名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アレン・マイナーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アレン・マイナーのプロフィール

アレン・マイナー。アメリカ人経営者。「日本オラクル」社長。ユタ州出身。ブリガムヤング大学卒業後、オラクル米国本社に入社。その後、日本オラクル初代社長に就任。米国本社副社長を務めたのち、「サンブリッジ」を創業。

アレン・マイナーの名言 一覧

海外で成功する秘訣は「郷に入っては郷に従え」。


たとえ現状で利益が出ない状態でも、成長のための組織構築、商品開発などを続けられれば、いつかは大きな利益が出る。


壁にぶつかった時に乗り越えるには、自分たちの持っているビジョンに対する情熱で乗り越えるしかない。


ベンチャーへの投資で重要なのは、IPOの時期ではなく、利益がでない状態でもトップライン(売上)が30~40%伸びていて、今後も成長を続けられる見込みがあるかどうかだ。


アレン・マイナーの経歴・略歴

アレン・マイナー。アメリカ人経営者。「日本オラクル」社長。ユタ州出身。ブリガムヤング大学卒業後、オラクル米国本社に入社。その後、日本オラクル初代社長に就任。米国本社副社長を務めたのち、「サンブリッジ」を創業。

他の記事も読んでみる

浜田宏幸

販売店舗、在庫店舗、EC事業部が自分たちの都合を主張しあうのではなく協力しあえば、お客様に喜んで頂ける。


杉原博茂

現状維持では永続できないという危機感を社員に持たせつつ、「何のために変わるのか」という志も大事にしてもらいたい。


佐藤孝幸

時間を損切りできず、チャンスを逃してしまう人が少なくありません。株式投資では、保有株の株価が下がったときに損を承知で確定させるのはもったいない気がしますが、そこが落とし穴です。下がり続ける株に固執するより、見切りをつけて他の有望株に資金を移したほうが、トータルで儲かる可能性は高くなります。これは時間も同じです。


宮沢俊哉

熱意が重要だということは職種を問わず言えることですが、営業などはとくに結果が鮮明に出やすいですね。なまじ知識があるベテランは常識的判断に基づいて、「そのご予算では難しいです」と言ってしまうところでも、やる気勝負の新人は「考えてみます!」と答える。結果はどうあれ、その姿勢はお客様の好感につながります。それが積み重なれば、ときにはベテランを超えるような成果を出せる。やる気には、そんな大逆転の可能性があるのです。


加藤俊徳

「歳をとると忘れっぽくなる」とよく言われますが、これは歳をとるから記憶力が低下するのではなく、年齢を重ねることで新しいことを覚える必要性が低下し、その結果、頭を使わなくなるから、記憶力が低下するのです。つまり、脳を成長させるためには、脳を常に働かせる必要があるのです。いろいろな人と交流したり、新しいことにチャレンジしたりして、脳にできるだけ多くの刺激を与えることが大切です。


ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

受け身のCSR(企業の社会的責任)ではなく戦略的CSRへと大きく舵を切らなければなりません。将来のビジネスリーダーは利益を追求しながら、エネルギー問題や医療福祉問題など、社会の抱える難題を解決する必要があります。


坂根正弘

リーダーはやれることをすべてやるべきです。コスト削減だけして嵐が過ぎるのを待つとか、逆に成長を目指すからにはコストは温存しておいてもいいとか、甘いことを言っているとすぐ手遅れになります。会社を改善したければ、コストも成長も考えられることはすべてやる。それがリーダーに課せられた使命です。


佐藤芳直

コンサルティングをしていて一番うれしいのは、顧問先からの「おかげで代をつなぐことができます」という言葉です。また「世の中にないものができました」という喜びの声です。例えば、全国80ほどの洋菓子店で採用されている「ラボ」もそうです。これはお客様が自らバースデーケーキを作れる店内スペースのことです。直接お店の利益向上に貢献するものではありませんが、子どもが親へ、親が子どもへケーキを作ることで、そこには必ず思い出や感動が生まれる。それが生涯顧客の創出につながるのです。


佐治信忠

中国の古い言葉に「和して同ぜず」とあるが、日本と中国が互いに異なる個性・長所を尊重しながら緊密に連携・協力していくならば、両国が一層の成長を遂げ、グローバル化時代のアジアと世界の発展に、大きな役割を果たせるものと信じている。


小杉俊哉

マネジャーとは組織上の役割のことで、簡単に言えば社長、部長、課長といった役職を意味します。一方のリーダーは、あくまで個人の名前で機能するもの。そのため、どんなに地位が高くても周囲がその人を信頼していまければ機能しません。逆に言えば、役職や肩書に関係なく、誰もがリーダーシップを発揮することができるわけです。


樋口裕一

意思決定することに、上司の存在意義がある。


岩崎日出俊

忘れてはいけないのが、「稼ぐ力」を鍛えること。いずれ年金の支給開始年齢が70歳になれば、70歳まで働くのが一般的になります。では、その年齢になっても価値を生み出せる仕事ができるか。資産運用とともに自身の能力を磨き続けることが、老後のお金の不安を解消する第一歩です。