名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アルフレッド・コルトーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アルフレッド・コルトーのプロフィール

アルフレッド・コルトー。20世紀前半のフランスを代表するピアニスト、指揮者。スイス・ニヨン出身。パリ音楽院でピアノを学ぶ。パリ音楽院教授などを務めた。

アルフレッド・コルトーの名言 一覧

50代は40代の2倍、60代は40代の3倍、70代は40代の4倍の練習量が必要になる。


レッスンを3日休めば観客に、2日休めば評論家に、1日休めば自分に分かる。


アルフレッド・コルトーの経歴・略歴

アルフレッド・コルトー。20世紀前半のフランスを代表するピアニスト、指揮者。スイス・ニヨン出身。パリ音楽院でピアノを学ぶ。パリ音楽院教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

岡倉天心

絵に良い絵と悪い絵があるように茶にも良い茶と悪い茶があるのだ。しかし、完璧な茶をたてる唯一これだけというやりかたがあるわけではない。


田村順子

私は東京・銀座の「クラブ順子」のママとして50年間、政治家、経営者、スポーツ選子、作家など各界で成功している人をこの目で見てきました。男性を見極めるには、やっぱり第一印象ですね。これはものすごく重要です。おしゃれかどうか、姿勢、目線、笑顔。それからどんな靴下をはいているか。どんなバッグを持っているか。お店にパッと入ってこられたときに見せる笑顔でその人の人柄がわかります。


玉塚元一

上司を変えないと駄目だとかいう人がいますが、上司を変える前に自分ができることはたくさんあります。上司のやり方が間違っていたり、課や部内に課題があると思うなら、真っ向から指摘して改善を提案すべきです。一人で起こせる波は小さいかもしれませんが、問題には逃げずに立ち向かっていけばいつか現状が変化します。


遠藤功

私は仕事柄多くの経営者にお会いしますが、率直に言って「会社や業務のことは俺が一番わかっているから大丈夫」と、思っておられる経営者が多い。しかし本人は見えているつもりでも、じつは見えていないというケースは想像以上に多いのです。


色平哲郎

患者さんが待っているし、僕には落ち込んでいる暇なんてないですよ。


三浦しをん

『ののはな通信』はプロットはなかったです。一応、何十年かに及ぶ話で最後はこういう感じで、とぼんやり見えてはいたんですけど、細かい部分は考えていなくて。迷走が激しかったです。だから単行本になる時に、100ページ分くらい文章を削ったんですよ。連載中は毎回すごく必死に前に進めていたんですけど、まとまって読むとちょっと、と。


伊賀泰代

仕事で話す機会があれば、必ず前日に練習をしますし、以前は録音して聞き返していました。こうした練習を積み重ねれば、どんな人でもスキルを飛躍的に伸ばせるでしょう。


見城徹

「正面突破」という言葉が僕は好きなんですけど、どんな場面でもまっすぐ筋を通すことが一番の近道だと思う。


熊坂隆雄

私は面白く楽しく生き、しかも昨日より着実に成長したという喜びを獲得したい。社員にもそうあってほしい。これが実行できてこそ、顧客、株主、ひいては社会全体に貢献できるビジネスも具現化しているに違いないと確信しています。


ジョセフ・トリポディ

消費者が実際に飲料を買う店頭や自販機でも、そのブランドが持つ価値やメッセージを伝えられるように工夫しています。広告を見て、消費者が何かを感じて「買いたい」と思うところから、実際に購買がなされる売り場まで、メッセージが一貫していないと成功はしません。


栗原博

大手上場企業を担当する営業部に異動したとき、そこで出会った上司はこう言いました。「苦手な気持ちは、たとえ表現しなくても空気で伝わってしまう。だから感情を隠すのではなく、お客様のことを好きにならなくてはダメだ。お客様を好きになるためには、お客様のいいところを見つけることが大切。いいところは、ぼやっと見ているだけではわからない。だから、単に知っているというレベルではなく、お客様自身が知らないようなところまで知り抜きなさい」、と。この心構えは今でも大事にしています。


原田泳幸

人材育成が最大の課題。あくまでも人材育成が最優先です。この順番を間違えると「質」が落ちて失敗してしまいます。