名言DB

9429 人 / 110879 名言

アンジェラ・ダックワースの名言

twitter Facebook はてブ

アンジェラ・ダックワースのプロフィール

アンジェラ・ダックワース。アメリカの心理学者。ペンシルベニア大学心理学部教授。ハーバード大学神経生物学専攻卒業。マッキンゼー勤務、公立中学校数学教員などを経てペンシルベニア大学心理学部教授。「グリット(やり抜く力)」研究の第一人者。

アンジェラ・ダックワースの名言 一覧

興味深いことに、やり抜く力が旺盛な人は、決して飽きるということを知らない。常に新しい側面を見いだしていく。


自由に仕事を進められることが、異論や創造性を生み出す源泉になる。


やり抜く力の特徴は4つ。興味、練習、目的、希望。


厳しいながらも、愛情と自由を与えることが、子供のやり抜く力を育てる。


自分自身に関する第三者の意思決定をありがたがる人はいない。より大きな自由(裁量)を与えれば与えるほど、人間の力やモチベーションは引き出されていくもの。


誰もが鉄人と同じである必要はありませんが、やり抜く力を体現してくれる人たちはいいお手本になる。


興味を持ち続けるためには、同じことに取り組むにしても、新しいことや違うことを見つけ出そうと心がけることが大切。


成功者の多くはコーチやメンター(師)を持っています。自分がやったことへのフィードバックは、自分だけではできません。ノーベル賞受賞者のメンターが付いていれば、ノーベル賞を取りやすくなるように、人から助言をもらうのが賢明です。


私自身、大学で学生たちのお手本になるように心がけています。私も完璧ではないと学生たちに話します。失敗して倒れ、再び起き上がるまでの過程も含めたエピソードを伝えることで、やり抜く力とは何なのかを彼らに感じ取ってもらえたらと考えているのです。


進んで一生懸命やりたいと思い続けられるような、得意なものを選ぶべき。やり抜く力は情熱の問題。目標に向かって創造性を発揮するには、絶えずそのことを考えているくらい好きでなければダメ。


そのことが好きで道を究めようとする人には、「どこまでやり抜けばいいのか」という意識すらありません。彼らには決して終わりがないのです。「これで頂点に立てた!」と考えたり、一定のレベルに到達しようとしたりするのではなく、「前進し続けるのみ」といった人ばかりです。


子供の成功と親の愛を引き換えにしてはいけません。ハーバード大学に入れなかったら、親から愛されないなどというのは、子供に健全なことではないでしょう。大切なのは、常に進歩し続けられることを子供に理解させることなのです。


私は常に研究のことを考えていますが、義務感からではなく、好きだからやっているのです。興味なしに長年続けても、やり抜く力があるとは言えず、偉業も生まれません。とはいえ、何に興味があるか、最初の時点でわからないこともありますので、拙速に投げ出すべきではありません。


私の研究室では、会議の最後に「次回は~しよう」「~は有用だった」という表現を使うことが習わしになっています。これにはもっと上達できるという意味が込められています。


マネジメントとして最も大切なのは、上司が部下のお手本になること。自分は何に興味を持っているのか、その結果、どこまでやり抜いたのか。どのような失敗があり、どうそれに立ち向かっていったのか――そういう、自分自身の話を部下に話すのが上司の役目。


やり抜く力を持っている人と相対すると、「一途でひたむき」といった印象を受けることは少なくありません。でもそれは、彼らが継続して続けている物事があるだけでなく、自分のウィークポイントを克服しようと、その一点に重点的に取り組む傾向があることも大きく影響しています。ただ漫然と練習をするのではなく、目標に向かって効率的な方法で努力を積み重ねるのも彼らの持ち味なのです。


やり抜く力を育てるための習慣づくりは、どんなに小さなことでもかまいません。毎日、一つ目標を立て、昨日より上達すべく努力するのです。むしろ、小さければ小さいほど継続しやすくて望ましいといえます。一日にどれだけの量をこなしたとか、どれほどのパワーを注いだかではなく、充分な日数を費やして一つのことを続けていくことが最も大切なのです。


成功者は自分を顧みる習慣を持っています。やり抜く力を持つ人の多くは非常に内省的で、物事の表層を捉えて反応するだけでなく、「今日はどうだったか、この先どうなるか」と、人生について熟考する力を持っています。内省する力や習慣を持ち、今日のやり方が間違っていたら明日はこうしよう、など自分自身で軌道修正していかなければなりません。


アンジェラ・ダックワースの経歴・略歴

アンジェラ・ダックワース。アメリカの心理学者。ペンシルベニア大学心理学部教授。ハーバード大学神経生物学専攻卒業。マッキンゼー勤務、公立中学校数学教員などを経てペンシルベニア大学心理学部教授。「グリット(やり抜く力)」研究の第一人者。

他の記事も読んでみる

高橋大輔(フィギュアスケート)

世界で一番になれば、どんな景色が見えるんだろうと思ったんです。ソチ五輪までの2年間は競技人生で最も苦しい期間でしたが、「五輪までは何が何でもやろう」と自分で決めたので、最後まで滑りきることができたのだと思います。


鈴木敏文

世の中の先行ニーズというのは毎日の中にある。砂っ原で砂金を拾いあげていくようなことが、マーケティングである。


久保田雅俊

自分でお金を生み出し続けることができれば、社会から求められているという実感が得られ、現役を退いても生きがいを感じられる。


島田昌幸

ネットやモバイルを、どう使いこなしていくかであって、ネットやモバイルに対して競争意識や競合意識を持つ必要はない。やはり、それぞれの違い、良さがありますので、それを使い分けていくことが第一です。


野坂英吾

何事も継続して積み重なっていくことを大切にしています。たとえばルールを作る上でも、それがきちんと継続できるものなのかどうかについて検討しています。


石原保

人生には四つの貯金というのがあります。第一に知識の貯金、第二に友人の貯金、第三に健康の貯金。そして、この三つの残高が大きくなると第四のお金の貯金が自然とできるものです。


関家一馬

様々な制度を導入しているのは、現状の業績というより未来の業績のため、変化に対して俊敏に動き続けられるようにしたいと考えてのことです。


高杉良

「これが最後かもしれない」という思いを常に抱えています。僕はデビューの前年、業界紙の記者をしているときに急性肝炎をやっています。入院し、余命宣告も受けました。33歳のときです。それからの1年は、僕にとって自分の生き方を変える、本当に大きな転機となりました。僕自身、この日を境に物事を1つ1つ、短いスパンで考えるようになりました。命がいつまでもあるものだとは思わず、目の前のことに集中し、悔いのないように生きよう、と。


ハーマン・サイモン

ある日本の大手グローバル企業のマーケティング担当者にプレミアム価格をつけて売るようご提案しましたが、部門のトップは「しかしそれではシェアを失う」と言いました。全員そこで沈黙です。その企業では自発的にシェアを諦めるというのは絶対にタブーなのです。


長島徹

帝人の歴代社長は逆張りをしてきました。景気が悪いときは設備投資が安くできますから、景気が悪くなって業績が下がったときこそ積極的に動く。好景気のときは長く続かないだろうと考えて、将来に備えていろいろな仕掛けを仕込んでおく。こうした逆張りの経営ができるか否かは、経営者の勘と度胸にかかっています。