名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アルベルトゥス・マグヌスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アルベルトゥス・マグヌスのプロフィール

アルベルトゥス・マグヌス(大聖アルベルト、ケルンのアルベルトゥス)。13世紀ドイツの神学者。シュヴァーベン地方ラウインゲン出身。イタリア・パドヴァ大学で学ぶ。ドミニコ会ドイツ管区長、レーゲンスブルク司教などを務めた。

アルベルトゥス・マグヌスの名言 一覧

体験のみが確証する。


アルベルトゥス・マグヌスの経歴・略歴

アルベルトゥス・マグヌス(大聖アルベルト、ケルンのアルベルトゥス)。13世紀ドイツの神学者。シュヴァーベン地方ラウインゲン出身。イタリア・パドヴァ大学で学ぶ。ドミニコ会ドイツ管区長、レーゲンスブルク司教などを務めた。

他の記事も読んでみる

伊東明(心理学者)

優秀な経営者の中には、一つの課題を見つけると寝ても覚めてもそのことだけを考えて解決に導く人が少なくありません。「気にしすぎ」が悪いこととは限らないのです。問題は、ストレス度が高いことです。いかに頭の切り替えをするか、バランスが大事なのです。


片野坂真哉

いままで人事部長など、本社勤務、本部勤めが長かったのですが、いろんな部署に、足を運ぶ機会を持つようにしていました。ダイレクトトークというANAの伝統があるんですが、違う職種の人たちと話し合うといったもので、歴代の社長も大事にしていました。これは続けていきたいと思います。


牛島信

国民と企業との接点は何よりも雇用だと考えています。人は一体何で生きているのかというと、幸せになるため。そして、幸せを感じるのは、自分に対してプライドを感じるとき。自分に対してプライドを感じるのは、自分がお金を稼いで、家族を養って、社会から自立して立っているという実感があるときではないかと思うんです。自覚はなくても、会社で働いているすべての人間がそうではないでしょうか。そういう職場をどんどん増やす。企業トップの責任はそこにあり、トップがそれをできるようにするのがコーポレートガバナンスではないか、というふうに考えているんです。


宮崎駿

みんな自分よりバカだと思ったらおしまいですよ。自分の方が才能があるとか、そういうものの見方で見る人間っていうのはいますけど、あるいはなにがなんでも自分のものをやらなければ生きては帰れないとかね、そういう人間の方が僕が見てる範囲だと伸びないですね。先輩は先輩として受け入れてる人間の方がちゃんと着実にやっていきますよ。僕の知ってる範囲ではそうです。たぶん、他の職場でもそうなんじゃないかなあと思いますけど。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

ネット上のつながりよりも、生身の友達や、生身の自分自身と向き合っていたほうが、得られるものは絶対に多い。断っておくけど、SNSを否定しているわけじゃないよ。フジマキだってフェイスブックで5000人の友達とつながっているし、投稿だってして更新している。だけど、自分が磨かれているとは感じないよね。


井上高志

感覚に訴えるアプローチと同時に、データによる裏付けも重要。数字や実例などの客観的データは納得感につながる。写真や図を添えて可視化することも効果的。


宮嶋宏幸

販売ではできるだけしゃべらず、お客様にしゃべっていただくことを心がけるべきです。お客様が聞きたいと思っていることは何かを知るためです。この人は誰に対しても同じ説明ではなく、私の本当に知りたいことに的確に答えてくれていると思っていただけなければ、お客様から信頼なんてされませんよ。だから、まずはお客様にしゃべってもらって、そこからできるだけ情報を引き出すのです。


佐藤富雄

私は本番に弱いという思い込みが強いと、実際土壇場でテンパってしまいます。この思い込みを否定する言葉を口にして、脳に強いメッセージを送る必要があります。ひとりで静かに集中し、肩の力を抜いて「今日もいい日になるぞ」「余裕を持とう」などの言葉を繰り返します。ひどく緊張してしまっているときには、「さあ、クールダウン」と3、4回繰り返すと、本当にクールダウンし、落ち着くことができます。


ピーター・リンチ

生涯、投資についてはなんら経験もなく、あるとき、突然のように退職金を受け取って、それを株式市場の注ぎ込むのです。配当と弁当の区別も付かないのに。
【覚書き|ベビーブーマーが退職金を勉強せずに株式市場につぎ込む危険性を忠告した言葉】


松下幸之助

統率力というものはね、自分で会得しないとしゃあないですな。こうすればいいとか、ああすればいいとか、言うことを聞いて参考にすることはよろしいけど、本当にそれを身につけるにはね、自分で体験して、悟らなければしゃあないですな。


松井道夫

イノベーションというものは始めてすぐに成功するという類のものではない。インターネット取引だって、始めてから2~3年は大したことはなかった。


遠藤功

中国企業は規模で向かってきます。だから、「体格」で勝負してはいけません。日本企業は「体質」で勝負すべきです。体質を磨いていくことこそが、「日本らしさ」のベースだと思います。体質の劣化を招くような体格の追求はとても危険だと感じています。