名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アンディ・ウォーホルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アンディ・ウォーホルのプロフィール

アンディ・ウォーホル。ウォーホール。アメリカの芸術家。ポップアートの先駆者。エルビス・プレスリー、マリリン・モンロー、ケネディ大統領などの肖像画が有名。マスメディアと深くかかわり、コカ・コーラ、キャンベルスープ、ブリロなどのアートデザインを行った。映画製作なども手掛けたアーティスト。

アンディ・ウォーホルの名言 一覧

ビジネスに長けているというのは最も魅力的な種類のアートである。お金を稼ぐのはアートである。仕事をするのもアートである。儲かるビジネスは最高のアートである。


人はいつも、時が物事を変えてくれると言うが、実はそれはあなた自身で変えなくてはならないものなのだ。


人は誰でもその生涯で15分だけは有名になれる。


アンディ・ウォーホルの経歴・略歴

アンディ・ウォーホル。ウォーホール。アメリカの芸術家。ポップアートの先駆者。エルビス・プレスリー、マリリン・モンロー、ケネディ大統領などの肖像画が有名。マスメディアと深くかかわり、コカ・コーラ、キャンベルスープ、ブリロなどのアートデザインを行った。映画製作なども手掛けたアーティスト。

他の記事も読んでみる

笹川友里

スタジオに入ると、急に緊張が高まってくることもあります。そんなときは、いったん目の前にあることを忘れてしまいます。肩や肘がこわばっていることが多いので、肩を回したりしてリラックスします。すると、周りが見えて来るんです。「スタッフさんたちは落ち着いている、いつもと同じで大丈夫だ……」と。自分のことでいっぱいいっぱいになっていたのが、状況を客観視できるようになります。


生方正也

信じ込んだり疑いすぎるのは禁物。「絶対に信用できる情報」など、厳密な意味ではありえませんから、あまり信憑性に神経質になってもキリがありません。ほどほどの距離感を持って情報に当たりましょう。そのときの鍵の一つは、「その情報の出所」です。公的機関など信頼のおけそうな出所ならばある程度信頼して良いでしょうし、聞いたことのない機関の場合は、その機関自体が信頼に足るものかを確認してみるなどの方法があります。


松本徹三

単に技術が分かるだけではダメ。根源論を深く突き詰めるような姿勢が不可欠。それができないと、プリンシプル(原理原則)が定まらない。


小宮山宏

日本がいま、イノベーションで後れかけていることが一番心配です。原因は既存の産業秩序やシステムが立ちはだかっているからです。なぜ日本で既存のシステムがそんなに強く、新しいものが負けてしまうのかと思わせられる局面が多いですね。


為末大

米国オレゴン州では、各国の長距離選手が集まり、最先端の練習に取り組んで、みんなが強くなっています。そんなことが現実に起こっているわけです。スポーツと都市との関係としては、こうした特定種目に特化した「ホットスポット化」が進んでいます。そうなると国の機関が、あらゆる競技で選手を育成するのが本当に正しいのかという疑問が出てくる。いつの日か、「東京はどの競技でいくのか」を選択するときが来るかもしれません。そのときには、東京は日本人だけを育てる場所なのか、ということも考えていくべきでしょう。


玉塚元一

消費者から見て、「ああ、いいね」と驚きがある店は強い。


住原則也

「企業が何のために生まれ出たのか」を示す創業の理念とは、単に創業のいわれが歴史的に説明されているというだけのものではなく、現在に生きる人々にとって何らかの心情的・精神的な意味あいを持つことが多い。だとすると、これも会社にとってのひとつの財であり、形のないものということで、「精神財」とでも呼べるものだと私は思う。この財がどのように活かされているか、あるいは無駄にされているのかが会社によってまちまちであることは、言うまでもない。


安田善次郎

意志の弱い人は、取り引きの間、始終人の後に立って、いわゆる「ひけ(おくれ)」を取るものである。このような人は情実にこだわって、常に損害を招く。


宮原耕治

インターネットが発達した現代、コミュニケーションは容易なものになったかもしれませんが、面と向かって人と会う機会が減ってきているようです。いまを生きる若い人たちに、人と顔を合わせ、お互いに様々なものを汲み取っていくことの大切さを忘れないでほしいです。


鈴木亜久里

自分の目標を実現しようと思ったら、みんなと夢を共有すること。人を思いやることが、自分の目標を叶える一番の近道だと思います。


坂根正弘

今までの日本は、モノ作りの現場力だけで勝負してきたのだろう。だから今度こそビジネスモデル作りで先行しなければいけない。ビジネスモデル作りをトップが引っ張り、労使の一体感を基盤にした現場力で新たなモデルをさらに強くしていくことが大事だ。


酒井将

弁護士ドットコムをつくった時から変わらないのが、リーガルサービスを身近なものにしたいという私の思いです。そして精一杯、一生懸命、クライアントのために働き、最高のサービスを提供する。ベリーベストという名前には、そうした思いが込められています。