名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アレクサンドル・デュマの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アレクサンドル・デュマのプロフィール

アレクサンドル・デュマ。フランスの小説家、劇作家。「モンテ・クリスト伯(岩窟王)」「ダルタニャン物語シリーズ(三銃士、二十年後、ブラジュロンヌ子爵)」「王妃マルゴ」「黒いチューリップ」などの名作を残す。

アレクサンドル・デュマの名言 一覧

全体は個人のために、個人は全体のために存在する。


どんな女でも、本気になって口説くことを決心した男にはなびかずにはいられないように、人生というものも、それを元気よく口説く人間には、その最上のものを提供せざるを得ないものだ。


アレクサンドル・デュマの経歴・略歴

アレクサンドル・デュマ。フランスの小説家、劇作家。「モンテ・クリスト伯(岩窟王)」「ダルタニャン物語シリーズ(三銃士、二十年後、ブラジュロンヌ子爵)」「王妃マルゴ」「黒いチューリップ」などの名作を残す。

他の記事も読んでみる

小倉広

リーダーは作業を持ってはいけない。リーダーが本来やるべきなのは、他人を動かして作業をしてもらうこと。


滝野一征

産業用ロボットは凄まじい重厚長大の世界ですから、我慢もパワーもいりますし、リスクを取らねばなりません。しかし、こうした製造業の泥臭い仕事こそ、現代日本の屋台骨を支えているのです。日本はGDP世界第3位などと豪語していますが、実際にはトヨタを始めとした製造企業が世界中で外貨を稼いでいるから成り立っている。しかし、残念ながらそうした業界には若い人材が行かないのが現状です。だからこそ、まずは私たちが成功して、製造業もカッコいいというところを見せたいと思います。


大前研一

努力する方向が根本的に違う。私がトヨタや日産自動車のトップなら、持てる政治力のすべてを使って、課税を含めた車のランニングコストを安くする。一方で中古車買い取り価格を高くして、少なくともアメリカやオーストラリア並みにする。維持費がリーズナブルになって中古車がまともに査定されるようになれば、車を持つペナルティも減り、楽しさも復活するだろう。また、そうでなければ日本の産業を支えてきた自動車業界は衰退期に向かって転がり落ちるだけである。


村上憲郎

日本の消費者は品質に対する要求がことのほか細かい。そして最近は、少しのミスも許さないという風潮があります。これは企業だけの話ではありません。政治家に対してもそうです。ちょっとしたミス、ちょっとした失言がすぐに命取りになる。メディアにも責任があります。これでは日本全体が臆病になるのは当然です。


里見治

ハードを整えるだけでは顧客が継続的に来てくれるとは思えません。国内で成功している観光施設の多くは、魅力的なコンテンツを持っています。ハードだけに頼らず、コンテンツを活用してシーガイアが継続的に収益を上げられるように挑戦していきたい。


糸井重里

書く癖を絶対身につけた方がいい。アイデアは書けば書くほど次のアイデアにつながる。バージョンアップする。


津坂純

世界の一員として戦うかどうか。戦って勝つチャンスをもらうか、戦う前に諦めるか。現状維持では通じない時代になったのではないかと思います。


山本良一(経営者)

お客様のニーズや興味というのは瞬時に変わっていく。しかし、長い目で見れば、日本は人口が減少し、高齢化が進んでいく。そういう中でも、人々の不安や不満、ストレスというのはどんどん増えていきます。だったら、そういうところに着目すれば、何か新しいソリューションが開発されるはず。


ケリー・マクゴニガル

ヨガや瞑想はメンタル面では、「自分がそこに100%在る」というような感覚に促されると言います。でも実際にヨガや瞑想をすると、不安や自分の欠点といった「嫌なこと」から逃げずに、その場に在り続けなければなりません。実はこうした行為こそが、ストレス耐性を上げるのです。どんなに居心地が悪くても、そこから逃げない。ヨガや瞑想は、そうしたエクササイズでもあるのです。


井上礼之

実は、競合相手と組むのはそれほど難しいことではない。お互いの強みと弱みがわかるし、得られる成果がある程度見通せるからだ。だが、異業種と組むとなると、提携の形態や交渉の進め方などが、従来とは全く異なるものになるだろう。まず、自社の独自技術と異業種の技術・ノウハウをどう組み合わせて、どんな価値を生み出すのかを明確にしなければならない。お互いが土地勘のない技術を評価し合いながら、理想を実現させようと模索を繰り返すわけで、これまで以上にトップの進取の精神や決断力が重要になる。


和田秀樹

自分に合ったやる気が出る方法を見つけるには、「こうすればやる気が出る」というテクニックを書いた本が世にあまた流通していますから、それを買ってきてどんどん試してみるのが一番の近道だと思います。そこに書かれていることは、少なくとも著者にとっては効果があったことのはずです。次々と試してみて、そのなかから一番自分に合った方法を探せばいいのです。


芳井敬一

ラグビーでタックルしやすいのは、斜めに走ってくる相手。真正面から向かってくる相手は恐ろしく、とても強い。ならば「自分は常に真正面から行こう」と意を固め、物事と正対することを心掛けてきました。決してたやすいことではありませんが、会社を経営するうえでも正対することは大切で、物事の核をとらえることかでき、同時に新しい風景も見えてきます。