のようなものが出てきました。やがて成功率が失敗率を上回り、ボレーが上手になりました。


町田勝彦

加速し続ける海外生産にストップをかけなければ、いずれ日本の生産技術は消滅してしまうという危機感が、私の中でだんだん大きくなっていった。日本で育てた最先端の生産技術が海外に流出する懸念だ。中国をはじめアジア各国のハイテク技術がどんどん向上していく中、安易な海外移転を繰り返せば、日本が長年かかってつくりあげてきた生産技術は、彼らに習得されてしまう。そうなれば、製造立国・工業立国日本そのものが危うくなってしまう。


立花陽三

これはアンドリュー・ジョーンズから学んだことです。彼は徹底して勝負にこだわるプロフェッショナルでありながら、失敗してもすぐに切り替え、高いパフォーマンスを維持している。だからこそ私も選手に「へこんでいてもしょうがないぞ」と声をかけるようにしているのです。


栗原典裕

名前を呼ぶということは、その人の存在をはっきりと認めたということです。何度も呼ばれると、こちらに対する親近感がアップするので、積極的に呼ぶようにしましょう。会話の中に自然に取り入れるのがコツです。


池森賢二

文章を上手に書けるようになるには、人の文章を注意深く読むことも大切。


横田英毅

社員が何をやりがいと感じるかを探って、やりがいをおのずと感じられる環境にしていくことが必要です。そこで私は、社員を対象に何度か無記名アンケートをとりました。結果、どうすれば社員はやりがいを感じられるのかが、アンケートの回答からはっきり見えてきました。


山本ケイイチ

運動そのものによる心身の健康がスポーツの効果です。運動を一人ではなく、友人やチーム仲間と行う場合は、別の効果があります。約束事や計画に沿って運動することで、継続性という二次的な効果につながるのです。また、皆で楽しむという行為が、相乗効果も生みます。