名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アルボムッレ・スマナサーラの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アルボムッレ・スマナサーラのプロフィール

アルボムッレ・スマナサーラ。スリランカの僧。スリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)長老。スリランカ・アルボ村出身。13歳で出家得度。国立ケラニヤ大学で仏教哲学を教える。駒澤大学大学院人文科学研究科仏教学専攻博士後期課程修了。著書に『自分を変える気づきの瞑想法』『ブッダの集中力』『怒らないこと』。

アルボムッレ・スマナサーラの名言 一覧

いまこの1秒に悩みがなければ、一生悩みがないということ。いまだけを見れば何も悩みがないはずです。


役に立つと、相手が喜んでくれるだけでなく、自分の心が喜びと充実感で満たされる。


この一瞬は唯一のものであり、二度とありません。我々は全員、死に向かっていると考えれば、悩んだり怒ったりしている暇はありません。


必要なことであれば楽しくなるような工夫をしてやり抜きましょう。本当に必要なら、それほど無理しなくても集中力は生まれてくるもの。


したいかしたくないかではなく、必要か必要でないかを考えましょう。感情ではなく、理性で判断することが大切です。


生き物は自分に本当に必要なことなら、あれやこれや言われなくても力を出します。


心というのは喜びや充実感があると、ものすごく活発に働きます。心はいつも喜びと充実感を必要としている。それはいわば心の栄養分なのです。


集中できないときに能率や効率を気にしてはいけません。そんなことを考えた瞬間に心は喜ばず、充実感が遠のきます。


会社から与えられた仕事はつまらないかもしれませんが、自分の人生の時間を取られているのですから、楽しく充実感を持って働かないともったいない。


人間は生身の生き物なのです。人間の尊厳に関係ない目的をつくると、心はうまく働きません。最も大事なのは生き物としての尊厳です。それを忘れるとすべてが崩れてしまう。たとえば、かたつむりは動くのがすごく遅いですが、早く動いてほしくて後ろから押したらどうなりますか?


アルボムッレ・スマナサーラの経歴・略歴

アルボムッレ・スマナサーラ。スリランカの僧。スリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)長老。スリランカ・アルボ村出身。13歳で出家得度。国立ケラニヤ大学で仏教哲学を教える。駒澤大学大学院人文科学研究科仏教学専攻博士後期課程修了。著書に『自分を変える気づきの瞑想法』『ブッダの集中力』『怒らないこと』。

他の記事も読んでみる

三枝利行

仕事には厳しく臨みますが、常に難しい顔をしていても幸運は訪れません。明るく楽しく振る舞うことを心掛けています。


後藤勇人(コンサルタント)

現在、ヘアサロンなどを経営し、コンサルタント業もしています。私がこのように成功できたのは、朝の習慣のおかげです。以前の私は完全な夜型で、日中は頭がぼんやりしていたり、スタッフとのコミュニケーションがうまくいかないこともあり、業績は伸び悩んでいました。ある時、書店で読んだ本に「成功者は朝型人間が多い」と書かれているのを見て、物は試しと、朝5時起床へと生活を変えてみました。ただ、早起きして朝から必死で仕事をしても、仕事の質は上がりません。そこで、ポジティブになるスイッチを入れる習慣を取り入れました。そうすると、朝からポジティブで、日中も仕事への取り組みが前向きになり、3年で「店舗を拡大する」という目標を達成できたのです。


マイケル・デル

確かに当社のやり方はバーチカルインテグレシーョン(垂直統合)ではありませんが、水平分散という形でもない。むしろ、バーチャルインテグレーション(仮想統合)という手法を採用していると考えている。


紀平正幸

私のおすすめは60歳になってから家を買うことです。子供が生まれた30代のタイミングで買う方が多いのですが、せっかく広い家を買っても老後はたいてい夫婦2人暮らし。築30年ほど経つとリフォームの費用もかかります。ですが定年後に家を買うと、通勤も考慮しなくてすみますし、部屋数も少なくていい。安くて新しい物件で老後を過ごせるのです。


野村克也

V9時代の巨人を指して、「あれだけの選手がそろっていれば、どうやったって優勝できた」という人がいますが、それは違います。あれは王貞治、長嶋茂雄という「チームの鑑」がいたからこそ、成し遂げられた偉業なのです。事実、私が南海で四番を打っていたとき、巨人から移籍してきた相羽欣厚(あいば・よしひろ)という選手がこう言っていました。「ON(王・長嶋)は練習でもいっさい手を抜かない。球界を代表するあの二人があれほど練習しているのです。自分たちだってやらないわけにはいきませんよ」。それを聞いて当時の私は、身が引き締まる思いがしました。


野口敏(経営者)

この分野しかできませんでは、顧客の満足は実現できません。検査・承認はサービス産業であるという認識を、より明確に持つようになりました。お客様を取り囲むあらゆるリスク、具体的には「QHSE-SA(品質・健康・安全・環境・社会説明責任)」のすべてに関わるリスクを提言することが、当社のサービスであり、存在意義です。


佐藤オオキ

急ぎの依頼が入ったり、トラブルが発生したりして対処に時間を取られることは当然あります。僕の場合、仕事に充てられる時間のうち、2~3割をバッファーとして空けていて対応できるようにしています。


工藤公康

プロになって、レベルの違いに圧倒されてしまった。フォームがどうこうという以前に、球が違いすぎました。直球のキレ、フォークの落ち方、得意としていたカーブでさえ、プロのレベルには及んでいません。これは、マネをすればどうにかなるようなレベル差ではない。いや、マネをすることすらできないほど、レベルに違いがありすぎたんです。あまりにも厳しい現実でしたが、まずは、基礎体力作りに専念。その後、アメリカへの野球留学を経て、ようやく、プロとしての最低限のレベル(真似をできるレベル)に心身の状態が到達しました。


永井一史

いまこの瞬間には寄り道であっても、結果的には自分の役に立つはずです。自分の意志を貫くことは大切なんです。


奥田務

企業の統合で経営者が最も重視すべきことはスピードです。企業統合では、いち早く成果を出さなくてはなりません。「鉄は熱いうちに打て」という言葉通り、互いの気運が高いうちに一気に進めないとモチベーションが下がってしまう。


ウィリアム・A・コーエン

マーケティングは戦略ですが、販売は売ることです。もし、戦略的決定が間違っていれば、どんなに抜け目なく売っていても、それは一時しのぎに過ぎません。つまり、戦略的に間違っている新規事業に参入し、それなりの商品がほどほどに売れたとしても、もっと高いレベルで考えて戦略的に正しい市場に参入していれば、その10倍は売れたということです。


和田秀樹

最新の精神医学の世界では、性格自体を変えることは難しくても、モノの見方は変えられると考えています。たとえば、相手が気に障ることを言ったときに、「こいつは嫌なヤツだ」と考えるのではなく、「言い方はともかく、自分へのアドバイスをくれたんだ」とか「この人はこういう言い方しかできない心の貧しい人なんだ」とか、いくつかの可能性を考えるようにするのです。