名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

アルベール・カミュの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アルベール・カミュのプロフィール

アルベール・カミュ。フランスの小説家、劇作家。アルジェ大学卒。第二次大戦中はレジスタンスとして活動。サルトルなど同時代の作家、哲学者たちと深く交流した。「異邦人」「ペスト」「シーシュポスの神話」などの著作がある

アルベール・カミュの名言 一覧

達成は人を縛る。さらなる高みを目指すしかなくなるからだ。


悪い作家とは、読者に理解できない自分の内部での文脈を考慮に入れながら書く連中のことである。


人間にはそれぞれ運命があるにしても、人間を越した運命というものはない。


私の前を歩かないでください。後についていかないかもしれません。私の後ろを歩かないでください。先に立って導かないかもしれません。私と並んで歩いてください。そして私の友でいてください。


世間に存在する悪は、大半が無知に由来するものだ。明識がなければ善い意志も悪意と同じほど多くの被害を与えることもある。一番救われない悪徳は、自らすべてを知っていると信じていることから、自ら人間を殺す権利を認めるような無知の悪徳をおいてほかにない。


真に重大な哲学の問題は一つしかない。それは自殺だ。人生を苦しんで生きるに値するか否かという判断をすること、これが哲学の基本的な質問に答えることだ。


アルベール・カミュの経歴・略歴

アルベール・カミュ。フランスの小説家、劇作家。アルジェ大学卒。第二次大戦中はレジスタンスとして活動。サルトルなど同時代の作家、哲学者たちと深く交流した。「異邦人」「ペスト」「シーシュポスの神話」などの著作がある

他の記事も読んでみる

青木功

歳だから「まあ、いいや」と思ったら選手としては終わりです。


磯崎功典

私は、仕事用のノートや手帳は同じ規格のものを使い続けています。使い慣れた道具を揃えることで、仕事のリズムが一定になります。


加藤俊徳

学生時代、私は国語や英語が苦手でした。活字を読んでも、情報が頭の中に入ってこない「難読症」だったのです。それを克服しようと、色々と工夫しました。音読をしてみたり、神保町に住んで本にまみれた生活を送ってみたり……。でも、どれもうまくいきませんでした。自分の脳に合った読み方ではなかったからです。それもそのはず、私は音と言語を司る脳の働きが弱かったのです。ただ、なぜか昔から短歌や詩はすんなりと理解できました。その理由を考えたところ、文章が短いために、頭の中で何度も反芻し、考えられるからだとわかりました。つまり、脳には特性があり、理解の仕方は人によって違うのです。これがわかって以来、本の読み方が変わりました。私の場合、内容を短く再構成した方が理解しやすい。そのため、まず文章のエッセンスやキーワードを見つけ出し、そこから徐々に理解する読み方に変えました。


横田雅俊

意識してほしいのは、「なぜこの仕事をするのかという理由の明確化」です。上司は仕事の全体像や位置づけを示したうえでその仕事の目的や理由を明確にすべきです。それが部下の視点を高めることにつながっていきます。


秋津壽男

立って仕事をする人のほうが絶対に長生きする。運動量が全然違うのと、座った姿勢は血流も悪くなる。もちろん歩行時間も大事ですが、立っている時間を少しでも稼げれば、それは長生きに繋がります。


やすひさてっぺい(安久鉄兵)

サイトのアクセス数を増やすため、「平和な炎上マーケティング」を目指しました。話題のニュースについての関連情報を集約する「まとめサイト」などに取り上げてもらうには、「あるあるネタ」や「突っ込みどころがあるネタ」が効果的です。


楠木建

私があの本(『ストーリーとしての競争戦略』)で言いたかったのは、あらゆる競争戦略は「ストーリー」という思考様式でつくられるべきだということです。「ストーリー戦略」といった新しい戦略論のカテゴリーを提示するものではそもそもない。競争戦略の本質をストーリーとして考えるという「戦略ストーリー」の本であり、「ストーリー戦略」の本ではないのです。


ハイネ

多くを所有する者は、なお多くを手に入れる。
わずかしか所有しない者は、そのわずかなものさえ奪われる。


ロバート・ルービン

実現不可能なことを保証するような言い回しは、してはならない。


澤功

外国人客受け入れはとても無理だと思っていましたが、新宿で外国人客に好評を得ていた「やしま旅館」に見学に行ってみたところ、大いに驚きました。やしま旅館も当館と同じくらいの部屋数で、浴室やお手洗いは共同なのに、大繁盛している。矢島さんの話している英語はと言えば、非常に簡単なもの。自分が要らぬ思い込みに囚われていたことに気づきました。そこで私たちも外国人観光客の受け入れを始めたのです。


樫尾和雄

決断を下すには先を見ることが大切。大体3年先くらいまでですね。それ以上は見ても分かりません。世の中が変化しますから。


梅原大吾

介護の世界では、貴重な体験を得ました。今も僕の行動指針になっているのが、「やるか、やらないか、迷ったら”やる”を選ぶ」ということです。介護の現場で配属されたのが重篤な患者が入院している病棟でした。5分前に食べたものも覚えていない、走ることも歩くこともできない患者に寄り添ううちに、介護の大切さを知る一方で、「いつか日常的な動作ができなくなる日が来る」。そう思うと、迷った時は迷わず本当にやりたいことを選ぶべきだ、と考えるようになりました。