名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

アンドリュー・トーンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アンドリュー・トーンのプロフィール

アンドリュー・トーン、アンドリュー・ウィリアム・トーン。「ラッシュジャパン」社長。

アンドリュー・トーンの名言 一覧

商品が良いのは当たり前。それ以外に様々な価値観を取り入れて、どんな人にでも「ここが好き」と言えるような商品を作っています。


化粧品はパッケージや広告にお金をかけますが、一番大切なのは中身。ラッシュはパッケージにはお金をかけません。容器を共通化してコストを抑えるなど、パッケージにはお金をかけず、宣伝や広告も行わない。


アンドリュー・トーンの経歴・略歴

アンドリュー・トーン、アンドリュー・ウィリアム・トーン。「ラッシュジャパン」社長。

他の記事も読んでみる

本庶佑

教科書がすべて正しかったら科学の進歩はないわけで、教科書に書いてあることが間違っていることはたくさんある。人が言っていることや教科書に書いてあることをすべて信じてはいけない。「なぜか」と疑っていくことが大事だと思っている。


本間義広

「赤のれん」の多店舗展開に乗り出しましたが、すぐにスープの問題に直面しました。例えば、1日100人しか来ないようなお店でも、1か月で1トンのスープを使いますから、原料の調達に莫大なお金が必要です。また、スープの仕込みには8時間かかります。修業時代は、11~21時までの営業で、深夜2時に出勤してスープの仕込みを始めていましたから、1日の労働時間は合計20時間。さすがにこれはマズいと思いました。そこで、店と同じスープを工場で作ろうという発想に切り替え、出資会社の協力を得て、研究員達と3年かけて5トンの常圧釜を設計し、工場を作ったのです。最初にスープを提供したのは、経営的に行き詰まっているラーメン店でした。毎日、帰宅時間が遅く朝は早いので、奥さんや子供と話す時間が取れず、いつの間にか自分の仕事を応援されなくなってしまい、自殺まで考えていたそうです。しかし当社のスープを使用したことで仕込み時間が減り、1時間早く家に帰る事ができたことで家族との会話を取り戻し、応援もされるようになりました。


黒鉄ヒロシ

「孤独死は悲惨なものである」「現代人は人間関係が空疎な無縁社会だ」という論調があります。しかし、そもそも死とはひとりで向き合うもので、かつての田舎にも空疎な人間関係はありました。とくに「孤独死」は第三者からの見立てです。言葉の印象が悪いだけで、当人の身に立てば誇り高い死に様といえるのではないでしょうか。それを「かわいそう」などとセンチメンタリズムでくくるのは、生き残った者の傲慢です。


藤原智美

文章が抽象的でよくわからないといわれる人は、まず自分の考えの幹を育てることをすべきです。たとえば読書なら、やたらと乱読するのではなく、自分の読書の傾向にこだわって本を本を読む。そうすることで自分の個性が醸成され、主張のある抽象論を展開できるようになります。


徳岡邦夫

同様の仕事をしていても、グングンと伸びる人とそうでない人がいるのは、ひとつひとつの仕事に対する問題意識に差があるからです。いち早く一人前になりたければ、目の前の仕事に全力で取り組むこと。その積み重ねこそが、人を成長させると思うのです。


唐沢寿明

僕は自分を高くみるプライドは持ちたくありません。じつは、役者の世界でもプライドを振りかざす人がいます。彼らの多くは、努力不足で売れていないのに自己評価が高い。「オレはホントはできる」「自分の演技の良さが客にはわからない」などと言い訳ばかり立派です。なぜオファーが少ないのかの現実を直視せず、ひたすらいい仕事を待っていても来るわけがありません。だって、今の自分に何ができるかを知ろうとせずに、誰が認めてくれますか。


中村邦晴

思いの理解者がそこにいて、人と人がつながっていれば、会社は50年、100年続く。


鈴木喬(経営者)

私は無駄な在庫が大嫌いです。売れない在庫を抱えて、資産に計上しても、財務が表面上、良く見えているだけです。いずれは在庫を処分して損失を計上しなければなりません。


小寺春樹

国内ビジネスはお客様との兼ね合いもあって多極化が難しいのですが、逆に海外では自由にできることが魅力です。


西田一見

憧れの上司や尊敬できる先輩のモノマネをすることも、飛躍的に自分を変えるきっかけになる。身ぶりや口癖、服装を真似することで、脳がその人と同じような状態になり、言動も似てきます。


ニケシュ・アローラ

長期的な成功を勝ち取るためには、やはり次世代の企業家を探さねばならない。


吉田尚記

「えっ!?」という相づちは、相手の話への驚きを表します。自分の話に驚いてくれた人には、もっと話したくなりますよね。これがうまいのが、タモリさんです。ご一緒させていただいた番組でも、ゲストの話に適切に「えっ!? そうなの?」と返し、会話を盛り上げていました。使わない方がいいのは、「なるほど」。相手の話を理解した、というニュアンスは伝わりますが、話を終わらせてしまう働きがあるので、注意してください。