名言DB

9429 人 / 110879 名言

アレン・マイナーの名言

twitter Facebook はてブ

アレン・マイナーのプロフィール

アレン・マイナー。アメリカ人経営者。「日本オラクル」社長。ユタ州出身。ブリガムヤング大学卒業後、オラクル米国本社に入社。その後、日本オラクル初代社長に就任。米国本社副社長を務めたのち、「サンブリッジ」を創業。

アレン・マイナーの名言 一覧

海外で成功する秘訣は「郷に入っては郷に従え」。


たとえ現状で利益が出ない状態でも、成長のための組織構築、商品開発などを続けられれば、いつかは大きな利益が出る。


壁にぶつかった時に乗り越えるには、自分たちの持っているビジョンに対する情熱で乗り越えるしかない。


ベンチャーへの投資で重要なのは、IPOの時期ではなく、利益がでない状態でもトップライン(売上)が30~40%伸びていて、今後も成長を続けられる見込みがあるかどうかだ。


アレン・マイナーの経歴・略歴

アレン・マイナー。アメリカ人経営者。「日本オラクル」社長。ユタ州出身。ブリガムヤング大学卒業後、オラクル米国本社に入社。その後、日本オラクル初代社長に就任。米国本社副社長を務めたのち、「サンブリッジ」を創業。

他の記事も読んでみる

柳楽幸雄

当社の主力製品はフイルムやシートですが、多くの機能や価値を埋め込んでいるからこそ、様々な応用を見つけて広がってきました。次々と新しい価値を創造した結果が、1万3500種類もの製品群になっているわけです。これが他社には真似のできない強みです


ジェームズ・アレン(自己啓発)

ダイヤモンドを採掘するとき、大量の土をふるいにかけて取り除くように、精神の採掘者は、心の鉱山に集積した思い込みや憶測をふるいにかけて取り除かなければなりません。そうすることで、「真実の原石」を見つけることができます。その原石に磨きをかけることによって、知恵と精神の深みが増していくのです。


奥山清行

ヨーロッパのカーデザインの世界の中で僕がデザインコンペにおいて想像以上に早く成果を出せた理由は、アメリカで管理職を経験し、仕事を発注する側の視点を持っていたからでしょう。人様にお金をいただき、顧客の意図を形にするという仕事に際しては「自分の表現」の優先順位は低いんですね。はじめから自分のためだけの仕事をしていてはダメでしょう。それは最後に生きてくるところなのですから。


中山悠

いままさに日本の乳業の競争環境はこうなると思った通りになりました。世界の大企業は市場支配を広げようと国境を越え統廃合に動いている。変化が激しいから先が見えたんです。波もなく平穏だと、逆に将来予測が難しい。5年後も変わっていないのでは社員を鼓舞できません。


松尾均

チェック式のアンケートは、お客様の満足度を数字に置き換えて集計することができます。しかし、その数字にはあまり意味がありません。むしろ、情報をデジタル処理することで、一人一人のお客様の顔が見えなくなる危険性が高いのです。弊社のアンケートはがきは、「旅行」と「サービス」という2つのテーマだけを設け、あとはお客様に自由に記述していただく形にしています。お客様に自由に書いていただくことを重視しています。


山本良一(経営者)

当社は今年、「くらしのあたらしい幸せを発明する。」というグループビジョンを設定いたしました。暮らし方、楽しみ方の両方で、どんどん新しいことをお客様に提供していくにはどうしたらいいのか。百貨店の魅力というのは、非日常の空間であったり、新しいものに触れるワクワク感だったりすると思うんです。新しいビジョンに「発明」という言葉を使ったのは、発見とか提案と言われてもお客様に大して刺激を与えることができない。お客様に「え、こんなものがあるの?」とか「こんなことができるの?」と言ってもらえるように、新しい何かを発明していく。そういうレベル感でやっていこうと。


富野由悠季

いまの職場は自分に合っていないからビリッケツでいいんだという人は、実を言うとビリになることに慣れていますから、どこの業界に行ってもビリです。目の前のことをできない人が、何もわからない他の業界で成功するわけがありません。いまの自分のいるところでまず頑張ることが生きることだと思います。


高島宏平(髙島宏平)

まだまだお役に立てることはあるのに、と不甲斐なく思うことはあっても、何かを成し遂げたという感覚はまったありません。むしろ、さらにチャレンジできる幸せを強く感じています。


鈴木修

かつて大企業といえば、資本金や人員数、売上高、歴史、利益といったものさしで判断することができました。ところが現在では、そうしたものさしだけで大企業だと判断することはできません。業界でシェアがナンバーワンかどうか、すなわちプライスリーダーであるかどうかが肝心です。たとえ小さな規模でも、強い個性や特色を備えた商品で、極めて高い市場シェアを持つ会社こそが大企業であると言えると思います。スズキはまだその域に達していません。


美輪明宏

自分一人が暮らすのなら、そこそこあればいいではないですか。それを、もっと増やそう、もっと増やそうと利益を増やして、死んでしまったらあの世にどうやって持っていくのでしょうか。