アルベルト・シュバイツァーの名言

アルベルト・シュバイツァーのプロフィール

アルベルト・シュバイツァー、アルバート・シュバイツァー。19世紀、ドイツ出身のフランスの医者、神学者、伝道師、哲学者、オルガン奏者、音楽学者。アフリカのガボンにあるランバレネにおいて生涯をささげた医者。90歳で死去するまで同地で医療活動を行ったため密林の聖者と呼ばれ尊敬された人物。ノーベル平和賞受賞者

アルベルト・シュバイツァーの名言 一覧

1 / 11

あなたがたの中で幸せになれるのは、どうしたら人類に奉仕できるかを模索し、ついにそれを発見した人々だけである。

シュバイツァーの名言|どうしたら人類に奉仕できるかを模索する


人を動かすには模範を示すことが大切だ。というよりそれ以外の方法はない。

シュバイツァーの名言|人を動かす唯一の方法


一般的に言って、ひとつの世代は、その世代中に生み出された世界によって生きているのではなく、むしろ前時代の世界観によって生きるものである。

アルベルト・シュバイツァーの名言・格言|一世代は、ひとつ前の世代の世界観で生きている


未来を見る目を失い、現実に先んずる術を忘れた人間の行きつく先は自然の破壊だ。

アルベルト・シュバイツァーの名言・格言|先を見なければ人間は自然破壊に行き着く


人類が自らの意図によってつくるもの以外に、人類の運命というものはない。それゆえに、人類が没落の道を最後までたどらねばならないとは信じない。

アルベルト・シュバイツァーの名言・格言|自らの将来を意図的に作れ


アルベルト・シュバイツァーの経歴・略歴

アルベルト・シュバイツァー、アルバート・シュバイツァー。19世紀、ドイツ出身のフランスの医者、神学者、伝道師、哲学者、オルガン奏者、音楽学者。アフリカのガボンにあるランバレネにおいて生涯をささげた医者。90歳で死去するまで同地で医療活動を行ったため密林の聖者と呼ばれ尊敬された人物。ノーベル平和賞受賞者

おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

1 / 11

ページの先頭へ