アントワーヌ・リブーの名言

アントワーヌ・リブーのプロフィール

アントワーヌ・リブー。「仏ダノン」初代CEO(最高経営責任者)。

アントワーヌ・リブーの名言 一覧

事業は利益を追求すると同時に、持続可能でなくてはならない。そのためには、常に社会的責任と事業成功を均衡させなければならない。


アントワーヌ・リブーの経歴・略歴

アントワーヌ・リブー。「仏ダノン」初代CEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

津賀一宏

マーケットなりお客様の価値観は変わっていくものです。将来にわたって、私どもが、どの地域でどの事業を一番長くやっていくかという決断こそ重要。


ジェレミー・アシン

データサイエンティストの仕事の90%以上を自動化したい。まさにそれが、DataRobotを開発した目的。根本にあるのは、「AIや機械学習を民主化する」という思い。ノンプログラミングで導入でき、ワンクリックで高精度なモデルを作成できる。そんな仕組みでデータサイエンスを多くの人に開放したい。


伊藤真(弁護士)

せっかく見つけた時間をダラダラと使ってはもったいない。たとえば、「あと1時間勉強してから寝よう」というのでは、集中力は高まりません。「この1時間で20問を解く」のように、時間とやるべき中身を数値化してこそ、集中できます。目標設定も同様です。資格試験なら「来年3月の試験に合格する」のように、「いつまでに」「何を」を具体的に決めることが重要です。


木本一也

当社はまだ小さな会社ですが、もし大きな会社が当社の分野に参入してきても、私は大歓迎です。この負けず嫌いな性格だからこそ、ここまで成長できたのかもしれません。


平井一夫

私も、ソニーの一から十まで全部自分で進めることはできません。でも、ここぞというところはディティールにこだわっていきたい。


山口悟郎

日本の電子部品メーカーが強いのは、逃げ道をなくし退路を断ってやってきたので、勝ちパターンを身に付けているのだと思います。


奥島孝康

楽しくなければ人生ではない。
楽しくなければ勉強ではない。


水留浩一

私の経験では、破綻する企業の共通点は経営者の怠慢。


横井啓之

私はスタッフとのコミュニケーションが多くはありません。スタッフには私や会社のことより、生徒さんを常に見てほしい。上司の顔を見て仕事をしないで、お客さんをしっかり見る。これってとても大事なことですよ。


石田孝

同じ事実を前にしても、社員一人一人見解の相違があります。新しい生き方を考える際には、まずお互いが何を考えているかを知り、リアル・コミュニケーションが大切なのです。ちなみに、直接ミーティングで若い社員が対象なのは、中高年組を軽視したわけではありません。経験から生み出される考え方よりも、これから長年、能力を発揮してもらう人たちの話を、まず聞きたかったのです。


星野佳路

実際に星野リゾートでは、地方で働き、自らの力を思う存分発揮している社員が大勢います。着任時は不安を抱いていても、「住めば都」となり、新しい視点でその地方の魅力を発見して、活性化に貢献している例が多いのです。例えば、神奈川・箱根にある施設「星野リゾート 界 箱根」では、ある担当者が箱根の伝統工芸である寄木細工に目をつけて、ホテルで使う調度品の製作を職人に依頼しました。職人たちは価格が安い土産品を作ることが多く、意欲を失っていた面があった。そこを何とかしたい、そして、寄木細工の魅力をお客様へ伝えたいと考えたのです。結果的に寄木細工の調度品はお客様に喜ばれただけでなく、地域の活性化にも貢献できた。担当者はこのことにとてもやりがいを感じているようです。


吉田淳一(経営者)

多種多様な事業が並行する中、現場ごとのリーダーシップを高めて、それをうまく融合させていくことがトップには求められている。


高城幸司

いまの時代に社員が謙遜して社長を立ててくれると決めつけるのは古い考え方です。むしろ、「すごいじゃん」と後輩を褒めて、称えるくらいの度量の深さを示したいものですね。


澤口俊之

部下を褒めるときは成果ではなく努力を褒めること。努力を褒めれば成果に関わらず努力を続けますが、成果を褒めると成果が落ちたときに不安になり、失敗したくないので言われたことしかやらなくなってしまいます。


森下一喜

娯楽というのは、どんなに面白くても飽きられるものです。サーフィンも波にできる限り長い時間乗れるように頑張ろうとします。でも、いつか波は消える。そうなれば、またパドルして(漕いで)沖に出ればいい。ここで重要なのは沖への出方です。慌ててパドルして出ていくのではなく、じっくり観察し本質を見極めてから出ていけばいいと考えています。


ページの先頭へ