名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アレクサンダー大王の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アレクサンダー大王のプロフィール

アレクサンダー大王、アレクサンドロス3世。マケドニア王。エジプトのファラオ。ギリシアの諸ポリスを制圧後、東方遠征を行い大帝国を築きあげた人物。ペルシアに征服された国々を開放し、ダレイオス3世率いるペルシア王国を滅亡させた。大帝国内で人と文化の移動が起こり、ギリシア文化とオリエント文化が融合、ヘレニズム文化として花開いた

アレクサンダー大王の名言 一覧

私は兵士のために大きな苦労を忍んできた。お前たちの誰が私のためにそれほど苦しんだというのか。傷跡のある者は見せてみよ。その者は私の傷跡を見よ。お前たちの栄光と富のため、私は傷を受けたのだ。そしていま、私はもう戦いにかなわぬ者たちを、故国の人々がうらやむほどの身分にして帰郷させようとしているのだ。それなのにお前たちは皆を背き去ろうとしている。行くなら行ってしまえ。
【覚書き|長期遠征に耐えきれなくなって不平を漏らした兵士たちへの言葉】


私が命令を出すだけで、すべてを勝ち得たとでも言うのか?


アレクサンダー大王の経歴・略歴

アレクサンダー大王、アレクサンドロス3世。マケドニア王。エジプトのファラオ。ギリシアの諸ポリスを制圧後、東方遠征を行い大帝国を築きあげた人物。ペルシアに征服された国々を開放し、ダレイオス3世率いるペルシア王国を滅亡させた。大帝国内で人と文化の移動が起こり、ギリシア文化とオリエント文化が融合、ヘレニズム文化として花開いた

他の記事も読んでみる

前田安正

なぜ文章を書けない人が増えているのか。一口にいえば、自分を客観視できないからです。実体験なのですが、会社で自己評価をさせると、ものすごく高く点数をつける人と、必要以上に低くつける人の両方がいます。自分を一定の基準にのっとって、明確に評価できないということです。自分を俯瞰できないのは、「こう書いたら相手はどう思うのか」を想像できないことでもあります。「相手のために何をすればいいか」と考える意識が薄ければ、「伝わる文章」は書けないでしょう。


吉川廣和

苦しいと感じることは、つまりその時点での能力の限界、言い換えれば新たな壁にぶつかっている証拠。ようやくたどり着いた壁だから、そこから逃げずに乗り越える。そうすれば大きく伸びるチャンスになるはず。


大坂靖彦

脳はリアルとヴァーチャルを区別できないと言われています。なりたい自分の姿を描き、脳に何度もくさびを打ち込むと、脳は次第にその気になって身体に働きかけてくるでしょう。人生設計の醍醐味はそこにあります。


木下喜平

全く違うように見える機械でも、どんな要素技術を使っているかという視点で見れば6割は同じ。


樋口泰行

文化の壁もあります。皆、発言をしようと競って手を挙げますし、授業が終わってから先生の部屋に行って自分のアピールをするのも当たり前。そんな環境の中で、私は自分の性格を強制的に改造することになりました。
【覚え書き|31歳でハーバード・ビジネススクールに留学したときを振り返っての発言】


伊藤羊一

プレゼンで気をつけているのは情熱的にいくこと。僕も自分が話をするコンテンツは、世界で一番好きです。少なくとも俺以上に詳しい奴はいない。これが情熱なのかなと。


早坂清志

たとえば、営業部門とのほかの部門の数字を比較したいのに、すべての部署の数字を網羅したデータをグラフにしたら、何のためにグラフ化したかわからなくなりますよね。まとめられるものはまとめる。伝わるグラフの鉄則です。


水尾順一

これまで問題とされていた過酷な労働や長時間労働など、ワーク・ライフ・バランスを無視した働き方を改善しなければいけない。そのためには、トップのコミットメントによる強いリーダーシップと現場発の改革が前提。


高岡浩三

アイデアを思いつくと、私は必ず妻に「こんなことを考えたんだけど、どう思う?」と話すことにしています。仕事とは無関係の妻だからこそ、遠慮のない一般人の意見を気軽に聞くことができる。その妻が「ピンとこない」「買わないと思う」と言ったら、きっと多くの人々もそう感じるだろうと判断します。逆に妻が少しでも興味を示せば、どんなに小さなアイデアでもすぐに実行することにしています。


ロバート・キヨサキ

誰もが投資家にならざるを得ない時代になっている。「投資は危険」なものではない。危険きわまりないのは、「ファイナンシャル教育を受けていない投資家」だ。そういう人達のやることは、保険にも入らずにクルマを無免許運転するに等しい。


永守重信

成功への道には挫折はつきものです。若いのだから失敗してもやり直せる。思い切ってやるべきです。


後田良輔

二流の人の場合、仕事の出来・不出来をわけるのは、その人の信頼性。