名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アンジェラ・ダックワースの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アンジェラ・ダックワースのプロフィール

アンジェラ・ダックワース。アメリカの心理学者。ペンシルベニア大学心理学部教授。ハーバード大学神経生物学専攻卒業。マッキンゼー勤務、公立中学校数学教員などを経てペンシルベニア大学心理学部教授。「グリット(やり抜く力)」研究の第一人者。

アンジェラ・ダックワースの名言 一覧

興味深いことに、やり抜く力が旺盛な人は、決して飽きるということを知らない。常に新しい側面を見いだしていく。


自由に仕事を進められることが、異論や創造性を生み出す源泉になる。


やり抜く力の特徴は4つ。興味、練習、目的、希望。


厳しいながらも、愛情と自由を与えることが、子供のやり抜く力を育てる。


自分自身に関する第三者の意思決定をありがたがる人はいない。より大きな自由(裁量)を与えれば与えるほど、人間の力やモチベーションは引き出されていくもの。


誰もが鉄人と同じである必要はありませんが、やり抜く力を体現してくれる人たちはいいお手本になる。


興味を持ち続けるためには、同じことに取り組むにしても、新しいことや違うことを見つけ出そうと心がけることが大切。


成功者の多くはコーチやメンター(師)を持っています。自分がやったことへのフィードバックは、自分だけではできません。ノーベル賞受賞者のメンターが付いていれば、ノーベル賞を取りやすくなるように、人から助言をもらうのが賢明です。


私自身、大学で学生たちのお手本になるように心がけています。私も完璧ではないと学生たちに話します。失敗して倒れ、再び起き上がるまでの過程も含めたエピソードを伝えることで、やり抜く力とは何なのかを彼らに感じ取ってもらえたらと考えているのです。


進んで一生懸命やりたいと思い続けられるような、得意なものを選ぶべき。やり抜く力は情熱の問題。目標に向かって創造性を発揮するには、絶えずそのことを考えているくらい好きでなければダメ。


そのことが好きで道を究めようとする人には、「どこまでやり抜けばいいのか」という意識すらありません。彼らには決して終わりがないのです。「これで頂点に立てた!」と考えたり、一定のレベルに到達しようとしたりするのではなく、「前進し続けるのみ」といった人ばかりです。


子供の成功と親の愛を引き換えにしてはいけません。ハーバード大学に入れなかったら、親から愛されないなどというのは、子供に健全なことではないでしょう。大切なのは、常に進歩し続けられることを子供に理解させることなのです。


私は常に研究のことを考えていますが、義務感からではなく、好きだからやっているのです。興味なしに長年続けても、やり抜く力があるとは言えず、偉業も生まれません。とはいえ、何に興味があるか、最初の時点でわからないこともありますので、拙速に投げ出すべきではありません。


私の研究室では、会議の最後に「次回は~しよう」「~は有用だった」という表現を使うことが習わしになっています。これにはもっと上達できるという意味が込められています。


マネジメントとして最も大切なのは、上司が部下のお手本になること。自分は何に興味を持っているのか、その結果、どこまでやり抜いたのか。どのような失敗があり、どうそれに立ち向かっていったのか――そういう、自分自身の話を部下に話すのが上司の役目。


やり抜く力を持っている人と相対すると、「一途でひたむき」といった印象を受けることは少なくありません。でもそれは、彼らが継続して続けている物事があるだけでなく、自分のウィークポイントを克服しようと、その一点に重点的に取り組む傾向があることも大きく影響しています。ただ漫然と練習をするのではなく、目標に向かって効率的な方法で努力を積み重ねるのも彼らの持ち味なのです。


やり抜く力を育てるための習慣づくりは、どんなに小さなことでもかまいません。毎日、一つ目標を立て、昨日より上達すべく努力するのです。むしろ、小さければ小さいほど継続しやすくて望ましいといえます。一日にどれだけの量をこなしたとか、どれほどのパワーを注いだかではなく、充分な日数を費やして一つのことを続けていくことが最も大切なのです。


