名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

アンディ・フグの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アンディ・フグのプロフィール

アンディ・フグ、アンドレアス・フグ。スイス人の格闘家。10歳で空手に出会い、17歳でスイス・チャンピオンを手にする。欧州空手トーナメント、世界ムエタイスーパーヘビー級などのタイトルを獲得。その後、総合格闘イベントK-1に出場。踵落としなど華のあるファイトを行い多くの観客を魅了し、スター選手として君臨。急性前骨髄球性白血病により35歳の若さでこの世を去る

アンディ・フグの名言 一覧

あきらめないで自分を信じて欠点を矯正していく。それが一番大切だ。


アンディ・フグの経歴・略歴

アンディ・フグ、アンドレアス・フグ。スイス人の格闘家。10歳で空手に出会い、17歳でスイス・チャンピオンを手にする。欧州空手トーナメント、世界ムエタイスーパーヘビー級などのタイトルを獲得。その後、総合格闘イベントK-1に出場。踵落としなど華のあるファイトを行い多くの観客を魅了し、スター選手として君臨。急性前骨髄球性白血病により35歳の若さでこの世を去る

他の記事も読んでみる

磯上恵美子

日本が将来にわたって元気であるには、未来の日本を担う今の子供たちが元気で笑顔でいなければならない。そして子供の笑顔は、お母さんが元気でなければ生まれません。私自身もそうでしたが、家庭にもいろんなことが起きる。お母さんが元気でいつづけるためには、自立することが必要なんです。


笹氣健治

仕事を「見える化」することが、やる気を上げるカギ。面倒くさがりタイプは仕事を細分化すると実行しやすくなり、重い腰が上がる。燃え尽き症候群タイプは、些細な仕事でも実施したら書き出す。達成感が得られ、やる気が補充されます。


西田文郎

苦と楽は常に一対になっています。苦しい仕事をすればするほど、その分反対側への振り幅も大きく、やり遂げたときには大きな達成感を得ることができます。苦しくない仕事をしていたら振り幅も小さく、本当の楽しさも味わえません。


津田秀晴

相手に話してもらうにしても、雑談のとっかかりとなる質問は自分から投げかける必要があります。私がお勧めするのは目の前にあるものについて質問することです。相手の服装や持ち物、周囲に置かれている置物や写真、いれてくれたお茶など、会話の種はいくらでも落ちています。これらのうち、自分が興味のあるものを選び、具体的に質問したり、褒めたりしてみましょう。お互いの目の前にあるものに対する質問なので、漠然とした質問と違ってそっけない返事をされることも少ないはずです。


梶浦玄器

今後は日本にいても外国人と接するのが不可避な時代です。また、年金不安から、定年後に物価の安い東南アジアに移住する、といった動きも出てくるでしょう。そんなとき、日本語を教えることができれば、現地にすぐに溶け込めるはずです。日本語教師になるには、日本語教育能力検定試験に合格するか、四大卒の方ならスクールで420時間の授業を受けることが推奨されています。中小企業診断士のような資格よりはるかに容易で、何歳からでも、仕事をしながら学ぶことも十分に可能です。将来を見据え、検討してみてはいかがでしょうか。


大西洋

すべてのビジネスの種が発芽するわけではありません。だから、世の中の隅々にまで目を向け、できるだけたくさんのビジネスの種を集めてくることが大切なのです。


和田秀樹

モチベーションがずっと高いままという人はいません。いつもヤル気満々に見える人でも、必ずヤル気が下がるときはあります。でも彼らは、自分なりの「ヤル気を短時間で高めるコツ」をたくさん持っていて、それを絶えず実践しています。だからいつもモチベーションが高いように見えるものであって、人一倍気合いを振り絞っているわけでも、生まれつき強靭な精神力に恵まれていたわけでもないのです。


松岡修造

限界を決めるのは他人じゃない。あくまで自分自身。


辻口博啓

「みんな遊んでるんだな」と安心させてくれるような友人こそが、実は夢を目指すときの最悪の「しがらみ」なんじゃないかと僕は考えています。


マーティ・フリードマン

難しい単語や文法ルールを覚えるよりも、話すのが一番。僕は途中から、日本人の記者に取材を受けるときにあえて通訳を入れませんでした。下手でもとにかく言葉を出す。それが良いトレーニングになりました。


畠山友一

Bizer(バイザー)の内容は私自身が起業時に経験した悩みや不満を形にしたものなので、同じ悩みを抱える起業家・経営者も多いと考えています。


安岡正篤

微力を諦めてはならぬ。冷に耐え、苦に耐え、煩に耐え、また閑にも耐えて、激せず、躁(さわ)がず、競わず、随(したが)わず、自強してゆこう。