名言DB

9419 人 / 110788 名言

アルベルトゥス・マグヌスの名言

twitter Facebook はてブ

アルベルトゥス・マグヌスのプロフィール

アルベルトゥス・マグヌス(大聖アルベルト、ケルンのアルベルトゥス)。13世紀ドイツの神学者。シュヴァーベン地方ラウインゲン出身。イタリア・パドヴァ大学で学ぶ。ドミニコ会ドイツ管区長、レーゲンスブルク司教などを務めた。

アルベルトゥス・マグヌスの名言 一覧

体験のみが確証する。


アルベルトゥス・マグヌスの経歴・略歴

アルベルトゥス・マグヌス(大聖アルベルト、ケルンのアルベルトゥス)。13世紀ドイツの神学者。シュヴァーベン地方ラウインゲン出身。イタリア・パドヴァ大学で学ぶ。ドミニコ会ドイツ管区長、レーゲンスブルク司教などを務めた。

他の記事も読んでみる

三國連太郎

偶然の出会いを重ねてきた僕ですが、自分の経験を踏まえて若い世代に伝えたいのは、「自分の才能にプライドを持つ」ということ。志を高く、誇りを持って突き進むことで、人生を実り豊かにしてくれる出会いを引き寄せて欲しいです。


古川武士

ある管理職の顧客は、仕事中に多くの時間を割いていたのが、部下から受ける仕事の進捗報告や相談ごとなどへの対応だとわかった。部下のなかには相談内容などがコンパクトにまとまっていないことも多い。そこで、面談受付は夜6時までで、事前に相談したいことや課題などを個条書きでシートに書いてもらうようにすると、劇的に時短化でき、夜7時退社を実現することができた。


森郁夫

社長就任当時、当社は開発から生産、販売まで高コスト体質にどっぷりつかっていました。社員は「いつかまた良くなるだろう」と危機感がない。これでは危ないと、軽自動車生産からの撤退を決断しました。


水谷克己

シンガポールに来た当初は金融関係のコンサルティングで食べていこうと考えていました。ただ、金融の時代はもう終わる。人のお金を右から左に流して、レバレッジによって一部の勝者と多数の敗者が生まれていく。そういう世界で生きていくのではなく、後悔しないお金の儲け方をしたい。そう考えたとき、自分の中に残ったのがレストラン経営でした。


窪田健一(経営者)

20年間、創業者と一緒に働いてきましたが、言われた事をオウム返しにそのまま実行しているだけでは駄目で、自分でやってみて初めて色々な事が腹に落ちて来る。


冨澤文秀

どの事業でもそうですが、ロボット事業ではとくにスピードが大事。産業の初期のステージは、早い者勝ち。常に焦りはありますね。


菊入みゆき

自分にとって「評価されている」とは具体的にどういうことなのか。上司に褒められたいのか。部署で注目を集めたいのか。どこをどんなふうに評価されたいのか。一度、書き出してみましょう。すると、意外と自分が評価に値する成果を出せていないことに気がつくかもしれません。


夏原平和

平和堂は、私たちの先人ともいえ近江商人の「三方よし」の精神も、経営に生かしてきました。売り手よし、買い手よし、世間よし。なかでも「買い手よし」、つまりお客様にどうすれば喜んでいただけるのか、ずっと工夫を重ねてきました。


手倉森誠

言葉を伝えるには空間も大事ですから、ミーティングで全員に掛ける言葉と、部屋に選手を呼んで掛ける言葉はきちんと選ばなければいけない。


渡辺光一郎(渡邉光一郎)

顧客の満足度やコンプライアンス(法令遵守)向上に向けた取り組みをしていくことが、結局は顧客に支持される会社になる。