名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アルボムッレ・スマナサーラの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アルボムッレ・スマナサーラのプロフィール

アルボムッレ・スマナサーラ。スリランカの僧。スリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)長老。スリランカ・アルボ村出身。13歳で出家得度。国立ケラニヤ大学で仏教哲学を教える。駒澤大学大学院人文科学研究科仏教学専攻博士後期課程修了。著書に『自分を変える気づきの瞑想法』『ブッダの集中力』『怒らないこと』。

アルボムッレ・スマナサーラの名言 一覧

いまこの1秒に悩みがなければ、一生悩みがないということ。いまだけを見れば何も悩みがないはずです。


役に立つと、相手が喜んでくれるだけでなく、自分の心が喜びと充実感で満たされる。


この一瞬は唯一のものであり、二度とありません。我々は全員、死に向かっていると考えれば、悩んだり怒ったりしている暇はありません。


必要なことであれば楽しくなるような工夫をしてやり抜きましょう。本当に必要なら、それほど無理しなくても集中力は生まれてくるもの。


したいかしたくないかではなく、必要か必要でないかを考えましょう。感情ではなく、理性で判断することが大切です。


生き物は自分に本当に必要なことなら、あれやこれや言われなくても力を出します。


心というのは喜びや充実感があると、ものすごく活発に働きます。心はいつも喜びと充実感を必要としている。それはいわば心の栄養分なのです。


集中できないときに能率や効率を気にしてはいけません。そんなことを考えた瞬間に心は喜ばず、充実感が遠のきます。


会社から与えられた仕事はつまらないかもしれませんが、自分の人生の時間を取られているのですから、楽しく充実感を持って働かないともったいない。


人間は生身の生き物なのです。人間の尊厳に関係ない目的をつくると、心はうまく働きません。最も大事なのは生き物としての尊厳です。それを忘れるとすべてが崩れてしまう。たとえば、かたつむりは動くのがすごく遅いですが、早く動いてほしくて後ろから押したらどうなりますか?


アルボムッレ・スマナサーラの経歴・略歴

アルボムッレ・スマナサーラ。スリランカの僧。スリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)長老。スリランカ・アルボ村出身。13歳で出家得度。国立ケラニヤ大学で仏教哲学を教える。駒澤大学大学院人文科学研究科仏教学専攻博士後期課程修了。著書に『自分を変える気づきの瞑想法』『ブッダの集中力』『怒らないこと』。

他の記事も読んでみる

曽我弘

私が立ち上げたSpruceTechnologiesをアップルに売却したときのことです。アップルとの最初の交渉は普通でした。ジョブズ氏をはじめ経営陣・弁護士団が揃い、お互いの戦略を説明するだけで終わりました。驚いたのはその後です。3日後にジョブズ氏から連絡があり「2人だけで会いたい」と言うのです。そして、その場で2人だけで交渉し合意したのが「買収金額と期限とサイン」だけ書き込まれた手書きのメモ。本格的な調査もせず金額を提示し、しかも決断期限は翌日朝まで。弁護士であれば卒倒しそうなやり方でした。結論から言えば、技術を正確に理解していたし、企業価値も的外れではなかった。最初からこのやり方を企てていたわけではないでしょうが、立派なサプライズでした。というのも、一見乱暴なやり方に見えますが、失礼な感じはなく、従業員数万人の会社の社長と100人足らずの社長があくまで対等な立場で交渉できた。だから結果には納得です。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

目の前に不意においしそうな兎がたくさん出てきたら、目移りしてしまうものだ。あるいは全部手に入れたいって思うかもしれない。でもね、そんな目先の兎に惑わされてはダメなんだ。まずは、自分が追うべき一兎を確実に捕まえる。それができれば、二兎でも三兎でも追えるようになるから。


山中あき子(山中燁子)

フォークランドは軍事衝突という形で最終的な決着が付きましたから、日本にはあり得ない選択肢ですが、領土を守ることがどういうことか、というヒントはある気がしますね。国の姿勢がきちんと相手に伝わる努力をして、国際社会にも訴えるということです。


大橋正教

一生に一度くらいの気持ちでした。命を削って練習してきたわけだから。
【覚書き|現役時代のバルセロナ五輪を振り返っての発言】


伊藤嘉明(経営者)

前例がないからといって、やらない理由はどこにもありません。


鈴木徹哉(経営者)

手帳は、「自分や仕事を作り上げていくもの」でもあると考えています。手帳は毎年切り替えていきますが、新しい手帳を手にすると、「この手帳でどんな仕事をしていくのだろう」という期待感でワクワクしませんか。まっさらな状態から1年を描いていくので、自分や仕事を作り上げていく感覚が持てます。


前田修司

新製品を開発するとき、商品設計うんぬんより、まず仮の商品パンフレットを先につくってしまうこともありました。このパンフレットに書かれているような商品なら、お客様にも喜ばれ、営業員も自信を持って提案できるのではないかなど考えつつ、「さあ、我々でこの商品を開発しよう!」と全員に号令をかけるのです。


張本邦雄

会議は最初から時間を短く設定しておけば、必然的に大局的かつ本質的なことから入れます。押さえるポイントは「現在のビジネスにおける環境」「会社の方針」「ゴール」の3つです。そこから考えていけば、つまらない細部にとらわれることもありません。


マルチナ・ナブラチロワ

練習のプログラムを試合よりも数倍厳しくすれば、本番が物理的にも精神的にも楽になることを学びました。
【覚書き:大スランプに陥ったとき、過去の栄光を捨て、テニスを一から学び直した経験について語った言葉。過酷な練習の末、ふたたびトッププレーヤーに返り咲いた】


松林博文

過去のやり方を延長するだけでなく、3年後、5年後から逆算して今のビジネスのあり方を刷新する視点も必要です。それがあれば、新しい市場やターゲットが見えてくるかもしれません。


三國清三

自分の心に嘘をつかないこと。本当に自分に非があると思えた時は、相手が誰であろうがいいわけせずに素直に謝る。そんな正直さも、リーダーにとって大切。


橘玲

相手の左目を見て話すと、右脳に刺激を与えるので好感を持ちやすいとか、身体の向きや目線の動かし方で印象が変わるとか、潜在意識に働きかける方法は想像以上にたくさんあります。ビジネスの世界では、いまや潜在意識を操作していない分野を探す方が難しくなりました。