成功者は自分を顧みる習慣を持っています。やり抜く力を持つ人の多くは非常に内省的で、物事の表層を捉えて反応するだけでなく、「今日はどうだったか、この先どうなるか」と、人生について熟考する力を持っています。内省する力や習慣を持ち、今日のやり方が間違っていたら明日はこうしよう、など自分自身で軌道修正していかなければなりません。


アンジェラ・ダックワースの経歴・略歴

アンジェラ・ダックワース。アメリカの心理学者。ペンシルベニア大学心理学部教授。ハーバード大学神経生物学専攻卒業。マッキンゼー勤務、公立中学校数学教員などを経てペンシルベニア大学心理学部教授。「グリット(やり抜く力)」研究の第一人者。

他の記事も読んでみる

田村順子

敏感だったらストレスがたまって精神的に参ってしまいます。私も鈍感だからここまでやってこれたのです。


大宮英明

私は「技術は騙せない」という言葉を肝に銘じているのです。この言葉は、メーカーが持つべき倫理を完全に表していると思います。製造業は、人を死なせるようなものをつくっちゃいかんのです。飛行機も原発も同じです。これが技術屋としての私の原点であり、経営者としての倫理観でもあります。
【覚書き|つくっていた戦闘機が墜落しそうになり、友人を失いかけた経験について語った言葉】


阪根信一

当社は世の中にないモノを作り出す技術集団を目指している。ジャンルは問わない。


弘兼憲史

ある程度の負荷「ストレス」をかけて仕事に臨むのは、成長するために大事ですが、それだけでは息が詰まる。乱暴に言えば、仕事以外の時間は遊んで「楽しく生きる」ことが、人間の本能だという割り切りこそ、心身のバランスを保つ秘訣ではないでしょうか。


元谷外志雄

市場占有率が上がれば上がるほど、市場争奪戦で優位に立てるようになり、企業の経営が安定していきます。市場占有率を高めるには、攻略目標のエリアを絞り込んで、そこに戦力を集中投下したほうが競争に勝ち残りやすい。


内藤誼人

笑顔に関して重要なポイントがある。笑顔を作るように努力するだけでなく、なるべく大きな声で笑った方が、2倍も、3倍も効果があるのだ。顔だけで笑いをつくろうとすると、ときとして、冷たいような、作り笑いになってしまうことがある。きちんと声に出して笑うようにすると、あなたが喜んでいることが、相手にも一目瞭然となる。


小林哲也(帝国ホテル)

従業員にもずっと言っていることですが「誠実」「謙虚」「感謝」「素直に」「明るく」「元気良く」。この6つを持っていればあまり間違ったことはしないでしょう。これらに勝る真理はないと思っています。


トマス・エジソン

私にとって仕事は楽しみだ。義務と思ったことは一度もない。自分が楽しいと思ったことをさせてもらったので義務ではない。人間にとって、考えながら働くことほど楽しいことはない。楽しいから疲れるわけがない。


唐沢寿明

己を知るってことは、傷つくことでもあるので、そこから逃げたい気持ちもわかるんですよ。でも、早く知った方が楽になれますね。


草野仁

私が生放送の司会をやっているのは、スポーツ中継で培った経験が大きいです。スポーツには筋書きがないうえ、雨が降って試合を中断している場合には、20分でも30分でもつないでいく役割をアナウンサーが担っています。そのときモノをいうのは日常的な蓄積に他なりません。


寺島実郎

米ブルッキングス研究所に出向し、その後、米国三井物産で10年間、アメリカに身を投じて、いろいろな人に出会い、私自身のモノの見方や考え方が変わっていきました。そして、その都度、文献を読み漁り、自分なりの仮説と実証分析を繰り返してきた。


荒木直也

手帳の後半部分についているフリーメモ欄には、皮膚情報(自分で見て聞いて感じたこと)を書きます。どこそこの売り場は活気がないとか、他社の店舗を見て気づいた集客の工夫などが多いですね。フリー欄に書くのは、まだ決定していない、柔らかい情報だからです。構想を練ったり概念図を書いてみたりするのは自由なページの方がいいのです。