名言DB

9419 人 / 110788 名言

アレクサンドル・デュマの名言

twitter Facebook はてブ

アレクサンドル・デュマのプロフィール

アレクサンドル・デュマ。フランスの小説家、劇作家。「モンテ・クリスト伯(岩窟王)」「ダルタニャン物語シリーズ(三銃士、二十年後、ブラジュロンヌ子爵)」「王妃マルゴ」「黒いチューリップ」などの名作を残す。

アレクサンドル・デュマの名言 一覧

全体は個人のために、個人は全体のために存在する。


どんな女でも、本気になって口説くことを決心した男にはなびかずにはいられないように、人生というものも、それを元気よく口説く人間には、その最上のものを提供せざるを得ないものだ。


アレクサンドル・デュマの経歴・略歴

アレクサンドル・デュマ。フランスの小説家、劇作家。「モンテ・クリスト伯(岩窟王)」「ダルタニャン物語シリーズ(三銃士、二十年後、ブラジュロンヌ子爵)」「王妃マルゴ」「黒いチューリップ」などの名作を残す。

他の記事も読んでみる

ジェームズ・アレン(自己啓発)

よりよい自分に向かって、自分自身の心を克服するためのセルフコントロールに努め、冷静な穏やかさを知る人だけが、平和を見いだすことができます。自分をよりよくコントロールすることが、自分自身を幸せに導き、周りにも幸せをもたらす唯一の方法になるのです。


内藤京子

ビジネスパーソンが最も頭を悩ますのが「お願い」「お断り」など言いにくいことを伝える局面です。相手に何かをお願いしたり、申し出を断ったりするのですから、いつも以上に言葉に慎重になります。こうした場面で役立つのは「クッション言葉」。相手を思いやる前置き文で始めることで相手の心をほぐし、受け入れ態勢を作らせるのです。たとえば、何かをお願いするときは、「恐れ入りますが」「ご面倒ですが」「ご足労ですが」などのクッション言葉を言ってから、本題に入ります。お断りのときは「せっかくですが」「残念ながら」「あいにくですが」などの言葉を添えます。実はこのクッション言葉、ビジネス敬語における強力ワードです。たとえ、この後に続く敬語があまり流暢でなかったとしても、クッション言葉があることで全体的に丁寧で感じのいい言葉遣いに聞こえるのです。


柳井正

商売を始めて以来、今ほどエキサイティングな時期はありません。日本や欧米は成熟市場ですが、アジアはこれから伸びていきます。約40億人が住んでおり、その半分くらいがもうすぐ中産階級になると予測しています。中国からインド、東南アジアを含めてすごく大きな市場が誕生するわけです。これはチャンスですね。この市場の人たちは、新しい服とその情報に飢えていると思います。


成田靖也

活躍を評価するために表彰式のプロデュースも行っています。ここで表彰されるのは営業マンだけではありません。全員が主役になれる機会を均等に設けています。クライアントからも社員が表彰式を楽しみにしていると評価を頂いています。


小松左京

年代を超えた人のつながりをもっと強くして、知らないことやおもしろいこと、人間にとって大切なことに接するようにしないと、私たちの世代は子供たちの好奇心には追いつけません。


澤田秀雄

イベントを毎年進化させていかなければ、「今年も行ってみよう」とお客さんに思ってもらうことはできません。


重松清

書き手としての充実度についてはよくわからないけれど、変化はしています。やっぱり人って変わるんです。だからこそたくさん仕事をしているところもあるんです。いまのうちに書いておかないと自分が必ず変わっていくし、前の状態には絶対に戻れない。人は変わるし、忘れる。そして、忘れながら暮らしていく。でも忘れることは「忘れ去る」ことではなくて、いろいろなものが時間を経て変容していくことだと思う。その内容をどう受け入れて行くかなんですよね。


田中良和(GREE)

大きな方向性、ビジョンについてきちんと説明しないと同じ目標に進めません。そこを目指す理由をきちんと説明することが、リーダーに課せられた役割のひとつだと思います。


ベガス味岡

僕よりも喋りや説明がうまい通販マンはいくらでもいますが、僕は笑顔とアクションで勝負することにしました。自分のスタイルをしっかりと貫けば、不況なんか怖れることはありませんよ。


大隅良典

私は「役に立つ」という言葉がとっても社会をだめにしていると思っています。数年後に事業化できることと同義語になっていることに問題がある。本当に役に立つことは10年後、あるいは100年後かもしれない。社会が将来を見据えて、科学を一つの文化として認めてくれるような社会にならないかなあと強く願っています。