名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アル・ライズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アル・ライズのプロフィール

アル・ライズ、アル・リーズ。アメリカの経営者、マーケッター。アメリカの広告会社「トラウト&リース・アドバタイジング」会長。著書に『売れるもマーケ 当たるもマーケ マーケティング22の法則』『ブランディング22の法則』『マーケティング戦争 全米No.1マーケターが教える、勝つための4つの戦術』『ブランドは広告でつくれない 広告vsPR』ほか。

アル・ライズの名言 一覧

現代人はコミュニケーションそのものが問題である。米国は、世界で最も早くコミュニケーション過剰社会になってしまった。年ごとに発信は増えているが、受信しなくなっている。


アル・ライズの経歴・略歴

アル・ライズ、アル・リーズ。アメリカの経営者、マーケッター。アメリカの広告会社「トラウト&リース・アドバタイジング」会長。著書に『売れるもマーケ 当たるもマーケ マーケティング22の法則』『ブランディング22の法則』『マーケティング戦争 全米No.1マーケターが教える、勝つための4つの戦術』『ブランドは広告でつくれない 広告vsPR』ほか。

他の記事も読んでみる

宿澤広朗

『親の仕事での地位というのも相当意識していて、社会的に有用な事をしているんじゃないか』と子供が感じると、親を一目置いて見るようになる。そうなると子供は、『こういう事は違うんじゃないか』という事を余りやらなくなるのでは。


齋藤孝(教育学者)

私自身は打ち合わせの時には必ずそのポイントを箇条書きにしたものなど、資料持参していきます。紙を見ながら話をすると効率がいいし、その紙に書き込むことができるので、相手の人にも親切です。いずれにしてもちょっとした準備がコミュニケーションにはとても大切です。


野村克也

「イチローの弱点を徹底的に見抜いてやろう!」。そう思ってスコアラーも交えて、徹底的にイチローのビデオを見て、分析したんだよ。出た答えは「攻略法がない。打たれるのは仕方ない」(苦笑)。じゃあ、どうしたか? 俺はマスコミを使ったんだ。テレビ局の取材で「ああいう特別な打者は逃げたら必ず打たれる。だからイチロー攻略には危険を承知で、思い切って内角中心で攻めさせます」と大胆に宣言した。それもイチロー、そしてオリックスの仰木監督の耳に届くようにな。そしてシリーズが始まると、イチローが打席に立ったとき、思い切って外角攻めをした。コメントで内角を意識させておき、逆をついたわけだ。さすがの天才も崩れたよ。シリーズ中はイチローの打率を2割台に抑えて、ヤクルトは4勝1敗で日本一になった。


熊倉貞武

やはり何でもやってみなければ分からないことがたくさんある。


福沢諭吉

自由と我がままとの境界は、他人に迷惑を掛けるのと掛けないのとの間にあります。


河村浩明

社員と対話しながら、各社の問題点を改善し、はつらつと仕事ができる環境を作ってきました。こうした環境さえ用意すれば業績は改善します。


桜井正光

お客様の指摘にも二段階あります。新商品を最初に購入するのは、新しいものに敏感なお客様です。このお客様の興味は機能に集まります。それから、その商品がだんだんと一般の人々の間にも浸透し始めると、彼らからは新しいものに敏感なお客様層とは異質の要求が出てきます。一般のお客様はデザインなど外観的な要素や、どれだけ長持ちするかという信頼性にこだわる傾向がある。


岩田松雄

スターバックスの社員である前に、人間として正しい判断をして欲しい。必ず私はその判断を支持する。


天野篤

自分の経験を出し惜しみしてはいけない。とにかく全ての英知を結集して、目の前のものに対して全精力を傾けなさい。


安部修仁

外食や小売業界の一部は、最も過重労働が蔓延しやすい体質を持っています。経営者が低コスト化を実現するために、実態的には労働搾取を行っているのに、それをごまかしているケースが多い。残業時間を語るときには、まず、その企業で公平な分配が行われているか否かを見定める必要があります。


星野佳路

社員達が楽しく仕事が出来ることを最優先に考えていった結果、私たち独自の組織の仕組みが自然とできあがってきました。一番の特徴は「フラットに議論できる組織」であること。役職やポジションに関係なく、言いたいことを言いたい相手に気兼ねなく言える組織です。


中山哲也

一般的には、やれ「売れ筋商品」だ、やれ「死に筋商品」だ、「在庫回転率」だと言います。確かに、死に筋商品と呼ばれる商品は売れ筋商品に比べたら売れないかもしれませんが、世の中にその商品があるということは誰かが必要としているはずです。メーカー様も世の中で必要とされていない商品はつくりません。やはり在庫があることによってお客様のもとへ素早く商品をお届けすることができますし、私は「在庫は成長のエネルギー」だと考えています。