名言DB

9412 人 / 110637 名言

アンソニー・メイヨーの名言

twitter Facebook はてブ

アンソニー・メイヨーのプロフィール

アンソニー・J・メイヨー。アメリカの経営学者。ハーバード大学大学院リーダーシップ・イニシアティブディレクター。専門は経営史、マネジメント、リーダーシップ。

アンソニー・メイヨーの名言 一覧

ビジネスリーダーや従業員が、ビジネスの目的を考え、大きなビジョンを持つことは重要。


ビジネスの各過程を小さな単位に分解して、社員同士の効果的なコラボレーションを引き出すと、仕事の成果を出しやすい。


私は経営哲学が絶対に必要であるとは思っていません。なぜなら、これらがなくても成功した企業の事例は世界中に数多くあるからです。ただし、哲学があれば社員を導き、鼓舞するための大きな助けになると思う。哲学は、すべての従業員に主体的な目標を与えるからです。


アンソニー・メイヨーの経歴・略歴

アンソニー・J・メイヨー。アメリカの経営学者。ハーバード大学大学院リーダーシップ・イニシアティブディレクター。専門は経営史、マネジメント、リーダーシップ。

他の記事も読んでみる

滝野一征

面接では経歴書を見て、何をしていたのかなどという質問はしません。まず聞くのは「どう生きてきたのか」。優れている点を自分で語ってもらう。そして「何をしていたのか、なぜ辞めたのか、うちで何がしたいのか」を話してもらい、それぞれ質問をします。良い営業は相手に選ばせる。さらに「海外展開するべきか、する場合にはどのようなリスクがあるか、上手く行く根拠はあるか」といった現場感のある具体的な質問をする。必ずしもその考え方や答えが私と合っていなくても良いのです。つじつまが合う論理的な返答を一瞬で考えられるか。ロボット産業を完璧に知っている人などそういませんし、MUJINの製品知識も深い訳ではありませんから、ロジカルに考えて即答できる地頭の良さを見るわけです。


安田隆夫

当社を業態で分類すると小売業ですが、「それ以前に、自分たちはサービス業だ」と意識するようにしています。現代は「物が溢れすぎて、欲しい物がない」時代。店に来ていただいたお客さんに満足してもらえないと、次回も足を運んでもらえる機会を失います。こうした姿勢は、どの業種にも当てはまる、大事な話ではないでしょうか。


森岡毅

マーケティング思考を使いこなすために、まずは戦略的思考を身につける必要があります。その核となる考え方が「選択と集中」。限られた資源をどう有効に使うか考え、やることを選ぶということです。無意味に資源を分散させるのはただの愚か者です。


糸井重里

ずっと前に「魚を飼うことは水を飼うことだ」と、書いたことがあります。水が魚を飼うのによい状態になっていれば、魚は自然にうまいこと生きていけます。


岡崎富夢

好きではない分野での事業の立て直しも経験しましたが、やっぱり僕は家がすごく好き。これからもみんなの住環境をよくする仕事をしていくと思います。


南雲吉則

医師という職業を殊更に意識すると、患者さんとのあいだには歴然とした立場の違いが生まれてしまいます。これでは、対等な人間関係など築けるわけがないのです。


磯辺剛彦

環境変化のなかにこそ、事業機会は宿る。


小池百合子

今年の私の方針は「できない理由より、できる理由を探す」。問題点を見つけて、「○○だからできない」と諦めるのは簡単。しかし、それでは物事は前に進みません。解決すべき課題に対して、どうすれば「できる」のか。そのことを徹底して考え、実行していきます。


飯島英胤

企業は人が制し、ひいては企業の盛衰を決める。


久瑠あさ美

脳の働きには、自分で意識できている顕在能力と、意識できていない潜在能力があります。そのうち潜在能力が9割以上を占めていて、自分を変える大きなパワーを秘めています。そして、早朝はその潜在能力を発揮させる絶好のチャンスです。早朝は脳が覚醒しきっていない意識と無意識の境目である「まどろみ」の時間。頭のなかが白紙の状態になっているため、潜在意識を引き出しやすいからです。早朝は一人きりの時間であることが多く、自分の心を見つめ直す「マインドフォーカス」にも向いています。


石川典男

市場はつくるもの。


小林弘幸

いったん席を離れ、階段を1~2階分、ゆっくりとリズミカルに上り下りしてください。血流がよくなり、副交感神経の働きが高まり落ち着きます。ミスの後処理をどうするかなどの事後対策は、こうして体を動かしてから考えたほうが、いい方法が見つかります。


金子靖代

CS(顧客満足度)を上げることに尽きます。お客様の満足度が上がれば、長く利用していただけます。当社では継続率と言っているのですが、継続率が高まると、お客様は自然と増えていきます。そうなれば、同じ目標でも楽に達成できるようになる。


内田洋子

ヴェネツィアの文書館では1000年前までさかのぼることができる。まさにタイムマシンですよね。ヴェネツィアは紙の街でもあるんです。グーテンベルクと同じ時代に文庫と呼ばれる書物の形を初めてつくったのもヴェネツィアだし、コンスタンチノープルから逃げてきたギリシャの知的な人達が、逃げる時、何を持ってきたかと言えば、財産じゃなくて本。それを寄付した先がヴェネツィアの国立図書館なので、それを持っている街という誇りはいまだにあると思います。


橋本若奈

何事も「無理」と言い切る事の方が難しい。無理な理由を考えるくらいならば、出来る手段を探して行くべき。