名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

アンデルセンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アンデルセンのプロフィール

ハンス・クリスチャン・アンデルセン。デンマークの代表的童話作家。デンマークのフュン島オーデンセ出身。貧しい家に育ち、父の急逝から11歳で学校を中退。15歳のときにオペラ歌手になるためにコペンハーゲンに行く。デンマーク王立バレエ団バレエ学校に所属し、王や王立劇場支配人などの援助で大学で文献学と哲学を学ぶ。『ホルメン運河からアマゲル島東端までの徒歩旅行』を自費出版し、ドイツ語訳が出るほど売れたのち、ヨーロッパを旅する。帰国後、初小説『即興詩人』でヒットを飛ばし作家への糸口をつかんだ。代表作に『マッチ売りの少女』『みにくいアヒルの子』『裸の王様』『人魚姫』『親指姫』など多数。

アンデルセンの名言 一覧

目は目を見ることができない。指は指を指すことができない。誰でも自分のことは案外わからないものだ。


旅は私にとって精神の若返りの泉だ。


すべての人間の一生は、神の手で描かれたおとぎ話である。


家畜ですら牧場を去るべき時機を知っているが、愚かな人は自分の貪欲の制限を知らない。


アンデルセンの経歴・略歴

ハンス・クリスチャン・アンデルセン。デンマークの代表的童話作家。デンマークのフュン島オーデンセ出身。貧しい家に育ち、父の急逝から11歳で学校を中退。15歳のときにオペラ歌手になるためにコペンハーゲンに行く。デンマーク王立バレエ団バレエ学校に所属し、王や王立劇場支配人などの援助で大学で文献学と哲学を学ぶ。『ホルメン運河からアマゲル島東端までの徒歩旅行』を自費出版し、ドイツ語訳が出るほど売れたのち、ヨーロッパを旅する。帰国後、初小説『即興詩人』でヒットを飛ばし作家への糸口をつかんだ。代表作に『マッチ売りの少女』『みにくいアヒルの子』『裸の王様』『人魚姫』『親指姫』など多数。

他の記事も読んでみる

高島徹治

いきなり難関資格にチャレンジするのではなく、無理なく取れる資格でまず一勝することが挫折しない秘訣です。また30日くらいの勉強期間で取れる資格からスタートして、ステップアップしていくのがよいでしょう。


御手洗冨士夫

経営者は長期計画に基づいて一貫して投資をすべきです。(任期が短く経営者が)くるくる代わるということは一貫という意味からすると、あまり合理的ではない。次の経営者は、何十年も一緒にいるから自然に分かる。必ず出てくるものです。


作田久男

30代半ばに、米国に5年ほど赴任していました。日本とは異なる文化、異なる言語、そして異なる仕事のやり方。そんな中で、どう頑張っても100点満点と思えることはなかった時期です。しかし、自分の意思でやったと思えるときは、納得できました。でなければどこかに悔いが残ってしまうものなのです。


小泉進次郎

世の中には、「スピーチをうまくするにはこういったテクニックがある」といった、いろんな本が並んでいます。最も自分が危機感を持って本当に変わらなきゃいけないと思うきっかけになるのは、本じゃありません。自分のことを直視することです。だからぜひ、言葉や自分の思いをどうやって周りに伝えるのかで悩んだり、どうすればより良くなるのかと思っている人がいたら、自分の話を録ってみる。そして自分が話している姿を映像でも撮ってみる。そういったことから自分を振り返ることは、僕にとってはものすごく、最高の教訓・教材でありました。そんな体験があるからこそ、今があるんですね。


村木厚子

「勝たなくていい。負けなければいいんだ」と割り切り、目標設定のハードルを低くした。これで気が楽になり、勇気が出ました。


西尾太

ハッキリさせておきたいのは、お金=モチベーションではないことです。給料が高くても社員のモチベーションが低い企業はありますし、給料が低くても社員がやる気に満ちている企業も知っています。極端に言えば、楽しく働ける職場であったり、会社の理念に共感しているなどのモチベーションリソースがあれば、給料の額は気にならないのです。ディズニーランドを運営するオリエンタルランドや、働く人の満足度が高いスターバックスのように、企業理念で社員のやる気をうまく引き出している企業もあります。給料を上げれば社員は一時的に奮起しますが、1年もすれば給料増によるモチベーション効果は薄れていきます。長い目で見れば、企業理念や仕事の評価を部下に理解させる方が効果的なのです。


森正文(経営者)

自分の周りの人を観察して感じるのは、相手の心をつかむのが上手い人は、相手のことをよく記憶していると思います。しかも、努力して覚えているのです。一度会っただけの相手の特徴や好みをよく覚えていて、次に会ったときに「そういえば、あの件はどうなりましたか?」とさらりと話題に乗せてくる。言われた方は、「そんなことまで覚えていてくれたんだな」と感動します。会話をゼロから組み立てるよりも、相手との距離をぐっと縮めることができるのです。


江見朗

自分がどうなりたいのかという目的を考えた時、「一度きりの人生だから幸せになりたい」と思った。幸せとは何か。私の場合、それは成長でした。


細川信義

成功する企業家は、常に前に進んでいく人。


福澤武

意識改革を進めるために、外部の血を入れることにしました。いまから10年ほど前に人事構成のゆがみを正すため10人ほど中途採用し、これが成功を収めた経験があったからです。異文化が入ったことで、純粋培養でやってきた社員が大いに刺激を受けたのです。その後、頻繁に中途採用をするようになりました。


中西浩太

知名度の低い中小企業では、大量の内定を出しても辞退者が続出して結局はわずかしか採用できないことがよくあります。ところが当社のサービスを受ければ内定辞退者は激減します。採用担当者にそのノウハウを研修で学んでもらいますが、やるのは最初だけ。翌年からは、自分たちでできるようにします。


瀧本哲史

周りを巻き込むためには、大きいビジョンをぶち上げるしかありません。『三国志』の劉備玄徳が仲間を集められたのは、「漢王朝の復興」という無茶な目標を掲げて、それに人々が影響されたからです。そういう無茶なビジョンだからこそ、いろんな人が協力してくれます。