名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アンティステネスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アンティステネスのプロフィール

アンティステネス。古代ギリシアの哲学者。キュニコス派の祖。ディオゲネスの師。貧しき環境の中、ソクラテスに直接会い、感銘を受け哲学の道に進む。質素な生活の中に幸せを見出す哲学を教え、自ら物を持たない生活を生涯実践した

アンティステネスの名言 一覧

政治には火に対するごとくすべきなり。火傷せぬためには近寄るべからず。凍傷せぬためには遠ざかるべきなり。


妬み深き人は、錆びによって鉄が蝕まれるごとく、おのれ自身の気質によって蝕まれる。


思考はなににまして堅固なる城壁なり。なぜならば、それはけっして倒壊することも、敵の手に渡されることもないゆえに。


アンティステネスの経歴・略歴

アンティステネス。古代ギリシアの哲学者。キュニコス派の祖。ディオゲネスの師。貧しき環境の中、ソクラテスに直接会い、感銘を受け哲学の道に進む。質素な生活の中に幸せを見出す哲学を教え、自ら物を持たない生活を生涯実践した

他の記事も読んでみる

小笹芳央

「30歳だから、もう英語の勉強は遅い」「40歳だから、もう起業は遅い」などと溜息をつく人が少なくありません。でも、50歳の私から見れば、彼らは「まだこれから」ですし、羨ましいとも思います。自分の年齢で限界があると思っていても、自分より歳を重ねた人から見れば、「まだまだ」「羨ましい」と感じるのです。年齢によって自分の限界を決めてしまってはいけません。


薮崎敬祐(藪崎敬祐)

資本効率を考えると、当社は家電や中古車をやめた方が利益率は高くなりますから、資本市場からは魅力的なのかもしれません。しかし今は利益は必要最低限でいいと。私としては、まだ利益を出すフェーズではないと考えており、しっかりと投資をしていきたい。


ジョン・キム(法学者)

目の前の仕事をやるべきか、やらざるべきか。それを判断するには、「自分の人生や成長プロセスにおいて、この仕事はどのような意味を持っているのか」という問いが欠かせません。たとえば上司から資料作成を指示されたら、それを単純作業として受け止めるのではなく、そこに自分の学びの材料が隠れているのではないかと考えることです。


加賀見俊夫

東京ディズニーランドは縮小する国内市場の中で右肩上がりの成長を実現してきました。なぜそれが可能になったのか。結論から言うと、リピーター数の増加です。


住野よる

『君の膵臓をたべたい』は、ストーリーより先にタイトルが生まれました。そのままの意味で怖い話にしてしまっては面白くないので、「君の膵臓をたべたい」という言葉で人を感動させるにはどのような解釈をすればいいのか、どんな人の言葉なんだろうかというところから「僕」と「桜良」というキャラクターが生まれ、王道的なストーリーを歩いてもらうことにしました。ただ、王道でありながらも、そこに一滴の毒を垂らしたような物語です。


飯田亮

変わってる人がいい。みんなで集まってから何か始めようとする群れる人間ではなく、社会の枠組みを蹴散らすパワーのある元気な若者が。


野地秩嘉

実際に体験した人が増えた後は、「本物」でなければ生き残れない。


黒鉄ヒロシ

生まれた環境なんてのは、麻雀の配牌みたいなもの。どう伸ばしていくかは打ち手次第。


古川裕倫

私がいつもこういう寓話を話しています。旅人がある街を通りかかると、同じ仕事をしている3人の職人がいました。そのうちの1人に「何をしているのですか?」と尋ねると、「レンガを積んでいるのです」と答えました。2人目にも「何をしているのですか?」と尋ねると、「強くて壊れない壁を造っているのです」と答えました。3人目にも同じく尋ねると、「後世まで残って、みんなの役に立つ教会を造っているのです」と答えました。この3人の中で、誰が一番良い仕事をするのかは明らかでしょう。志の大きさが仕事の質を決めるのです。


野水重明

「ブランドがいまひとつよく見えない」という声をうかがいます。真摯に受け止め施策を打ち始めました。例えば「コアンダエア」という扇風機では、4世代目に当たる今年の製品から3機種のデザインを統一しました。この扇風機は自然な風を遠くまで届けられる当社独自の技術を採用し、訴求力を持ちます。これまでは機種ごとにデザインが異なっていたため、売り場では単品の展示になり、商品の強みが埋もれてしまいました。デザインを統一すれば3機種の集合展示になり、売り場で目を引きます。


義家弘介(ヤンキー先生)

最近はみんなが格差、格差と騒いでいますが、格差はいつの時代にもあるものです。自分は子供のころ、母親がいなかったからお母さんのいる友達が羨ましかった。育ったのは長野の田舎で、大きな本屋はない。東京との情報格差を感じました。でも、こういった格差は決定的な問題ではないと思います。


鎌田和彦

周りから評価されないと嘆くよりも、失敗やストレスやプレッシャーの耐性の強い自分になるということを、絶対的な評価軸として自分の中に設定しておくのはいい方法かもしれません。