名言DB

9429 人 / 110879 名言

アレックス・ゴルスキーの名言

twitter Facebook はてブ

アレックス・ゴルスキーのプロフィール

アレックス・ゴルスキー。アメリカの経営者。「米国ジョンソン・エンド・ジョンソン」CEO(最高経営責任者)。ウエストポイント陸軍士官学校卒業後、ジョンソン・エンド・ジョンソン子会社「ヤンセン・ファーマスーティカ」に入社。医薬品営業に携わる。その後、ノバルティス子会社勤務を経て、ジョンソン・エンド・ジョンソンに入社。副会長を経てCEO(最高経営責任者)に就任。

アレックス・ゴルスキーの名言 一覧

大事なのは、成功し続けること。


患者や消費者のニーズを満たすために、幅広い分野で事業展開を進めてきたジョンソン・エンド・ジョンソンにとって、イノベーションは「ハート」とも言える根幹です。


ただ闇雲に事業を広げていても、意味がありません。どこに重点を置いて競争していくのかということは、しっかりと見定める必要があります。そこで、いくつかの明確な基準を決めました。


自分たちに既に大きな実績があり、魅力的な存在であれば、さらに魅力的なパートナーが付いてきてくれます。


私はジョンソン・エンド・ジョンソンから4年間離れていました。さまざまな新しいことを学ぶ良い機会を与えてくれました。他社での経験があったからこそ、より良いリーダーになれたのだと思っています。


確かに過ちを犯すこともあります。ですが、そのような困難な時こそ、真の意味でクレドが役に立つのです。つまり、クレドがあることによって我々がどういう決定をすべきであるかという答えを導き出すことができるのです。


研究開発投資の成果が出てくるのは5年から10年先になると思いますが、イノベーションは将来を見通した上で絶対に必要な要素であることは間違いありません。そのときには私はもうCEOではないかもしれませんが、何らかの形で長期的に関わっていくつもりでいます。


私はCEO(最高経営責任者)就任以降、会社のどの部分を進化させて、どの部分を残すかということを常に考えてきました。


真のパートナー企業と出合えるかどうかは我々の戦略上、重要な要素になっています。


インターネットが普及した今の時代、企業に必要なのは各分野の専門家とのつながりです。著名な研究者や学術関係者と常にコンタクトを取り続ける姿勢がないと成り立ちません。


評価を数値化して測定しています。例えば、部下を何人昇進させて新しい役職を与えたかといった指標で実績を評価します。


人材育成では、当たり前なのですが、最も重要なのは良い業績を上げたかどうかという点です。仕事がやりやすい環境で着実に成果を上げたか、非常に厳しい市場で奮闘したか、良い状態の組織を作り上げたか、もしくはそうではない組織を少しでも改善させたか。社員の立場によって状況は異なりますが、できるだけ客観的に評価します。


買収した企業に哲学を根付かせるために重要な役割を担うのが買収先の企業に派遣された経営幹部やリーダ一です。彼ら、彼女らがどのようにクレドに基づいた働き方を実践しているのか、買収先の社員に直接見てもらうことで、「生きた見本」になるのです。1~2年かけて価値観を共有できたかどうかを常に確認しています。


企業を買収した際には、哲学を共有してもらうために時間と労力を割きます。


クレドは創業者がつくった信条のことで、責任をうたっています。その対象は患者であり、地域社会であり、社員、そして株主でもあります。そこには我々の価値観や哲学、期待、希望を盛り込んでいます。単なる壁に貼ったお題目ではないのです。


新しい分野の基礎研究を外部と共同で進めれば、複数の視点から洞察するため、ユニークなアイデアが出てくる確率が高くなる。そのアイデアをすくい上げて、今度は我々の開発チームが実際の医薬品へと仕立てていく。そこにオープンイノベーションの大きな可能性を感じています。


我々がマーケットリーダーであるのか、もしくは既存技術に対して補完的な働きができる分野なのか。将来的に会社の競争力を高める方向に導いてくれるものか――。これらの基準に合致しない事業や技術は、むしろ他社の手にゆだねたほうが、事業そのものとしてはさらなる成長が期待できるのではないか。そういった事業を手放すことで、経営資源を集中させられるのではないか。


アレックス・ゴルスキーの経歴・略歴

アレックス・ゴルスキー。アメリカの経営者。「米国ジョンソン・エンド・ジョンソン」CEO(最高経営責任者)。ウエストポイント陸軍士官学校卒業後、ジョンソン・エンド・ジョンソン子会社「ヤンセン・ファーマスーティカ」に入社。医薬品営業に携わる。その後、ノバルティス子会社勤務を経て、ジョンソン・エンド・ジョンソンに入社。副会長を経てCEO(最高経営責任者)に就任。

