名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

アレクサンドル・デュマの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アレクサンドル・デュマのプロフィール

アレクサンドル・デュマ。フランスの小説家、劇作家。「モンテ・クリスト伯(岩窟王)」「ダルタニャン物語シリーズ(三銃士、二十年後、ブラジュロンヌ子爵)」「王妃マルゴ」「黒いチューリップ」などの名作を残す。

アレクサンドル・デュマの名言 一覧

全体は個人のために、個人は全体のために存在する。


どんな女でも、本気になって口説くことを決心した男にはなびかずにはいられないように、人生というものも、それを元気よく口説く人間には、その最上のものを提供せざるを得ないものだ。


アレクサンドル・デュマの経歴・略歴

アレクサンドル・デュマ。フランスの小説家、劇作家。「モンテ・クリスト伯(岩窟王)」「ダルタニャン物語シリーズ(三銃士、二十年後、ブラジュロンヌ子爵)」「王妃マルゴ」「黒いチューリップ」などの名作を残す。

他の記事も読んでみる

糸井重里

宣伝費をかけるよりも、信頼される会社として世の中に認知された方が、企業イメージは高まり、消費者の購買意欲につながるケースも増えている。


トム・ピーターズ

超優良企業はコミュニケーションに力を入れている。例えば世界最大級のガラス製造メーカーであるコーニングは、新しいビルにエレベーターの代わりにエスカレーターを配置して、すれ違いざまに人と人が顔を合わせる機会を多くした。


谷原誠

ところで、これを読んでいるあなたは、「質問の効用」をどんなときに実感しますか?
……いま私の質問を読んで、あなたはとっさに質問の答えを考えてしまったと思います。よほどひねくれた人でない限り、それが自然な反応です。じつは、これこそが質問の機能なのです。質問することは相手の思考を支配することです。


生方正也

統計などの数字データなら、エクセルの表入力を行なうのも効果あり。最初は数字の羅列にしか見えなかったものでも、自ら入力することで推移や変化の意味が見えてきます。


松岡修造

自分で準備し、納得したうえで取りかかった仕事は、たとえどんな結果になったとしても、受け入れることができます。結果を受け入れられずにストレスを抱え込む事態に陥らないためにも、自分の意思を持って仕事に取り組むことは大切だと思います。


梅原誠

入社する前から希望していた、時計の開発か生産技術部門に配属されるものと信じこんでいたのに、フタを開ければ時計の部品をつくる機械の部署。しかも設計部門だった。僕は不器用で、とくに図面に線を引く作業が大の苦手。だから「設計なんてやってられない!」と、ずっとふてくされていた。ただ、ある日、図書室で見かけた『設計論』という本に「人生設計も設計だ」との言葉があった。考えてみれば単に線を引く作業ではなく、会社の仕組みや組織を考え、組み立てることもすべて設計。そう考えるようになると、仕事が楽しくなり、前向きに考えられるようになった。


徳岡邦夫

かつては、京都吉兆にも失敗を極度に恐れる空気が漂っていました。あるとき料理にふさわしい器を探して箱を開けたら、目当ての皿が割れていたことがありました。どうやら従業員が割ってしまい、叱られるのを恐れてそのまま箱のなかに隠していたようです。正直に報告してくれたら、あらかじめ新しい皿を用意することもできたはずですが……。ここで黙っていた従業員を責めても仕方がありません。もちろん皿を判ってしまって、それを隠すのはよくないことですが、問題なのはむしろ、失敗を言い出せない雰囲気をつくっていた職場のあり方です。


山本昌(山本昌広)

野茂(英雄)君がアメリカで引退を発表したとき、「悔いがある」って言ってたでしょう。わかるんです、あの気持ちが。いくら一生懸命やっていても、いざ引退となったら、悔いは残ると思うんですよ。その悔いを少しでも和らげるために、練習をはじめ、やれることだけはちゃんとやっていこうと。


大森ひとみ

人と会うときは第一印象に気を付けてください。初頭効果といって、一度目にあったときの印象が後々まで尾を引くからです。最初に「あ、感じのいい人だ」とか「元気のいい人だな」というポジティブな印象を与えていれば、少々粗相があっても悪く思われることはありません。反対に悪印象から入ると、挽回するのは難しいのです。


定保英弥

私が入社した当時は研修期間が1年半あり、その間、5ヶ所もの現場を回りました。客室の清掃、ベルマン、調理場での鍋洗いや卵割り、ウェイターなどです。今になって思えば、仕事の流れやスタッフの動き、そしてお客様の流れなどを直接学ぶ貴重な機会になったと思います。


枝野幸男

霞が関を総合調整するときの、各役所の癖があるわけですよね。この役所はこういうことに弱いとか、この役所はこういうふうに自分たちの主張を通そうとしてくるとか、そういう感覚は、あのときに知りました。役所によって全然感覚が違うのです。だから、相手を読んで先手を打つことを覚えました。

【覚え書き|内閣官房長官時代を振り返って】


楠木建

早いうちから商売を丸ごと動かせるような仕事を社内に用意し、「これは」というセンスのある人をそうしたポストに就けて経験を蓄積させていけば、その人たちがセンスのいい人に育っていく可能性はあります。逆にいえば、センスの良い経営人材は、そういう方法でしか生まれないと思います。