名言DB

9425 人 / 110833 名言

アレン・アイバーソンの名言

twitter Facebook はてブ

アレン・アイバーソンのプロフィール

アレン・エザイル・アイバーソン。アメリカのプロバスケットボール選手。バージニア州出身。スタープレーヤーとして活躍し、数々の記録を作った。

アレン・アイバーソンの名言 一覧

大切なのは身体の大きさではなく、ハートの大きさだ。


マイケル・ジョーダンであっても尊敬しない。(気持ちで負けてしまうから)コート上で尊敬の念を持ちすぎるのはよくない。コートを離れれば尊敬している。


アレン・アイバーソンの経歴・略歴

アレン・エザイル・アイバーソン。アメリカのプロバスケットボール選手。バージニア州出身。スタープレーヤーとして活躍し、数々の記録を作った。

他の記事も読んでみる

大島武(学者)

プレゼンなどアピールをしっかりとすべき場で必要となるテクニックが以下の5つ。これらを心がけていれば、自分の主張は相手に必ず届くはず。

  1. 話の概要など大枠から話す。
  2. 内容や期日、数字など、具体的に話す。
  3. 自分の意見に自信を持って話す。
  4. 相手が聞き取りやすいようにゆっくり話す。
  5. 相手の知っていることにうまく絡めて話す、相手の土俵に立って話す。

キング牧師(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア)

もし明日、世界が砕け散ってしまうとしても、私は自分のりんごの木を植え続けることでしょう。


山岸舞彩

時間が許せば、3~4日間、インタビューをする人についてずっと書き続けています。書くことで、相手のことを覚えられるし、頭が整理されるんですよね。また、そのノートを相手の前でペラペラと見ていたら、「お、こんなにやってくれているんだ」と思ってもらえるかなぁ、という淡い期待もあります(笑)。それに、書いたものを見返せば「私はこれだけ調べたし、考えた!」と自信が持てる。すると、インタビューにも自信を持って臨めます。


鈴木茂晴

会社の中にはいろんな部署がありますが、どの部署にもその道一筋という人がいるものです。引受の部長になった時には、入社以来ずっと引受をやっているという部下もいました。歴代の部長もほとんどは叩き上げで、他の部署からやって来た人間なんていない。引受業務の知識については、全くかなわなかったですね。でも、若い頃に営業を経験してきているので、こんな商品だ、サービスだと部下が提案してきても、それが売れるかどうかという勘が働くんです。発行体はそれでいいかもしれないけれど、お客様は買わないよ、と。そういうところは武器になりましたね。


樋口健夫

絶対に仕事を取るためには、アイデアを一揉み、二揉みしないといけない。


所ジョージ

楽しむ秘訣は「昔だったら持ち上げられた」とか「こんなに疲れなかった」みたいに、若い頃と比較しないこと! いまの私は60を過ぎてるんだから、30代40代の自分と同じようにはできなくて当たり前ですよ。そこを振り返っても、衰えているのは事実。それなら、いまの年相応のやり方を面白がろうよ。誰だって年を取るんだから。自分だけが年を食うわけじゃないしね。同世代と比べて元気なら、十分に喜ばしい。


小池修一郎

芸術家でも経営者でも、地位や名誉を有してなお、自分を活性化し続けられる人はそういません。


佐治信忠

経営者にとって一番大事なのは勘ですよ、勘、この勘が働くかどうか。聞いたってうまくいかないじゃないですか。市場の声を聞けばうまくいくというのなら、誰にでもできる。自分でやらないと仕方ないし、相談したって駄目。問題は経営者の器量でしょう。すぐ誰かに聞いたってできません。僕も誰にも聞かないし。


菊入みゆき

モチベーションが下がることは決して悪いことではありません。下がるときには、「身体が疲れている」「少し考え直したほうがいい」といった、必ず何らかの理由があります。そのことが理解できると、モチベーションが下がっても「これは何かのサインなのかな?」「少し休んでから、自分を高めていこう」と考えられるようになり、自分の中に工夫が生まれます。


井筒和幸(映画監督)

捨てるものがないくらいの気持ちになれば、お金に頼ろうて思わへんよ。