他の記事も読んでみる

此本臣吾

誠実にとことん向き合う姿勢は当社の強みで、守っていかねばならない。


本田宗一郎

「得手に帆を揚げて」とはよく言ったもので、得意な道を一生懸命に打ち込んでおりさえすれば、チャンスは必ずある。


貴島孝雄

儲からなければ続けられない。経営者がお金に対してシビアでなければ、世の中に長く愛されるモノになりません。


石橋貴明

とにかく、やれることと言えば、ボクシングに例えるなら、手数を出すことだけ。当たるか当たらないかを考えずに、ひたすらパンチを繰り出し続けたんです。何十発も出し続けて、ようやく当たるぐらい。それも、偶然、当たったようなパンチじゃ相手は倒れないし、腰の入ってないパンチを打っても効果がない。自分のフォームは固まってないし、どうすれば相手の急所を突けるかもわからない。でも、パンチを出し続けていないと、こっちが殴られてノックアウトですよ。「もう、とんねるずは要らない」って仕事に呼ばれなくなってしまう。それが怖いから、リングに上がって手を出し続けているうちに、「こういう風にすれば、一発で倒れるんだ」とか、「こういうコンビネーションを使えばうまく当たる」とか、わかってきたんですね。そこで少し自信をつけて、新たな仕事に向かう。そのリングで、またひたすら手数を出し続ける。ずっとそのくり返しですね。


柳井正

顧客の要望に応え、顧客を創造するということが、アパレル業界はできていません。残念ながら、ほとんど作る側の思い込みでした。反対にお客様は「生活に必要な道具としての服」という感覚になっている。だから業界とお客様の感覚が根本的にずれ、要望に添った商品を開発してきませんでした。我々はずっと、要望に応えることを考えてきたので、今こそ世界中で伸びていけると思っています。


千葉智之

自分を追い込んでやる気を出す方法も効果的です。僕は切羽詰まらないと行動を起こさないタイプなので、仕事にデッドラインをつけて、取り組まざるを得ない状況を意識的につくっています。取りかかる前は面倒に思えた仕事も、いざやってみると気分が乗ってくるケースが多いものです。


小林一雅(小林製薬)

提案を現場に対して押しつけるだけではいけません。管理職や経営陣は、社員からの提案をきちんと読んでフィードバックします。良ければ次の商品や会社の運営に改善が盛り込まれます。提案はポイント化され、成績優秀な社員はトップが開く夕食会に招き、ねぎらう。この繰り返しが商品を生み、会社を改善していくのです。


舞の海秀平

「さぞがしプロの世界は、厳しい稽古をしているのだろう」と期待に胸を膨らませて入門しましたが、学生の頃とほとんど変わりませんでした。学生時代の方が徹底的に生活が管理されていましたが、逆にプロの世界は、門限を守らなくてもよく、何をやっても自由でした。怖くなりました。この自由に流されたら、力士としての人生は絶対に終わる。自分を律することが必要だと。


藤本篤志

ビジネス環境の変化にともない、営業に求められるスキルも変わりつつあります。その変化についてひと言で言うならば、「人間関係に依存した営業の時代は終わった」ということです。背景にあるのは、企業のコンプライアンス意識が高まったことです。今までは「社長が気に入っているから」「恩のある会社だから」という理由で、取引先を選んでいたかもしれません。しかし、今ではコンプライアンス意識から、「同業他社との比較」「コンペ開催の有無」などが確認される時代です。昔は、商品の情報は営業マンの持ってくるパンフレットだけが頼りでした。しかし、今は検索すれば様々な情報がすぐに手に入り、ライバル社との比較やクチコミなども確かめることができます。仲のいい営業マンが言っているから、とすべて信用してもらえる時代ではありません。ただし、人間関係を軽視して良いわけではないのです。顧客と直接会うことで担当者の人柄、趣味など周辺環境を把握するとともに、その人の発想や価値観を知っておくことは必要です。


ケリー・マクゴニガル

日々こなしている作業と、「(その作業を通して)どんな経験を積みたいか」「自分の強みをどう(その作業に)生かしたいか」という「(自分の)価値観」とを関連づけ、意義あることをしていると感じられる時間が増えるように、作業内容を定義し直す。「自分のしていることに対する考え方」を変えることで、仕事で感じる意義や満足感を大きくすることができる。