名言DB

9412 人 / 110637 名言

アレクサンドル・デュマの名言

twitter Facebook はてブ

アレクサンドル・デュマのプロフィール

アレクサンドル・デュマ。フランスの小説家、劇作家。「モンテ・クリスト伯(岩窟王)」「ダルタニャン物語シリーズ(三銃士、二十年後、ブラジュロンヌ子爵)」「王妃マルゴ」「黒いチューリップ」などの名作を残す。

アレクサンドル・デュマの名言 一覧

全体は個人のために、個人は全体のために存在する。


どんな女でも、本気になって口説くことを決心した男にはなびかずにはいられないように、人生というものも、それを元気よく口説く人間には、その最上のものを提供せざるを得ないものだ。


アレクサンドル・デュマの経歴・略歴

アレクサンドル・デュマ。フランスの小説家、劇作家。「モンテ・クリスト伯(岩窟王)」「ダルタニャン物語シリーズ(三銃士、二十年後、ブラジュロンヌ子爵)」「王妃マルゴ」「黒いチューリップ」などの名作を残す。

他の記事も読んでみる

本田健

大抵のことは何とかなるし、万が一大変な事態になったら、その時に考え始めればいい。


菅野誠二

堅実経営志向の会社もあれば、多少リスクがあっても積極的に挑戦していく会社もあります。会社の社風や出席者の志向を把握し、それを意識したプレゼンを行なってください。


新井良亮

小売業をやっていると、安定的な鉄道事業と違って、「明日はない」くらいの恐怖感があります。小売は、同じことをやっていては、お客に見放され淘汰されてしまうからです。現場に立ち続け、見て、考えて、行動に移すことが大切です。


及川智正

営業は努力すれば数字が上がり、また努力しようとする。製造業のように売れ行きを見ながら商品や価格を試行錯誤する楽しみを、農家にも知ってもらいたい。


一力健

日本の問題も、高い専門性に裏打ちされた製品なりサービスを売らなければならなくなったのに、会社の体質は汎用製品を大量販売する仕組みのままというところに根がある気がします。そのミスマッチを変えることができれば、日本は必ず復活すると思います。


ラルフ・バンチ

好戦的な国民など存在しない。好戦的なリーダーたちがいるだけだ。


内藤忍

朝が弱い人のほとんどは夜が遅いのではないでしょうか。朝の時間帯というのは「○時までにこれをやらなくてはいけない」というように時間が制限されがちですが、夜はその制限がないためなかなか時間が区切れず、対夜更かししてしまうのではないかと思います。


川又克二

私の経験では、なにか小さなジャンプがいいヒントになることがある。だから小さなジャンプも、私は大事にして経営に活かすようにしている。


吉野真由美

相手の話を促したり、相づちを打ったりする際に効果的なフレーズがあります。「すごい」「教えてください」「さすがですね!」の3つです。これらのフレーズは相手の「自分を尊敬してほしい」という力の欲求を満たすことができるので、相手が目上の人や有力者の場合はとくに有効です。これで相手は気持ちがよくなって、いろいろなことを喜んで話してくれるでしょう。


松本正義

亀井(正夫・会長)さんは、人を見るとき肩書きに関係なく「将来性がある」と思った若手に声をかけて育てる。私も大いに薫陶を受けました。


村上憲郎

仕事へのモチベーションの源はやはり、ユーザーからの賞賛、あるいは自分たちが社会を少しでもいい方向に導いたという満足感でしょう。あるいは、夢の実現といってもいいかもしれません。「グーグル・ニュース」にしても「Gメール」にしても、もとはといえば「こんなことが実現したら嬉しい」という、エンジニア自身の夢が発端となってでき上がったサービスです。夢を追いかけるということも、とくにこれからのエンジニアには不可欠なパーソナリティーなのです。


中嶋成博

ホームランばかり狙っても空振りだらけになる。ヒットを打つからホームランも出てくる。


奥島孝康

山道をひたすら黙々と歩いていると、仕事も世間もさっぱり頭から消え去り、無念無想、大自然の中で生かされている自分の存在のみを強く感じる。そんなとき、突然われに返り、どうしてどうでもよいことを難しく考え、つまらんことにくよくよ悩んでいるのであろうか、と阿呆らしくなってしまう。人生とはもっと単純で、もっと楽しいものではないか。


夢枕獏

これは後々、いろいろな編集者から聞かされたことですが、「長く残る作家には死にそうになるくらい書く時期がある」と。僕の場合は、30代半ばから40代が完全にその時期でした。本当に時間が足りなくなり、最後の最後に削ったのは睡眠時間です。当時、よくやっていたのは、10分寝て、30分か1時間書き、また10分横になるという繰り返し。不思議なもので、ちょっと寝ると、しばらく持つんですよね。


吉井雄一

今はネットでも何でも買える時代です。だからこそ、「ここに来て」買うことに意味がある。どういうスタッフがいて、どういう空気感で、どういうものが目に飛び込んでくるかというのがすごく重要なんです。