名言DB

9429 人 / 110879 名言

アルフォンス・デーケンの名言

twitter Facebook はてブ

アルフォンス・デーケンのプロフィール

アルフォンス・デーケン。ドイツの司祭、哲学者。ニーダーザクセン州オルデンブルク出身。イエズス会に入会。フォーダム大学で哲学博士号を取得。上智大学教授などを務めた。

アルフォンス・デーケンの名言 一覧

ユーモアとは、相手に対する思いやりのこと。


アルフォンス・デーケンの経歴・略歴

アルフォンス・デーケン。ドイツの司祭、哲学者。ニーダーザクセン州オルデンブルク出身。イエズス会に入会。フォーダム大学で哲学博士号を取得。上智大学教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

リアム・ケイシー

いまは顧客体験のマネジメントが極めて重要。にもかかわらず、その対極にあるのがソニーやパナソニックのような日本の大手ブランドだ。パッケージを開けるとやたらに多くの書類が入っていて、何を伝えたいのかわからない。


西浦三郎

会社の成長のためには物件のバリューアップが欠かせません。オフィスビルや社宅をホテルや老人ホームへと建て替え、時代のニーズに即した物件にし、その価値を上げたことが今の成長につながっています。


わたなべぽん

私、飲み会などのイベントから帰ると、「あんなこと言わなきゃよかった」「テンション上げてはしゃいだけど、バカだと思われたかな」と膝を抱えてしまうんです(笑)。そうなると、次にイベントに参加する時に出かけるのが億劫になってしまいます。結果的に、自分の行動範囲を狭めてしまうことにつながるんですよね。私の場合、自意識過剰で「こう見られたい」という欲求ばかりが先に立ってしまっていたのでしょう。そこで、自分のハードルを上げるのをやめて、「私は私のままでいいや。純粋にイベントを楽しもう」って考えるようにしたんです。


篠原欣子

顧客のニーズや時代の変化を捉え、スピーディに事業化していくことが最も重要です。


成毛眞

思いついたことはとりあえずどんどんやってみる。「思いついたから」やる。「面白いから」やる。あるいは、「新しいから」というだけの理由でやってしまう。説得力がある理由は、ないほうがいいのです。そして、うまくいけば続けて、うまくいかなければどんどんやめることです。


大越健介

私はアナウンサーのように上手に喋れるわけではありません。だから自分の聞いたこと、見たことが言葉ににじみ出るというのがいいと思っています。口舌の徒になってはならないと思うのです。


上野和典

いま私は日本玩具協会の安全環境委員会で委員長を務めています。専門知識がかなり必要な仕事であることから、正直なところ最初は気が進みませんでした。ところがちょうどそのころ、海外で鉛入り玩具が問題になり、あるメーカーの会長が記者会見で答弁をしていました。それを見てトップがこうした問題に鈍感ではいけないと思い、前向きに取り組むようになりました。幸い、いまは委員長の仕事を引き受けたことで、専門知識が身につき、非常に役に立っています。もしあのまま無駄な仕事だと考えて敬遠していたら、必要な知識を得るチャンスも逃していたでしょう。


渡邉美樹

独立の準備をして、「つぼ八」の店長をはじめたころは、働くことが楽しかったですね。午後の3時ごろから開店の準備に入り、終わるのは朝方の9時とかです。毎日、18時間ぐらい働いていたにもかかわらずね。肉体の疲労とは裏腹に、ホント、楽しかったです。やっぱり、その仕事自体を楽しまないと駄目でしょうね、何をやるにしても。


犬伏泰夫

「説得と納得は違うよ」。私はよくこう言ってきました。説得された側はその場のやり取りで負けたからついてくるのであって、納得しているわけではありません。これは交渉の成功を持続的に保証するものではないのです。


岩崎裕美子

当社は売れるものではなく、自分が納得できる化粧品を作るという思いから始めました。