名言DB

9429 人 / 110879 名言

アルバート・J・ベヴァリッジの名言

twitter Facebook はてブ

アルバート・J・ベヴァリッジのプロフィール

アルバート・J・ベヴァリッジ。アメリカの歴史家、政治家。オハイオ州出身、インディアナ州育ち。インディアナアズベリー大学(のちのデポー大学)卒業。米上院議員を務めたのち歴史家になる。著書『The Life of John Marshall』でピューリッツァー賞を受賞した。

アルバート・J・ベヴァリッジの名言 一覧

凡人に非凡な業績をあげさせるのが組織である。


アルバート・J・ベヴァリッジの経歴・略歴

アルバート・J・ベヴァリッジ。アメリカの歴史家、政治家。オハイオ州出身、インディアナ州育ち。インディアナアズベリー大学(のちのデポー大学)卒業。米上院議員を務めたのち歴史家になる。著書『The Life of John Marshall』でピューリッツァー賞を受賞した。

他の記事も読んでみる

澤村伊智

この話を聞いたら何日後に死にます、何かが来ますというパターンの都市伝説は、誰しも一度くらいは聞いたことがあると思います。話自体は他愛ないし、根拠がないと分かっているのに、小学生時代には眠れなくなるくらい怖かった。あの怖さを活字のホラーでちゃんと表現してみたいというのが今回の狙いでした。ある意味、幼稚でベタな題材であっても、工夫次第でまだまだ怖くできるんじゃないかという思いもあって。


出井伸之

企業とは、価値を創造するもの。


中尾ゆうすけ

製造業の現場で実際にあった話です。部品の組立工程に携わる人が数名いましたが、人によって、出来上がりの品質にバラつきが見られました。調べると、「その部品が製品のどこで使われ、どういう役割を担っているか」を理解している人が担当した部品の品質が高いことがわかりました。設備投資に費用をかけずとも、意識ひとつ変えれば高い成果に結びつくことを実感した出来事でした。


中野幸治

時々は蔵に行って感覚を途切らせないようにしないといけないと思っています。同様に営業の人たちにも造りの知識と感覚は持ってもらうために、蔵に来るように言っています。


茂木健一郎

最先端の場所に身を置かなければイノベーションは起こせない。


高田明(ジャパネットたかた)

感動や喜びをお客様が共有すれば、自然に商品を買ってもらえます。共感を与えるメッセージは、私だけでなく全社員が一緒に発信するのです。私がいなくなっても、社員みんなが感動を伝えられる会社が目標です。


竹中平蔵

経営もストーリーが重要。「この会社はどんな会社でこの商品を買うことで自分はこんな意義を見出している」というストーリーが得られる。ストーリーをいかに可視化するかが今の経営のポイント。


冨安徳久

我々はやり直しのきかない仕事をしています。たった一度の人生で、最初で最後の儀式をやっているのです。覚悟を持って入社してきてもらわなくては困ります。その覚悟を、最初の研修のみならず、配属されてから呼び戻してでもまた伝える。何のために働くのか、何のために生きるのかを、毎回、角度を変えて話しています。


大坪清

ものづくりだけでは真の生産性向上にはならない。技術革新とともに、人の働き方、心のありようまでがかかわる全要素生産性の向上が必要なのであり、まさに働き方改革が求められるゆえんである。それは「心が通った生産性の向上」と言い換えてもいい。


本庄正則

人間は弱いものです。悪い情報を聞けば面白くないし、難しい判断は先延ばしにしたい。しかし、経営者が蛮勇を振って自らの弱さと戦わなければ、会社にことなかれ主義が蔓延するばかりです。