名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アンディ・ベクトルシャイムの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アンディ・ベクトルシャイムのプロフィール

アンディ・ベクトルシャイム。アメリカの経営者、コンピューター技師。サン・マイクロシステムズ創業者の一人。ドイツ・ミュンヘン出身。アメリカに渡り、カーネギーメロン大学卒業、スタンフォード大学計算機科学と電気工学の博士課程修了。スタンフォード大学在学中にワークステーションを自作したのをきっかけに、仲間たちとともにサン・マイクロシステムズを共同創業。

アンディ・ベクトルシャイムの名言 一覧

細かいことを一々話している暇はないから、とりあえず小切手だけ渡しておこう。
【覚書き|上記の発言はGoogleがまだデモ版だったころ、当時大学生だったグーグル創業者の一人ラリー・ページに言った言葉。ベクトルシャイムはGoogleのデモを見てその場で10万ドルの小切手を切った。のちにその投資から大きなリターンを得ることになる】


アンディ・ベクトルシャイムの経歴・略歴

アンディ・ベクトルシャイム。アメリカの経営者、コンピューター技師。サン・マイクロシステムズ創業者の一人。ドイツ・ミュンヘン出身。アメリカに渡り、カーネギーメロン大学卒業、スタンフォード大学計算機科学と電気工学の博士課程修了。スタンフォード大学在学中にワークステーションを自作したのをきっかけに、仲間たちとともにサン・マイクロシステムズを共同創業。

他の記事も読んでみる

村瀬治男

若いうちは、いろいろな仕事を担当して経験を積み、自分の仕事分野での幅が広がるチャンスがあります。それが、昇進するにしたがって仕事が深くなる一方、他分野への広がりが持ちにくくなります。


スタニスラブ・ベセラ

日本の消費者は革新的なアイデアに対する反応がいい。消費者をワクワクさせる高付加価値の商品を提供していけば、たとえ数量が伸びなくても、金額的に伸ばしていくことは可能。


出口治明

早く帰れないから家事や子育てを手伝うこともできない。生産性も低くなる。ダラダラ残業が諸悪の根源。


吉岡喜一

人生には道草ということも大事だ。


石田淳(コンサルタント)

挫けない人間なんてこの世の中にはいません。大切なのは失敗や挫折を乗り越え、目標に向かって継続する力を持つこと。


見舘好隆

「アルバイトは社員とは別だから、簡単な仕事だけやらせておけばいい」「新人は新人らしくしていろ」と社員や古株のアルバイトから見下されていたら、非正統的周辺に置かれることになって意欲は下がるばかりだ。つまり若手や新人を差別せず、全員が会社という船の重要な乗組員だという意識を持たせることが重要なのだ。


楠木建

追い風がやんだら前に進まず逆風で沈む恐れのある帆船より、規模は小さくても、強力なエンジンを積み、逆風でも前に突き進むクルーザーの方に、私は投資する。


伊庭正康

意識して3週間先の予定を想定し、(仮)マーク付きで、消せるペンなどを使って手帳に書き込むといい。次の展開を想像して仮予定を入れていると、次に何が起きて、何をすべきか、先読みする力が鍛えられる。自然と段取り力が身につき、人を巻き込みながら自分のページで仕事ができるようになります。


三宅秀道

主流のマーケティング理論では潜在ニーズを発見しろという。それはいまあるコンセプトを、いろいろな生活の場に投げ込んでみれば、細部で改善できるところがある、という言い方と同じだ。しかし、これでは後手といっていい。社会につねにある生活文化の変化に作り手が追いついていない。生活者の変化を先取りして、たとえばトイレでは尻は洗うものという習慣が生まれたように、主導権をもって生活文化の「家元」になることが大事だ。


江頭匡一

目標を作り、計画を立て、それを確実に実行するときは間違いなく目標に到達する。


坂根正弘

グローバル人材なんて言葉は空虚です。約40年前、弊社も海外展開のために外国語大学の卒業者をたくさん採用したことがあります。ところが、英語をぺラベラ話せても、話の中身が何もない人も多かった。世界で活躍するために必要なのは専門性です。たとえばコマツには製造現場に関するノウハウがある。そうした専門性を持っていれば、多少言葉ができなくても現地の人に受け入れられ、リスペクトしてもらえます。最近はグローバル人材という言葉が独り歩きして、英語を話せることが大前提のように言われていますが、それは間違い。英会話の勉強も大事ですが、まずは自分の専門性を磨くことが先決。それが世界で戦うための最低条件です。


瀬戸健

常に危機感があります。足元の管理は意外とうまく回っています。ただ(売上高が)3倍に増えたときを考えて、経営しています。次のステップにいけるかどうかの危機感です。