名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

アンジェラ・ダックワースの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アンジェラ・ダックワースのプロフィール

アンジェラ・ダックワース。アメリカの心理学者。ペンシルベニア大学心理学部教授。ハーバード大学神経生物学専攻卒業。マッキンゼー勤務、公立中学校数学教員などを経てペンシルベニア大学心理学部教授。「グリット(やり抜く力)」研究の第一人者。

アンジェラ・ダックワースの名言 一覧

興味深いことに、やり抜く力が旺盛な人は、決して飽きるということを知らない。常に新しい側面を見いだしていく。


自由に仕事を進められることが、異論や創造性を生み出す源泉になる。


やり抜く力の特徴は4つ。興味、練習、目的、希望。


厳しいながらも、愛情と自由を与えることが、子供のやり抜く力を育てる。


自分自身に関する第三者の意思決定をありがたがる人はいない。より大きな自由(裁量)を与えれば与えるほど、人間の力やモチベーションは引き出されていくもの。


誰もが鉄人と同じである必要はありませんが、やり抜く力を体現してくれる人たちはいいお手本になる。


興味を持ち続けるためには、同じことに取り組むにしても、新しいことや違うことを見つけ出そうと心がけることが大切。


成功者の多くはコーチやメンター(師)を持っています。自分がやったことへのフィードバックは、自分だけではできません。ノーベル賞受賞者のメンターが付いていれば、ノーベル賞を取りやすくなるように、人から助言をもらうのが賢明です。


私自身、大学で学生たちのお手本になるように心がけています。私も完璧ではないと学生たちに話します。失敗して倒れ、再び起き上がるまでの過程も含めたエピソードを伝えることで、やり抜く力とは何なのかを彼らに感じ取ってもらえたらと考えているのです。


進んで一生懸命やりたいと思い続けられるような、得意なものを選ぶべき。やり抜く力は情熱の問題。目標に向かって創造性を発揮するには、絶えずそのことを考えているくらい好きでなければダメ。


そのことが好きで道を究めようとする人には、「どこまでやり抜けばいいのか」という意識すらありません。彼らには決して終わりがないのです。「これで頂点に立てた!」と考えたり、一定のレベルに到達しようとしたりするのではなく、「前進し続けるのみ」といった人ばかりです。


子供の成功と親の愛を引き換えにしてはいけません。ハーバード大学に入れなかったら、親から愛されないなどというのは、子供に健全なことではないでしょう。大切なのは、常に進歩し続けられることを子供に理解させることなのです。


私は常に研究のことを考えていますが、義務感からではなく、好きだからやっているのです。興味なしに長年続けても、やり抜く力があるとは言えず、偉業も生まれません。とはいえ、何に興味があるか、最初の時点でわからないこともありますので、拙速に投げ出すべきではありません。


私の研究室では、会議の最後に「次回は~しよう」「~は有用だった」という表現を使うことが習わしになっています。これにはもっと上達できるという意味が込められています。


マネジメントとして最も大切なのは、上司が部下のお手本になること。自分は何に興味を持っているのか、その結果、どこまでやり抜いたのか。どのような失敗があり、どうそれに立ち向かっていったのか――そういう、自分自身の話を部下に話すのが上司の役目。


やり抜く力を持っている人と相対すると、「一途でひたむき」といった印象を受けることは少なくありません。でもそれは、彼らが継続して続けている物事があるだけでなく、自分のウィークポイントを克服しようと、その一点に重点的に取り組む傾向があることも大きく影響しています。ただ漫然と練習をするのではなく、目標に向かって効率的な方法で努力を積み重ねるのも彼らの持ち味なのです。


やり抜く力を育てるための習慣づくりは、どんなに小さなことでもかまいません。毎日、一つ目標を立て、昨日より上達すべく努力するのです。むしろ、小さければ小さいほど継続しやすくて望ましいといえます。一日にどれだけの量をこなしたとか、どれほどのパワーを注いだかではなく、充分な日数を費やして一つのことを続けていくことが最も大切なのです。


成功者は自分を顧みる習慣を持っています。やり抜く力を持つ人の多くは非常に内省的で、物事の表層を捉えて反応するだけでなく、「今日はどうだったか、この先どうなるか」と、人生について熟考する力を持っています。内省する力や習慣を持ち、今日のやり方が間違っていたら明日はこうしよう、など自分自身で軌道修正していかなければなりません。


