名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタインの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタインのプロフィール

アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタイン。神聖ローマ帝国軍人。司令官。ナポレオンが歴史上の7英雄のひとりと称えたスウェーデンのグスタフ・2世・アドルフ王を破り戦死させた人物。神聖ローマ帝国の窮地を救うも、ローマ皇帝に暗殺された悲劇の将軍。ドイツの劇作家シラーの戯曲「ヴァレンシュタイン」のモデル。

アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタインの名言 一覧

私は決して指揮権の共有を受け入れない。たとえ神との共有でも断る。


アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタインの経歴・略歴

アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタイン。神聖ローマ帝国軍人。司令官。ナポレオンが歴史上の7英雄のひとりと称えたスウェーデンのグスタフ・2世・アドルフ王を破り戦死させた人物。神聖ローマ帝国の窮地を救うも、ローマ皇帝に暗殺された悲劇の将軍。ドイツの劇作家シラーの戯曲「ヴァレンシュタイン」のモデル。

他の記事も読んでみる

佐藤康行

人の心の奥深くには貯蔵庫があり、その貯蔵庫には過去から積み上げてきた記憶が眠っています。その中には光り輝く記憶もあれば、忘れてしまいたいゴミのような記憶、さらにはDNAに刷り込まれた過去からの記憶など様々なものが蓄積されています。大事なのは、そのうちどの記憶を拾い上げるか。もし、ゴミのような記憶ばかりを拾い上げたら、それは生ゴミのように悪臭を発生させ、自分の心はもちろん、周りの人の心も蝕んでいくことでしょう。


和田一夫(経営者)

いいときが一番危ない。特に世界企業だなどと言われると、自分を見失い、舞い上がってしまいがちだ。


板東英二

僕のことをよう働くとか、休みもせずにとか言う人もいるけどね、動いとったら、周りが「あいつは……」と使ってくれる。来年70歳ですけど、最後のええとこに向かいつつある実感がありますもん。


高島宏平(髙島宏平)

オイシックスは、お客様に何度も買っていただけること、さらには感動していただけることが何よりも重要なため、やみつき率に注目しています。
【覚書き|やみつき率=一定の頻度で購入する顧客の割合】


安川英昭

環境問題に本気で取り組むようになったのは、やはり長野県の諏訪湖のほとりに会社があったということが、大きな理由だったと思います。諏訪で大きな工場はうちくらいですから、何かあるとすぐにうちが騒がれました。そのようなことがありまして、排水基準が厳しく改正されたときに、それ以上のものをつくろうと、日本でもかなり早い時期にメッキの廃液処理の施設をつくりました。もともと時計は、きれいな環境でなくてはつくれないということもありましたし。


ティム・ブレット

コカ・コーラは、人々のライフスタイルに変化をもたらすべく、自分で自分のポジションを再構築し続けている。それはつまり、決して古びた存在にならない、ということ。


梅田望夫

お金のためだけの苦役として仕事をしているところに、クリエイティブな事業なんて生まれるはずがない。


中野淳一

私は、社員に仕事を通じて自己表現する場を与えることを重視してきました。自己表現とは、自己が責任者となり、自分の考えで仕事を進めることです。新事業に熱中するのは自己表現のひとつです。


金成憲道

仕事ができる人はたくさんいますが、いいリーダーになれるとは限らない。仕事ができるだけの人がリーダーになると、その人だけが強大になり、誰もコントロールできない存在になったりする。仕事ができるかどうかだけではなく、私心の有無をみないといけない。


山口貞一郎

ぼろぼろになった会社を父親から受け継いで、これを立て直すのは大変でした。1年365日、文字通り休みなく社員と一緒に働き、何年もかかって企業を再建させました。急な拡大はリスクの方が大きいというのが、このとき私が得た教訓です。


草間三郎

弊社が工場を次々に海外に移した1988年ごろ、地元の諏訪地区には弊社との仕事が100%という企業もたくさんありました。そこで、あと3年で取引の割合を3割からゼロに減らし、他の取引先を開拓してくださいとお願いしました。これまで協力してくれた地域の会社に対し、社会的責任は果たさねばなりません。猶予期間を与えることが重要です。結果として多くの企業が弊社の時計から、自動車・航空などの他分野に幅を広げて、大きく力をつける転機となりました。


稲盛和夫

人はインスピレーションを外に求める。しかし私は、内に求める。自分が今やっている仕事の可能性をとことん追求して、改良を加えていくと、想像もつかないような大きな革新を図ることができる。創造というのは、意識を集中し、潜在意識を働かせて深く考え続けるという苦しみの中から、ようやく生まれ出るものだ。決して単なる思いつきや生半可な考えから得られるものではない。