名言DB

9419 人 / 110788 名言

アルボムッレ・スマナサーラの名言

twitter Facebook はてブ

アルボムッレ・スマナサーラのプロフィール

アルボムッレ・スマナサーラ。スリランカの僧。スリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)長老。スリランカ・アルボ村出身。13歳で出家得度。国立ケラニヤ大学で仏教哲学を教える。駒澤大学大学院人文科学研究科仏教学専攻博士後期課程修了。著書に『自分を変える気づきの瞑想法』『ブッダの集中力』『怒らないこと』。

アルボムッレ・スマナサーラの名言 一覧

いまこの1秒に悩みがなければ、一生悩みがないということ。いまだけを見れば何も悩みがないはずです。


役に立つと、相手が喜んでくれるだけでなく、自分の心が喜びと充実感で満たされる。


この一瞬は唯一のものであり、二度とありません。我々は全員、死に向かっていると考えれば、悩んだり怒ったりしている暇はありません。


必要なことであれば楽しくなるような工夫をしてやり抜きましょう。本当に必要なら、それほど無理しなくても集中力は生まれてくるもの。


したいかしたくないかではなく、必要か必要でないかを考えましょう。感情ではなく、理性で判断することが大切です。


生き物は自分に本当に必要なことなら、あれやこれや言われなくても力を出します。


心というのは喜びや充実感があると、ものすごく活発に働きます。心はいつも喜びと充実感を必要としている。それはいわば心の栄養分なのです。


集中できないときに能率や効率を気にしてはいけません。そんなことを考えた瞬間に心は喜ばず、充実感が遠のきます。


会社から与えられた仕事はつまらないかもしれませんが、自分の人生の時間を取られているのですから、楽しく充実感を持って働かないともったいない。


人間は生身の生き物なのです。人間の尊厳に関係ない目的をつくると、心はうまく働きません。最も大事なのは生き物としての尊厳です。それを忘れるとすべてが崩れてしまう。たとえば、かたつむりは動くのがすごく遅いですが、早く動いてほしくて後ろから押したらどうなりますか?


アルボムッレ・スマナサーラの経歴・略歴

アルボムッレ・スマナサーラ。スリランカの僧。スリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)長老。スリランカ・アルボ村出身。13歳で出家得度。国立ケラニヤ大学で仏教哲学を教える。駒澤大学大学院人文科学研究科仏教学専攻博士後期課程修了。著書に『自分を変える気づきの瞑想法』『ブッダの集中力』『怒らないこと』。

他の記事も読んでみる

岩瀬大輔

僕は多くの人と会っているし、ノートに記録する情報量も膨大です。しかし、その場で記録するだけで終わらず、あとで思考を深めるプロセスを欠かさないからこそ、仕事の効率やスピードもどんどん高めていけるのだと思います。


松本正義

報告書の必須条件は、仕事の成果である出口と日程の時間軸がきちんと書かれていること。ストーリー展開にメリハリがきいて起承転結がハッキリしていること。そして簡潔なことです。この条件は報告書であれ、研究発表や経営会議での報告であれ、重要なポイントになります。報告を受ける側は忙しい立場の人が多く、ダラダラと報告されてはかないません。


税所篤快

まずは現地の教育事情を知るために、バングラデシュの東大であるダッカ大学に行って100人の学生にインタビューしました。そこでわかったのが、予備校の存在です。バングラデシュの高校が終わるのは5月で、大学受験は2月。受験生はその間、街に出て下宿しながら予備校で勉強します。インタビューしたダッカ大学の学生も、9割が予備校の出身者でした。


北方謙三

僕の志は、125歳まで生きて、小説を書き続けることだ。書きたいテーマを数え上げて、年を取って書ける枚数が減ってくることも計算に入れると、その年齢まで生きなければいけないとわかった。でもそれは無理だから、毎回「この一作で125歳までの仕事をしたな」と思える充実感のある作品を書きたいと机に向かっている。


三木谷浩史

人はビジネスモデルに集まるのではない。大義名分に集まる。


橋本治

人間は、わかろうと背伸びをして、わからないことを咀嚼する中でしかものごとをわからないってところがあるのではないでしょうか。そういう背伸びを拒絶するようになったら、人間はもうおしまいでしょう。


野村克也

バッターが不調になる原因で意外に多いのが、「ホームランへの欲求が出てきた」時だ。ジャストミートしたボールがスタンドに吸い込まれる。大歓声に包まれる中、ダイヤモンドを悠々と駆けめぐる。ホームランには打った者だけがわかる唯一無二の快感がある。それが、怖い。たとえば、ヤクルトの飯田(哲也)。そもそも俊足が売りで、ヒットをコツコツと重ねるタイプの打者だ。しかし、ホームランを打つと、途端に飯田は大ぶりになるクセがあった。結果、打球は伸びず、内野ゴロばかり続く、という不調によくみまわれていたよ。


川野幸夫

国の生産年齢人口が減っていく中で、女性たちの力を生かさない手はありません。とくに子育てを終えた女性は、知恵や知識、経験も豊富です。そして彼女たちも、社会で生かされることを望んでいるのです。女性の力を生かせば、日本経済は必ず活性化します。国力が衰退しつつあるいまだからこそ、あらゆる業界で女性の力を再評価し、生かすべきです。


小山龍介

情報をあちこち探す無駄を省くためにも、情報は一カ所に集めることがすごく大事です。


金井誠太

長期戦略策定のひとつの柱は、販売台数や利益率などの数字をもって10年後のマツダを描くことでしたが、僕らは「そういうのは他の人に任せて、私らは商品と技術の世界でのマツダの10年後を描こう」と言っていました。経営企画、商品戦略、技術研究所、技術企画の部署の代表者たちに「環境対応はもちろんだけど、この際10年後にマツダは、どんなブランドになっていたいか、考えてみよう」と投げかけました。まずは理想を、ロマンを語ろう、と。