名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アンデルセンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アンデルセンのプロフィール

ハンス・クリスチャン・アンデルセン。デンマークの代表的童話作家。デンマークのフュン島オーデンセ出身。貧しい家に育ち、父の急逝から11歳で学校を中退。15歳のときにオペラ歌手になるためにコペンハーゲンに行く。デンマーク王立バレエ団バレエ学校に所属し、王や王立劇場支配人などの援助で大学で文献学と哲学を学ぶ。『ホルメン運河からアマゲル島東端までの徒歩旅行』を自費出版し、ドイツ語訳が出るほど売れたのち、ヨーロッパを旅する。帰国後、初小説『即興詩人』でヒットを飛ばし作家への糸口をつかんだ。代表作に『マッチ売りの少女』『みにくいアヒルの子』『裸の王様』『人魚姫』『親指姫』など多数。

アンデルセンの名言 一覧

目は目を見ることができない。指は指を指すことができない。誰でも自分のことは案外わからないものだ。


旅は私にとって精神の若返りの泉だ。


すべての人間の一生は、神の手で描かれたおとぎ話である。


家畜ですら牧場を去るべき時機を知っているが、愚かな人は自分の貪欲の制限を知らない。


アンデルセンの経歴・略歴

ハンス・クリスチャン・アンデルセン。デンマークの代表的童話作家。デンマークのフュン島オーデンセ出身。貧しい家に育ち、父の急逝から11歳で学校を中退。15歳のときにオペラ歌手になるためにコペンハーゲンに行く。デンマーク王立バレエ団バレエ学校に所属し、王や王立劇場支配人などの援助で大学で文献学と哲学を学ぶ。『ホルメン運河からアマゲル島東端までの徒歩旅行』を自費出版し、ドイツ語訳が出るほど売れたのち、ヨーロッパを旅する。帰国後、初小説『即興詩人』でヒットを飛ばし作家への糸口をつかんだ。代表作に『マッチ売りの少女』『みにくいアヒルの子』『裸の王様』『人魚姫』『親指姫』など多数。

他の記事も読んでみる

矢野香

人前でも批判されることなく、しっかりと振る舞うには、派手なテクニックを過剰に使ってはいけない。伝えたいことを明確にし、必要なテクニックを自然な形で、地道に実践することの方が大事。


小池龍之介(小池龍照)

休むときには頭を切り替えることが、仕事のストレス解消になります。スポーツや登山など身体を動かすアクティビティは頭の切り替えに有効です。なお、甘いものやお酒を飲食するなとは申しませんが、癖になるのは問題です。仕事帰りの一杯がパターン化すると、お酒によるストレス発散の快感を味わいたいがため、無意識のうちに仕事のストレスを増やしたりもするのでご用心ください。


高橋がなり

いままで全部僕がごり押しでやってきたんですが、トップが何でもしてしまう組織は弱いんです。僕が死んだらすぐにつぶれてしまう会社と、死んだ後も成長していく会社。どっちがカッコいいかなと考えると、やっぱり僕が死んだあとも僕のスピリットがちゃんと残って影響し続けるような組織をつくった方が、カッコいいだろうなと。だからいま、徐々に部下に仕事上の権限を委譲して、失敗も含めていろいろ経験させているんです。


佐藤義雄

叱り方に自信がなく、あえて部下と距離をとる上司もいますが、これは感情任せで叱るより悪いことです。最近は指導とパワハラの境目がわかりにくく、リスクをとるより放置しようと考える心理もわかります。しかし、部下と向き合わず、陰で愚痴をこぼすような上司がはびこる組織はもはや存続の危機です。部下のタイプに合わせて叱り方を変えることなどは必要ですが、とにかく対処することです。


佐々木常夫

よくよく探してみれば、どんな人間にも良いところがひとつやふたつはあるはず。そこに目を向ける努力をするのです。そうすれば、相手を好きにはなれなくても、「嫌ではない」くらいには自分の気持ちを変えることができます。


茂木克己

成功のあいうえお・カキクケコ
 あ(諦めない)
 い(威張らない)
 う(裏切らない)
 え(えこひいきしない)
 お(驕らない)
 カ(感謝を忘れるな)
 キ(協力者の立場を尊重せよ)
 ク(苦労は進んで担え)
 ケ(健康に注意せよ)
 コ(公共のために尽くせ)


大久保直子

接待は日常の仕事の枠を越えた場で「ともにいい時間を過ごす」ことに意義があります。それによって相手と心を通わせて、仕事を円滑に進めるための地ならしができるのです。


山本常朝

何様(なによう)の能事(のうじ)持ちたりとて、人の好かぬ者は役に立たず。


廣瀬俊朗

一流の人とは、自分のことがしっかりできて、いつも進化し続けようとする人のことだ。


石井一久

野球は僕にとって「給料をもらうための仕事」。野球を始めたのも、プロの世界に入ったのも、父が野球が好きだったからです。野球が人より上手だったから、仕事として通用しただけ。逆に質問すると、仕事が好きな入っているんですか? 好きなことを仕事にして成り立つほど世の中、甘くないと思います。仕事というのは、つらい時間を乗り越えなければそれなりの対価は生まれません。つらい時間が好きな人はそういませんよね。僕は負けず嫌いだったので、そうした環境に身を置くことで逆に、野球に情熱を注ぐことができた。だからこの仕事を続けられたのだと思います。


中内功

いままでは売り手側、作り手側の理論が工業化社会を支えてきたわけですから、ある意味ではやむをえません。しかし、生活者が自分の価値観で商品を選択するようになったからには、発想を転換しなければ生き残っていけません。時代はレディ・メイド(既製品、大量生産)から、オーダー・メイド(特注、少量生産)を基本とするポスト・インダストリアルの時代に移っています。その認識の立って、買う側の理論、使う側の理論を優先する時代を作っていくことは、企業に課せられた使命ではないでしょうか。


清水信次

どうすればお客様に支持されるのか。それが経営の根幹。それを忘れた途端に経営はおかしくなる。