名言DB

9412 人 / 110637 名言

アルバート・シュヴァイツァーの名言

twitter Facebook はてブ

アルバート・シュヴァイツァーのプロフィール

アルバート・シュヴァイツァー(アルベルト・シュヴァイツァー)。ドイツ系医者、神学者、哲学者、音楽家。ドイツ帝国カイザースベルク(のちの仏アルザス)出身。30歳で医療と伝道に生きることを志す。その後、アフリカで医療活動に生涯を捧げた。

アルバート・シュヴァイツァーの名言 一覧

自分の灯が消えて、別の人の火花によって再び燃え上がるときがある。私たち一人ひとりに、胸の中に火をともしてくれた人々のことを深い感謝とともに思う理由がある。


アルバート・シュヴァイツァーの経歴・略歴

アルバート・シュヴァイツァー(アルベルト・シュヴァイツァー)。ドイツ系医者、神学者、哲学者、音楽家。ドイツ帝国カイザースベルク(のちの仏アルザス)出身。30歳で医療と伝道に生きることを志す。その後、アフリカで医療活動に生涯を捧げた。

他の記事も読んでみる

佐橋滋

武道の場合、平常心のある人は相手のどんな些細な動きにも対応できるが、平常心のない人は必ず相手に乗ぜられてしまいます。経営でも同じです。心にゆとりがなくセカセカ忙しく平常心を描いていたのではロクな経営はできません。経営者がやたら忙しいのは、自慢にならないんです。


横田雅俊

お客様はこちらの都合などおかまいなしに、「あれもやってくれ」「これも頼む」と、さまざまな要望をぶつけてくるものです。本来ならば、その中から優先度の高いものを選び、可能な範囲で対応するべきでしょう。しかし、お客様から嫌われたくない部下世代は、言いなりになって何でも引き受けてしまう。その結果パンクして、結局はお客様との約束を果たせず迷惑をかけます。


大野直竹

入社直後、長続きするか不安もありましたけど、仕事の面白さを感じてからは、辞めるにはもったいないと思うようになりました。


辻範明

会社が経営支援を受けることになった1990年代、当時営業の責任者だった私が仕事を取ってこないと会社は潰れてしまう、まさに崖っぷちに立たされました。でもその苦しさが逆に社員の気持ちを一つにまとめました。


清野智

地域の人たちから、「ありがとう」と言われるときが一番嬉しいですね。社会インフラを支えているという自分たちの役割を今一度再認識させてもらった。


藤田紘一郎

本来、腸の中に善も悪もない。たとえば悪玉菌として「大腸菌」がありますが、これもビタミンを合成したり、他の有害な細菌が大腸に定着するのを阻害するなどいい働きもしてくれる。ただ、これが増えすぎると問題が起きるわけです。


立花陽三

日本とアメリカではリーグの規模もシステムもだいぶ違うので、そのまま参考にすることはできませんが、赤字球団が多い日本に比べ、メジャーリーグでは黒字が当たり前。いったいどうしているのかと、メジャー6球団の経営陣に話を聞いてきました。ビリー・ビーン氏(アスレチックスのゼネラルマネジャー)にも、少ないお金でどう効果的なマネジメントを行なうか、スカウトの際に注目すべき点などをうかがい、非常に勉強になりました。


サトウヨーコ

どの会社も業務に慣れた時点で「何か違う」「これがしたかったんだっけ」と疑問に思い、辞めてしまう。でも、仕事がないと不安になり、「現実的に今のスキルでできることは」と、求人広告を探して転職する。20代はその繰り返しでした。「次はどうしようかな」と考えたら、またデザイン事務所で忙しく働いて、2~3年後に文句を言いながら辞める将来が浮かんだんですね。その時、方向を変えたい。変えなきゃと思って、夢だったイラストレーターに挑戦してみようと上京を決めました。ずいぶん悩みましたけど、最終的には「死ぬことはないだろう」というひどい開き直り方でしたね(笑)。


内藤誼人

人間関係というのは、私たちが考えている以上に、脆弱な基盤から成り立っている。強固に見える信頼関係だって、見せかけの強さで成り立っている。たとえ、相手が「俺とおまえは本当の友達だよね」などと言ってきても、それを鵜呑みにせず、せっせと相手に尽くそうとしたほうが、上手くいくことが多い。一度でも、信頼を失わないようにするために、あれこれと気を配る必要があるのだ。


山本梁介

目指すは、「お客様に満足を超えた感動をお届けすること」。そのために、従業員の感性と人間力が必要だと考え、その双方を兼ね備えた「自律型感動人間」の育成を提唱しています。


堀江貴文

興味があることは全部やりたいじゃないですか。いまにかぎらず、ライブドアのときからそうでした。ライブドアはインターネットの会社でしたけど、証券会社や銀行もしていたし、保険会社もつくろうとしていました。あとは不動産の仲介とか、車のオークション、テレマーケティングのコールセンター、会計ソフトの会社とか、もう数えきれないくらい。


原田泳幸

人材育成が最大の課題。あくまでも人材育成が最優先です。この順番を間違えると「質」が落ちて失敗してしまいます。


デイル・ドーテン

新しいアイデアというのは、新しい場所におかれた古いアイデアなんだ。


桑原豊(経営者)

自分の言ったことと、行動にズレがあってはいけない。


武藤貴宏

いはまだその肩書きにふさわしい自分になれていなかったとしても、「この肩書に恥じない人間になろう」と思うことで頑張れる。自分をもっと信じるため、自分をもっと大きく見積もるための発奮のスイッチにできる。これも、その人への応援なんだと思います。