名言DB

9419 人 / 110788 名言

アルベルトゥス・マグヌスの名言

twitter Facebook はてブ

アルベルトゥス・マグヌスのプロフィール

アルベルトゥス・マグヌス(大聖アルベルト、ケルンのアルベルトゥス)。13世紀ドイツの神学者。シュヴァーベン地方ラウインゲン出身。イタリア・パドヴァ大学で学ぶ。ドミニコ会ドイツ管区長、レーゲンスブルク司教などを務めた。

アルベルトゥス・マグヌスの名言 一覧

体験のみが確証する。


アルベルトゥス・マグヌスの経歴・略歴

アルベルトゥス・マグヌス(大聖アルベルト、ケルンのアルベルトゥス)。13世紀ドイツの神学者。シュヴァーベン地方ラウインゲン出身。イタリア・パドヴァ大学で学ぶ。ドミニコ会ドイツ管区長、レーゲンスブルク司教などを務めた。

他の記事も読んでみる

上條正裕

仮ゴールを決めるといいでしょう。仮ゴールに向けてハイペースで進めると、発生が予想されるトラブルも早く見つかる。問題が大きくなる前に対処できるし、中断しても「まだ時間はある」と、余裕を持って計画が立て直せます。


佐々木常夫

情報が足りていないために上司の判断がブレて、言うことが変わるというケースもあります。その場合は、足りない情報を補足してあげるのが部下の務め。指示された瞬間に反論すれば、上司は不快に思うでしょうが、いったん席に戻って必要な情報を揃えてから、「調べてみたらこんな情報もあるようなので、別案も検討してはどうですか?」と提案すれば、上司も「自分を助けてくれてありがたい」と感じるでしょう。


深沢真太郎

「数字で説明」することの最大のメリットは、聞き手を「安心」させられること。数字で話すというと冷たい印象を抱きがちですが、実は相手への「気遣い」なんです。そういうコミュニケーションができる人は信頼され、大事な仕事を任される機会が増え、結果としてキャリアアップできます。


野口悠紀雄

音声入力を利用することで、文章を書くスピードは十倍近く速くなりました。ただし、編集や修正の作業があるので、文章が完成するまでの時間はそれほど短縮されたわけではありません。重要なのは、文章を楽に書けるようになったことです。


川野幸夫

日本人も舌が肥えてきて、単に安いというだけでは満足してもらえません。主婦の皆さんはじつは買い物が苦手で、「今晩のおかずは何にしようか」と日々献立に苦心しています。美味しさの提案も大切です。


名越康文

イソップ寓話の「すっぱい葡萄」をご存じでしょうか。キツネが木に実った葡萄を見つけます。何度もジャンプして、取ろうとするものの届かなかったため、最後は「あの葡萄はどうせ酸っぱい」と自分を納得させるというお話です。他人がうらやましく見えるときは、この寓話を活用してもいいと思います。周りの人気者を見たら、「あの人は、すっぱい葡萄だ」と考え、自分は自分にできることをやるのです。


宋文洲

「技術」に頼りすぎるのは危うい。技術力でシェアを拡大できるというのは一種の罠だと思います。日本の技術が優れているので日本企業が作ったものは中国でそのまま売れる、というのなら、1970年代にそうしたように日本で作ってどんどん「輸出」すればいい。でもいまの中国のマーケットは、現地で消費者のニーズをくみ取ったうえで、技術を使って開発しないと受け入れられません。


下川浩二

成功者の手帳を見ると、他人との約束を記録するための単なるスケジュール帳ではなく、将来の自分との約束、つまり夢や目標が記されていました。


三森久実(三森久實)

我々の仕事は家庭食の代行業です。家庭でお母さんやおばあちゃんが作る料理の基本は、家族の健康の維持と促進。いわばこれが家庭料理の理念です。お母さんやおばあちゃんは家族を代表し、家族の健康を思って、バランスを考えて献立を決め、手間がかかっても料理をするために買い物へ行く。その時、ただ安いだけでは買い物をしないでしょう。おふくろの料理は家族を思いやる料理です。我々はその代行業であるかぎり、安さだけで競争することはありえません。


石塚しのぶ

ダイバーシティでいろんな人が集まり、権限委譲をすればいいという考え方があるかもしれませんが、それが成り立つためには、まず価値観が共有されていなければいけません。だからこそ、自分たちのコア・バリュー、価値観を明確にして、それを働く人たちも巻き込んで具現化することが大切なのです。