名言DB

9412 人 / 110637 名言

アルフレッド・コルトーの名言

twitter Facebook はてブ

アルフレッド・コルトーのプロフィール

アルフレッド・コルトー。20世紀前半のフランスを代表するピアニスト、指揮者。スイス・ニヨン出身。パリ音楽院でピアノを学ぶ。パリ音楽院教授などを務めた。

アルフレッド・コルトーの名言 一覧

50代は40代の2倍、60代は40代の3倍、70代は40代の4倍の練習量が必要になる。


レッスンを3日休めば観客に、2日休めば評論家に、1日休めば自分に分かる。


アルフレッド・コルトーの経歴・略歴

アルフレッド・コルトー。20世紀前半のフランスを代表するピアニスト、指揮者。スイス・ニヨン出身。パリ音楽院でピアノを学ぶ。パリ音楽院教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

小澤三敏

会社の中には、黒字の事業も赤字の事業もあります。将来性も、技術力もまちまちです。しかし、儲からない事業だといって簡単にやめることはできません。あらゆる事業に開発資金や人材を振り分けるわけにもいきません。たとえば、成果が十分でない部門のテコ入れを後回しにして、まずは強い事業の長期戦略に着手することがあります。限られた経営資源の分配には常に優先順位をつけ、総合的に判断しないといけないのです。


井上康生

これまでと同じような練習に取り組むだけでは海外勢に食われてしまう。世界のレベルはどんどん上がっているので、これらの課題をしっかりと克服し、プラスアルファの形でやっていかなければ、生き残れない。


南雲吉則

「なんのために健康でいるのか」を考えることが大事。健康な身体と心によって、何をするかが問題なのです。「自分は人生で何をしたいのか」という目標があるか否かで、健康に配慮する意識に各段の差が出る。


後藤田正晴

二人、三人の上役をごまかせない奴が一人前になれるか。ただし、下はよく見ている。ごまかせないと知れ。


山本真司

勉強するもの将来性は、あまり考えすぎない方がいいというのが私の意見です。これからはこれが流行るはず、といった損得勘定で選んだことは、心の底からの情熱が持てず、努力も継続しにくいからです。


並木裕太

寝る前に必ずメールのInbox(受信トレイ)を空にしないと気が済まない。あとで必要なものは残すけど、返信したら、95%はすぐに削除します。


渋谷守浩

当社は結婚式の企画・運営を柱とした事業を行っていますが、近年は結婚式を行わない「ナシ婚」、少人数の「家族婚」や「少人数婚」、記念写真だけの「フォト婚」などお客様のニーズが多様化しています。市場全体も縮小を続けているのが現状です。その中でも当社は5年連続の売り上げ増、2017年3月期は業界トップ5の中で唯一の2ケタ成長を記録しています。要因は他社がやらないことをやっていることです。


定保英弥

人材をきちんと育成してレベルを上げていけば、サービスの質も上がり、お客様の数も増えます。お客様の数が増えれば、売り上げも増え、利益も確保できるので、また施設改修や人材育成に再投資できます。この理想的なサイクルをしっかりと回すことが非常に重要であり、その土台となる人材育成を頑なに進めていきたいです。そうすれば、外資系との競争にも勝ち残っていけると思っています。


池田弘(経営者)

相手の何を見れば信用できるのかといえば、それは「気」です。空気、雰囲気、活気……。日本語には気がつく言葉が大変に多くありますが、心にやましいところのある人物は、必ずやましい雰囲気を醸し出しているものなのです。ですから、じっと目を見てこちらを見返してくる瞳にやましさがなかったら、とりあえず人間としては信用していい。反対に、どれほど周到な事業計画書を持ってきたとしても、どこかやましそうな雰囲気を醸し出していたら、絶対に信用してはいけない。こうした感覚は、何人もの起業家に会っていくうちに、自然と磨かれてくるものです。


染谷和巳

叱ることのできる上司が減っているのは煎じ詰めれば、心の弱さです。また、いまどきの上司たちが受けてきた学校教育の在り方も問題です。先生の言うことを真に受ければ、叱ってはいけないことになります。家庭教育でも、子供を叱るときに殴ってはいけないことになっています。殴られず、叱られず。そうやって育ってきた人が叱る側に回っても、叱れるわけはないですよ。


アレックス・ラミレス

どんなに優れた能力を持っていても、メンタルが弱ければせっかくの力を発揮できません。たとえば、「打てそうにないな……」と委縮していたら、思い切りよくスイングできず、打てるものも打てなくなってしまいます。私は「恐れることはない。軽く打てる!」という気持ちでバッターボックスに入ります。そういう強い気持ちでいた方が、いい結果につながる確率は間違いなく高いのです。


安藤宏基

日清食品は必死にカップヌードルを潰そうとしているから新しい商品が育つのです。カップヌードルだけに頼っていたら、新しい商品なんて絶対に育たない。柱は一本より二本、二本より三本のほうが強いに決まっています。同じ会社のなかにコカコーラとペプシを両方もっていたら、競い合って両方が強くなる。そういうことですよ。


宮内義彦

事業撤退の際は絶対に精鋭部隊に任せないといけません。「負け戦のしんがり」という言葉があるように、撤退時のしんがりは最も死傷率が高い場所。事業の撤退も難しい作業なので最強の部隊を充てるべきです。90年代前半の不動産バブル崩壊時には私が陣頭指揮を執り、士気を高く保ちながら処理をしてきました。


田村潤

東京からでは見えないものが地方にはある。本社の会議室では見えないものが現場にはあるんです。そして、その逆の場合もある。


関口雄一

英語学習で大事なのは、続けることです。普段、日本語でやっていたことを英語に置き換えれば長続きします。たとえば、野球が気になるのであれば、『MLB Network』というサイトがあります。これはメジャーリーグの結果を動画で見ることができます。多少難しい英語ですが、映像が助けになり理解できると思います。これを毎日チェックするなど、日常的にたくさん英語を聴くことが上達の近道です。