名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アンドリュー・スライウォツキーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アンドリュー・スライウォツキーのプロフィール

アンドリュー・スライウォツキー。経営コンサルタント。ハーバード大学卒業後、ハーバード大学ロースクールとビジネススクールでそれぞれ修士号を取得。マーサー・マネジメント・コンサルティングの副社長を務めた。著書『ザ・プロフィットゾーン 利益はどのようにして生まれるのか』は全米ベストセラーになった。『インダストリー・ウィーク』誌「経営に関する世界の六賢人」に選出された。

アンドリュー・スライウォツキーの名言 一覧

プレッシャーが無ければ結果も出ない。かのチャールズ・ディケンズは、いくつ小説を書いたんだったかな?30篇か40篇か、なかにはかなりの長編もある。だが、代表作といわれているもののほとんどは締め切りまで24時間という切羽詰った状況で書かれたといわれている。彼も我々の多くと同じで、誰かに便りにされているという状況がなければ仕事を完成させることはできなかったんだ。


アンドリュー・スライウォツキーの経歴・略歴

アンドリュー・スライウォツキー。経営コンサルタント。ハーバード大学卒業後、ハーバード大学ロースクールとビジネススクールでそれぞれ修士号を取得。マーサー・マネジメント・コンサルティングの副社長を務めた。著書『ザ・プロフィットゾーン 利益はどのようにして生まれるのか』は全米ベストセラーになった。『インダストリー・ウィーク』誌「経営に関する世界の六賢人」に選出された。

他の記事も読んでみる

藤本やすし

若いスタッフと会話していて、そこから学ぶことも多いですね。


村上憲郎

新しく、よりよいサービスをユーザーに提供していこうという意識のもとに行うことであれば、どんなことでも積極的に取り組んでほしい。20%ルールというのも、そのためにあるのです。実際、「Gmail」や「Googleニュース」なども、この20%ルールの時間から、社員が生み出したものです。
【覚書き|就業時間の20%を好きなテーマの研究に費やしていいというGoogleの20%ルールについて語った言葉】


冨安徳久

誰かのために生きなさい。この世に人として生を受けて生きることは、誰かのために行動を起こし、役立つということです。


木川眞

「ヤマトは我なり」という社訓は、それだけの裏打ちとなる権限を与えていますよと。あなたたちが頑張らないとヤマトは立ち行かないということを逆に言っているわけです。これをずっと現場がやり続けていたというのが宅急便に対する評価だと思っています。


中村信仁

「相手の緊張感をほぐすために、お天気などの雑談から始めたほうがいいのでは」と考える人もいるかもしれませんが、お客様が話を振ってこないかぎり、無理に雑談をする必要はありません。忙しいなかで時間をつくってくださったお客様も多いのですから、本題である「訪問の目的」からズバリと切り込むべきです。


堀内利之

あなたが赦(ゆる)しがたいと思っている人にも感謝すべきです。思い出すだけでも心穏やかでいられないかもしれません。それでも、あなたの敵となり、あなたを迫害した人、その人にも感謝するのです。その人のおかげであなたは自己を反省し、強くなり、優しくなりました。努力して、その人を赦し、感謝することが、その人の魂を向上させる道でもあるのです。


西田一見

「無理だ」「バカ」と横ヤリが入ってしまい、気持ちががっくりとダウン。万一そうなっても、諦めないでください。最後にひとこと、プラスの言葉をつければ、即逆転できるからです。というのは、人間の脳は基本的に「上書き保存」だからです。つまり最後にイメージしたことに最も強く、心が影響されるのです。だから100回「無理だ」と言われたとしても、101回目に「でもね、だからこそ挑戦するのが、楽しいんだよ」と切り替えてしまえば、ぐっと気持ちが前向きになれる。自分の脳を騙せます。


山崎信寿

「最適」は人と状況によって変わる。人目のある中で事務作業をする時は背筋の伸びたいわゆる良い姿勢を取ることが多い。しかし、同じ人でも隔離されたクリエーティブな職場に移れば、何かに没頭したり、考えたりする時、椅子の上で無意識に膝を立てたり、あぐらを組んだりするものだ。だから、椅子も机も体の自由を満たしてほしい。


松岡修造

毎日、同じ仕事を繰り返していると、誰でも「自分はこれでいいのかな?」と不安になり、嫌気がさしてきます。そんなときに気持ちをリセットし、反復していける人は強いと思うのですが、最近はそういう人が少なくなっているようです。


出羽海・9代目(佐田の山晋松)

勝っても驕るな、負けてもひがむな。


小川泰平

何ごとか問題があり、相手に相談したいが言い出せないというとき、往々にして、普段と違うところが態度に表れます。どこかおどおどして目を合わそうとしないとか、特定の話題について無関心を装うなど。人によって様々ですが、何かしらの兆候があるものです。しかし、そこで焦らず、相手が自分のタイミングで話そうとするまで待ちましょう。「どうかしたの?」とか「何か心配事でもあるの?」と、それとなく問いかけてみるのもいいでしょう。相手は「話したい」のですから「この人は自分を気にかけている」と思えれば、いずれは自分から「実は……」と話し出すはずです。このとき気をつけるのは、相手が話そうと思ったまさにそのときに、話を聞いてあげることです。「今は時間がない」「後でゆっくり」などとこちらの都合で間を置くと、相手はまた逡巡してしまいます。タイミングを逃さず捉えることが大事です。


高城剛

昔はひとつのものを追究することが美徳とされてきました。でも、確変(確率変動)モードの世の中では、今日売れていたものが、明日突然売れなくなるリスクがあります。その点、仕事が二つ以上あれば、リスクも分散できます。二つ以上の仕事を持つことは、サバイバルのためにも必要なスタイルなんです。