アンジェラ・ダックワースの経歴・略歴

アンジェラ・ダックワース。アメリカの心理学者。ペンシルベニア大学心理学部教授。ハーバード大学神経生物学専攻卒業。マッキンゼー勤務、公立中学校数学教員などを経てペンシルベニア大学心理学部教授。「グリット(やり抜く力)」研究の第一人者。

他の記事も読んでみる

板井徹

タスク管理にマインドマップを使っています。TODOリストだとチェックする回数が増えて、逆に効率が悪いんです。マインドマップだと一目瞭然で、こなせる仕事量が1.5倍に増えました。


古舘伊知郎

思い返せば、僕の30~40代は欲深かったですね。もちろん、今もそうではありますが、今以上に仕事に貪欲でした。29歳でテレビ朝日を辞めて、フリーになりました。もっと売れたい。有名になりたい、モテたい。そんなことばかり考えてギラギラしていました。


三木雄信

日本人の感覚では、同じことをあまりに何度も繰り返すのはスマートではないと思いがち。だが、決してそんなことはない。繰り返すことで「ここが大事なんだな。だから繰り返しているんだな」と聴衆に伝えられる。


林信秀

現場が活躍できるよう本部は黒子に徹する。それが、お客様から評価され、みずほの成長につながる道だと考えています。


森川亮

成長するためには、優先順位をつけることが大事。仕事ができない人というのは、優先順位がつけられないという本質的な問題があるので、それを指導しないといけません。


鈴木博之(経営者)

本来、ベンチャーは失敗の積み重ねから生まれるものです。仮に資金を提供するにしても、失敗の可能性を念頭に置いて出資する度量も必要でしょう。


コリン・アングル

経営資源の20~30%を2年後を見据えた中期的開発に投じるのは、「賭け」にも似た非常に難しい判断です。アイロボットはリモートプレゼンスなど、この部分に多くの投資をしています。きちんとコミットした経営者の存在こそが、当社の特筆すべき強みです。


原田泳幸

記者が「もういい」と言うまで、記者会見を毎日開きました。問題点は徹底的に調べて説明する。改善点も報告する。逃げも隠れもしません。しかも、赤いネクタイをしていきました。謝罪会見では、落ち着いた青系のネクタイを締めた役員一同が、ずらりと並んで頭を下げる。それがリスクマネジメントのセオリーです。でも、そうしなかった。浮足立って不安になっている社員やクルーたちをますます不安にさせるだけだと思ったのです。
【覚書き|フランチャイズ加盟店1社がサラダの賞味期限シールを勝手に貼りかえるという事件が起こったときを振り返っての発言】


神野直彦

要するに、新自由主義というのは、共同体的人間関係から解放された、自分さえよければ何をやってもいいと考える打算的人間観とでもいうようなものを前提としています。しかし、自国の経済状態を改善するために他国の経済状態を悪化させるような経済政策をとる「近隣窮乏化政策」のようなことをし始めたら、当然、他の国々もそれに対抗するような措置を取りはじめますので、憎しみがどんどん深まっていきますよね。


田母神俊雄

自衛隊では、「私心をなくせ」とよく教えられるのですが、それはなかなか難しい。私も入隊したてのころは、私心を捨てることができないと真剣に悩んだものです。30代半ばに、私心を捨てるのは無理だと悟りました。そうではなく、自ら私心を認めたうえで、少しでも多くの国家・国民のことを考えようと発想を変えたのです。


有田浩之

私の場合、とくに数字を意識する努力をしていたわけではありません。強いてあげるなら、ポートフォリオマネジャー時代の経験を通じ、感覚が磨かれた部分が大きいでしょう。たとえば、市場で買った商品の価格は必ず覚えています。それは、どれも悩みぬいて決めたからでしょう。


北條一浩

従来、書店では「政治経済」「ビジネス」「外国文学」など、棚をジャンルごとに分けていました。今もそうした店が多数派ではありますが、最近はキーワードごとに並べる店も増えてきています。たとえば「星」というキーワードで集められた棚には、天体図鑑や学術書もあれば、エッセイや「星の王子さま」もあり。「日本語」ならば、言語学や民俗学から、方言の本や詩集までが同時に見渡せる、といった具合です。さらに、関連の雑貨などが置かれていることも。その棚を見ていると、一つのキーワードから同心円状に発想が広がり、ワクワクしたり、知識欲が刺激されたりするでしょう。