名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アレックス・ファーガソンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アレックス・ファーガソンのプロフィール

アレックス・ファーガソン。プロサッカー選手(FW)、サッカー指導者。スコットランド・グラスゴー出身。現役引退後、アバディーンFC、マンチェスター・ユナイテッドなどで監督を務めチームを優勝に導いた。

アレックス・ファーガソンの名言 一覧

期待は常に目の前にある。


一人の選手にとって、そして、いかなる人物にとっても、よくやったと言われることほど価値ある言葉は存在しない。


アレックス・ファーガソンの経歴・略歴

アレックス・ファーガソン。プロサッカー選手(FW)、サッカー指導者。スコットランド・グラスゴー出身。現役引退後、アバディーンFC、マンチェスター・ユナイテッドなどで監督を務めチームを優勝に導いた。

他の記事も読んでみる

谷平優美

自戒も込めて思うのは、働きやすさを求めるならば、成果も出すべきだということです。働くママが、時短勤務に甘えて、成果も出さずに早く帰るとなると、「だから女性は……」と言われて、女性活用の流れが逆行しかねません。働く人の自覚あってこその働きやすさだと思います。


岡田克也

海外で働いたり学んだりするチャンスがあれば、ぜひ積極的に手をあげましょう。海外に行けば、外国語を学べたり異文化に触れるというメリットがありますが、それ以上に大切なのは、自分のことや日本のことを客観的に見つめ直せる点です。


前澤友作

業績が好調なのは、派手な広告やキャンペーンを極力控え、サイトの本質である良い商品を調達し、サイト上での訴求力向上に努めると同時に、注文が入ったらいかに迅速にお客さまの手元に届けるかといったECサイトの基礎体力とも言うべき部分に原点回帰したのが要因。


北条司

主人公と作者を重ねる方が結構いるんです。単純に作品を見てほしいんだけど、作家に興味を向けられるとちょっと困るなって。だからあんまりメディアには露出しないようにしてるんですよね。がっかりさせても悪いなと思うんです。「『シティーハンター』を描いた人ってこんなやつなの?」みたいな。


木川眞

お客様に褒められることがエネルギーになっている。海外でも、こんなにお客様が喜んでくれると。お客様が褒めてくれるということはものすごい社員教育なんです。


大野直竹

石橋(信夫)オーナーの言葉や考え方の中にある「世の中のためになることをやる」というのは絶対崩してもらいたくないし、崩せないと思う。そうした言葉や方針を僕らが体の中に入れて消化させ、時代に沿った経営をしていくべきです。


林田英治

労働組合の役員を務めたが、大変勉強になった。旧川崎製鉄本社の組合員は気性が激しいことで有名。そのため難しいところがあったが、理屈を明確にして誠実に説明することで理解してもらえた。この経験は、その後の海外との提携交渉などでも活きた。


坂根正弘

学びの成果を「できない理由、ダメな理由」を考え発信するのではなく、「本質に向かって何ができるか」を考え行動する人になってほしい。


下村朱美

採用の際、人事部に伝えていることがあります。それは「卑賤(ひせん)な子は採ってはならない」ということです。卑賤とは、嘘をついたり、逃げたり、自分勝手で人を思いやることができないことです。お天道様の下、堂々と天下の王道を歩んでいける子たちと一緒に働きたいと思っています。もう1つ伝えていることは「最後は、お客様の顔を思い浮かべるように」ということです。お客様がいいと思う子、お客様に喜んでいただける子を採用するようにということです。


妹尾勲

ダイレクトマーケティング支援の事業は、顧客の反応もいいし、この仕事は今後、成長すると確信したのですが、広告代理店とは事業風土が合わず社内ベンチャーとして立ち上げたのです。


大串亜由美

プレゼンの目的は、聴き手に聞いてもらうことではなく、聴き手を動かすことです。そのためには、プレゼンのオープニングで聴き手に参加してもらうことがポイントになります。「若輩者で恐縮ですが」「話が下手で申し訳ないのですが」といったマイナスのエクスキューズから入ってしまうのは禁物。最初に「話を聞かなくていい理由」を与えてはいけません。そうではなく、「来週の役員会でお役立ていただけるよう、ぜひとも聞いていただきたいお話をおもちしました」というように、「話を聞く理由」を渡しましょう。


水野哲也(経営者)

最初から質を求める、収支を高める経営方法もあり、そちらのほうがリスクは少ないかもしれません。ただ、当社はまだまだ発展途上の会社であり、その考えは現段階では馴染みません。質を求めるためにも、まずは仲間を集め、ワークグループをするなどしていろいろなアイディアを出し合い、私の知識・経験を全員に教えて、人材を社内で育て安定した地盤を築く必要があると考えています。