名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

アルフレッド・ヴィニーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アルフレッド・ヴィニーのプロフィール

アルフレッド・ド・ヴィニー、アルフレッド・ヴィクター。フランス・ロマン主義の作家、劇作家、詩人、伯爵、軍人(最終階級は大尉)。『サン=マール、あるいはルイ13世時代の陰謀』『ステロ』『軍隊の服従と偉大』『アンクル元帥夫人』『チャタートン』などの小説、戯曲とそのほか「モーセ」「海に浮かぶ瓶」「狼の死」などの詩を残した

アルフレッド・ヴィニーの名言 一覧

善は常に悪が混じっている。極端な悪は善にはならないが、極端な善は悪となる。


倦怠は人生最大の病である。人は絶えず人生の短いことを嘆くが、その実、人生は長すぎる。なぜなら、人は人生の使い道を知らないからである。


アルフレッド・ヴィニーの経歴・略歴

アルフレッド・ド・ヴィニー、アルフレッド・ヴィクター。フランス・ロマン主義の作家、劇作家、詩人、伯爵、軍人(最終階級は大尉)。『サン=マール、あるいはルイ13世時代の陰謀』『ステロ』『軍隊の服従と偉大』『アンクル元帥夫人』『チャタートン』などの小説、戯曲とそのほか「モーセ」「海に浮かぶ瓶」「狼の死」などの詩を残した

他の記事も読んでみる

大竹真一郎

ストレスを受けると、カラダに変化が起こるのは当たり前のこと。ストレスとはつまり、なんらかの外部刺激。その変化から自分のカラダを守ろうとする反応が起きるのはある意味正しいこと。ただ、その反応が慢性的に続くと実際にカラダの不調となって現れてきます。


宮本武蔵

棟梁が大工を使うには、その技術の上中下の程度を知り、あるいは床の間、あるいは戸・障子、あるいは敷居・鴨居、天井以下、それぞれの技量に応じて使い、腕の劣るものには床板を張る横木を張らせ、もっと悪いものには楔(くさび)を削らせるといったように、よく人を見分けて使えば、仕事もはかどり、手際がよいものである。はかどり、手際がよいというところ、何事も手抜きしないこと、使いどころを知ること、やる気の程度を知ること、励ますこと、限界を知ること、これらの事どもは棟梁の心得である。兵法の道理もこのようなものである。


八代英輝

ビジネスマンがとくに気をつけたいのが「社会的に影響の大きいコンプライアンス違反」。食品偽装や個人情報の流出などは一般の消費者に直接関係することですから、メディアでも大きくクローズアップされやすい。社会的影響の大きいコンプライアンス違反は、会社のイメージダウンになり、業績にも影響を与える。最悪、倒産してしまうことも。だから会社にとっては重要な問題。


宮内義彦

自分や会社、家族にとって最も重要な問題は何か把握し、立ち向かう。重要な問題にタックルしないと、ブレークスルーは起きない。


諸井貫一

私は大学に入ってから健康を損ない、そのため3年で卒業するところを5年かかった。しかし半面そのおかげで友達も多くなったし、先生とも親しくなれたので、かえって幸せだった。いまでも健康には自信がなく、医者から1日8時間以上働いては駄目だといわれ、自然夜更かしなども慎んでいるが、それが健康上かえってプラスになっているのかもしれない。


シラー

人生は退屈すれば長く、充実すれば短い。


木村政雄

日本の学校の勉強は、1つの答えにたどり着く方法論です。でも人生の答えなんて決まっていないわけですから、答えはいっぱいあっていいですよね。答えを自分で見つけだすとか、作り出していくようにしていかないと、これからの時代には対応できませんよ。


ディディエ・ルロワ

部下から信用を得る方法は、よく聞いて確実に深く理解する。そして即座に行動する。さらに複雑な問題を単純化する。それがボスの役割。


設楽洋

サラリーマンだった頃から「幸せって何だろう」と考えてきました。社員の幸せって極論すると2つしかない。やりがいのある仕事か、ものすごい報酬か。両方を提供できればベストですが、実際にはすべてのスタッフにそうできるわけではない。であれば、幸せがもうひとつあってもいい。それは、仕事以外に自分のやりたいことができる時間があることです。


勝俣恒久

各部門には何年までに何%のコスト削減といった具体的な目標を立ててハッパをかけました。というのは自由化、競争は嫌だ嫌だという逃げの姿勢でなく、競争に積極的に「立ち向かおう」といってやってきたんです。
【覚書き|電力小売りの一部自由化が始まった当時を振り返っての発言】


沼田智秀

仏教に深く接するにつれ、仏教の持つ「寛容の精神」の素晴らしさを感じるようになりました。世界では宗教に限らず我々の身の周りにも様々な争いが絶えませんが、お互いを認め合う、この寛容の精神があれば、争いも起きなくなると思っております。


吉田尚記

社会の常識って個人の幸せのためにあるわけじゃない。社会を運営していくためにあるわけで。大昔に宗教と官僚制が生まれて、社会ができて、なんだかんだで人類は崩壊せずにここまで来た。でも、社会の要請と個人の幸せは違うってこと、個々人が幸せになれる方法をそれぞれ探す段階に来ているってことに、もうそろそろみんな気づいていますよね。