名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アンソニー・メイヨーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アンソニー・メイヨーのプロフィール

アンソニー・J・メイヨー。アメリカの経営学者。ハーバード大学大学院リーダーシップ・イニシアティブディレクター。専門は経営史、マネジメント、リーダーシップ。

アンソニー・メイヨーの名言 一覧

ビジネスリーダーや従業員が、ビジネスの目的を考え、大きなビジョンを持つことは重要。


ビジネスの各過程を小さな単位に分解して、社員同士の効果的なコラボレーションを引き出すと、仕事の成果を出しやすい。


私は経営哲学が絶対に必要であるとは思っていません。なぜなら、これらがなくても成功した企業の事例は世界中に数多くあるからです。ただし、哲学があれば社員を導き、鼓舞するための大きな助けになると思う。哲学は、すべての従業員に主体的な目標を与えるからです。


アンソニー・メイヨーの経歴・略歴

アンソニー・J・メイヨー。アメリカの経営学者。ハーバード大学大学院リーダーシップ・イニシアティブディレクター。専門は経営史、マネジメント、リーダーシップ。

他の記事も読んでみる

藤原健嗣

社員が仕事の目的を忘れないようにするためには、会社の経営陣だけでなく現場のリーダーも常日頃から「君は何のためにその仕事をしているんだ」と聞いてみることが大事です。社員は言葉にすることで目的がより明確になり、自分を奮い立たせるきっかけにもなるからです。


原礼之助(禮之助)

「ケジメをつける」だの「文化人」「有識者」だの英語に翻訳できない曖昧な言葉は使わぬが可です。そんなところから明晰な論理を使う習慣をつけていくことが、自分というものを客観視して、足らぬを正すひとつの道でしょう。


有泉健

当社の強みはネットの黎明期から培ってきた通信ノウハウです。格安スマホは競争相手が多く差異化が難しい市場ですが、技術力を生かしたサービスを今後も打ち出し、消費者の認知度が高まっていけば勝機は十分にある。そう確信しています。


野口敏(話し方)

評価される人は、上司の価値観をよく知っています。たとえば、ひと言で「実績」と言っても、売上げ重視なのか利益重視なのか、あるいは客数重視なのかは、上司によって違うものです。利益を重視する上司なら、たとえ大きな売上げを上げても利益が少なければ評価しないし、逆もまた然り、というわけです。


小松易

片づけられない人の最大の特徴は、先送りです。やることの積み重ねによって身の回りの片付いた状況はキープできるのに、ついつい先送りしてしまう。しかも、片付けが苦手な人ほどいっぺんにまとめてやろうとします。一部屋まるごと片づけようと思うから、ハードルが高くて始められない。だからついつい先送りしてしまう。という悪循環に陥りがちなんです。


柳井正

強い思いと執念、最後の一線はそこに尽きます。


枡野俊明

大切なのは、深くゆっくりと呼吸すること。へそから指4本ぶん下にある「丹田(たんでん)」を意識しながら、深く息を吸い、ゆっくりと吐いていく。これを繰り返すことで、感情が腹に留まり、頭までせり上がるのを防ぐことができます。呼吸をしながら「大丈夫、大丈夫、大丈夫」などと3回唱えると、より心を落ち着かせることができます。


井植歳男

生まれて初めてという仕事は、これまで再三やってきたし、無から有を生じるようなことも好きであった。船もやってできないことはあるまい。そう思って私は引き受けた。私は堺と合わせて100隻ばかりを進水させた。
【覚書き|太平洋戦争中、政府から200トンの木造船建造を依頼されたときを振り返っての発言】


ジェフリー・スマイゼック(ジェフ・スマイゼック)

私はオフィスの中に座っていろいろ考えるのではなく、社員の声を聞くため、できるだけ外を歩くことにしています。何を要求しているのか、何について困っているのかを聞き、それをどうやって解決するのかを常に考えるようにしています。そういう態度を取らなければ、この8万人からなる従業員をうまく、一緒に動かすことはできません。


齋藤勇(齊藤勇)

突然の訪問や急な頼みごとをしたときに、相手が怪訝な顔をするなど、不快感を示した場合には、無理に「そこをなんとか」と詰め寄らず、即座に撤退。そうすることで、相手にネガティブな印象を残すことなく、次の機会をうかがうことができます。一度のアタックで難色を示されても、相手との距離を少しずつ縮めながら根気強く接していくことで、次第に心の距離も縮めることができます。


朝倉千恵子

100年続いている老舗を見ると、やっぱり人を大事にしています。人を育てて、社員を含め縁あるすべての人や企業から、「あの社長と仕事ができてよかった」「あの会社に自分のすべてをかけてよかった」と言われる企業こそが長く続くのであり、私はそういう会社をつくりたいと思うのです。


鴻池善右衛門宗利(三代目善右衛門)

ご先祖より譲り受けた家督を首尾よく相続していけないようでは、ご先祖への不孝にあたり、子孫の繁栄はない。万一、品行や身持ちの悪い者があれば、外聞も悪く、気の毒なことではあるが、許しておいては子孫の繁栄が実現できなくなるため、相談のうえで遠慮なく追放し、ほかに相続人を立てるようにすること。