名言DB

9413 人 / 110706 名言

アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタインの名言

twitter Facebook はてブ

アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタインのプロフィール

アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタイン。神聖ローマ帝国軍人。司令官。ナポレオンが歴史上の7英雄のひとりと称えたスウェーデンのグスタフ・2世・アドルフ王を破り戦死させた人物。神聖ローマ帝国の窮地を救うも、ローマ皇帝に暗殺された悲劇の将軍。ドイツの劇作家シラーの戯曲「ヴァレンシュタイン」のモデル。

アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタインの名言 一覧

私は決して指揮権の共有を受け入れない。たとえ神との共有でも断る。


アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタインの経歴・略歴

アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタイン。神聖ローマ帝国軍人。司令官。ナポレオンが歴史上の7英雄のひとりと称えたスウェーデンのグスタフ・2世・アドルフ王を破り戦死させた人物。神聖ローマ帝国の窮地を救うも、ローマ皇帝に暗殺された悲劇の将軍。ドイツの劇作家シラーの戯曲「ヴァレンシュタイン」のモデル。

他の記事も読んでみる

藤野清治

2代目ながら、1.5代目の気概を持ってきたことが、旺盛な事業意欲の源なのかもしれません。挑戦と試行錯誤の連続でした。


前川賢治

やはり、メールよりも、表情を見て相手の気持ちを読みながら話す方が、話が早い。


鎌田浩毅

自然界の多様な現象に対して、「いろいろあるけど、結局こういうことなんだよね」と説明されるのが「モデル」だ。優れたモデルは、普遍的な原理をうまく表している。よって科学者はモデルを改良することで、自然界をより合理的に説明しようと試行錯誤する。


加藤嘉一

受け身の姿勢では駄目です。中国の人たちは、プライドが非常に高い。日本の自動車メーカーや家電メーカーは、日本で売れなくなった商品を中国に流しているのではと疑っている人がいまだに多い。半面、自分たちに向けて開発してくれた商品となれば、自尊心がくすぐられて財布のひもを緩めがちです。


村田諒太

応援してくださる方がたくさんいることは力になる反面、プレッシャーに感じることもある。そこで、「僕が負けたら手を叩いて喜ぶやつはいっぱいいる。だから、自分の地位やプライド、存在価値を失うとか失わないとか考える必要はない」という視点を持つと、気持ちがラクになりました。


隈研吾

日本の伝統建築は、世界でもトップクラスの質を確保している。積み上げたものの上で仕事をしているから質が維持できるのだ。


柵山正樹

私が入社した当時の上司は、無謀な挑戦を後押しし、成功まで導いてくれた。


兼本尚昌

リーダーになる人は、仕事の能力が高く、ストレス耐性も強いのが普通です。そういうタイプの人は、基本的に他人の能力を推し量るのが苦手です。自分を基準に「これぐらいはできて当然」「自分と同じぐらいまでは耐えられるはず」と思い込んでしまうのです。しかし自分にとっては普通でも、他人にとっては苦痛にすぎないことはままあります。だから、何かのときに部下が反乱を起こすということも不思議ではありません。


江上治

私のセミナーに来て、毎回同じことを質問するビジネスマンがいるんですが、こういう人は最悪。結局、何も行動を起こしていないから、いつまでも迷い続けているんです。


斉藤徹

営業ができる人は、まず自分自身をやる気にさせることができる人。お客様との契約を達成に導くということは、お客様もやる気にさせること。つまり自分も含めて、人のモチベーションを高めることができるということではないでしょうか。


工藤公康

じつはプロ生活29年目になったいまでも、試行錯誤の繰り返し。試合で打たれた後は、トイレに閉じこもって「今度打たれないためにはどうすればいいか」「次はこのトレーニングを試そうか」とずっと考えています。


田中仁(経営者)

我々はベンチャーですから厳しくなった時こそ、一人ひとりに新たな挑戦を促すことが重要。


宇佐美進典

氷山の一角というように、世の中で見えている事象は、本当に一部でしかありません。逆に見えないところに、大きな問題やチャンスがある。


北島素幸

仕事に情熱を注いでいてわかるようになったのは、ワンパターンには意味がないということです。俺は独立前には魚は本番(営業時間)の前にかなり準備を済ませていたけど、独立後には、注文を受けてからの即興に近いかたちでやるようにしました。準備を最小限にするというのは、本番になってからの手間も緊張感も増やすのだから、いちいち苦しいわけです。そこに新しい挑戦も加わる。すると、仔羊を鍋に入れて「どうしよう」と迷ううちに鍋にフタをしたら偶然にいいものができたり、逆に悩んでいるうちに煮汁が煮詰まっちゃったり、まあアップアップする。でも、そうやってアタフタしてやることが、自分の店をやることのおもしろさなんじゃないのかな。そこで工夫して愛情を注いだぶんだけ、材料と環境がおいしさを教えてくれますから。


野村るり子

実はプレゼンの形式そのものは、数カ月あれば習得できます。一方、中身はその人が長年、関心を持ち、知識を蓄積してきた結果ですから、短期間ではどうにもなりません。大人のビジネスパーソンが真のプレゼン上手を目指すなら、まさにこの「中身」で勝負すべきだと私は思うのです。