名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アルベルトゥス・マグヌスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アルベルトゥス・マグヌスのプロフィール

アルベルトゥス・マグヌス(大聖アルベルト、ケルンのアルベルトゥス)。13世紀ドイツの神学者。シュヴァーベン地方ラウインゲン出身。イタリア・パドヴァ大学で学ぶ。ドミニコ会ドイツ管区長、レーゲンスブルク司教などを務めた。

アルベルトゥス・マグヌスの名言 一覧

体験のみが確証する。


アルベルトゥス・マグヌスの経歴・略歴

アルベルトゥス・マグヌス(大聖アルベルト、ケルンのアルベルトゥス)。13世紀ドイツの神学者。シュヴァーベン地方ラウインゲン出身。イタリア・パドヴァ大学で学ぶ。ドミニコ会ドイツ管区長、レーゲンスブルク司教などを務めた。

他の記事も読んでみる

野田聖子

県議会から国政に転じたのは、霞が関の役人が、いかに地方を馬鹿にしているかを目の当たりにしたからです。県議として地元の市長さんに付き添って建設省(のちの国交省)に陳情に行った時のことです。市長は牧田さんという当時70歳くらいの元お寺の住職でした。書の達人で、とても尊敬できる人生の大先輩でした。それが建設省の担当の課に行って「岐阜市から来ました」と言うと、20代の兄ちゃんが顔も上げずに「そこへ置いておいて」と一言。そんな無礼なことされたのが初めてだったので、本当にびっくりしちゃって、頭に血が上ってしまいました。今もまだひどいですが、当時も「2割自治」とか「3割自治」と言って、地方自治体は国にお伺いを立てないと自前では何もできませんでした。だから県議の立場では何もできないと悟りました。


荻原浩

最終的に内定をもらったのは広告の代理店じゃなく制作会社と編集プロダクションの2つだけだったので、給料が1万円高かった制作会社を選んだんです。ただ、入る前から、僕には会社勤めは向いてないと感じて。フリーになることが目標になりました。一人でやれる仕事がしたいと。まあ、以前から、ハードボイルド小説なんかを読んでると、探偵が昼間からウイスキーのボトルを取り出してね。足をバーンと机に投げ出し、客の依頼を待つというシチュエーションに憧れていたんですね(笑)。


富野由悠季

日本人はコツコツと真面目に働いているんです。そのなかで抜きんでようと思ったら、両隣の奴よりもっとコツコツやるしかないじゃないですか。


丹羽宇一郎

困難な課題に直面したとき打開するために必要なのは、「自分は間違っていない」という能力の過信でもなければ、「自分は間違っていた」という全否定でもありません。信念は持ちつつも、困難な状況に応じて自らの思考を開いていく謙虚さです。また、人は苦しい状況になるほど人の痛みがわかるようになります。他者への共感は、他者とともに困難に立ち向かう場を生み出します。やがて、これまでにない知恵と力が生まれ、状況が変わり、不可能が可能になります。


片岡鶴太郎

これまで「これをやろう」と思って、途中で投げ出したことはないですね。だって自分の喜び、「魂の歓喜」を味わうためにやってることですから。やるなら、納得がいくまでやらないと、もったいないじゃないですか。


安河内哲也

理由や意図をはしょらずに伝えることが大切。「このやり方をすればいい」と生徒に教えても、「なぜそのやり方をしなければならないのか」という理由や意図がわからなければ、生徒はメリットを理解できず、やる気を起こしてくれません。


マーク・ハフェル

政治のノイズは無視して、経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)にフォーカスすることによって、投資家は最も報われる。


檜谷芳彦

社内の各部署には役職や肩書きに関係なく「○○業務なら、あの人」というような真の実力者が存在します。彼らこそが、提案を通す際の重要なキーマンとなる。たとえ決裁するのが部長や役員だろうが、そのキーマンがYESと言わない限り決裁はなされません。なぜなら、部長や役員は、そのキーマンに全幅の信頼を置いているのですから。


吉野真由美

目標を自分流に変えることも大切です。1週間に3契約と考えると気が重くなって、仕事のスピードが落ち、成果も挙がらない。そこで、目標を比較的気分がラクなアポに変えたのです。もっとも、週12件新規のアポが取れれば、3件は契約が取れる。成果が同じなら、気分がラクなほうがいいですよね。


マイケル・デル

当社が提供するシステムの場合は、業界標準の技術を採用しているため、それほど多くのサービスが必要とはならない。むしろ、インストールやメンテナンスに関して、顧客の負担を少なくしたいと考えている。ここが他社とは大きく異なる。これが顧客から支持を得ている要因だといえるのではないでしょうか。


佐野健一

事業アイデアの一番の源泉はお客様の声。アンケートをとると2万件くらい回答していただけますから、その中で困っていることが出てきます。個人の生の声にリーチできるのは強み。


ロバート・キヨサキ

私の投資はどれをとっても、必ず「無」から「有」を生む要素がある。それはマンションの区画所有であったり、小型倉庫、ダダ同然の土地、戸建て住宅、株式、オフィスビルであったりする。「無」から「有」を生むことは、経済的自由を手に入れるうえで非常に重要だ。私はまた、リスク限定またはローリスクの投資も常に研究している。失ってもいいと思っている金額より1セントでも多く失わないためだ。