名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アンソニー・メイヨーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アンソニー・メイヨーのプロフィール

アンソニー・J・メイヨー。アメリカの経営学者。ハーバード大学大学院リーダーシップ・イニシアティブディレクター。専門は経営史、マネジメント、リーダーシップ。

アンソニー・メイヨーの名言 一覧

ビジネスリーダーや従業員が、ビジネスの目的を考え、大きなビジョンを持つことは重要。


ビジネスの各過程を小さな単位に分解して、社員同士の効果的なコラボレーションを引き出すと、仕事の成果を出しやすい。


私は経営哲学が絶対に必要であるとは思っていません。なぜなら、これらがなくても成功した企業の事例は世界中に数多くあるからです。ただし、哲学があれば社員を導き、鼓舞するための大きな助けになると思う。哲学は、すべての従業員に主体的な目標を与えるからです。


アンソニー・メイヨーの経歴・略歴

アンソニー・J・メイヨー。アメリカの経営学者。ハーバード大学大学院リーダーシップ・イニシアティブディレクター。専門は経営史、マネジメント、リーダーシップ。

他の記事も読んでみる

高田明(ジャパネットたかた)

当社が上場する可能性はありません。上場がダメというより、生き方の問題と方針の違いです。上場してスケールを大きくしてグローバル企業を目指す、ユニクロの柳井さんやソフトバンクの孫さんはすごいですよね。私は正直、そのレベルまで志を持てないです。だから自分たちの考える範囲でブランドを作り上げていく。企業とは、誰かのためにあるのではない。株主のために企業が存在すると言ったら、方針がブレてしまう。ずっと守ってきた世界だから、僕らの中に上場はないです。


清野智

安全対策にゴールはありませんが「究極の安全」を目指し、ありとあらゆる努力を重ねなくてはなりません。


星野佳路

やりたい仕事に挑戦でき、自分たちの力を試せる環境こそが大事。やってみてうまくいかなければ、それは本人が一番よくわかる。


壺阪龍哉

デスクまわりに書類や本が散乱して無法地帯になってしまっている人は、まずは必要なものと不要なものを振り分ける作業から始めましょう。デスクの上や引き出しに入っている書類や本などをいったんすべて出し、必要な書類だけをピックアップしていきます。このとき、不要なものを廃棄箱に捨てていくという方法もありますが、これだとなかなか捨てられないので、必要なものだけをピックアップするという方法が効果的でしょう。時間は30分と決めて、考え込まずに作業を進めるのがコツです。


吉越浩一郎

会社に経営理念はいらない。こう述べると顔をしかめる経営者は多いが、私はあえてそう明言しています。とくに日本の会社は、経営者が自分で考えたものではなく、何かの本を読んで拾ってきたような言葉を理念として掲げている場合が多い。学校の作文の宿題ではあるまいし、私に言わせれば、そんな理念はもう最初から落第です。会社において肝心なことは、作文の出来不出来ではない。現に行われている経営の出来不出来が問題なのです。


貝原益軒

体気弱く、飲食少なく、家に病多くして、短命ならんと思う人、かえって長生きする人多し。これ弱きをおそれて、つつしむによれり。


前川知大

必要に迫られて書き直すことで、結果的に物語がよくなることもあるのが面白い。


三田紀房

いま吉祥寺に仕事場を構えたのは、「漫画家の聖地ともいえる吉祥寺でアシスタントをすること」に、多少のステイタスを感じてもらいたいから。スタッフのやる気が高まれば、作品づくりに反映されますから。


阿川佐和子

取材で大事なのは、いかに相手が話しやすい空気をつくるかに尽きます。そして、それにはいま目の前にいる人に関心を持ち、一言も聞き漏らさないぞと真剣に耳を傾けるのが一番です。


藤田紘一郎

実は最近の研究で、人間の健康の大部分は「腸内環境」で決まることがわかってきています。腸内にはおよそ二百種百兆もの腸内細菌がいて、これら無数の腸内細菌が腸内に「腸内フローラ」という「細菌のお花畑」を形成しています。それが活性化すればするほど、健康にいい影響を与えます。そして、そのためにはより多くの種類の菌を取り込むのが一番なのです。


神野直彦

私が思い出すのは、セネガル初代大統領のサンゴールという人の言葉です。彼はネグリチュード運動(西欧諸国による抑圧・差別に対し黒人固有の文化を高揚しようという運動)を起こした有名な文学者で、「温かい手と手をつなぐこともない、旅立ちの苦しみ」という言葉を残しています。これは様々な地域紛争や何かで難民になって国外に出ていく人々のことで、もともとは地域で温かい手と手を取り合って生きてきたのに、何らかの状況で出て行かざるを得なくなった。しかし、逃げて行ったところで温かい手と手を取り合えるような自分たちの社会をつくれるかというと、そう簡単なことではないだろうと。やはり、そもそも人間は温かい手と手を取り合って社会を形成して生きている。そういう価値観を今一度、日本においてもどこかで培養していってほしいと思うのです。


海老原嗣生

「このまま管理職になれる」と勘違いしている人が多い。今後、その考えは通用しません。評価が平均よりも低い。周囲よりも昇級が遅い。そうしたシグナルは早くから出ているはずです。それに気がつかないフリをせず、一日も早く仕事のやり方を改善し、評価アップを図りましょう。