名言DB

9412 人 / 110637 名言

アルボムッレ・スマナサーラの名言

twitter Facebook はてブ

アルボムッレ・スマナサーラのプロフィール

アルボムッレ・スマナサーラ。スリランカの僧。スリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)長老。スリランカ・アルボ村出身。13歳で出家得度。国立ケラニヤ大学で仏教哲学を教える。駒澤大学大学院人文科学研究科仏教学専攻博士後期課程修了。著書に『自分を変える気づきの瞑想法』『ブッダの集中力』『怒らないこと』。

アルボムッレ・スマナサーラの名言 一覧

いまこの1秒に悩みがなければ、一生悩みがないということ。いまだけを見れば何も悩みがないはずです。


役に立つと、相手が喜んでくれるだけでなく、自分の心が喜びと充実感で満たされる。


この一瞬は唯一のものであり、二度とありません。我々は全員、死に向かっていると考えれば、悩んだり怒ったりしている暇はありません。


必要なことであれば楽しくなるような工夫をしてやり抜きましょう。本当に必要なら、それほど無理しなくても集中力は生まれてくるもの。


したいかしたくないかではなく、必要か必要でないかを考えましょう。感情ではなく、理性で判断することが大切です。


生き物は自分に本当に必要なことなら、あれやこれや言われなくても力を出します。


心というのは喜びや充実感があると、ものすごく活発に働きます。心はいつも喜びと充実感を必要としている。それはいわば心の栄養分なのです。


集中できないときに能率や効率を気にしてはいけません。そんなことを考えた瞬間に心は喜ばず、充実感が遠のきます。


会社から与えられた仕事はつまらないかもしれませんが、自分の人生の時間を取られているのですから、楽しく充実感を持って働かないともったいない。


人間は生身の生き物なのです。人間の尊厳に関係ない目的をつくると、心はうまく働きません。最も大事なのは生き物としての尊厳です。それを忘れるとすべてが崩れてしまう。たとえば、かたつむりは動くのがすごく遅いですが、早く動いてほしくて後ろから押したらどうなりますか?


アルボムッレ・スマナサーラの経歴・略歴

アルボムッレ・スマナサーラ。スリランカの僧。スリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)長老。スリランカ・アルボ村出身。13歳で出家得度。国立ケラニヤ大学で仏教哲学を教える。駒澤大学大学院人文科学研究科仏教学専攻博士後期課程修了。著書に『自分を変える気づきの瞑想法』『ブッダの集中力』『怒らないこと』。

他の記事も読んでみる

宇佐美進典

持続的に成長し続けるモデルを作らないといけない。数字も大事だが、それを作っている組織や事業全体も見据え、大きなサイクルで成長することを考えなければならない。


安河内哲也

単語集にひたすら目を通すだけの記憶法はあまりお勧めしません。単語は綴りを見ただけでは正しい発音がわからないからです。これではせっかく覚えても聞き取れず、聞き取れない音は声に出すこともできないのです。そもそも、ひたすら単語集をめくるような勉強法は、余程ストイックな人でなければ続かないと思います。


向谷匡史

最近「終活」という言葉を耳にすることが増えました。人生の最期に向けた準備活動のことで、真の還暦を迎えたら、やはり自分の死について考えたほうがいいでしょう。その際に思い出したいのが、仏典の『無量寿経』にある「独り生れ、独り死し、独り去り、独り来る」という言葉です。結局、人間というものは一人で生まれてきて、一人で死んでいくものなのだということを教えています。


原田泳幸

大切なのは「シーケンス(順序)」です。土台がないのに柱は建たないし、柱がないのに壁は張れません。ある戦術を実行するためには、その戦術が実行できるための環境を整えておかなければなりません。パズルをひとつひとつ組んでいくように、戦略実行のシーケンスを考えるのが経営戦略というものです。


和田裕美

大きな問題が起こったら、それを新しいことに意識を向けるきっかけにする。例えば、仕事でミスをしたら、その原因に意識を向けるようにする。災害に遭ったら、安全に暮らすためのポイントを意識する。ミスや災害は備えが大事だと分かっていても、日頃から意識し続けるのは難しい。だから問題が起きた時は、それに意識を向けるチャンスだとも言えるのです。


森川亮

今あるもので「最高の料理」を作る。その料理はどういう料理なのか。そういう発想が、組織やチームのマネジメントには大切です。


ジョセフ・ジューベル

我々の改革者たちは、経験に向かって「お前は時代遅れだ」と言い、過去に向かっては「お前は未熟者だ」と言う。


西村克己

正確で早い決断をするには、判断基準を明確にすること。確かな判断基準を持つことはカンタン。「いま担当している仕事がクオリティ、コスト、スピードの3つのどこに重点がおかれているのか」「できることと、できないことのボーダーラインの数字はどれくらいなのか」。その2点をはっきりさせたうえで、自分一人で責任がとれる範囲なのかどうかで決めましょう。


森山文弘

当社がもともとフランチャイズ化を決めたのも、「からあげ」という食材が、景気などの外因に一番影響されないという調査結果が出たからです。確かに売上的にはそこまで上げられるものではないと思いますが、当社のビジネスは高齢者夫婦2人でも運営できるぐらい肉体的な負担も少ないです。ある程度の収入を確保しながら長くコツコツと事業をしたい方にとっては、非常に魅力的なビジネスだと思います。


土屋嶢

私が頭取に就任して間もない頃、金融ビッグバンが始まって競争環境は一変した。事業会社が金融業務へ参入しやすくなり、証券会社や保険会社と銀行との相互参入の規制もほぼなくなった。既に預金金利は自由化されていたし、競争は他業種を含めて激しくなる。こんなことで我々は将来、生き残っていけるのか不安に思ったものだ。だからもっと個人顧客のメーンバンクになろうと考えた。個人のお客様の学生時代から就職、結婚、子供の誕生……。あらゆる場面で一貫して役に立てる存在にならないといけない。だから、真の意味でのサービス業になろうと思ったのだ。


名越康文

地味な容姿をしている相手こそ、人は簡単に信じてしまいやすいのです。考えてみてください。絶世の美女が猫なで声で近づいてきたら、普通は何か裏があるのではと勘繰りたくなりますよね。都合のよすぎることに対して、人間は自然に自制心や警戒心を抱くようにできています。それが人間の防衛機制です。ところが容姿や立ち居振る舞いに目立つところがない人が相手だと、防衛機制が上手く働かずに無防備になってしまいます。


豊田圭一

思いや計画が7~8割方のレベルに達したら、アクションを起こすべきです。それで、仕事や事業を展開しながら軌道修正していく。そのほうが現実的で、賢い努力の仕方ではないでしょうか。


森泉知行

本格的にダメになってから行動するのではもう遅い。私は、たとえ調子がよくても、危機の兆しが少しでも見えたら、変えなければいけないと考えています。


梅宮辰夫

友達から「おまえはあいかわらずだな」「全然変わってないな」と言われて、喜んでいいのは30歳までだよ。女はどうか知らないけど、男はある時期がきたら変わらなくちゃいけない。その変化はなだらかでも、極端でもいいけどね。年を取るに従って、人間、完成に近づいていくわけだから。全然、変わらない、同じことしてるねっていうのは、愚の骨頂だと思うんだ。


ミゲル・マッケルビー

私たちには能力と、大きなチャンスがあった。だから成功できると考えた。野心はあった。意気込みも情熱もあった。